出版社の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> > 出版社の人材派遣会社登録と求人情報

出版社の人材派遣会社登録と求人情報

出版社への就職は、ごく狭き門として知られています。でも、そんな出版社の入り口として「派遣」という方法があるのをご存知でしょうか。「出版社でお仕事をしたい!」と思った時に、この方法はとても有効な手段となります。今回は、出版社の派遣求人について、調査します。

出版社派遣の仕事内容

出版社に派遣されるということは、制作の一部を担うことになります。最近は、ほとんどの仕事は専門職の求人となりますから、出版社でただ一般事務だけをするということは、あまりありません。基本的には専門職の派遣、つまり編集者や校正者として採用されます。未経験の場合は、編集アシスタントという扱いになることが多いでしょう。ただ、ポジションとしては「派遣」となりますから、業務にプラスして来客対応や電話対応などが求められるケースも。基本的なビジネスマナーや、社内や社外の方とのやりとりも求められますから、コミュニケーションスキルも必要となります。

それでは、具体的な仕事内容について見ていきましょう。制作部門に配属されれば、企画の立案から打ち合わせ、コンセプトづくりまで携わります。編集のお仕事は、具体的なページ作りを担当。取材のアポイントメントや、ライターやカメラマンの手配なども仕事となります。外部スタッフとのやりとりも多くなりますし、取材先を探す作業も求められますから、高いコミュニケーションスキルが必要です。自分で取材から執筆まで行う職場もあります。校正部門では、誤字脱字をチェックし、修正するのが仕事です。情報を提供する記事では特に、表記ミスは避けなくてはいけません。しっかりとチェックすることが求められます。

では、未経験で出版社のお仕事をしたいと考えた時、どのような職種を選べばいいのでしょうか。出版社の仕事の中で、比較的未経験者でも挑戦しやすいのが校正のお仕事です。細かく、地道な作業となりますが、元原稿と比較しながら誤字や脱字、抜けを探していくため、比較的初心者でも対応できる仕事内容です。専門用語や校正のルールは、お仕事をしながら身に着けていけばいいでしょう。編集や企画のお仕事は、未経験の場合本人のやる気がとても重要になります。日ごろからアンテナをさまざまなところに伸ばして、面白そうなことを情報収集しておきましょう。企画のヒントになるかもしれません。未経験から編集や企画に携わる場合、アシスタントとして入るケースが多いようです。

出版社の派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

「未経験だけれど、派遣で出版社に勤務したい」そういった場合は、まず専門職ではなく、事務スタッフや校正スタッフ、編集アシスタントの案件を見つけて応募してみるといいでしょう。編集やデザインなどには、どうしても知識やスキルが求められます。事務スタッフは、基本的に電話対応や来客対応、細かな手配などがメインのお仕事となりますから、初心者でも問題なく行うことが可能です。校正に関しては、誤字や脱字をチェックするお仕事になります。このお仕事も、黙々と細かな作業を行うのが好きな人なら、問題なくこなすことができる仕事です。未経験でもどうしても出版社で働きたい!という場合には、このあたりのお仕事から探してみることをおススメします。

会社によっては、編集や企画、制作部門などでも「未経験歓迎!」と書かれていることもあります。未経験でも、やる気さえあれば採用しますというものです。ただ、未経験で飛び込むということは、やはりかなりの努力が必要となります。それは、覚悟しておきましょう。ただ、編集や企画のお仕事は、本来現場で学ぶのが一番の早道。強い気持ちがあれば、現場に飛び込んで学んでいくというのもいいでしょう。

出版社派遣で役立つスキル

出版社で仕事をする上で、役に立つスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。まず「コミュニケーションスキル」は必須となります。編集や企画といった仕事の多くは、営業や外部スタッフとのやりとりが欠かせません。一人で黙々と作業をするよりも、人と関わりあいながら仕事を進めていくことの方が多いのです。チームワークが命といっても、過言ではありません。そういった意味で、コミュニケーションスキルはどうしても必要となります。また、どういった特集を組めば部数が伸びるかなど、企画・提案する力も求められます。世の中のニーズを読み取り、流行をしっかりキャッチするスキルも必要です。基本的なことですが、誤字脱字をしっかりとチェックする能力も欠かせません。情報などを掲載する際には特に、誤りがあっては許されないのです。正確さは、記事作成において重要なポイントと意識しておきましょう。

そのほかに、仕事をする上で必要となるビジネスマナーや、ワードやエクセルの基礎知識は、最低限身に着けておいたほうがいいでしょう。

プラスアルファとして、ページの編集やレイアウトができるDTPソフトの知識や、イラストレーターやフォトショップといった画像編集ソフトの知識は、あったほうがより仕事の幅を広げることができます。

出版社の派遣で働くメリット

出版社の派遣として働く最大のメリットは、一般的な就職活動ではごく狭き門とされる出版社で仕事が出来るという点があげられます。出版社を志望する方は、大勢います。新卒で採用されるのは、至難の業。ですが「派遣」というスタイルでなら、比較的お仕事に就きやすいという現状があります。そういった理由で、出版社への就職が叶わなかった人が、派遣のお仕事を選ぶケースが多いのです。有名企業や大企業など、就職では採用されるのが難しい企業にも、派遣のお仕事なら挑戦しやすいというメリットがあります。

最初は派遣として入社し、派遣先企業との合意が得られれば派遣スタッフとして長く勤めることも可能です。そして、場合によっては派遣先企業から声が掛かり、正社員に登用されるケースも。また、あらかじめ「紹介予定派遣」で入社し、3か月の試用期間を経て、双方合意が取れれば正社員になるという道もあります。就職するのは難しいとされる出版社ですが、派遣を入り口に正社員を目指す方法もあるのです。

「出版社で仕事をしたいけれど、家庭の事情で今は難しい」「でも、キャリアを寝かせておきたくない」そんな方にも、派遣なら時短勤務などにも対応した案件が出ることもあります。現在学生で、将来的に出版社に就職したいという方も、経験を積み、勉強するために出版社に派遣スタッフとして就労するケースも。また、本当に出版社の仕事が自分に向いているのか、やっていけるのかを確認するために、派遣としてお仕事をスタートさせる方もいます。憧れの出版社に、正社員ほど負担が大きくない派遣というスタイルでお仕事を知る機会を得られる出版社派遣。そして、出版社に就職したい人の入り口としても、出版社派遣はメリットが大きい仕事と言えるでしょう。

出版社の派遣で働くデメリット

では、出版社で仕事をするデメリットとしては、どのようなものが考えられるでしょうか。いざお仕事をスタートしてみたら、思っていたよりハードだったという声を聴くことがあります。ただ、派遣のメリットは契約期間が決まっていること。「想像以上にハードで、これは自分には向いていない」と判断した場合は、次の契約更新の際にその旨を派遣会社に申し入れればいいのです。自分に適性があるかを見極めるのに、派遣という就労スタイルはとても魅力的なもの。直接出版社に就職した場合は、退職するにはさまざまな手続きや後任への引継ぎなどの作業が発生します。そういった意味で、派遣の場合は非常にスムーズに退職することができるのです。

出版社派遣の給料相場や福利厚生制度

出版社で派遣のお仕事をした時、時給はどのくらいになるのでしょうか。一般的には大体1,200〜1,800円程度となります。経験に応じて、額は変動すると考えておきましょう。派遣は、契約時に請け負う業務内容を細かく決めます。その業務内容にプラスして仕事を依頼されるなど、変化が出た場合は記録しておきましょう。そして、次回更新時に担当コーディネーターに相談してみることをおススメします。なし崩し的に業務が広がってしまうのは、避けたいもの。そのためにも、業務が増えた時にはきちんと派遣会社に報告しましょう。

残業に関しては、一般的な派遣よりはやや多めと認識しておきましょう。締め切りがあるので、入稿前などはどうしても残業が発生しがちとなります。毎月少なくて5時間、多くて30時間程度残業が発生するケースも。ある程度、心づもりはしておいたほうがいいかもしれません。不安がある場合は、契約前に派遣会社にきちんと確認しておくことをおススメします。

出版社派遣のお仕事において、時給に関してはやはり経験がとても大きなポイントと言えるでしょう。経験を重ね、知識を積んでいけば時給はアップします。派遣という働き方とはいえ、仕事を通して専門知識を身につけ、経験を重ねている場合は次にお仕事をする際のお給料にもプラスに作用しますから、キャリアを重ねていくことが大切です。

続いて、福利厚生について見ていきましょう。福利厚生に関しては、社会保険などは派遣会社のものに入り、福利厚生も派遣会社のものを利用します。派遣会社では、健康診断や予防接種などの福利厚生をはじめ、スポーツジムやリラクゼーション施設の優待利用や、研修制度などを完備。派遣スタッフが日々健やかに、充実した生活を送れるサポートをしています。特に、研修制度に力を入れている派遣会社は多く、スクールと提携して無料で講座を受講できたり、さまざまなセミナーに参加できるケースも。派遣会社としては、人財である派遣スタッフが研修制度を利用してスキルアップやキャリアアップするのは大歓迎なのです。より優秀なスタッフに育ってくれれば、それは派遣会社にとってもプラスとなります。ただ、就業しながら研修を受ける時間的余裕を見つけられないという実情もあるようです。出版社派遣の場合は特に、仕事をしながら学ぶことも多いため、無理して研修を受ける必要はないでしょう。ただ、自分の権利として、福利厚生で研修制度もあるということを理解しておくといいかもしれません。

出版社の派遣は学生でもお仕事可能なのか?

出版社のお仕事は、基本的に月曜から金曜まで、9時から17時や10時から18時のフルタイム勤務を求められるケースがほとんどです。そういった事情で、学生が勤務することは難しい傾向があります。ただ、ごくまれに繁忙期に短期で募集や、時短勤務の募集が出るケースも。長期休暇中や、勤務できそうな時間帯の案件をタイミングよく見つけることができれば、派遣としてお仕事をすることも可能です。肝心な学業がおろそかになっては大変ですから、学業優先でしっかり派遣のお仕事もできる自信がある方は、経験を重ねる意味で挑戦してみるのもいいでしょう。

出版社派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

出版社のお仕事は、長期案件が多い職種です。ただ、タイミングが合えば短期の仕事を見つけることも可能となります。求人情報画面で検索する際に「短期」にチェックを入れて、検索してみましょう。

短期の案件でも「延長の可能性もあり」とい記載されていることが多いのが、出版社のお仕事です。専門性が高く、せっかく仕事を覚えたスタッフというのは、企業としてもできれば長く仕事をして欲しいと思うもの。基本的に、採用する側としては長いスパンで働いてくれる方を希望するようです。

出版社の求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

「派遣会社」といっても、それぞれの会社で得意な業界があります。自分が志望する業界に強い派遣会社に登録することが、希望に近い派遣先企業と出会う第一歩となります。それでは、出版業界に強い派遣会社をご紹介していきましょう。

株式会社トーハン・コンサルティング

トーハン・コンサルティングは、株式会社トーハンのグループ会社です。その強みを活かし、出版業界をメインに人材サービスを展開しています。長年の実績が高く評価され、多数の出版社とお取引があります。派遣スタッフのキャリアアップやスキルアップを目指し、さまざまな研修も実施。また、出版業界で即戦力として活躍できる人材育成を目指し、多数の専門講師と提携。「出版流通の基礎知識セミナー」や「ビジネスマナーセミナー」などを行っています。さまざまな課題や疑問にお応えするセミナーも開催しており、派遣スタッフは一部セミナーを無料で受講できます。「出版業界で活躍したい」そんな気持ちのある方には、紹介予定派遣なども多数ご用意。スタッフのやる気次第で、スキルアップできる環境がある派遣会社です。

株式会社テンプスタッフ・クリエイティブ

出版社や広告業界の優良企業をメインに、編集者やライター、デザイナーといったクリエイティブ職種に特化した派遣会社です。編集や広告デザイン、ウェブ関連など幅広い案件を取り扱っています。紹介予定派遣のお仕事も増加傾向にありますから、将来的に正社員として活躍したいという志のある方は大歓迎です。今までのキャリアやスキルを活かして活躍したい方、未経験だけれどどうしてもクリエイティブ職で仕事をしたいという強い思いのある方をお待ちしています。定期健康診断など、福利厚生も充実。派遣スタッフが安心してお仕事できる環境を整備しています。

出版社の仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

正社員やアルバイトは、企業に直接雇用されている立場です。給与や社会保険、福利厚生などもすべて企業から直接受けます。これを「直接雇用」と言います。それに対して、派遣社員はあくまで派遣会社のスタッフとして、派遣先企業で就労するもの。給与や社会保険、福利厚生なども派遣会社のものを利用します。これを「間接雇用」といいます。この「直接雇用」と「間接雇用」が、まず大きな違いと言えるでしょう。

それでは、それぞれの働き方の時給や、仕事内容について見ていきます。まず、アルバイトの場合は時給1000円〜1300円が多いようです。仕事内容としては編集者のサポートをする編集アシスタントや、電話対応などの事務全般を担当します。

次に、派遣社員の場合を見ていきましょう。派遣社員として多いお仕事は、編集アシスタントや編集、制作、校正のお仕事となります。時給は先ほども触れましたが1,200円〜1,800円が一般的です。仕事内容が契約時に決められたものよりも業務内容が増えている場合は、契約更新のタイミングで昇給していきます。出版社でのお仕事は、裁量次第で任される仕事量に増減が出やすい仕事です。就業を始める際に契約した内容よりも多くの仕事を担当する場合は記録を残すようにしましょう。そして、契約更新時には、コーディネーターに報告します。昇給という形で対応する場合もありますし、もうしばらく様子をいましょうとなるケースも。ただ、仕事量が増加したことが負担になる場合は、契約時に交わされた以外の仕事は、断ることも可能です。自分に余力があって、挑戦したいと思うなら、ぜひ引き受けてみましょう。スキルアップにもつながり、派遣先での評価アップにもなります。ただ「これ以上の仕事は厳しい」と感じる場合は、正直に事情を説明し、お断りしても大丈夫です。

最後に、正社員の場合を見ていきます。正社員の基本給は20万円前後が一般的です。これに、残業手当や職種手当などが会社規定により追加されます。仕事内容は編集、企画、制作、校正となり、それぞれ配属された部門で仕事をします。派遣スタッフとの大きな違いは、やはり企業の一員として仕事をする意識にあるでしょう。また、派遣スタッフのように有期雇用ではなく、無期雇用であるということに大きなメリットを感じる方が多いようです。派遣スタッフは人材不足が解消された場合、契約満了という形で退職になるケースもあり得ます。それに対して、正社員の場合は基本的に無期雇用となりますから、その不安はありません。

正社員、派遣、アルバイト、それぞれメリットもデメリットも存在します。自分のライフスタイルに合わせた就労スタイルを吟味し、自分の描くビジョンに合わせて働き方を選択しましょう。

出版社で仕事をしたいという人はたくさんいるのに、出版業界はつねに人材不足が叫ばれています。これは、仕事が大変で体力的に厳しく感じる人が多いというのが、理由です。でも、自分が手がけた作品が世の中に出る仕事は、やりがいのとても大きなもの。「挑戦してみたいけど、本当に頑張れるかどうか」を試してみるためにも、まずは派遣という働き方を選ぶのも、一つの方法です。迷っているのなら、ぜひ一歩踏み出してお仕事に挑戦してみるといいでしょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加