図書館の人材派遣会社登録と求人の詳細

> 職種別の派遣求人 > 図書館の人材派遣会社登録と求人

図書館の人材派遣会社登録と求人

図書館のお仕事には、どのようなイメージがあるでしょうか。「それほど忙しくもなさそうに見えるし、落ち着いた環境で静かに仕事ができそう」「何より大好きな本に囲まれて一日を過ごせるなんて」――そんな理由から、図書館で仕事をするということに憧れを抱く方も多いようです。では、実際の図書館のお仕事とは、どのようなことをするのでしょうか。見かけ通り、穏やかに日々仕事に取り組むことができるのか、本当のところを知りたいですよね。そしてもうひとつ、気になるのが資格のことだと思います。図書館で仕事をするためには、やはり図書館司書などの資格は必須なのでしょうか。今回は、図書館の派遣求人についてご紹介します。

図書館派遣の仕事内容

図書館で仕事をする人のメインとなる仕事は、カウンター業務になります。利用者の方が本を借りたり、返却する際の手続きを行う仕事です。それでは、図書館スタッフの具体的な仕事内容について、見ていきましょう。まずは、カウンター・レファス業務です。こちらは、先ほども触れた通り、図書館のカウンターで利用者に対する対応をしたり、貸出や返却、予約受付を行います。また、新規の利用者に対して登録をするのも仕事です。図書館を利用する方が学習や研究、調査を目的として必要となる資料や情報を求めた場合、図書館員としてその手助けをするために資料を検索したり、提供するレファレンス業務も、図書館スタッフの大切な仕事です。図書館に掛かってきた電話の対応や、返却された本をもとの本棚に戻したり、新しく入ってきた本に対して各種ラベルの貼り付けや、磁気テープ装着、蔵書押印やブックカバー装備などもを施すのも、大切な仕事です。新しい本を投入したら、所蔵データにも入力し、納品チェックを行います。蔵書の点検、書架調査や移動、蔵書のクリーニングなども、大切な業務です。図書館は、いつ訪れても整然としていて、気持ちよく読書を楽しむことができる場所という印象を抱いている方も多いのではないでしょうか。そういった環境に整えているのが、図書館スタッフなのです。

図書館の派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

図書館司書として仕事をする場合は、基本的に有資格者であることが必須となります。ただ、図書館で仕事をするだけであれば、資格は必至ではない場合もあることをご存知ですか?これは、案件によって条件がことなりますので、しっかりと確認するようにしましょう。図書館スタッフとして仕事をする場合は、スキルや経験に合わせて研修を行っている派遣会社もあります。図書館でこれからも仕事を続けたいという思いがある場合は、研修制度が充実している派遣会社を選び、研修制度を活用してスキルを身に着けるというのも一つの方法です。派遣会社によっては「大学図書館ビギナー研修」「ライブラリーベーシック研修」「雑誌所蔵登録研修」など、さまざまな図書館業務の研修が行われています。また、派遣会社の場合は社会人経験が浅い方や、ブランクが空いている方に対して「ビジネスマナー研修」や「PC研修」なども実施しています。上手に活用してキャリアアップにつなげられるようにするというのも、一つの方法と言えるでしょう。

図書館司書資格について

図書館で仕事をする人は、図書館法という法律により図書館で図書を専門的に扱う「司書」と「司書補」という資格を有することが定められています。まずは、図書館司書について見ていきましょう。大学在学時、図書館司書の資格取得を検討したけれど、あまりにも履修しなくてはいけない講座が多すぎて挫折をしてしまった…という方も、いらっしゃるのではないでしょうか。図書館司書の資格を取得するためには、定められた単位を取得する必要があります。実は、これがかなりの数となり、学生時代に取得を目指そうとするととても忙しい学生時代を送ることになってしまうのです。では、学生時代に諦めてしまったら、もう図書館司書を諦めるしかないのでしょうか。実は、そんなことはないのです。図書館司書の資格取得には、年齢制限はありません。社会人になった後や、子育てがひと段落してから、資格取得を目指す方も多くいます。既卒者の場合、どのようにすれば図書館司書の資格を取得することが出来るのか、見ていきましょう。図書館司書資格取得のためには、先ほども触れた通り所定の単位を取得していることが必須となります。そういった条件をクリアするために、司書講習というものが存在します。この司書講習を受講するためには、いくつかの条件があります。「大学や短期大学、高等専門学校を卒業していること」「大学に2年以上在学し、62単位以上取得していること」「専修学校専門課程にて、2年以上、1700時間以上の課程を卒業していること」「2年以上司書補として、または国立国会図書館又は大学、高等専門学校の付属図書館職員として司書補に相当するものとして勤務をした経験があること」「その他、文部科学省が法令で定めている受講資格を有すること」以上のいずれかが条件になります。司書講習では短期間での取得を目指すため、かなりタイトなスケジュールとなりますが、それでも人気の講座です。図書館司書の資格を持っていることで安定した雇用を得ることができるというのが、大きな魅力となっていると言えるでしょう。大学や新聞社などだけではなく、全国の市区町村には必ず図書館がありますから、専門的な資格である司書の資格を所有していることで、そのどこかで仕事をすることが可能だということになり、選択肢が広がるのです。続いて司書補ですが、司書の業務を補佐するのがこの司書補の役割となります。補佐という言葉を使ってはいますが、実際の業務内容は司書と大きく違いはありません。貸出や返却などのカウンター業務や書架の整理、レファレンスサービス等、図書館では欠かせない業務全般に従事しています。司書と司書補の具体的な違いとは何かと言うと、司書は大学や短大、高等専門学校を卒業していることが必須条件となり、司書補は高校、もしくは高等専門学校第3学年を終了後、司書補の講習を受ければ資格を司書補の資格を取ることができます。司書補として3年間以上図書館勤務を経験することで、先ほどもご紹介した司書講習を受けることができます。その講習を修了することで、司書の資格を取得することができます。司書の資格は、このように段階的に取得することができるものなのです。

図書館派遣で役立つスキル

図書館司書は、パソコン業務を多く伴う仕事と言えます。そのため、メールはもちろん、ワードやエクセルなど基本的なパソコンスキルを習得しておくと、即戦力として重宝がられるでしょう。また、大学図書館の場合は教授や学内事務所の方とのやり取りも多くあるため、基本的なビジネスマナーも習得しておいたほうがいいことが考えられます。目上の方に対して、きちんと礼儀正しく対応できることが重要なポイントです。また、本が好きで、本に詳しいことは図書館で仕事をする上で大きな強みとなります。本の配置などもジャンルによって分類されていたり、その中でも作家順に並べられていたり、とさまざまなルールがあります。そんな時に本や作家に対する知識があると、業務をスムーズに行うことが出来ます。「本が好き」というのは、それだけで図書館業務には大変活きていくでしょう。最後に、図書館派遣のお仕事はルーティーンワークが多いのですが、スタッフ数はそれほど多くないのが一般的です。自分一人で責任を持って業務を遂行する責任感が、必須となります。また、管理をしてくれる人がいないため、スケジュール管理は特に重要です。小さな図書館では、場合によっては一人で開館させて、一日切り盛りし、閉館させるということも充分考えられます。他にメンバーがいれば、相談しながら進めることができる業務も、自分一人の裁量でとなると、自由度の高さが魅力と言えば魅力ですが、心細い部分も出てくるのではないでしょうか。そんな時も落ち着いて、自分のなかでしっかりとスケジュールを立てて、それにのっとって仕事を進めるようにしましょう。

図書館の派遣で働くメリット

閉館時間が決まっているため急な残業があまりなく、規則正しいリズムで働くことができる点が、図書館派遣人気の理由となっています。また、就業資格に年齢制限がないのも、多くの方が目指す理由と言えるでしょう。図書館司書資格を持っている方は、年齢に関わらずお仕事に就くことが出来ます。とにかく本が好きで、静かに落ち着いた環境で、黙々と作業することが苦にならない方には、ぴったりの仕事と言えます。その上、新刊本などの情報も随時入ってきますから、本好きな方には趣味と実益を兼ねた、メリットの大きな仕事と言えるでしょう。

図書館の派遣で働くデメリット

人気の職種のためすぐに求人が埋まってしまうというのが、デメリットと言えばデメリットと言えるでしょう。また、大学図書館に勤務する場合は土曜日に出勤する必要があるということも理解しておいてください。そして、本を取り扱う仕事なので、時には力仕事となることもあります。静々と業務をこなすイメージだけで仕事をスタートさせると「イメージと違う」と感じることが出てくるかもしれません。体力勝負、とまでは言いませんが、力が必要になる場面もあるということを理解しておきましょう。

図書館派遣の給料相場や福利厚生制度

図書館司書の派遣のお仕事の場合、時給は大体1100円〜1500円となっています。大学や新聞社についている民間の図書館は少し割高で、公立図書館の場合は派遣求人自体あまりありませんが、ごくまれにあったとしても比較的安い価格に設定されているケースが多いようです。時給としてはあまり期待が出来ませんが、基本的にあまり忙しくなく、残業も少ないというメリットがあります。ただ、大学勤務の場合は土曜出勤が必要になることもありますので、応募する際には条件をしっかりチェックするようにしましょう。図書館司書の資格を有していない場合、時給は1000円〜1300円程度になるようです。やはり、資格があったほうが、時給は高くなるということができるでしょう。次に福利厚生ですが、派遣スタッフとして就労しているため、基本的に派遣先である図書館の福利厚生ではなく、派遣元である派遣会社の福利厚生を利用することになります。図書館司書のお仕事は特殊な面もあるため、必ずしも大手派遣会社を利用するということにはならないことが考えられますので、その点は理解しておきましょう。大手派遣会社の場合は、福利厚生が大変充実しており、健康診断や予防接種の補助、スポーツジムやリラクゼーション施設の優待割引利用などもあります。また、研修制度も大変充実していて、図書館司書の仕事をしながら、その他の資格取得を目指して学ぶこともできる環境です。せっかく利用する権利があるものですから、利用できる福利厚生がある時は、上手に活用して充実した生活を送りたいですね。それでは、図書館のお仕事に特化した、小規模な派遣会社の場合はどうでしょうか。そういった派遣会社の場合、図書館のお仕事に関する研修制度が非常に充実しているケースが多くあります。図書館のお仕事に関する研修と言うのは、その専門性の高さから、どこでも開催されているものではありません。しっかりと活用して、図書館派遣のスペシャリストを目指すのもいいでしょう。また、提携している福利厚生サービスを利用することが出来たり、健康診断が受診可能なところがあります。自分が登録している派遣会社にどのような福利厚生があるかをきちんと知り、活用できるものはしっかりと活用することをおすすめします。

図書館の派遣は学生でもお仕事可能なのか?

図書館派遣のお仕事は、基本的に図書館司書資格を有するスタッフがフルタイムで勤務するというスタイルが多いため、学生が仕事に就くのは時間的に難しい面があります。資格も、大学で必要な単位を修得していないと受験資格を得ることもできませんから、学生のうちはなかなか難しいというのが現状でしょう。ただ、稀に棚卸の時期などにスポットで図書館派遣のお仕事もありますから、そういったもので実際の図書館の中を覗いてみるということは、可能です。「図書館司書の仕事をしたい」と考えている学生は、そういった短期派遣を探してみるといいでしょう。

図書館司書に向いている人とは

図書館司書には、どのような人が向いているのでしょうか。図書館に勤務したいと考えるような人ですから、まずは本が好きであることが必要条件になると思います。とはいえ、特定のジャンルのみ好きという方だと、幅広いジャンルを取り扱う図書館業務は苦痛になるかもしれません。「活字が好き」で、どのようなジャンルの本であっても楽しく読むことが出来るタイプの方に、図書館のお仕事は向いていると言えるでしょう。また、人とあまり接することがなく、カウンター業務にしても静かに行う仕事です。にぎやかに、大勢で楽しくしたい方には、あまり向かないかもしれません。図書館とはいえ、利用者の方たちみんなが本を借りにカウンターにやってくる訳ではなく、静かに勉強をしたい人、読書を楽しみたい人が訪れる場でもあります。「カウンターで接客が出来るから、多少の気分転換は期待できる」と思っていると、イメージと違った!という事態に陥りやすいため、注意が必要です。ただ、カウンター業務は図書館の顔とも言える場所です。利用者の方が訪れたら、にこやかに対応するようにしましょう。硬い表情で黙々と作業をしていると、利用者の方が質問をしたいと思っても、話しかけにくいオーラが漂っていて話しかけられなかったということになってしまっては困ります。カウンター業務は、ぜひにこやかに、利用者の方が気持ちよく図書館を利用できるように行うようにしましょう。

図書館派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

図書館司書の仕事を短期間だけしたい場合には、どのような選択肢があるのでしょうか。例えば、学校図書の蔵書データを作成する業務や、蔵書点検のお仕事が、短期のお仕事としては挙げられるでしょう。その他、産休や育休のスタッフの代替スタッフとして、短期でお仕事に入ることもあるようです。

図書館の求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

図書館のお仕事というのは、少し特色のあるもの。図書館のお仕事に強い派遣会社に登録することが、就労への近道と言えます。それでは、図書館で仕事をするのに、おすすめな人材派遣会社をご紹介しましょう。

株式会社キャリアパワー

株式会社キャリアパワーは図書館の全面運用委託やカウンター・レファレンス業務などの部分委託などを受けているため、幅広いスタイルの働き方が実現できる人材派遣会社です。200館を超える運用実績を誇り、多くの大学や自治体から好評を得ています。図書館の顔であるカウンター業務では特に「人」に関わるプロとして、創業当時から人材育成に注力してきました。また、キャリアアップや業務の質向上を目指して、さまざまな研修を展開しています。

ウーマンスタッフ株式会社

ウーマンスタッフ株式会社では、図書館製本でトップクラスのシェアを誇るナカバヤシ株式会社と連携し、全国の大学図書館や専門図書館等のお仕事を紹介しています。派遣先としては、国立大学や私立大学の図書館、専門図書館などが多く、活躍のステージは多岐に渡ります。あなたの活躍できるステージが、きっと見つけられるでしょう。まずは、一度登録会に行ってみてください。登録後は、担当のコーディネーターがカウンセリングを行い、ご希望に沿ったお仕事をご紹介します!

日本アスペクトコア株式会社

日本アスペクトコア株式会社は業界老舗として、学校や公的機関のお仕事を豊富に取り扱っている人材派遣会社です。図書館業務も多く取り扱いがあり、派遣スタッフのパーソナリティや価値観などを考慮の上、ベストマッチなお仕事をご紹介します。図書館司書の資格をお持ちの方はもちろん、図書館業務未経験の方も歓迎いたします。各種研修制度も充実していますので、ブランクがある方も大歓迎です。

図書館の仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

図書館の正社員やアルバイト、派遣スタッフ、それぞれの仕事内容はどのような違いがあるのでしょうか。図書館の正社員というと、やはり図書館司書の資格を保有していることが前提となります。資格がないけれど図書館で仕事をしたいという方は、まず「図書館司書資格不問」という求人を探すことからスタートしましょう。図書館員の場合、未経験からの正社員雇用というのはあまりないようです。最初は契約社員としてスタートし、のちに正社員へとステップアップしていくというのが一般的な流れてと言えるでしょう。給与に関しては、正社員の場合18万円〜20万円からのスタートがほとんどとなります。司書資格を保有している場合は、これに資格手当がプラスされます。仕事をする中で、勤続年数がアップすればその分給与も上がりますし、資格を取得すれば資格手当がついたりもしますから、収入が上がることも充分あると考えていいでしょう。では次に、派遣社員の場合はどうでしょうか。時給は1100円〜1400円程度となっています。この額だけ聞くと、悪くないと思うかもしれませんが、実際には交通費が支給されないケースもあるようです。派遣で図書館のお仕事をする場合には、条件をしっかりと確認するようにしましょう。また、資格を取得することで時給アップも見込むことも可能です。最後に、アルバイトの場合ですが、時給は800円〜となっています。図書館の仕事は、需要に対して供給が多すぎるため、比較的給与は低めに設定されていることが多いようです。では、具体的な仕事内容に違いはあるのでしょうか。図書館司書資格を持っている場合は、正社員でも派遣社員でもやはり業務の幅が広く、責任が伴います。館内の経理や人事などは、正社員が行うのが一般的です。その他のカウンター貸出業務や本の返却作業、利用案内などはアルバイトが、派遣社員はそういった業務にプラスアルファとして蔵書データベース作成や他の図書館との資料のやり取りなどを行うことが多いようです。

学生時代はそんなこと思いもしなかったけれど、結婚や出産を経て図書館で仕事をしたいと思い始めた――そんな方もたくさんいらっしゃいます。経済的な理由で進学を諦めたけれど、やはり司書の夢を諦めきれないと再チャレンジを決めた方や、一度就職したけれど司書になりたいと資格取得を検討し始めた方など、さまざまな方が図書館派遣の仕事に興味を持っていると言えるでしょう。図書館派遣の仕事は、特に図書館司書の資格を取得していない人が希望するケースが多く、なかなか高倍率な求人となっています。可能であれば、司書になる勉強をしながら図書館で勤務をしたいと考える人が多いためです。ただ、図書館司書資格取得に年齢制限はありません。志さえあれば、年代に関わらず学びなおして、取得することが可能な資格なのです。資格を取ってから図書館派遣に挑戦するのもいいでしょうし、資格取得を目指して勉強をしながら、図書館派遣をするという方法ももちろんあります。特に資格がない場合は高倍率な求人であることを理解した上で、図書館派遣に強い派遣会社に登録し、求人情報がメールで届いたり、Webサイト上にアップされたらすぐに自分からアクションを起こすなどして、派遣会社に対してもしっかりとやる気をアピールするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド