在宅ライターのアルバイト求人の詳細

> > 在宅ライターのアルバイト求人

在宅ライターのアルバイト求人

近年、ITの発展に伴いクラウドソージングが普及し、ライフスタイルに合わせたさまざまな働き方が実現されるようになってきました。
その中でも、在宅ライターの仕事はパソコンさえあれば仕事をすることが出来る手軽さからも、注目されています。
今回は、そんな在宅ライターの仕事について、詳しくご紹介します。

在宅ライターアルバイトの仕事内容

在宅ライターのアルバイトというと、難易度が高く感じられるかもしれません。
実際は、どうなのでしょうか。

「在宅ライター募集」という求人記事を見てみると「文章を書くのが得意な方」「ブログなどで文章を書いたことがある方」という文言が並んでいます。
つまり、実務経験がなくても、ライター職に応募することができるということです。
具体的な仕事内容としては、テーマに沿ったテキストの執筆がメインとなります。
「美容に関する記事」「介護関連記事」「会社紹介記事」「求人記事」と、さまざまなテーマが依頼され、クライアントが希望する形式で原稿を執筆、納品します。
ほとんどの場合、細かいレギュレーションが設定されているので、そのルールやマナーを守って執筆を進めましょう。

インターネットの普及に伴い、コンテンツは世の中にあふれています。
その数だけ、文章を書いて提供するライターが存在しているということ。
つまり、案件自体は多くあるということなのです。
ただし、クオリティが高くないライティングをしていると、仕事を継続するのは難しくなります。
クライアントが望む記事をしっかりと把握し、希望に沿った内容の記事を書くことが、ライターの仕事。
自分が書きたい記事を書くのが、仕事ではありません。
この点を間違えてしまうと、ライターとして仕事を続けるのが難しくなってしまいますので、注意しましょう。

また、ライターの仕事の中には、情報の正確性をしっかりと確かめるというものも含まれます。
例えば、あるお店の紹介記事を書くとします。
お店の住所や電話番号といった情報に、間違いがあっては大変です。
しっかりと確認するようにしましょう。

さまざまな情報を調べて、記事としてまとめる場合は、オフィシャルな情報をソースとすることも重要です。
誰が書いたか分からないような記事をベースに、記事を作成するようなことがあってはいけません。
また、文献から抜粋して掲載する場合は、先方に掲載許可を取る必要もあります。
ライティングの仕事は、そういった作業もふくめて責任を持つということを、理解しておきましょう。

在宅ライターのアルバイトは未経験者でもお仕事可能なのか?

在宅ライターのアルバイトは、未経験でも就業することは可能です。
極端なことを言ってしまえば「私はライターです」と名乗ってしまえば、誰でもライターになれる時代といえるでしょう。
とはいえ、やはりその場合は「文章を書くのが好き」「国語が得意」といったベースが必要な面もあります。
それでも、必須となるスキルとしては、専門性の高い仕事としては随分簡単なものといえるでしょう。

そして、ここからがひとつ注意をして欲しいポイントとなります。
後ほど詳しく紹介しますが、クラウドソージングやSNSなどが充実している時代ですから、在宅ライターとしてデビューすること自体は、それほど難しいことではありません。
問題は、そこからです。
ライターの仕事で生計を立てるのは、かなり難しいのが現実です。
というのも、在宅ライターの記事単価は、決して高くないという事情があるからです。

「それでも、将来的にはライターとして生計を立てたい」
そのような強い心を持って、ライターの仕事に取り組むというのも一つの方法です。
最初は単価が低くても、継続して仕事をし、真面目に納品し続けていると、次第に評価がアップしていきます。
ライターとして仕事をしていくコツは、文章の上手さももちろんある程度必要となりますが、なによりも人として誠実であることが重要です。
クライアントとより良い関係を構築するためには、時間をかけてしっかりと向き合うことが大切だということを、忘れてはいけません。

在宅ライターアルバイトで役立つスキル

在宅ライターのアルバイトで役立つスキルとは、どのようなものでしょうか。
具体的なスキルとしては、意外に思われるかもしれませんが、一番は「コミュニケーションスキル」です。
在宅でのお仕事の場合、基本的に連絡はメールやチャットで行うケースが多くなります。
電話や対面での打ち合わせとは違い、言葉でやりとりをしなくてはいけません。
そうなると、相手の意向を汲み取るスキルが必要となるのです。
また、顔が見えないからこそ、言葉選びは慎重に行う必要があります。
そういった意味で、コミュニケーションスキルは非常に重要です。

続いて、実務的なことをご紹介しましょう。
ライターとして生きていくためには、インタビュー記事や写真撮影、ちょっとした画像処理や入稿処理スキルがあると歓迎されます。
特に、インタビューができるライターは、重宝がられる傾向にあるということを、知っておくといいでしょう。
在宅ライターのくくりからははみ出てしまいますが、電話でインタビューをする仕事も多く存在していますので、ご紹介しておきます。
インターネットの普及に伴い、人と会話をすること自体苦手とする方も多くいらっしゃいますから「インタビュー経験がある」というだけでぐっと市場価値はアップします。
インタビュー経験がない場合でも、機会があったらチャレンジしてみたいと考えている方は、クライアントにその意向を伝えておくのもいいでしょう。
そして、機会に恵まれたら、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。
これからライターとしてキャリアアップしていくために、プラスの経験となるでしょう。

写真撮影や画像処理、入稿処理に関しては、どれもプロレベルである必要はありません。
ただ、そこまでこなしてくれるライターは、依頼する側としては使い勝手がいいというのが現実です。
担当する作業が増えれば、自然と単価もアップします。
ライターとして、原稿を書くスキルがある程度身についてきたら、ステップアップとしてそういった業務にもチャレンジしてみてください。

ライターは、好奇心旺盛で、さまざまな物事に関心が高く、チャレンジ精神あふれる人が多い傾向にあります。
在宅で完結する在宅ライターの場合は必ずしもそうではありませんが、新しい技術を積極的に取り入れ、自分ができる仕事を増やそうという姿勢は、必ず評価されます。
ぜひ、前向きに取り組んでみてください。

在宅ライターのアルバイトで働くメリット

在宅ライターとしてアルバイトをする最大のメリットは、空いた時間を有効に活用することができる点にあります。
「子どもが幼稚園にいっている間だけ」「家族が寝た夜の時間帯に」といった隙間時間を上手に活用して、少しでも稼ぐことができたたら、嬉しいですよね。
通勤をして仕事をするとなると、通勤時間がどうしても必要となります。
在宅で仕事をすると、その通勤時間が必要なくなるのです。
片道30分の通勤時間だったとしても、往復で1時間必要となります。
その点、在宅で仕事ができたほうが、有意義に時間を活用することができるといえるでしょう。
「ちょっとした隙間時間で」「自分の都合に合わせて」と書かれている求人記事を見たことがある人もいるかもしれませんが、それはまさにそういうことなのです。

在宅ライターのアルバイトで働くデメリット

在宅ライターとして仕事をするデメリットには、どのようなことが考えられるでしょうか。
やはり、どうしても、単価のことがあげられます。
在宅ライターは、このご時世たくさん存在しています。
ライターは、資格のない仕事。
自称ライターも、たくさんいます。
ただ、そこから先、どのようにして仕事を継続していくかが肝心となるのです。
明確な評価基準がない分、難しいというのが、ライターとして仕事をするデメリットのひとつといえるかもしれません。

ライターとして仕事をしていくためには
多少、文章が上手な人はたくさんいます。
ブログやSNSを使って情報を発信している人が数多くいるこのご時世ですから、文章を書くのが得意というだけでは、ライターとして生業を立てるのは至難の業。
では、ライターとして生き残るためには、どうすればいいのでしょうか。

まずは、納期をしっかりと守ること。
そして、先方が指定しているマナーやルールを守ること。
最後に、先方の意図を汲み取って、先方が望む原稿を仕上げること。
この3つが大切なポイントとなります。

納期を守るのは、当たり前のこと。
ですが、意外とこれが難しいという方が多いのです。
原稿を依頼されて締め切りまで10日あったとします。
依頼されてから、逐一スケジュールについて確認をされることは、まずありません。
「10日後の16時に」と指定されたら、クライアントからは基本的に連絡が入ることはないと理解しておきましょう。
そこで、うっかりすることなく、可能な限り前倒しに動けるライターが、クライアントにとって使い勝手のいいライターといえます。
さまざまな事情で、どうしても納期に間に合わないという場合は、出来るだけ早くクライアントに相談しましょう。
もちろん、褒められたことではありませんが、どうしてもという時にはきちんと報告・相談します。

次に、先方が指定しているマナーやルールを守ることも大切です。
例えば文字数や、記事に入れ込むべきキーワード、「です」「ます」調や表記のルールをしっかりと遵守しましょう。
「この文字はひらがなで」などのルールも、クライアントによって異なります。
このクライアントはこのルールで、と自分の手元で情報を整理しておくことをおすすめします。

最後に、先方の意図を汲み取った原稿を作成することについて、考えてみましょう。
たとえば、広告記事で最終的に紹介したい商品があったとします。
でも、その商品そのものを紹介するのではなく、さまざまな事例を取り上げながら最終的に選択肢のひとつとして商品を紹介する記事を読んだことがある方も多いのではないでしょうか。
前半部分の記事が良質であると、読者は最後まで原稿を読んでくれる傾向にあります。
最近はタブレットやスマートフォンなど、さまざまなデバイスから記事が読まれるようになりました。
その場合、長い文章だと最後まで読者が記事を読んでくれない傾向にあります。
スマートフォンであれば、3、4スクロールで読者はその記事を閉じてしまうのです。
たったそれだけの文章で、読者が「ちゃんと読んでみよう」と判断してくれる記事を作成しなくてはいけないのです。
そういった細かなところまで注意しながら、丁寧に原稿を作成することが大切なポイントといえるでしょう。

最後に、在宅ライターの仕事では「信頼関係」がもっとも大切になります。
クライアントとのやりとりもWeb上で完結することが多く、直接顔を見て話しをする機会もあまりないとなると、信頼関係を築くのは難しい面もあります。
だからこそ誠実に、丁寧な対応が必須となるのです。
また、顔が見えないからと社会人としての自覚に欠けるような対応は、絶対にしてはいけません。
信頼して仕事を依頼してくれたクライアントに対して、きちんと応えることができるように仕事に取り組みましょう。

在宅ライターアルバイトの給料相場や福利厚生制度

在宅ライターのアルバイトの給料相場は、実に複雑です。
まずは、直接クライアントから依頼を受けて仕事をする場合を見ていきましょう。
この場合は、アルバイト情報サイトなどに募集を出している企業に、ライターが直接応募をし、採用される形でお仕事がスタートします。
いわゆる「直接雇用」というスタイルです。

原稿料としては「1記事3000文字でいくら」と設定されているケースが多くあります。
文字単価はライターのスキルと、クライアントとの信頼関係によって異なりますが、在宅ライターデビューしたばかりの時期は一文字0.5円程度からスタートするケースも。
決してお給料としては高くはありませんが、ここはまずキャリアを積むために必要なステップと割りきって、仕事に取り組むのも一つの方法です。

ライターとしての腕を見極めることができないまま、ライター自身が申し出たキャリアを信じて依頼するしかないため、最初は価格が低めに設定されているケースが多いようです。
実際にお仕事をスタートし、納期を守り、クオリティが希望にかなっているかを確認の上、文字単価をアップさせていくクライアントも多くあります。
最初は低めの価格であってもお仕事をしてみて、キャリアにするというのもいいでしょう。

次に、クラウドを利用して仕事をする場合を見ていきましょう。
「クラウドワーカー」という言葉も、随分世の中に浸透してきました。
ですが、なんとなくイメージはあっても、どういったシステムかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
まずは、クラウドソージングのシステムについて、ご紹介します。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業と受注したいライターがインターネット上で契約をする形で成り立っています。
とはいえ、単独で活動してもなかなかうまく発注も受注もできないもの。
そういった時に、クライアントとワーカーの出会いの場として、クラウドソージングサイトが活用されているのです。
サイト登録料や利用料は無料であることが多く、受注が成立するとその売り上げから手数料が差し引かれる形で給与が振り込まれます。
近年、どこにいても、いつでも仕事をすることができるクラウドソージングは、非常に注目を集めています。
ただ、こちらの場合も単価としてはそれほど高くはないというのが実情です。
もちろん、素晴らしいキャリアがあり、実力がある場合は、話は別です。
ビギナーの場合は、やはり文字単価0.5円くらいからのスタートが多くなります。

クラウドソージングでは、ライティング業務が時給制で募集されているケースも。
時給の場合は、1,000円〜1,500円の設定が多いようです。
文字単価の案件と比べると、とてもよいお給料に感じるのではないでしょうか。
ただ、時給制の場合は「月50時間以上勤務できる方」など、勤務時間がある程度設定されているケースがほとんどとなります。
それほど多くの時間を在宅ライターの仕事に割けないという場合は、やはり一つひとつの案件を受注するというスタイルが現実的といえるでしょう。

ライターという職業は、ひと昔前よりも数多く存在しています。
そういった時代背景がありますから、ライターとして仕事を継続していくためには、それなりのキャリアが必要です。
誠意を持ってクライアントと向き合い、一つひとつの仕事を丁寧にこなすこと。
これがまず、ライターとして必要なスキルとなります。
最初は単価が低くても、実力を評価されるにしたがって価格はアップしていきます。
多少時間が掛かっても、自分を正当に評価していただけるようになると、収入はぐっとアップします。
興味がある場合は、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

続いて、福利厚生について見ていきましょう。
直接雇用の場合、雇用主である企業の福利厚生を利用することになります。
企業によって、制度はさまざまですが、健康診断やスポーツジム、リラクゼーション施設の優待利用などが設定されているケースが多いようです。
健康管理も、大切な仕事です。
福利厚生を上手に活用して、プライベートな時間も、仕事時間も充実したものにしましょう。

クラウドソージングを利用した場合は、クラウドサイトを提供している会社が設定している福利厚生を利用できるケースがあります。
在宅で仕事をしながら福利厚生まで利用できるなんて、嬉しいですよね。
ただし、誰でも利用できるという訳ではなく、ある一定額以上の収入がそのサイトを経由してある場合のみ、と設定されているケースが多いようです。
仕事のモチベーションにもつながる、嬉しいシステムといえるでしょう。

在宅ライターのアルバイトは学生でもお仕事可能なのか?

在宅ライターのアルバイトは、学生でも仕事をすることは可能です。
「将来、出版の仕事をしたい」「Web業界に就職したい」そのように考えている学生にとって、ライターの仕事はキャリアにもつながる、非常に魅力的なもの。
その上、在宅で仕事ができるとなると、学校やサークル、遊びにと忙しい学生には非常に魅力的な働き方といえます。

学生時代、さまざまなライティングを経験しておくと、就職活動には非常に有効に作用します。
自分が手掛けた記事やコンテンツは、可能であれば記録を残しておくようにしましょう。
これは、就職活動に限らず、転職や、新たなるクライアントとお付き合いを始める際の資料にもなります。
「記名原稿じゃないから」といって、評価されないということはまずありません。
きちんと保管し、何かの機会にはそれを提出できるようにしておきましょう。

在宅ライターの求人でおすすめのアルバイト登録先
在宅ライターとして仕事をしたいと思ったら、まずは登録しておくべきサイトをご紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスは、さまざまな人たちのライフスタイルに合わせた働き方を追求するクラウドソージングサイトです。
自分の希望する時間に仕事をすることが可能なので「さまざまな事情で働きに出るのが難しい」という悩みを解決してくれます。
ライターとして仕事をしたい、そう思ったら、まずは登録してみることをおすすめします。

クラウディア

クラウディアは、システム開発やデザイン・ロゴ作成、web制作、データ入力、翻訳、ライティングなど、さまざまな在宅ワークを掲載しているクラウドソージングサ―ビスです。
Web上でクライアントとのやりとりが完結できるので、安心してお仕事することができます。
Webライティングの仕事が充実しているので、在宅ライターとして活躍したい方にはぜひ登録をおすすめしたいサイトです。

マイナビバイト

マイナビバイト関東版では、在宅ライターのアルバイト情報が比較的数多く掲載されています。
マイナビは、もともとクリエイティブ系に強いサイト。
在宅ライターの仕事を探したいと思ったら、ぜひチェックしてみることをおすすめします。
求人数が多く、実績も豊富なサイトですから、お仕事探しにとっても便利。
希望条件に近い案件を検索できる機能も充実しているので、あなたのぴったりのお仕事がきっと見つかります。

在宅ライターとして仕事をしていきたい――そう思い立ったら、大切なのは行動力です。
自分から動き出せば、在宅ライターとして活躍できる環境は、比較的簡単に手に入れることが出来ます。
最初は単価が低くても、継続し、信頼関係を築くことで原稿料アップにもつながりますから、モチベーションも保ちやすい働き方といえるのではないでしょうか。
「在宅ライターになりたい、でも大変そう」と迷っているのは、もったいありません。
ぜひ、一歩踏み出してみてくださいね。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加