家賃補助ありの人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 家賃補助ありの人材派遣会社登録と求人情報

家賃補助ありの人材派遣会社登録と求人情報

派遣スタッフとして仕事をしているけれど、一人暮らしをしたい――そんな時、収入面で不安を感じられる方もいらっしゃると思います。確かに、派遣のお仕事は基本的に有期雇用ですし、継続して家賃を支払い続ける必要がある一人暮らしに踏み切るのは、勇気も必要な部分もあるでしょう。でも「派遣で働きながら、一人暮らしをするのは難しいかな」と諦める必要は、ありません。派遣のお仕事にも、家賃補助が出るケースがあることを、ご存知でしょうか。今回は、家賃補助ありの派遣のお仕事や、派遣スタッフの住宅事情についてご紹介します。

家賃補助とは

家賃補助とは、どのようなものかご存知ですか?家賃補助とは、基本的に企業から支給される手当のひとつで、住宅費の補助として支払われるものとなります。「住宅手当」と表現されることもありますが、基本的にその2つに違いはありません。住宅手当や家賃補助は、基本的に勤め先の就業規則に定められているものとなります。ただし、派遣スタッフの場合は雇用主である派遣会社の規定に準ずるのではなく、派遣先企業の規定に準ずることになるので、仕事を探す時に注目してみるのもいいでしょう。家賃補助は、基本的に賃貸物件に対して支払われるものとなりますから、実家で暮らしている方や持ち家は対象外となるケースがあります。実家暮らしはともかく、持ち家が対象とならないのは辛いと感じられる方もいらっしゃると思います。住宅手当という制度は会社独自の規定によりますから、持ち家であることが理由で支給されない会社もあれば、一部支給となるケースとさまざまです。ただ一つ言えることは、住宅手当を仕事選びのポイントとするならば、その会社の住宅手当がどういった場合に支給されるかをチェックすることが大切だということ。とはいえ「住宅手当について、詳しく教えてください」と採用面接の時点では言いにくいものですよね。でも、派遣の場合はその質問を雇用主である派遣会社にするのですから、ずいぶん気持ち的には負担が少ないのではないでしょうか。お金のことは言いにくいけれど、とても大切なこと。しっかりと確認することをお勧めします。

では、家賃補助はどのくらいの額を支給してもらえるのでしょうか。残念ながら、家賃全額が支給されるということはほとんどありません。家賃の一部を補助してくれるのが家賃補助で、厚生労働省の平成27年就労条件総合調査によると、一人あたりの住宅手当平均支給額は17000円となっています。勤務先企業の規定で支給額は異なりますから、この額は参考程度となりますが、17000円でも支給してもらえたら、助かりますよね。家賃補助は企業によってそれぞれ細かくルールが決められており「家賃15万円以内」など、支給対象対象となる物件に制限が設けられていることが多くあります。「会社から20km以内」「会社の最寄り駅まで5駅以内」といった規定が設定されていることもありますから、家賃補助が支払われるのはどのようなケースか、きちんと確認することが大切です。関東や関西などというようにエリアによって家賃相場が違ったり、物価に違いがあるように、会社から支給される家賃補助の額にも違いがあります。自分が就労を希望するエリアの家賃補助の相場を調べ、仕事を探す時の1つのポイントとしてみてもいいかもしれません。

派遣スタッフの一人暮らし事情

派遣スタッフとして仕事をしながら、一人暮らしをする――そのために必要なのは、まず月々の生活にかかっている費用を的確に把握し、収入と支出のバランスが取れた生活を送れているかをチェックすることです。派遣スタッフの給与は、社会保険料等を差し引かれた後の手取りが平均して20万円前後というのが一般的です。ここでは、平均値となる20万円で試算をしてみましょう。その中でやりくりが出来れば、一人暮らしも夢ではありません。一人暮らしの家賃の目安としては、手取りの三分の一程度と言われています。手取りが20万円であればおおよそ6万、多少頑張ったとしても7万円程度が目安となるでしょう。固定費としては家賃の他に光熱費が10000円程度、通信費6000円程度が考えられます。派遣スタッフのお仕事の場合、交通費は支払われないケースも多くありますから、必要ならそちらも差し引いて考えていかなくてはいけません。こうしてやりくりした中の残りを、食費や消耗品費、保険料などに充てます。さて、生活はできそうでしょうか?ここで一つ派遣スタッフが一人暮らしをする際にポイントとなることをお話しましょう。派遣は、先ほども述べた通り交通費が支給されないケースもあります。家賃は郊外に出れば出るほど安く抑えることが出来ますが、交通費のことを考えると実はマイナスとなってしまうことも。そして、職場から離れていると通勤時間だけでぐったりと疲れてしまうというデメリットもあります。住まいを決める時は「郊外の家賃が安いところを!」と思い込まずに職場と住まいの距離、周辺の物価、交通費などさまざまなことを加味して、場所を選ぶことが大切です。また、やりくりのコツとして「特別費」を月々10000円ずつでも積み立てていくことをおすすめします。特別費というのはご祝儀や旅行、プレゼントなどのイレギュラーな出費に充てる費用のこと。予定していたやりくりが大きく変わってしまうのが、これらの出費となるケースが多くあります。そういった事態に陥らないように、日ごろから「特別費」を積み立てておくようにすることで、急な出費に対応することができるのです。「特別費」があれば、いざという時にも安心です。ここまで計画的に生活をすることが出来れば、派遣スタッフをしながら一人暮らしをすることも夢ではないと言えるでしょう。ただ、やはり「派遣」という働き方が有期雇用である点が不安、という方も多いのではないでしょうか。少しでも蓄えるために家賃補助があればいいのに、と感じられる方もいらっしゃるでしょう。家賃補助や住宅手当がある派遣のお仕事というのは、案件自体それほど多くはありませんが、実は存在します。それでは、続いて家賃補助がある派遣のお仕事に就くための登録方法について、ご説明します。

家賃補助ありな仕事の派遣登録方法

家賃補助ありの派遣のお仕事をするためには、まず派遣登録から始まります。基本的には、通常の派遣登録と変わりはありません。ファーストステップは、派遣会社を選ぶところからとなります。派遣会社が運営する求人情報サイトには、検索項目がいくつか上がっていると思います。その中に「家賃補助あり」というチェックボックスがあればそちらをチェックし、チェックボックスがなければフリーワード欄に「家賃補助」と入力して、検索をしてみましょう。家賃補助ありの案件が表示されて「これに応募したい」と思う仕事内容だった場合は、まずWeb上でエントリーを行い、派遣会社からの連絡を待ちます。Webエントリーは基本的に、氏名や住所などの必要最低限の項目を入力すればいい場合と、職務経歴や志望理由、自己PRなども細かく入力するスタイルがあります。どちらの場合でも、派遣会社とあなたのファーストコンタクトとなりますから、よい印象を残すことができるようにしっかりと取り組みましょう。Webエントリーとなると何となく気が抜けてしまい、後になって「もっと細かく情報登録しておけばよかった!」という声も聞きますが、Web登録した時点から選考はスタートしています。気合を入れて注意深く、入力に間違いはないか、相手に伝わる言葉で書けているかどうかをチェックしながら入力を進めましょう。Webエントリーが済むと、派遣会社から派遣登録説明会についての案内が届きます。以前は電話連絡がメインでしたが、最近はメールで届くことが多いようです。いくつか候補日程が挙げられていると思いますので、その中から自分の都合の良い日時を2、3個選んで、返信をしましょう。派遣会社から、派遣登録説明会予約完了のメールが来たら、それで最初のステップは完了となります。

それでは次に、派遣登録説明会当日の流れについてみていきましょう。まず、派遣登録説明会当日の服装からチェックしていきます。通常、派遣登録説明会は派遣会社のオフィスで行われます。ですから、服装はオフィスにいても違和感のない服装、かつ清潔感があるものを選ぶようにしましょう。男性はスーツにネクタイ、女性もスーツやワンピース等が無難です。「スーツなんてかしこまりすぎて、気合が入ってるなという印象にならないかな」と思われる方もいらっしゃるようですが、派遣登録説明会は転職活動で言うところの一次面接と同じです。きちんとし過ぎて、悪いことは何もありません。「本気で派遣として仕事をしたい方」「きちんとした方なのだな」と印象を残すことができるというメリットもありますから、当日はきちんとした服装で行くようにしましょう。男性は髪も短く整え、女性も長い髪はハーフアップもしくは一つに結って顔の周りをすっきりとさせるようにしましょう。ご挨拶をするために頭を下げた時、髪が顔にかかってうるさくならないようにというのが一つの目安となります。明るすぎる髪色も、オフィスにはふさわしくないと感じられることもありますから、注意が必要です。女性はストッキングを着用し、メイクもナチュラルメイクをしておきましょう。こうしたベーシックな身なりを整えることも、ビジネスマナーのひとつです。相手に不快な印象を与えないように、しっかりと準備をしてください。男性も女性も、爪は短く整えておきます。靴も、新しいものでなくても構いませんが、きちんと磨いておきましょう。とにかく清潔感のある身だしなみであるかどうかが、チェックポイントとなります。続いて持ち物ですがWebサイトを見ると「手ぶらでOK」と書かれているところもありますが、念のため履歴書と職務経歴書、簡単にまとめた自己PR文を持っていくことをお勧めします。説明会当日に、会場で情報を入力することになるかもしれません。そうなった時に慌ててその場で考えた自己PRよりも、あらかじめ必要になるかもしれないと時間をかけて用意をした文章の方が、しっかりと自分の良さを伝えることができる仕上がりになっているでしょう。そういった意味で、きちんと事前に準備していくことが大切なのです。

派遣登録説明会では、まず「派遣」という働き方についての説明を受けます。その仕組みをきちんと理解し、登録を希望した場合はそのままスキルチェック、そして面談へと進みます。スキルチェックと言うと、なにか難しいことをしなくてはいけないのではないかと不安に感じられる方もいらっしゃるでしょう。「社会経験があまりなくて不安」「しばらくブランクがあるから、大丈夫かな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、基本的にはパソコンの操作が一通りできること、基本的なビジネスマナーが身についていること、一般常識を持ち合わせていることの3点をクリアしていれば、問題なく通過することができます。「パソコンスキルに不安がある」という場合は、事前にタイピングの練習を自宅でしておいてもいいかもしれません。フリーソフトでタイピングの練習をゲーム感覚で行うことができるものもありますから、楽しみながらスキルアップを目指し、自信を持ってスキルチェックを受けることができるよう準備するのもいいでしょう。

家賃補助ありの派遣で働くメリット

家賃補助ありの派遣で仕事をするメリットは、純粋に「経済的に助かる」という部分が大きいでしょう。ただ、ここで注意したいのが「家賃補助があるから」と、自分の給与から考える適正価格よりも高い家を選んではいけないということ。家賃補助が突然打ち切られる、ということは通常の場合ほとんどないとは思いますが、万が一を想定して家賃補助がなくても充分に生活していくことができる家を選ぶようにしましょう。そして、家賃補助分は使ってしまわずに貯蓄にまわしていくことができたら、それは精神的余裕につながります。一人暮らしの場合は特に、自分一人の収入でやりくりをしなくてはいけませんから、気持ち的に余裕があるのとないのとではずいぶん違ってきます。心を落ち着けて仕事に専念することができるように、家賃補助を当てにして生活レベルを必要以上に引き上げることなく、堅実に生活することをおすすめします。

家賃補助ありの派遣で働くデメリット

家賃補助ありの派遣で働くデメリットは、派遣は有期雇用の就業スタイルであり、いつか契約満了を迎えるという点が挙げられます。就労先との関係がどれだけ良好であっても、基本的には3年以上同じ職場に勤務してはいけないと派遣法で定められていますから、それ以上の継続は期待できません。契約満了を迎えると、次の職場を派遣会社に紹介してもらう流れになりますが、新しい派遣先企業に家賃補助があるかどうかは確約できないというのが現実でしょう。ですから、派遣スタッフが一人暮らしをする場合には、貯金できるタイミングできちんと貯金していくことが重要になってきます。

派遣に限らず、正社員であっても不安定なこのご時世ですから「仕事がある」ということ自体がとても幸せなことだと理解し、しっかりと仕事に取り組むことが大切です。そして、少しでも蓄えがあれば、気持ち的にもずいぶん楽になるのではないでしょうか。しっかり稼ぎ、自分の身の丈にあった暮らしをし、蓄えを築いていくことが大切なポイントと言えるでしょう。

家賃補助以外で住宅補助のある派遣

家賃補助がない場合でも、派遣先によっては社宅や寮が用意されているケースもあります。社宅や寮の魅力は、なんといっても家賃が安いこと。家賃が安ければ、その分を貯蓄に回すことができます。「理想の家で一人暮らしを」と夢見る気持ちは、仕事に対するモチベーションになりますが、必要以上に夢を見てしまうと苦しくなる部分も否めません。まずは「一人暮らしをしたい」という希望を実現することを第一歩と考えて、社宅や寮を利用しながら自立した生活をスタートさせるのもいいでしょう。そこでしっかりと蓄えを作り、また派遣会社の研修制度や仕事をしながらスキルアップに努めましょう。派遣で仕事をしている期間は間違いなくキャリアとして評価されますし、研修や実地で身に着けたスキルは武器となります。そういった自分の強みを見つけ、それを武器にステップアップを目指していくというのは非常に建設的な考え方と言えます。では、どういった職種に社宅や寮が多いのでしょうか。ひとつ、特徴として挙げられるのは「地方にある企業には社宅や寮が用意されているケースが多い」ということです。通勤に便利な都会方面の会社には、あまり寮や社宅はありません。それは、やはり必要性が低いからと言えるでしょう。それに対して地方にある企業で、人口自体が少ないエリアの場合は、人を集めるために社宅や寮を用意して求人を掛けることがあります。ですから、ファーストステップとしては地方にある企業を狙うのがおすすめです。職種としては割と幅広くあり、オフィスワークから営業、製造業や軽作業、介護や医療系の仕事などがあります。一人暮らしを一度経験することでやりくりのノウハウも身に着けることも出来、いざ社宅や寮を出て一人暮らしを、となった時に冷静な判断をすることができるようになっているというメリットも。「どうしても一人暮らし!」と焦って考えずに、あらゆる選択肢を検討してみることをおすすめします。

家賃補助ありの派遣、正社員、アルバイトの違いは何?

家賃補助がある派遣のお仕事があるのですから、正社員やアルバイトでも家賃補助のある案件はもちろんあります。では、その3つの違いには、どのようなものがあるのでしょうか。派遣は派遣会社に雇用され、派遣先企業に派遣会社のスタッフとして勤務をする「間接雇用」という勤務形態をとっています。それに対して正社員やアルバイトは、仕事をする企業に直接雇用されて仕事をする「直接雇用」というスタイルです。この雇用形態の違いが、3つの働き方の大きな違いと言えるでしょう。お給料も、派遣社員は派遣会社から支給されますが、正社員やアルバイトは雇用されている会社から直接支払われます。派遣会社は派遣先企業と労働者派遣契約を締結しており、派遣会社から派遣スタッフに支払われるお給料と一緒に家賃補助を支払うかどうかも取り決めがなされています。派遣スタッフは、給与も家賃補助もあくまで派遣会社から支払われるのです。それに対して正社員やアルバイトに関しては、雇用主である企業からそれぞれに対して家賃補助に関する提示があり、その内容次第で家賃補助をもらえるというスタイルになります。

さて、ではこの3つの雇用形態の仕事内容については、どのような違いがあるのでしょうか。直接雇用は企業から直接指示を出され、間接雇用は派遣先企業から支持を出される――ということは、ありません。間接雇用であっても、仕事に関する指示は実際に働いている派遣先企業からいただくことになります。派遣スタッフの就労スタイルは給与や福利厚生は派遣会社から、仕事の指示は派遣先企業からもらう形になるのです。

家賃補助ありの派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

それでは、家賃補助ありの派遣のお仕事でおすすめの人材派遣会社についてご紹介しましょう。

パーソルテンプスタッフ

住宅手当があると、生活の大きな助けになりますよね。派遣のお仕事でも、福利厚生の一環として住宅手当が支給される案件が増えてきています。20000件もの求人数を誇るパー剃るテンプスタッフで取り扱う派遣求人案件も、住宅手当が支給されるものが増加傾向にあり、派遣として活躍する多くの方から注目を集めています。「一人暮らしをスタートさせたい、でも収入に不安がある」そんな方にも、住宅手当は大きな魅力となります。派遣という就業スタイルだからこそ、しっかりと蓄えられる時は蓄えておけるよう、住宅手当ありのお仕事に注目しましょう!

ファルマスタッフ

株式会社メディカルリソースが運営している薬剤師求人サイトファルマスタッフでは、家賃補助ありの派遣求人を多く掲載しています。薬剤師の職場では家賃補助が支給されるケースも多いのですが、やはり正社員募集が多い傾向にあります。ですが、さまざまな事情で派遣という就労形態を望んでいる方にとっては、派遣の薬剤師求人でも家賃補助が支給される案件を数多く取り扱っているファルマスタッフは魅力的な存在だと言えるでしょう。家賃補助があるかどうかで、家計は大きく変わります。ぜひ、上手に活用することをお勧めします。

家賃補助がある派遣のお仕事について、少しお分かりいただけたでしょうか。派遣という就業スタイルは、定期的な収入が必ずしも約束される訳ではありません。いただける補助はきちんともらって、しっかりと蓄えることも、派遣スタッフの知恵。就業をスタートさせる時にはそれほど大きなポイントとして考えていなかった方でも、実際に家賃補助があるお仕事に就くとそのありがたみを痛感すると言います。毎月定期的な支出だからこそ、補助は大きな生活の助けとなります。一人暮らしを検討している、または一人暮らしをしている派遣スタッフの方は、これからお仕事を探す時に「家賃補助」についてぜひ確認するようにしてみてください。スタッフの生活が安定することは、勤務先企業にとっても大きなメリットとなります。派遣会社と派遣先企業、そして派遣スタッフそれぞれにとってメリットの大きい制度、それが家賃補助と言えるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド