派遣会社の社内選考の仕組みと通るためのコツの詳細

> > 派遣会社の社内選考の仕組みと通るためのコツ

派遣会社の社内選考の仕組みと通るためのコツ

派遣スタッフとして派遣会社に登録しても、すぐに仕事に就けるわけではありません。「派遣求人情報サイトでは、たくさん求人情報があるのに、どうしてなかなか採用されないの?」と思われる方も多いでしょう。

派遣スタッフとして登録ができたとしても、実際にお仕事をスタートさせるためには派遣会社内で行われる「社内選考」を通過しなくてはいけません。

派遣会社の「社内選考」は、なかなかイメージがつかみにくく、実際はどのようなことが行われているのか分かりにくいものとなっています。今回は、そんな派遣会社の社内選考について詳しく調査してみました。

派遣会社の社内選考の仕組み

派遣会社では、派遣スタッフを派遣先企業に派遣するにあたり、社内で選考を行います。
それが、社内選考です。社内選考では、どのような点に着目し、選考されているのでしょうか。

クライアントのイメージに近いスタッフを選ぶのが「社内選考」

派遣会社が行う社内選考では、出来るだけ派遣先企業のイメージに近い選ぶことを目的として実施されています。

クライアントは「こういう人材が欲しい」と、かなり具体的に派遣会社にイメージを伝えています。

そのイメージを元に、できるだけフィットした人材を探すのが、派遣会社の仕事です。人材を探す方法ですが、まずひとつめは派遣求人情報サイトにその求人情報をアップする方法。

もうひとつは、その条件にできるだけ近い人物を登録スタッフの中からピックアップし、連絡するという方法があります。このふたつが、メジャーな方法といえるでしょう。

派遣求人情報にアップされた場合は、その条件を見て応募してきた派遣登録希望者と派遣登録説明会で面談やスキルチェックなどを行います。

そのスタッフが、派遣先企業が提示している条件を満たしてる場合、そのままお仕事紹介へと進むことになるのが一般的な流れです。

もう一つの方法は、すでに登録しているスタッフの中から、クライアントのイメージに近いスタッフをピックアップし、そのスタッフにお仕事を紹介するという流れになります。
どちらの場合も、派遣スタッフにお仕事を紹介するプロセスで、ひとつめのステップが進んだことになります。

派遣スタッフが応募の意思を見せ、応募が確定したところで、次のステップへと進みます。
これが、いわゆる「社内選考」となります。

エントリーしたら電話を入れておくのも有効な手段

希望する仕事があり、Webでエントリーが完了したら、それでおしまいとはせずに、派遣会社に1本電話を入れておくというのは、ひとつ有効な手段です。数多くあるエントリーに埋もれてしまわないように連絡を入れておくというのは、熱意を伝える手段となります。

「やる気のあるスタッフ」というのは、派遣会社としても評価したい人材。そういった姿勢を見せることは、プラスに作用すると考えていいでしょう。

「あまりやる気を見せすぎるのも」と躊躇われる方も多いのですが、採用する側としては、人材を採用する時、やる気がない人よりもやる気がある人を選ぶというのは当然のこと。

ですから「やる気がある姿勢を見せる」というのは、間違いでも、恥ずかしいことでもないのです。

たった1本の電話で、その意思を伝えることができるのなら、ぜひしておきたいものですよね。難しく考えすぎずに、電話してみましょう。迷惑がられるようなことは、決してありません。

電話をする際には「案件ナンバー」「派遣スタッフナンバー」など、必要となるものをあらかじめ準備して電話するようにしましょう。

「先ほど、案件ナンバー〇〇にエントリーさせていただきました、スタッフナンバー〇〇の〇〇と申します。ぜひ、挑戦してみたいお仕事でしたので、きちんとエントリーできているか念のためお電話させていただきました」と伝えれば、大丈夫です。

社内選考までのプロセス

派遣スタッフを紹介するまでに、派遣会社は大きく二段階のステップを経るのが一般的な流れとなっています。まずは、コーディネーターと呼ばれる受付窓口的な役割を担っているスタッフが、派遣スタッフをピックアップ。

「これは」というスタッフに、お仕事を紹介する流れです。派遣会社の登録スタッフデータベースには「氏名」「年齢」「性別」「キャリア」「スキル」「保有資格」「希望条件」などが掲載されています。

そういった条件から、今回募集している案件の条件に近いスタッフを選び出し、連絡をするというもの。これが、コーディネーターによる内々の選考です。

この内々の第一次選考を通過した派遣スタッフに対して、電話やメールなどでお仕事の紹介が行われます。お仕事の紹介を受けた派遣スタッフが就業を希望すると、社内選考に進むという流れになるのです。

もうひとつは、派遣求人情報サイトにアップされた案件情報を見て、エントリーしてきたスタッフの中から条件に近い人をピックアップするという作業になります。このふたつの選考から選ばれた人が、社内選考に進みます。

社内選考は現場を知る営業担当スタッフが担当

さて、いよいよ社内選考ですが、内々の選考と社内選考の違いはどのようなものがあるのでしょうか。社内選考は、クライアントが満足してくれる人材を探す、大切なプロセス。
派遣会社としても、かなり慎重に進めるというのが一般的な流れとなっています。

内々の選考と社内選考の違いとして、まずひとつめに挙げられるのは担当するスタッフが違うという点です。

社内選考は、実際にクライアントである派遣先企業を担当している営業スタッフが行います。営業担当スタッフは、派遣スタッフを求めているクライアントから直接話を聞いています。

紙やメールベースで条件を提示されるのと、実際に相手の顔を見ながら要望を伝えられるのでは、やはり違いが出てくるもの。

「こんな感じのスタッフが欲しい」と直接話を聞いているので、営業担当スタッフはクライアントとイメージを共有することができています。

そのイメージを持った営業担当スタッフが行うことで、よりクライアントの希望条件に近いスタッフを探せるように、社内選考は進められるのです。

コーディネーターからではなく営業スタッフから直接電話が入るケースも

派遣会社から候補となるスタッフをピックアップする場合、派遣会社のコーディネーターから候補となる派遣スタッフに連絡が入るというのが一般的な流れとなっています。

ですが、ごくまれに営業担当スタッフから直接派遣スタッフに連絡が入るケースも。そういった場合は、社内選考前であってもかなり高確率で選考を通過できると考えて良いでしょう。


先ほども触れた通り、コーディネーターよりも営業担当スタッフの方が、クライアントの希望を熟知しています。

営業担当スタッフから直接電話が入った場合は、営業担当スタッフが自ら派遣会社のデータベースを使ってクライアントのニーズをしっかりと満たす派遣スタッフを探し、電話を掛けてきているのです。

電話がかかってきた派遣スタッフは、クライアントが求めている人材に近いと判断されていると考えていいでしょう。

ですから、社内選考がない、もしくは社内選考を通過したも同然、というケースが多くなります。

もし、営業担当スタッフから直接電話が入った場合は、丁寧な対応を心がけましょう。せっかくお仕事を紹介しようとしてくれているのに、ここで態度が悪いなどの理由で選考から外れるようなことがあっては大変です。

このケースに限らず、派遣会社は派遣スタッフにお仕事を紹介してくれる存在です。利害関係があるからではなく、お世話になる相手として、丁寧な対応を日ごろから心がけることは大切なこと。

お互いに気持ちよく仕事をすることができるように、礼儀やマナーは日ごろから意識して対応するようにしましょう。

派遣会社の社内選考で用いられる審査基準

コーディネーターは、派遣先企業について詳しく知っているわけではありません。ですが、営業として担当している営業担当スタッフは、現場のことを熟知しています。

具体的にどのような人材をクライアントが求めているか、どういった業務を依頼したいと考えているのかを、より詳しく理解しています。そういったことを踏まえて、社内選考で用いられる審査基準をご紹介しましょう。

クライアントの希望条件を満たしているか

クライアントが求めている経歴やスキルに関してというのは、間違いなく厳しくチェックされるポイントといえるでしょう。

どんなに優秀な人材であっても、クライアントが希望しているスキルを満たしていないスタッフは、まず選考から外れます。

「〇〇のソフトが使える人」という発注に対して、そのスキルを持っていないスタッフを派遣してしまっては大変です。

クライアントである派遣先企業と派遣会社の信頼関係に傷がつくようなことにつながりかねません。そういった意味でも、社内審査はかなり慎重に進められると考えていいでしょう。

派遣スタッフとして適した人材かどうか

その他にも、社内選考では候補とされているスタッフが派遣先企業でトラブルなどを起こした履歴がないか、契約期間途中で仕事を辞めたことがないかなどをチェックします。

また、本来はいけないこととされてはいますが、差別という意味ではなく、その職場に適した人材か否かという意味で、性別や年齢を見ることもあるようです。

どんなに条件がぴったりしていても、力仕事が多いことが明白で、女性や年齢を重ねたスタッフには合わないというケースもあります。

こういったミスマッチは、派遣先企業にとっても、派遣会社にとっても、派遣スタッフにとっても不幸なもの。ミスマッチをしないよう、社内選考は慎重に実施されるのです。

スキル、人柄を重視した上で選考が行われ、最終的に派遣先企業に派遣されるスタッフが決定します。

派遣会社の社内選考後の結果はどのような形で連絡が来るのか?

派遣会社での社内選考の結果は、電話またはメールで来ることが多いようです。「社内選考の結果がでましたら、採用・不採用に関わらずご連絡いたします」という場合もありますし「採用の場合のみ、ご連絡いたします」というケースもあります。では、どのような方法で連絡はくるのでしょうか。

採用なら電話、不採用はメールが一般的

採用の場合のみ連絡をくれるケースでは、そのまま顔合わせ日程などの調整を進めるために電話が掛かってくるのが一般的となっているようです。採用・不採用に関わらず連絡をくれるケースでは、不採用の場合はメールで連絡がくることが多いでしょう。

いずれにしても、派遣会社から着信があった場合は採用というケースが多いと考えられます。社内選考中に派遣会社から電話があった場合は、できるだけ早く折り返すようにしましょう。

それほど多いケースではありませんが、連絡がなかなかつかないと、仕方なく次点だったスタッフが繰り上がりで採用されてしまうこともあるようです。そうなってしまっては、せっかくのチャンスをふいにしたことになりますし、その上派遣会社にも「連絡が取りにくいスタッフ」と認識されてしまいます。

派遣会社としては、連絡がすぐに取れるスタッフの方が何かと安心というのが、正直なところでしょう。そして、電話をしてきちんと折り返すことができるか否かというのは、社会人として守るべきルールを順守できているかという判断にもつながります。

不採用のお知らせにもきちんと返信を

また、不採用のメールを受け取った場合「返事をするのも気まずいから」と考えずに、自分をアピールできるチャンスと捉えましょう。

メールの返信には連絡のお礼とともに、自分がどのような経歴があり、どういった条件のお仕事を探しているかを明記しておきます。

その上で「何かございましたら、ぜひお声がけください」と一言添えておきましょう。
必ずしも、そのメールが担当者の目に留まるとは限りません。ですが、それが功を奏して、お仕事紹介につながるということもあるのです。

社内選考結果に関わらず、派遣として仕事をしていきたいと考えている場合は、派遣会社から連絡をもらったら出来るだけ迅速に折り返すことが大切です。

派遣会社のスタッフと、しっかりとした信頼関係を構築することができていることは、大きくプラスに作用します。

「仕事をもらえるから」ということ以前に、人間関係を育むためにもこまめな連絡は重要なポイント。

「電話をもらったら、折り返す」「メールを受け取ったら、返信する」――当たり前のことのようですが、大切なこと。

こういったちょっとした対応が、印象を大きく左右します。きちんとした、丁寧かつ迅速な対応を心がけましょう。

「欠員募集」「即戦力」が求められる派遣という働き方

「社内選考を受けた後、どのくらいで結果は分かるものなのか」というのも、気になるポイントではないでしょうか。派遣会社や、派遣先企業のタイミングというものももちろんありますが、一般的には2日程度〜1週間とされています。

「急募」と書かれていた案件の場合は、即日で採用が決まるケースも。人材を派遣会社に依頼するほど人手に困っている企業ですから、適した人材がいたらすぐにでも採用し、来てほしいという気持ちが強い場合が多いのです。

派遣スタッフは事業拡大や欠員による人材補填と、業務拡大に伴う即戦力募集を目的として行われます。つまり、どちらの場合は「できるだけ早く人材が欲しい」と、企業が希望している状態です。

「急募」と書かれていなくても、派遣求人採用は通常の採用活動よりスピード重視なものとなっています。具体的に言うならば、通常の採用活動の場合1ヶ月〜6ヶ月ほど時間をとって活動を進めます。

ですが、派遣の場合は企業から派遣の依頼を受けたら、スタッフ派遣まで2週間〜1ヶ月程度しか時間がないというのが一般的となっています。

派遣会社としては、この短期間で派遣求人情報サイトに情報をアップし、条件に近いスタッフを探し、合意を得られたら顔合わせなどの調整を行い、雇用契約書を作成し、ガイダンスを行い、いざ派遣初日を迎えなくてはいけません。

このような状態ですから「これは」と思う人材が応募してきたら、すぐにでも採用に向けて活動をスタートさせたいというのが本音でしょう。そう考えると、応募を検討している派遣スタッフサイドとしても「もう少し比較検討して、しっかり厳選したい」と、のんびりしてはいられません。

お仕事を探していて、少しでも「ピン」とくる案件と出会ったら、すぐにでも応募してみましょう。スピード感を持って動くことが、勝利の秘訣となります。

派遣会社の社内選考が通った後は次に何をすればいい?

社内選考を無事に通過した後、実際に派遣スタッフとして就労をスタートさせるまでには、どのような準備が必要なのでしょうか。基本的には、社内選考が通った後は顔合わせを経て、就労スタートとなります。

ですから、顔合わせの日に向けてどのような準備が必要か、営業担当の方に聞いておくようにするといいでしょう。また、派遣先企業で担当する職種が分かっていれば、少し予習をしておくのもいいかもしれません。

また、顔合わせの際には最終的な条件の確認も行われます。どうしても譲れない条件を確認し、質問しておきたいことを書き出しておくようにしましょう。

そして、時間に余裕があれば顔合わせまでに派遣会社に「こういった質問をしたい」と伝えておきます。派遣会社で対応できるものであれば対応してくれますし、直接派遣スタッフが問い合わせない方が良いと判断されたものは、派遣会社が対応してくれることも考えられます。

何の相談もなしに、いきなりその場で切り出されると困るケースもあるということを、理解しておきましょう。

派遣会社の社内選考で落ちた場合、次に何をすればいい?

残念ながら、派遣会社の社内選考に落ちてしまった場合、次に何をすればいいのでしょうか。派遣のお仕事探しは、スピード勝負となります。ですから、落ち込んでいる暇はありません。

数を打てば…という訳ではもちろんありませんが、やはりたくさん動くに越したことはないのです。社内選考に落ちてしまったら、自分の条件に近い案件を探すところから再びスタートしましょう。そして、希望に近い案件にはどんどんエントリーします。

派遣スタッフとして活躍したい、とお仕事探しを実際にスタートさせると分かることですが「複数エントリーは不誠実なのでは」「自分の希望を満たしてくれるお仕事なんてないのでは」と考えすぎると、お仕事探しは進みません。あまり厳密に、真面目に考えすぎると、逆に物事が動きにくくなるのです。

複数エントリーは悪いことではない

複数エントリーすることは悪いことではないし、万が一同時に選考が進むようなことがあったら、その時初めて派遣会社に「今同時に選考が進んでいる案件がある」と正直に伝えればいいのです。

それが、マイナスに作用するということは、あまりありません。きちんと伝えてさえいれば、問題にはならないと考えていいでしょう。派遣会社にしてみれば、複数エントリーせずに「このお仕事1本!」としてくれているスタッフの方が、ありがたいという面も確かにあります。

ですが、派遣会社サイドも、採用が約束できない以上、スタッフを拘束するようなことをする訳にはいきません。ですから、複数エントリーは決して悪いことではないのです。
変に遠慮する必要は、ありません。

素晴らしいことに、もし両方ともの案件で採用が決まった場合も、同時進行している案件があることを事前に伝えていれば、どちらかをお断りするとしても、問題ありません。

希望条件が厳しすぎないかを見直そう!

「なかなか社内選考を通らない」そんな場合は、自分の希望するお仕事の希望条件が厳しすぎるのではないか、見直しをしてみるのもいいでしょう。

希望条件が厳しすぎると、検索で上がってくる案件数自体が少なくなります。そうなると、エントリーできるお仕事が減ってしまいますから、必然的に選考にまで残る道がより険しくなるという訳です。

一度、自分が設定している検索項目を見直してみるといいでしょう。そして、一度試しに「これはどうしても譲れない」というポイント以外のチェックを外して、検索してみることをおすすめします。

少し手間はかかりますが、そうして上がってきた案件を目でチェックして「このくらいなら許容範囲かな」という案件を残していく作業をしてみてください。そうすると、いつもよりも候補として残る案件数が増えるかもしれません。

「お仕事を厳選しすぎない」というのも、ひとつの考え方。ある程度柔軟に考えて動くことが、採用への近道といえるでしょう。

社内選考に落ちるのはどうして?

お仕事にエントリーし、社内選考にまでは残るのに、どうしても採用にまでは至らない――そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人間、誰しも「不採用」という結果は悲しくなるもの。ましてや、立て続けにそのような結果に遭遇してしまうと、落ち込みますよね。

派遣のお仕事を簡単に考えない

世の中のイメージ的に「派遣の仕事なら、すぐに決まるのでは?」「派遣は正社員よりも採用されやすい」というものがあるようです。ですが、実際はどうなのでしょうか。

派遣スタッフは「人材補填」「即戦力」を求められる立場となります。正社員の採用との大きな違いは「時間をかけて研修し、教育して一人前に育てていこう」というスタイルで採用される訳ではないということ。
派遣の場合はむしろ真逆で「即活躍できる人材」「欠員が出てしまった分をすぐに埋めてくれる人材」を企業は求めています。

そう考えると、派遣スタッフとしての採用の方が難しいというのも、納得がいくのではないでしょうか。

派遣のお仕事を簡単に考えず、むしろ即戦力として活躍できるスキルがなくてはいけないことを理解しておきましょう。

未経験は派遣デビューできない?

では、未経験の場合は派遣スタッフとしてお仕事デビューすることはできないのでしょうか。結論から言うと、そんなことはありません。派遣会社の多くは、充実した研修制度を整えています。派遣会社にとって、派遣スタッフというのはまさに人材です。

優秀なスタッフが多ければ多いほど、クライアントである派遣先企業には重宝されるようになります。ですから、研修制度を整え、意欲ある派遣スタッフにはぜひ活用して欲しいと考えているのです。

研修制度は十分整っていますから、未経験のスタッフがやってきたとしても、研修を実施さえすれば人材として派遣することができるようになると、派遣会社は考えています。

仕事内容次第にはなりますが、未経験でも問題のないようなものも、実際に数多くあります。そういったものにエントリーし、採用されたスタッフは派遣会社独自のベーシック研修などを受け、派遣先企業に派遣されます。

ベーシック研修の設定も、派遣会社次第ですから、必ずしも用意されているものとは限りません。ですが、最近は多くの派遣会社でベーシック研修が行われています。

未経験で応募してきたスタッフが、ベーシック研修を受けて派遣される――ここで、まずそのスタッフは第一歩を踏み出したことになります。派遣先のオフィスで学んで、身につけるスキルも多くあるでしょう。

勤務期間にもよりますが、未経験だったスタッフは一度派遣されることで経験を積みとなります。そして、意欲あるスタッフの場合は派遣会社の研修制度も活用して、どんどんとスキルアップしていくのです。

意欲の高い派遣スタッフは、派遣会社にとってありがたいもの。そして、派遣スタッフにしてみれば、研修制度の整っている派遣会社の存在は、とてもありがたいものなのです。

お互いにとってwin-winの関係と言えます。そういった環境をフル活用し、ステップアップしていく派遣スタッフも、数多くいます。「未経験だから」「キャリアがないから」と諦めずに、まずは動いてみることをおすすめします。一歩踏み出すことで、事態が大きく動き出すこともあるのです。

未経験で応募する場合は、未経験OKの「大量募集」案件に挑戦してみるといいでしょう。
派遣求人情報サイトで「大量募集」などのアイコンがついている案件になります。

そういった場合、未経験のスタッフが多い派遣先ですので、助け合いながら仕事を覚えることができ、経験を重ねていけるチャンスとなります。

大量募集の場合は、比較的採用されやすいというメリットも。派遣のお仕事デビュー戦には、ぴったりのお仕事といえるでしょう。必要以上考え込みすぎず、とにかく一歩踏み出してみることをおすすめします!

社内選考で落ちても、落ち込まない!

社内選考で落ちてしまっても、落ち込む必要はありません。「不採用なんて、私には価値がない」「社内選考になかなか受からない」と、どうか落ち込まないでください。

派遣会社が社内選考を行う時、一人ひとりの人となりや性格、スキル、キャリアなどをすべてチェックしているかというと、そんなことはありません。

では、何をチェックしているのでしょうか。それは、クライアントが提示している条件に、そのスタッフがあっているかということ。クライアントが出してきた条件を出来るだけ多く満たし、その上でその会社のカラーに合っているかどうか、信頼のできるスタッフかどうかが判断基準となります。大げさに考え、落ち込む必要はないのです。

たまたま「そのお仕事の条件に、より近い人がいた」というだけのこと。よく「社内選考までは残るけど、いつもそこで落ちてしまう」という声も聞きます。回数が重なると、だんだん気持ちが落ちてきてしまいますよね。

でも、そこで必要以上に落ち込んではいけません。落ち込まず、どんどんエントリーし、自分の希望により近いお仕事と出会えるように動き続けましょう。活発にエントリーしている積極的なスタッフは、派遣会社のスタッフの目にも留まりやすいというメリットもあります。

また、就業中でなくても研修制度を利用できる派遣会社も存在します。もし、なかなかお仕事が決まらないという場合は、派遣会社の研修制度を利用してスキルアップしながら次のお仕事を待つのもいいでしょう。

こちらも、先ほどのエントリーの話同様に、積極的に研修を受けているスタッフは派遣会社のスタッフにも認識されやすく、プラスに作用する効果も期待できます。しっかり活用して、次のステージへつなげられるように準備を整えていきましょう。

派遣会社の社内選考の結果が出て連絡が来るまではどれぐらい時間がかかる?

派遣会社の社内選考には、どのくらい時間が掛かるのでしょうか。

社内選考をしてもらうことになったら、やはり結果は少しでも早く知りたいものですよね。
一般的に派遣会社から連絡がくるタイミングは、最初にご紹介した通り「2日〜1週間」となっています。

そうなると、連絡がなかなか来なくても1週間は待ってみようと思われる方が多いのではないでしょうか。実際は、何日程度待てばいいのでしょう?

「2日」で結果が出ているケース多し!

一般的に、派遣会社の社内選考は、2日もあれば結果が出ているというケースが多いといわれています。

派遣会社サイドとしては「1日、2日に結果が出ます」と短めに期日を設定してそれに間に合わないよりは、余裕を持ったスケジュールを伝えておいた方が無難と考えて「2日〜1週間程度」と伝えているケースが多いようです。

ですが、実際には2日もあれば選考は終了し、結論は出ています。2日待って返事がない場合は、残念な結果だったのだと考えたほうがいいでしょう。

派遣のお仕事を探している時、いいなと思う案件が複数あっても「今1つ応募している最中だから」と、複数エントリーすることを躊躇う方も多いようです。

ですが、そのようなテンポだとなかなか話が進まないというのが実情といえます。自分の条件に近い案件と出会ったら、どんどんエントリーしていきましょう。

同じ派遣会社で複数エントリーをしたい時は、もし気になるようであれば備考欄などに「少しでも早く就業したいため、別の案件もエントリーさせていただいております」と一言添えておくといいでしょう。

一言添えられていなくても、複数エントリーしているからといって「いい加減なことをして」と思われることは、まずありません。

どちらかというと「熱心に仕事を探している方」と認識されるケースが多いでしょう。「全部選考が進んでしまったら、どうしよう」と思われる方もいらっしゃるようですが、派遣の選考はそれほど簡単には進みませんので、安心してください。

派遣会社の社内選考結果の連絡がない場合はどうすればいい?

先ほどもご紹介した通り、派遣会社によっては「採用の場合のみ連絡」としているところもあります。その場合、不採用の時は残念ながら連絡をもらうことはできません。

派遣会社は、想像を超える数の派遣スタッフと派遣の案件を抱えています。ですから、個別対応が難しいという現実もあるのです。ただ、もし派遣スタッフ側からアクションがあれば、それはもちろんきちんと対応してくれます。

次のお仕事にエントリーしたい、でも今エントリーしている仕事の結果が出ないと気になって踏み出せないという方は、思いきって問い合わせをしてみましょう。

問い合わせをする場合、電話でもメールでも基本的には構いません。ただ、直接話をするということがプラスに作用することもありますから、せっかく問い合わせるなら電話をすることをおすすめします。

問い合わせをする際には「お仕事ナンバー」「案件ナンバー」などと一緒に、登録番号のようなものがあればそちらも分かるように準備をしてから、電話を掛けるようにしましょう。

「〇月〇日に、お仕事ナンバー〇〇〇のお仕事にエントリーした、スタッフナンバー〇〇の〇〇と申します。その後、結果はでましたでしょうか?」と、問い合わせればいいのです。

そうすれば、派遣会社はすぐに調べて、結果を教えてくれます。もし残念な結果だったとしても、丁寧に「ありがとうございました」と伝えましょう。

そして、自分から自然な形で派遣会社にアクションを起こせる良い機会と捉えて「同様の条件の案件を探しているので、もし何かございましたらいつでもお声がけください」と伝えます。

残念な結果でも、次につなげるアピールができるチャンスを得たと考えるようにしましょう。


社内選考を通るためのコツとは

派遣会社の社内選考は、狭き門であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。その狭き門をくぐり抜けるためには、派遣会社との関係性が非常に重要になります。

お仕事にエントリーしたら1本電話を入れ、お仕事の採用・不採用の連絡を受けたら迅速に返信をし、顔合わせ前には質問したい事項のすり合わせをする――など、直接やりとりをすることが鍵になるといえるでしょう。

研修で派遣会社に顔を出して、意欲を評価してもらうことも大切です。派遣会社と直接やりとりができるタイミングを見つけたらそれはチャンスだと思って、どんな場合であっても――不採用のお知らせに対する返信であったとしても、ぜひ上手に活用しましょう。

また、一度お仕事を紹介してもらった場合は、ぜひその営業担当の方と信頼関係を深める努力をしましょう。

自分のことをよく理解してくれている営業担当の方というのは、心強い味方となります。
営業担当の方にしてみても、何度か一緒に仕事をしたことがある派遣スタッフというのは、心強い存在。

契約満了し、次のお仕事を紹介して欲しいと依頼するとしても、これまでの関係性というのは大きく影響します。

エントリーせずとも、営業担当の方の頭に「人材」として認識され、折に触れて直接オファーをもらえるような派遣スタッフを目指しましょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加