試験監督の人材派遣会社登録と求人の詳細

> 職種別の派遣求人 > 試験監督の人材派遣会社登録と求人

試験監督の人材派遣会社登録と求人

試験監督の派遣求人が、今人気となっていることをご存知ですか?試験監督は、難関と言われる国家資格試験から、TOEICや英検、学生の模試など、さまざまな試験会場で試験監督を行う仕事です。今回は、試験監督の派遣求人について、ご紹介します。

試験監督派遣の仕事内容

試験監督派遣の仕事内容とは、どのようなものなのでしょうか。まず、多くの場合は前日までにお仕事のマニュアルが渡されますので、それを熟読の上、会場に向かいましょう。会場に到着すると、担当者から一日のスケジュールや、それぞれのスタッフの分担について説明があります。自分が担当する仕事を確認して、マニュアルをチェックしながら持ち場に移動しましょう。試験監督のお仕事で一般的に割り振られる業務内容については、また後程詳しくご紹介します。割り振られた場所によっては、机を移動したりすることもありますので、その時は臨機応変な対応ができるようにあまりヒールが高い靴などは避けておくことがポイントです。受付時間になると、受験者が会場に入ってきますので、誘導し、受付を行います。ここで重要な仕事のひとつである「受験票チェック」を行います。受験写真と受験者が一致しているかどうかを確認する作業です。言葉で聞くと、とても重要な仕事で緊張を伴いそうですが、それほどスピードが求められる作業ではありませんし、ゆっくりと一人ひとり行えば難しいものではないので、安心してくださいね。受験票のチェックが終わると名簿にチェックをし、受験会場へ誘導します。

試験開始前には、試験中に注意すべきことを受験者に説明します。ポイントにまとめて、黒板に書く作業が発生することもあります。「これは自分の仕事に割り振られていないから」とは考えずに、その場を取り仕切るスタッフの指示に従えば大丈夫です。試験開始前には、問題用紙や解答用紙の配布を行います。試験監督の大切な仕事のひとつは、時間管理です。試験時間は正確に行わなければいけませんので、慎重に行いましょう。試験中は不正行為が行われていないかのチェックや、受験者にトラブルが起きた場合の対応を行います。試験が終了すると、解答用紙を回収し、受験生退出のご案内をします。受験者の退出が完了すると、解答用紙の整理をし、管理担当のスタッフに提出。会場の後片付けや撤収を行い、終了となります。以上が、試験監督派遣の仕事内容の大まかな流れです。

仕事の割り振りについて

さて、全体的な試験監督のお仕事の流れはご理解いただけたでしょうか。続いて、少し細かくそれぞれの役割分担についてご紹介しましょう。試験監督派遣のお仕事には、大きく分けて主任試験監督、監督補佐、本部、受付、案内・誘導と五つの役割があります。それでは、一つひとつの業務内容を見ていきましょう。

主任試験監督はその会場の「責任者」

主任試験監督とは、その会場を取りまとめる試験監督のこと。会場といっても、いくつかの部屋を利用して行われるので、その一部屋を取りまとめる監督、という理解でいいでしょう。一人では会場を細かくチェックしきれないため、会場には複数名の試験監督補佐が配置されます。その取りまとめを行うのが、主任試験監督です。仕事内容としては、試験開始前の注意事項や、試験開始・終了などのアナウンス、試験監督補佐に対する支持、答案用紙、問題用紙の回収、時間管理があります。特に、答案用紙や問題用紙の取り扱いや、時間管理には責任を伴います。慎重に行うようにしましょう。

主任試験監督は、責任を伴う仕事です。一般的には、試験監督補佐を何度か行った人や、経験が浅くても年齢が高い人が就く傾向にあります。その現場を仕切る必要があるため、そういった人が選ばれるようです。主任試験監督は、その会場が自分の一言で動くという緊張感を持って担当すべき仕事。任されると不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、経験を積み、依頼をされたら「これも社会経験」と思って引き受けてみることをおすすめします。大学生でも、何度も試験監督の仕事をしていると、主任試験監督を依頼されることも。そうなった時に、注意すべき点がいくつかあります。試験監督派遣のお仕事は、幅広い年代の方がされています。もちろん、自分よりも年上の方が試験監督補佐として入るという事態も発生する訳です。主任試験監督は、会場全体を見渡していることが仕事ですから、実際に解答用紙や問題用紙を配布したり、受験者の対応をするのは試験監督補佐の方たちとなります。年上の方たちを自分の指示で動かすというのは、最初は戸惑うかもしれません。その時、大切なのは丁寧に、誠実に対応することです。たまたま主任という立場になっただけで、派遣スタッフであることに変わりはありません。そのことを忘れずに、対応するようにしましょう。

また、試験を受けに来ている受験者の方たちは皆真剣です。転職や昇進が掛かっていたり、進学が掛かっていたりするので、とても緊張感のある試験会場となります。そういった場ですから、すべてにおいて丁寧に、慎重に行う姿勢がとても大切になるということを忘れてはいけません。責任感を持って、スピーディーな対応を心がけていれば、基本的に大きな問題になることはありませんから、もし主任試験監督を依頼されたら「よし、頑張るぞ!」という気持ちでトライしてみてくださいね。

試験監督補佐は現場担当

試験監督補佐のお仕事は、先ほどご紹介した主任試験監督の指示のもと、実際の会場運営を行うスタッフとなります。試験会場内での誘導や、答案用紙・問題用紙の配布や回収、そして間違いなくすべて回収できているかのカウント作業、試験時間中の監視巡回が主な仕事となります。会場内で受験者から質問が出た場合、実際に対応するのは試験監督補佐です。「消しゴムが落ちた」「お手洗いに行きたい」程度のトラブルならいいのですが、「隣の人がうるさいから何とかしてほしい」「スピーカーの音が小さくて問題が聞き取れなかった」など、自分では対応しきれないようなクレームが出た場合は速やかに、主任試験監督に相談しましょう。主任試験監督が自分では判断しかねる場合、本部に確認をと依頼されることもあります。そういった場合は、速やかに本部に対応を確認しに行きましょう。ただ、基本的に試験会場でそれほど大きなトラブルになることは、あまりありません。万が一の時は、スピード感を持って動く。それ以外の時は、静かに会場を巡回する、監視するのが仕事ですから、比較的簡単な仕事と言うことができるでしょう。

本部は会場全体の責任者

本部は、基本的に試験会場内ではなく「本部」にいます。本部には、何かトラブルなどの不測の事態が起きた場合、試験監督補佐が質問に来たりしますから、それに対応するのが主な仕事です。また、試験終了後に各会場から主任監督が回収した答案用紙や問題用紙を集め、再度カウントし、間違いなく回収できているかをチェックするのも、大切な仕事です。本部には、派遣スタッフだけではなく社員の方もいらっしゃることがほとんどなので、自分の判断で動くというよりは、何かあった時に社員に相談するようにしましょう。人生が掛かった試験ですから、受験者は皆真剣です。その真剣さをきちんと受け止めて、真摯に対応しましょう。

受験者と受験票の確認をする受付担当

受付担当の主な仕事内容は、受験票を忘れてしまった方や、遅刻してきた方、出願時から姓名や住所に変更がある方などのイレギュラー対応を行います。会場内のご案内や誘導をすることもあります。会場によっては、本部と受付を兼ねることもあるということを知っておきましょう。とはいえ、基本的には指示に従えば、何も問題ありませんので、心配は不要です。

案内・誘導は立ち仕事

案内、誘導係の主な仕事は、会場内で受験者を誘導する仕事と、最寄り駅から試験会場までの道に立ち、受験者を案内する仕事の二つに大きく分けられます。質問を受けた場合は、スムーズにお答えできるように、会場や会場周辺について理解できるよう準備をしておきましょう。とはいえ、これも事前にというのではなく、当日渡された資料を理解しておけば、基本的には十分対応可能です。試験が始まってからは、試験会場前で待機し、遅刻してきた方や、途中退出される方、お手洗いに行く方を誘導します。

試験監督をする際の服装

試験監督のお仕事をする際には、どのような服装で行けばいいのでしょうか。基本的には、スーツが一番間違いありません。男性も女性も、ブラックやネイビー、ダークグレーなどのダークスーツを着用するようにしましょう。ジャケットパンツやワンピースといったオフィスカジュアルでは、浮いてしまいます。試験監督に関しては、かっちりとしたスーツを着用することをお勧めします。女性もパンツスタイル、スカートスタイルどちらでも構いませんので、スーツを着用しましょう。ワンピーススーツは襟がないものが多くなりますから、おすすめはしません。結婚指輪くらいはかまいませんが、ピアスやネックレスなど、あまり華美な装飾品は外しておきましょう。あくまで仕事をしに行くのですから、ここでお洒落を追求する必要はありません。男性はネクタイの着用も、忘れてないようにしましょう。また、インナーも柄シャツは避け、白いワイシャツやブラウスをおすすめします。ネクタイも派手な色味やデザインのものは避けましょう。足元にも、注意が必要です。スニーカーやブーツ、サンダルはもちろん避けましょう。男性の場合は、黒か茶色の革靴、女性はローヒールのパンプスで、試験会場を巡回する際に歩いてもコツコツと物音がしないものを選びます。女性の場合はストッキングを着用し、男性もくるぶし丈のソックスではなく、ミドル丈のダークカラーソックスを着用しましょう。ヘアスタイルについては、男性も女性も、清潔感があるスタイルが基本となります。あまり明るい色は避けるようにしましょう。心配であれば、その日だけスプレーなどで髪を染めるものもありますから、そういったもので一時的に髪を黒くするのもいいかもしれません。男性の場合は、長髪はふさわしくないとされますので、注意しましょう。女性も、長い髪は後ろでひとつにまとめ、すっきりとした清潔感のあるスタイルを心がけます。とにかく華美にならないように、華やかすぎるネイルやメイクは控えるようにしましょう。最後に、秒針目盛りのついた腕時計を忘れてはいけません。あらかじめ、持ち物として記載されていると思いますが、秒針目盛りのついた腕時計は、試験監督派遣の必須アイテムです。試験中、携帯電話を使用することはもちろん禁じられています。それは、受験者だけでなく試験監督サイドも同様です。時計合わせを行ったうえで試験を行うことも多いので、きちんと時計合わせを現場ですることが可能な腕時計を用意してください。最後に、場合によっては屋外で受験者の誘導や案内を担当することになる可能性も考えておきましょう。暑さや寒さに対応できるように、着るものに工夫をしておくことをおすすめします。

試験監督の派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

試験監督派遣のお仕事は、経験がなくても大丈夫です。その場にふさわしい振る舞いができ、服装なども指示されたものに従うことができれば、問題ありません。試験監督の仕事をしたいと思ったら、まずはWebで試験監督の案件を取り扱っている派遣会社に仮エントリーを行います。仮エントリーが済むと、派遣会社から説明会日時のお知らせが来ます。試験監督派遣の場合、一般的な派遣登録説明会のようにスキルチェックや面談が行われるケースはほとんどありません。説明会では、具体的な仕事内容を説明され、試験監督の仕事をしたいと思えばそのまま登録となります。服装があまりにも乱れていたり、態度がひどいということがなければ、基本的にそのまま登録することが可能です。落とされることは基本的にはあまりありませんので、節度を持った服装、態度で説明会に参加するようにしましょう。登録が完了した後は、派遣会社から定期的に案件情報がメールマガジンなどで送られてきたり、場合によっては電話やメールでお仕事の依頼がきます。日程的に都合がつき、就労を希望する場合は、それに返信する形で応募しましょう。仕事が派遣会社から細かい日時や、マニュアルが送付されますので、それを熟読し、当日を迎えます。派遣会社にもよりますが、多くのところでは通常の試験監督員の集合時間より、初めて試験監督をする人の方が早めに集合時間が設定されています。30分や1時間程度ですが、初めてお仕事をする人たちに向けての説明が、その時間で行われます。説明を受け、指示に従えば問題なく仕事を遂行することができますから、難しく考える必要はありません。ただし、試験内容によっては「経験者のみ」の採用となるケースもあります。応募する際には、必要条件をきちんと確認するようにしましょう。

試験監督派遣で役立つスキル

試験監督派遣のお仕事で求められるスキルは「丁寧さ」「慎重さ」「誠実さ」です。受験者と受験表の確認や、時間管理、受験者の解答用紙の取り扱いなどは、慎重になるに越したことはありません。適当に扱って紛失したり、受験者が入れ替わっていても気づかなかったり、試験時間が正確ではないと、人生を掛けた受験だった受験者の方たちに非常に迷惑となります。特に解答用紙の破損や紛失は、大変な問題となります。とにかく、受験者の方たちの人生が掛かっていると考えて扱うようにしましょう。そのくらい、試験監督派遣には、責任が伴います。責任感があることが、試験監督派遣で活かせるスキルのひとつと言えるでしょう。また、受験者全員に届くように、大きな声でアナウンスすることも求められます。地声が大きい方はもちろん、ハキハキと大きな声を出して人前で話すことができるスキルは、重要となります。試験監督は、試験の注意点などの重要事項を受験者に向かってアナウンスすることも仕事のうちです。その時、はっきりと大きな声で話ができるスキルは非常に活きてきます。心配の人は、事前にアナウンスの練習をしておいてもいいでしょう。

試験監督の派遣で働くメリット

試験監督の派遣で働くメリット、それは1日勤務するとすぐにお給料をもらえる点が挙げられます。派遣会社によっては、その日のうちに受け取ることも可能です。さらなる魅力は、時給が良い点。時給1100円で働いたとしても実働時間8時間で日給は8000円になります。とはいえ、試験監督の多くの時間は試験会場を見回ること。試験時間中は、あまり物音をたてるわけにもいきませんので、基本的に座って待機することになります。この時間はただ座って、あたりを見回していればそれでいいのです。そう考えると、労働に対する対価が非常に高い仕事と言えるのではないでしょうか。単発で勤務可能なのも、魅力です。通常、レギュラーでお仕事をする場合は平日フルタイム勤務であったり、週4日、一日5時間以上とさまざまな縛りがあります。その点、試験監督は単発のお仕事ですから、とても自由度の高い働き方と言えるでしょう。試験の多くは土曜、日曜、祝日に実施されるため、平日は働きに出ることが出来ない方や、ダブルワークをしたい方、学生にはその点も嬉しいですね。

試験監督の派遣で働くデメリット

それでは次に、試験監督の派遣で働くデメリットについて、見ていきましょう。試験監督派遣のお仕事は非常に人気が高く、募集があってもすぐに埋まってしまいます。ですから、自分のスケジュールに合った案件を見つけたら、すぐに応募することをお勧めします。仕事内容としては、案内や誘導をする係になると、一日立ち仕事となります。暑い中でも、寒い中でも、一日中外に立っていないといけないケースもありますから、その覚悟は必要となります。試験監督補佐や受付など室内の仕事は、試験時間中は静かに会場を見回るのが仕事です。その間は、基本的にするべきことがありません。なんのトラブルもなく、滞りなく試験が進むと、暇を持て余す仕事でもあります。それでも、絶対に寝てはいけません。万が一、寝てしまうと受験者からクレームとなって本部に報告がいくこともあります。また、基本的に試験は土曜、日曜、祝日に行われるのが一般的です。人気も高いため、毎週末都合よく仕事に就けるとは考えにくいでしょう。そのため、試験監督の仕事だけでしっかり稼ごう!というのは現実的になかなか難しい面があります。

試験監督派遣の給料相場や福利厚生制度

試験監督派遣のお給料は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。時給制で仕事をする場合は大体1100円〜1500円となっています。これは、仕事内容から考えるとかなり高い時給と言えるでしょう。気になる福利厚生ですが、単発でのお仕事では、福利厚生を利用できないケースが多いようです。こちらに関しては、派遣会社の規定に準じますので、登録を検討している派遣会社に確認するようにしましょう。

試験監督の派遣は学生でもお仕事可能なのか?

もちろん、可能です。特に、大学や専門学校自体が試験会場になるケースでは、自分のキャンパスで仕事ができるのでその告知が校内に掲示されることもあります。希望する場合は、派遣会社に登録する必要がありますが、試験監督のお仕事でビューには自分の通うキャンパスというのはホームですから、非常に安心感があり、ありがたいものといえるでしょう。また、勤務日も土曜、日曜、祝日がメインとなりますから、その点も学生にはありがたいですよね。告知を見かけたら、ぜひ応募してみてください。

試験監督派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

試験監督派遣のお仕事自体、基本的に単発のお仕事となります。平均勤務時間は短ければ3〜4時間、勤務日数も1日からとなります。複数日に渡って試験が行われる試験でも、最大で3日程度となっていますので、試験監督派遣のお仕事自体短期間のお仕事と言えるでしょう。短期間だけお仕事をしたい方に、試験監督派遣のお仕事は、おすすめの働き方と言えます。

試験監督の求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

試験監督派遣の求人を多く取り扱う派遣会社には、どのようなところがあるでしょうか。ここでは、おすすめの派遣会社をご紹介します。

ウーマンスタッフ株式会社

ナカバヤシグループの一員であるウーマンスタッフ株式会社では、国家試験や資格試験、模擬試験などを長年にわたり運営してきた実績があります。試験監督未経験の方にも安心してお仕事していただけるように、事前にご自宅へマニュアルをお届けします。また、当日も事前にオリエンテーションを行いますから、あとはマニュアルに従って業務を行っていただければ未経験の方でも安心してお仕事していただけるようにご準備しています。試験監督のお仕事に興味がある方は、ぜひ一度説明会にいらしてくださいね。

株式会社キャリアパワー

株式会社キャリアパワーは、人気の高い試験監督や大学事務、大学図書館でのお仕事等に強い派遣会社です。研修制度もしっかりとしていますので、派遣スタッフとして活躍していきたい方の可能性やチャンスを広げるサポートをしっかりさせていただきます!登録会は東京、大阪、京都、滋賀で平日は毎日、平日日中にお時間が取れない方に対しては、夜間や土曜日の登録会も行っています。ぜひ、お気軽にエントリーしてください。

試験監督の仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

試験監督の仕事は、派遣スタッフの他にも正社員やアルバイトとして勤務に入る方たちもいます。それぞれの仕事内容や時給には、どのような違いがあるのでしょうか。まず、アルバイトから見ていきます。試験監督のアルバイトは、派遣同様仕事内容に対して比較的時給の高い仕事と言えるでしょう。時給の相場は1000円〜1200円に設定されていることが多いようです。派遣の場合は、先ほどもご紹介した通り時給は1100円〜1500円が平均となっています。正社員として仕事をする場合は、月給で20万円以上と設定されていて、勤務のなかに試験監督の仕事も組み込まれている形になります。仕事内容は、正社員は本部や主任試験監督、派遣の場合は主任試験監督や試験監督補佐、本部スタッフ、受付、アルバイトの場合は試験監督補佐、受付、誘導となることが多いようです。正社員の場合は会場設営から撤収まで行いますので、一日仕事となりますが、派遣やアルバイトの場合は半日でお仕事が終了することもあります。お昼を挟む場合は、きちんと休憩時間も1時間取れるように設定されているというのも、嬉しいですね。残業がほとんどないというのも、嬉しいポイントと言えるでしょう。

試験監督派遣のお仕事について、ご紹介してきました。責任の大きな仕事ではありますが、試験監督派遣のお仕事は、比較的仕事内容自体は難しくなく、かつ時給の高い仕事と言えるでしょう。人気の高いお仕事でもありますので、もしご自分の希望に合う案件と出会ったら、まずは応募をしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド