託児所ありの人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 託児所ありの人材派遣会社登録と求人情報

託児所ありの人材派遣会社登録と求人情報

派遣という働き方を選ぶ方に多いのが、子育て中の主婦です。「子育てしていても、社会と関わっていたい」「子どもに望む教育を受けさせるために、少しでも稼ぎたい」さまざまな理由で仕事をしたいと望まれる方は多いのですが、条件的になかなか思うような仕事に就けないというのが現状です。ですが、派遣という働き方なら、時短勤務や週3日勤務など、さまざまな働き方を選ぶことができます。そうなってくると、仕事をしたい!と考える女性も増えるもの。ですが、実際に仕事をしようと考えた時に直面するのが、仕事中に子ども預ける先がないということ――そんな方たちに向けて、託児所ありの派遣会社が誕生しています。今回は、託児所ありの派遣について、調査しました!

子育て中の主婦だからこそ、活用したい「託児所あり」のお仕事

子育て中のママであっても、社会経験が豊富で、そのスキルや知識を活かして仕事をしたいと考えている人はたくさんいます。でも、公立の保育園に入るのは審査が厳しかったり、民間の保育園は保育料が高く、せっかく仕事をしても収入と支出に大差がなかったりと、現実として子育てと仕事を両立させるのはとても難しい面があるというのは、否めません。一億総活躍社会を目指している今の日本では、せっかくのスキルや経験があっても子どもがいることでそのスキルを活かすことができないのは、大きな痛手です。そういった主婦の持つ眠れるスキルを活かすために、今さまざまな取り組みが行われています。その一つが、託児所ありのお仕事の増加です。派遣会社でも、仕事と家庭を両立させるために、さまざまなサービスを展開しています。今回は、そういったサービスとともに、託児所ありのお仕事についてみていきましょう。

託児所ありな仕事の派遣登録方法

「いい仕事、ないかな」と派遣会社のサイトで求人検索をしていたら、託児所ありのお仕事が目に飛び込んできた!という経験がある方もいらっしゃると思います。託児所があるなら、私も働けるかも知れない――そんな風に思われた方は、まずは派遣登録からスタートしましょう。派遣登録をするためには、まず派遣会社のサイト上からメールアドレスや氏名を登録します。そうすると、登録したアドレス宛に、本登録用のURLが送られてきますから、そちらをクリックし、基本情報を登録しましょう。この時、必須項目となっている氏名や住所だけでなく、任意項目となっている自己PRや職務経歴なども入力してしまうことをおすすめします。必要最低限の情報のみで登録することももちろんできますが、任意での入力項目は後日改めて派遣登録説明会で入力するケースがほとんどです。派遣登録説明会は派遣会社のオフィスで行われますから、そういった場所でスムーズに自己PRなどを書くことが出来れば話は別ですが、多くの方は「もっとちゃんと用意してくればよかった!」と後悔しながら、入力することになると言います。せっかく派遣会社に自分のことをアピールする項目であるはずなのに、自分の準備不足でそれができなかった…となってしまっては、もったいないですよね。そういった事態を避けるためも、家でゆっくり入力するチャンスがあれば、その時にじっくりと文章を練りながら入力することをおすすめします。最初は基本情報だけ入力をしておいて、後からログインし、編集することも可能なケースも多くありますので、焦る必要はありません。しっかりと満足のいく自己PR文を練り上げましょう。Web登録が完了すると、数日以内に派遣会社から派遣登録説明会のスケジュールがメールで送られてきます。その日程の中から自分の都合のいい日を選んで、予約をしましょう。「派遣登録説明会の間、子どもはどうしたらいいのかしら」と思われるかもしれませんが、女性の社会進出を応援していたり、仕事と家庭の両立を推奨している派遣会社では、派遣登録説明会の間は子どもを預かってくれる託児付きの派遣登録説明会が開催されているケースも多くあります。「子どもをどこかに預けないと、就職活動できない」という精神的プレッシャーからは解放されるため、子どもを派遣会社で一時預かりをしてもらいながら派遣登録説明会に参加するというのは、気持ち的にとても助かるのではないでしょうか。派遣登録説明会当日は、派遣会社でまず派遣という働き方について説明を受けます。その働き方を理解した上で派遣登録を行う場合は、次にスキルチェックをします。「スキルチェック」と言われてしまうと不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にはパソコンのスキルチェック、一般常識テスト、ビジネスマナーチェック程度です。社会人経験があれば問題なくクリアできる内容ですし、社会人経験が浅くともそれほど難しいものは出題されないので、安心してください。スキルチェックの後は、面談となります。面談では、希望する職種や条件などを伝え、条件に合った案件があればすぐそのまま紹介を受けることも可能です。派遣会社では託児所ありの派遣先企業を紹介してもらえる場合や、派遣会社が保育所を運営、もしくは提携しているケース、保育施設の補助金制度を展開しているなど、さまざまな形で女性の社会復帰を応援しています。子どもを預けられる環境があるなら、仕事をしたいという方にとっては、魅力的な取り組みと言えるでしょう。

ここで、派遣登録説明会当日の服装や、持ち物についてまとめてみましょう。通常の派遣登録説明会同様、服装はオフィスカジュアルをおすすめします。派遣登録説明化は、派遣会社のオフィスで行われるケースがほとんどです。オフィスで行うのですから、オフィスにいて浮くことのない服装というのが大前提となります。授乳服でも構いませんが、カジュアルな服装になってしまう場合は色味を抑えたり、形をシンプルなものにするなどの工夫するようにしましょう。とにかく、オフィスにいて違和感のない服装を心がけることがポイントです。髪の毛もまとめ、お化粧もきちんとします。こちらは、社会人としてのマナーと同様です。女性に見られがちな傾向ですが「子育て中だから」と言い訳をして身だしなみに対しての意識が低くなってしまう方もいらっしゃいます。でも「働きたい」という気持ちがあるなら、ママである前に社会人としての自覚をしっかりと持つことが大切です。子育て中だからこそ、きちんとしたメイクをし、服装を選び、社会人としての自覚を装いからアピールしましょう。次に、持ち物についてです。持ち物ですが、こちらは子育てママ特有のものが多くなってきますので、しっかりと準備し、当日「しまった!」ということがないようにしましょう。まず、おむつやおしりふき、お着換え1セット、汚れたものを入れる袋、ミルク(必要なら離乳食、託児するのであれば自家製ではなく、既製品を持参)、お気に入りのおもちゃが必要です。その他にも、託児施設から持参するように言われた物があれば、そちらを必ず持参するようにしましょう。ママと離れることに慣れていない子にとっては預ける時に時間がかかってしまうこともありますから、時間的には余裕を持っていくようにしましょう。また、いざ預ける時にママの方が後ろ髪惹かれすぎることがないように「ママ、行っちゃっていいですよ」と託児所の方が言ってくださったら、さっと立ち去る勇気も必要です。いつまでもママがそこにいると、子どもも期待をしてしまって「ママ、ママ」と離れられなくなってしまうケースも。これから仕事をするために、子どもを保育園に預けることを考えれば、この託児はその練習だと考え、割りきる勇気を持つようにしましょう。

託児所ありの派遣で働くメリット

託児所ありの派遣のお仕事をする最大のメリット、それは保育園の優先入園が一番と言えるでしょう。保育園探しは、想像以上に大変なもの。そんな時に、派遣スタッフとして仕事をすることで、派遣会社が運営する保育園に優先的に入園することができるというのは、ありがたいですよね。保育園を運営している派遣会社では、就業相談会や派遣登録会にも子どもを預けられる保育スペースが完備されていることが多いので、そういった意味でも子育てママに優しいということが出来るでしょう。福利厚生の一環として、ベビーシッターや家事代行サービスの割引利用も使用することが出来、家事と仕事の両立を目指す忙しいママの強い味方となってくれます。「派遣会社がそこまでしてくれるの?」と思うような出産育児相談も実施していたり、とにかく働く女性、そして子育てママにありがたいサポートが充実しています。出産育児相談では、看護師や保育士、栄養士などの有資格者が相談に乗ってくれますし、先輩ママも派遣スタッフにはたくさんいるので、いざという時に心強いですね。

育児中だからこその譲れない条件も諦めないで

派遣の働き方には、様々なものがあります。週3日からOKだったり、16時退社や「働く主婦(夫)歓迎」「時短勤務」「残業なし」など、ママにとって魅力的なものがたくさんあります。そういったさまざまな勤務条件からしっかりと自分のどうしても譲れないポイントを見極め、自分のライフスタイルに合った就労スタイルを柔軟に選ぶことができるのが、派遣のお仕事の魅力です。子どもが小さいうちは、週3日、16時までで勤務をし、実務のなかでキャリアアップをしながら、小学生になったタイミングでフルタイムに挑戦する――というケースも。また、正社員を視野に入れて紹介予定派遣にチャレンジすることも可能です。全てをパーフェクトに叶えることは難しくても、自分の中で調整しながら出来るだけ理想に近いお仕事を見つけられるよう、派遣コーディネーターにも相談してみてください。

託児所ありの派遣で働くデメリット

託児所ありの派遣で働くデメリットは、ほとんどないと言えるでしょう。ただ、自社で運営している保育園にもタイミングが悪いと満員で入ることができない可能性があるということを理解しておくことが大切です。「自社の運営保育園があるんだから、入れるに決まってるでしょう」と思い込んでいると、いざお断りをされた時のダメージが大きくなってしまいます。保育園は、どこも入園するのは狭き門というのが現実です。託児所併設の派遣会社では、もちろん派遣スタッフの子どもを優先的に入れてはくれますが、既に満員だった場合は入れないこともあり得るということを想定しておきましょう。また、子育てサポートが充実している派遣会社でお仕事をしていると、つい「子育て中だから、このくらいは許してくれるはず」と子育てへの理解に過度な期待をしてしまうこともあるようです。子育て中の母だから、と言い訳することなく、仕事は仕事と割り切って仕事に取り組む誠実な姿勢をキープできるかどうかが重要になってきます。子育てに理解ある職場だからこそ、しっかりと自分を律して仕事に取り組むようにしましょう。「子育てしながら仕事をしたい」と考える女性は、多いもの。せっかくそのポジションを手に入れても、その環境に甘えていてはすぐに他の人に取られてしまいます。仕事に対する意識や責任感を高く持って、しっかりと責任を果たしましょう。そうすることが、子育てママに優しい環境を整えてくれている派遣会社に対する恩返しなのです。

託児所ありな派遣の給料や社会保険ってどうなるの?

託児所がついているから、といって派遣の時給自体には大きな変動はありません。また、子育てサポート制度も福利厚生の一環ですから、それがあることによって給与から何かを引かれるということもありませんので、安心してください。PC操作を伴うオフィスワークだと1200円〜、Webデザインなどのクリエイティブ系は1300円〜、テレマーケティングは1100円〜、受付や案内業務は1000円〜、経理系は1500円〜、英文事務は1600円〜、看護師や介護士、ソフトウェア開発エンジニアといった専門性の高い仕事は2000円となっています。より専門性の高いスキルを保有していると、時給がアップしていくことがこの数字から分かるのではないでしょうか。それでは次に、社会保険についてみていきましょう。派遣スタッフは、仕事をしに行くのは派遣先企業ですが、所属は派遣会社となります。これを間接雇用と言いますが、間接雇用の場合、勤務先ではなく雇い主である派遣会社の福利厚生や社会保険に加入することになります。派遣会社は、一般的に中小企業以上の福利厚生を誇っているところが多いので、上手に活用してオフを楽しむ方も多いようです。時給制の派遣スタッフは身体が資本ですから、健康管理のために定期健康診断や予防接種の補助、スポーツジムを優待価格で利用できる場合は身体を動かして健康的な生活を心がけようとする方も多くいます。また、ネイルサロンやスパ、エステ、レストランやテーマパークの優待割引券など、さまざまなものが用意されていますから、そういった福利厚生を活用して、オンとオフのメリハリを大切に過ごすのもいいでしょう。子育てに優しい福利厚生としては、ベビーシッターや託児所の優待割引や、家事代行サービス、育児相談といった充実のラインナップ。また、長い目で見て働く主婦として活躍の場を広げられるように、就業相談やキャリアプランについて相談に乗ってくれるサポートシステムもあり、かつ無料研修や講座を活用してキャリアアップを目指すプランを提案してくれる派遣会社もあります。派遣会社にとっても、ママは大切な戦力。しっかりと磨けるスキルは磨いて、活躍して欲しいと願っているのです。上手に活用し、お互いにとってよりよい関係を築くことが出来たら、それは理想と言えるのではないでしょうか。

託児所ありの派遣、正社員、アルバイトの違いは何?

アルバイトやパートと派遣スタッフの大きな違いは「企業が求めるスキル」と言えるでしょう。派遣スタッフに対して、企業は即戦力を期待し、研修や教育を派遣先企業が行わなくても、ある一定のスキルをもっていることを前提としています。それに対して、直接雇用であるアルバイトやパートスタッフの場合、ある程度の教育や研修は自社で行わなくてはならないと認識している企業が一般的です。そういった違いがあるため、例えば東京都の一般事務なら派遣スタッフの平均時給は1200円〜1500円程度なのに対し、アルバイト・パートの平均時給は1100円程度。比べてみると、やはり高めの設定となっていることがお分かりいただけると思います。派遣先企業は、派遣スタッフに対して「自分たちが今必要としているスキルを習得している即戦力である」ことを求めて、期待しているのです。教育や研修などが必要になってくる直接雇用のアルバイトやパートよりも、時給が高めに設定されているのは、そういった理由があるのです。そしてまた、正社員とは違い賞与や退職金等がなく、企業が必要なタイミングで必要な期間だけ仕事をしてもらうという使い勝手のいい人材であるため、派遣スタッフの生活安定を考慮する意味でも、時給が高めに設定されているという面もあります。これにプラスして、託児所がある場合は同じ職場に正社員、派遣スタッフ、パート、アルバイトそれぞれが家庭を持っていることが予測されます。雇用形態や給与が違いますから、それぞれに対して期待されることも違ってきます。ただ、派遣スタッフ以外は直接雇用となっているのが、大きな違いと言えるでしょう。子どもの預け先も、違ってくるかもしれません。でも、同じ「子育て中のママ同士」ということを忘れずに、誰かが急に病欠をした時もお互いが支え合う雰囲気を職場に築いていくことも大切です。自分も迷惑を掛けることがあるかもしれない、だから誰かが急な子どもの発熱で困っていたら、できる範囲で手伝おう――そういった姿勢を続けていけば、いざ自分が困った時には必ず誰かが助けてくれます。そういった思いやる心を忘れずに、仕事に取り組むようにしましょう。

託児所ありの派遣でお仕事するのに人気の職種

託児所ありの派遣でのお仕事で、人気の職種にはどのようなものがあるのでしょうか。看護師や薬剤師といったお仕事は、託児施設がある案件が多くあり人気となっています。医療系のお仕事はニーズも高く、職場環境も整っているケースが多いということができるでしょう。また、サービス業界でも託児所を完備しているところが増えていることをご存知ですか?ホテルやゴルフ場、クリーニングやモールなどでも子供を預けることで安心してママたちがスキルを活かして仕事をすることができるよう、託児所を完備するケースが増加しています。お客様相手のサービス業は、日々誰かのために何かをしている主婦のスキルを活かすのにとてもいいステージと言えるのです。最後になりますが、派遣会社が独自に保育園運営に乗り出すケースも登場しています。派遣会社の場合は、さまざまな職種にトライすることが出来、キャリアプランを描きやすい点も「これから社会の一員として活躍したい」と考えるママたちに人気となっています。派遣会社が保育園を運営していなくても、外部の保育施設と提携していることもありますから、チェックしてみることをおすすめします。

託児所ありの派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

託児所ありの派遣求人と言っても、その案件を取り扱う派遣会社はさまざまです。ただ、まずは何をポイントとして考えるかをよく検討しましょう。「子どもが小さなうちは、とにかく社会復帰の第一歩として仕事をしたい!」という場合は、託児所ありの派遣でのお仕事をスタートさせることを一番に考え、職種については多少目をつむることも必要となるかもしれません。自分が持っているスキルや経験を活かして派遣として仕事をすることが出来れば、それはベストですが、なかなかそうはいかない面があるのも否めないでしょう。ですが「ブランクを空けたくない」「とにかく社会との接点が欲しい」「収入を増やしたい」などの理由をクリアにするためには、一番優先すべき点は子どもを預けられるかどうかです。最初の一歩としては、職種を限定しすぎずにとりあえずスタートさせてみるのもいいでしょう。それでは、託児所ありの派遣求人を取り扱う人材派遣会社で、おすすめのところをご紹介します。

パソナ株式会社

パソナでは、働くママを応援する活動の一環として「パソナファミリー保育園」を運営しています。無料の託児サービス付きの派遣登録会は大変好評で、月極保育はパソナでの就業が決まってからのお申し込みとなりますが、今後のために登録するだけでも大歓迎です。「いざという時、申し込める目途が立っている」という状態は、ママの心を落ち着かせてくれるもの。託児施設を利用しながら社会復帰し、派遣会社ならではの研修制度を活用してスキルアップを目指す方も大勢いるということを実感するという意味でも、一度派遣登録会に参加してみることをおすすめします。いい刺激を受けることができるでしょう。

パーソルテンプスタッフ株式会社

パーソルテンプスタッフ株式会社では、働く保護者を支援するために保育施設「ピュア・テンプ」を設立。子育てと仕事を両立したい!と考えるすべての方に環境を整え、子どもたちの健やかな成長を見守りながら保護者の方とともに育んでいきたいと考えています。「純粋な子dものための保育所」という意味を込めて、名付けられたピュア・添付では、保育事業を通して少子高齢化により眠れるスキルを活かせる社会づくりを目指し、大人にも子供にも笑顔があふれる未来を目指しています。

託児所ありの派遣会社は、まだそれほど数は多くありません。ですが、一億総活躍社会を目指す時代に於いて、眠っている主婦のスキルは今とても必要とされています。「子育て」「仕事」の両立は、女性にとって永遠のテーマと言えるかも知れません。でも、その永遠のテーマが今、少しずつ社会全体の問題として捉えられ、変わろうとしています。スキルを家庭の中に眠らせておくのは、もったいないと思いませんか?ぜひ、新しい一歩を踏み出してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド