選挙スタッフのアルバイト求人の詳細

> 職種別のアルバイト求人 > 選挙スタッフのアルバイト求人

選挙スタッフのアルバイト求人

選挙シーズンになると「選挙スタッフ募集」という求人広告を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
「選挙スタッフなんて公的な仕事、自分でもできるのかな?」と思われるかもしれません。
でも、実は可能なのです。
このコンテンツでは、選挙スタッフのアルバイト求人について、具体的な仕事内容や求められるスキルについてご紹介します。

選挙スタッフアルバイトの仕事内容

「専門的なことも多そうだし、難しいのでは?」と思われがちな選挙スタッフのアルバイト。
ですが、実は誰にでも挑戦できるお仕事です。
具体的にどのような仕事があるのかを見ていきましょう。

選挙スタッフの仕事としては「世論調査」「投票受付」「開票作業」「期日前投票」「事務局」「出口調査」が挙げられます。
具体的に、一つひとつの仕事についてご紹介します。

世論調査スタッフ

最初に、世論調査から見ていきましょう。
世論調査とは、無作為に抽出された電話番号に発信し、選挙に関する質問をする仕事です。
質問の内容としては、選挙に対する関心度や支持政党、指示議員についてとなります。
有権者に対して電話で聞き取り調査を実施し、得られた回答をデータ入力するお仕事です。
それほど難しい内容ではありませんが、世論調査の電話に対して誰もが丁寧に対応してくれるわけではなく、冷たく切られてしまうケースも多くあります。
そういった時もめげずに、電話をかけ続けなくてはいけません。
最初は少し大変かもしれませんが、何件も電話をしているうちに、どのような言い方をすれば対応してもらえるかなどのコツがわかるようになるでしょう。
コミュニケーションスキルが必要な仕事となりますから、時給は比較的高めに設定されています。
「自分にできるかな」と不安に感じられるかもしれませんが、世論調査スタッフの仕事は事前研修やマニュアルがしっかりしているのも特徴のひとつ。
テレフォンオペレーターの仕事経験がなくても、安心してチャレンジできる仕事といえるでしょう。

服装に関しても電話を掛ける仕事となりますから、崩しすぎない程度のカジュアルであれば、問題はありません。
金髪や破れたジーンズ、肌の露出が多いものは、避けたほうが無難です。

投票受付スタッフ

次に、投票受付です。
投票受付の仕事は、2日間で設定されているケースが多いようです。
初日となる1日目は、選挙前日に作業を行います。
投票所に集合して顔合わせを行い、投票所の準備を行います。
投票所の責任者が出す指示にしたがって体育館や保育園など投票所となる場所にマットを敷いたり、机などをセッティングしたりします。
投票所を翌日すぐにオープンできるよう、準備を整えます。
初日は、比較的短時間で終了するケースが多いようです。
この日も、きちんと時給で給与は支払われます。

2日目は、いよいよ選挙当日となります。
会場やシフトにより異なりますが、投票日当日は長時間勤務となるケースが多いようです。
投票所の受付業務は椅子に座り、はがきを受け取り、氏名をチェック。あっていれば押印して投票の案内を行うというのが仕事内容となります。
なにかトラブルが起きた場合は、投票所の責任者を読んで対応してもらいましょう。
アルバイトスタッフが下手に対応すると、逆に問題が大きくなることもありますから、迷わずに責任者を呼んでください。

服装に関しては、スーツに準ずるきちんとしたものを心がける必要があります。
投票所設置を行う1日目に関しては必ずしもそうではありませんが、それでもあまりにラフな服装は避けるようにしましょう。

期日前投票スタッフ

期日前投票は、公示日もしくは告示日翌日から、選挙期日前日まで行われています。
その受付を担当するのが、期日前投票スタッフです。
期日前投票は土日や夜間に行われることが多く、日程も複数日あるため、自分の都合に合わせて仕事がしやすいメリットがあります。
仕事の内容としては、投票受け付けの仕事と内容的に変わりはありません。
期日前投票スタッフは、いつだれがやってきてもいいように、それなりにきちんとした服装を心がけることが求められます。
スーツ、もしくはそれに準ずる服装で、髪も整え、相手に不快感を与えないようにしましょう。

開票作業スタッフ

開票作業の仕事は、投票された票を開く仕事です。
開票作業の仕事は、投票終了後に行われますから、時間的には夜に稼働することになります。
仕事が終了する時刻は夜中になりますから、家の近くの投票所で募集されていないと、交通面で厳しいといえるでしょう。
ただ、仕事内容としてはごくシンプルで、難しいことはありません。
22時以降は深夜手当も付きますから、時給で考えるとかなりお得な仕事です。
開票作業に関しては、体を動かしながら作業を行いますから、汚れてもいい服装で行くといいでしょう。
ただ、常識の範囲内を心がけることが重要であり、派手すぎるものや乱れた服装は避けるようにする必要があります。

事務局スタッフ

事務局の仕事は備品手配や管理、資料の封入や発送、データ入力といったオフィスワークがメインとなります。
ビジネスマナーが一通り身についていることと、身なりを整えることができれば難しい仕事ではないでしょう。
ただ、パソコン操作に関しては、ある一定以上のスキルが求められるケースもあります。

具体的な仕事内容としては事務作業のほかに、世論調査や出口調査を行っている会社とやりとりし、どの党に何票入ったかを確認する作業を行うこともあります。
つまり、開票速報のベースとなる数字を取り扱うことになるのです。
これは、やりがいの大きな仕事といえるのではないでしょうか。
自分の扱った数字が速報値としてテレビに流れると思うと、それだけで嬉しいという方も多いようです。

気になる服装ですが「オフィスから出ない事務職なら自由なのでは?」と思われるかもしれませんが、オフィスカジュアルが基本です。
来客があることもありますし、きれいめなオフィスカジュアルを心がけましょう。

出口調査スタッフ

選挙帰りの方に「社のものですが、出口調査にご協力ください」と声を掛けるのが、出口調査の仕事です。
テレビ局や新聞社のスタッフが行っているのだと思われていた方も多いかもしれませんが、世論調査同様にアルバイトスタッフが行っているケースも多くあります。
出口調査の具体的な仕事内容としては、出口でアンケートをとり、その結果を集計することがメインとなります。
その結果を本部に送るという作業を、数回繰り返します。
大手メディアの名前を使うため、比較的協力してくれる方も多く、人とコミュニケーションを図るのが苦手でなければやりがいや楽しさを感じられる仕事といえるでしょう。
服装に関しては、大手メディアの名前を使って行うケースもありますから、会社に迷惑を掛けないよう、それなりにきちんとした服装を心がけます。

選挙スタッフアルバイトで役立つスキル

選挙スタッフのアルバイトで求められるスキルは、身だしなみを整え、正しい言葉遣いで、丁寧な対応ができることといえるでしょう。
あとは、人とコミュニケーションを図ることが苦手ではないことも、求められるスキルです。
選挙関連の仕事は、一人では行えないものがほとんど。
高いコミュニケーションスキルが求められる世論調査や出口調査をはじめ、投票に来た人たちの対応をする期日前投票所や投票所スタッフでも、やり取りを難なく行うことが必要です。
開票作業でもチームワークが求められますし、事務局スタッフも、色々とやりとりしながら仕事を進めていきます。
人と関わることが好きで、話をするのが好きな人に、向いている仕事といえるでしょう。

選挙スタッフのアルバイトで働くメリット

選挙関連の仕事というと、それだけで「難しいのでは」「私なんかが携わっていいのかな?」と不安に感じ、なかなか手が出ないという方も多いようです。
ですが、実際にはそんなことはありません。
きちんと的確に対応することさえできれば、未経験でも、知識がなくても問題はないのです。
世の中の流れを知ることもでき、とてもいい社会勉強になるアルバイトといえるでしょう。
普段、なかなか身近にはない世界だからこそ、アルバイトで経験できるというのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。

また、選挙の仕事はその内容に対して、比較的時給が高めに設定されているのも嬉しいポイントです。
選挙のアルバイトは待機時間が比較的長く、実質稼働時間で計算するととてもお得な仕事といえるでしょう。
待機時間ももちろん、時給は発生します。
これは、大きなメリットです。
ただ、いざ仕事が始まると怒涛のように忙しくなります。
そのあたりは覚悟をもって、仕事をする必要があります。

選挙スタッフのアルバイトで働くデメリット

選挙スタッフのアルバイトをするデメリットは、それほどありません。
強いていえば、暇すぎて眠たくなることくらいでしょうか。
選挙スタッフのアルバイトには、仕事に波があります。
忙しいタイミングと、ひたすら待機する時間が交互にやってくるのです。
「手が空いたから」と読書をするなど、同僚とおしゃべりをしていていいかというと、選挙の仕事に関しては、基本的に認められていません。
いかなるときでも、誰に見られても恥ずかしくない姿勢・態度で臨むことが求められます。
そうすると、どうしても睡魔との闘いという局面も出てきます。
選挙会場でスタッフが居眠りをしていた、とあっては大変です。
眠気に負けず、いい姿勢で投票を見届けるのが、選挙スタッフの仕事といえるでしょう。

選挙スタッフアルバイトの給料相場や福利厚生制度

選挙スタッフのアルバイト時給は、おおよそ1000円〜1500円に設定されていることが多いようです。
これは、そのほかの同職種の時給と比較してみても、高めに設定されているということが出来るでしょう。

選挙アルバイトの中でも、最も高めに設定されていることが多いのが、出口調査や世論調査の仕事です。
相場としては1300円〜1700円となっています。
このふたつの仕事の特徴は、声を掛けたり、電話を掛けた相手によっては断られたり、嫌な顔をされることもある仕事であるということ。
それを気にしすぎず、仕事とわりきってより多くの人からの聞き取り調査を行う強い気持ちが必要となります。

人に断られるというのは、ストレスになるもの。
ですが、さまざまな人の考え方に触れる機会というのは、そうそうありません。
学ぶ部分も大きな仕事といえるでしょう。
その上、時給が高めに設定されているのですから、嬉しい限りといえるのではないでしょうか。

続いて、福利厚生についてみていきます。
基本的に短期の仕事ですから、福利厚生の恩恵にあずかることはあまりないでしょう。
ですが、ほとんどの現場で交通費は支給されます。
その他にもお弁当や飲み物が支給されたり、休憩時間をしっかりと取ることができたりと、待遇としてはかなり手厚くなっているケースが多いようです。

選挙スタッフのアルバイトは学生でもお仕事可能なのか?

選挙スタッフのアルバイトは、もちろん学生でも可能です。
政治に関心のある学生が、たくさん活躍しています。
「学生の自分が、こんな仕事をしていいのか」と感じる方もいるようですが、まったく問題ありません。
政治にまつわる仕事というと大仰に構えてしまいがちですが、どの職種も責任者がきちんと設置されています。
全てを自分個人でなんとかしなくてはいけない、ということではもちろんありません。
万が一トラブルになったとしても、責任者の指示を仰ぎ、丁寧に対応すれば問題ないのです。

ただひとつ、注意すべき点もあります。
選挙スタッフに限ったことではありませんが、社会に出て仕事をする以上、丁寧な言葉遣いや挨拶、はきはきとした口調、指示をきちんと守り作業を行う姿勢といったものは必要となります。
「学生だから」という甘えは通用しません。
仕事をして、時給をいただく以上、責任感を持って仕事に取り組みましょう。

それさえきちんとできれば、選挙スタッフは世の中の流れを肌で感じることができる仕事であり、やりがいの大きなもの。
時給も高めに設定されており、かつ仕事内容も実はそれほど難しくない、ありがたい仕事といえるでしょう。

選挙スタッフのアルバイト面接で注意すべきポイント

選挙スタッフのアルバイトに応募したいと思ったら、まずはWebエントリーもしくは電話で受付を行います。
面接を行うところもありますが、基本的には説明会に参加してそのまま採用となるケースが多いようです。

面接や説明会に参加する際の注意点としては、派手なアクセサリーやヘアスタイルは避け、落ち着いた服装を心がけるようにしましょう。
選挙には、選挙権を持つ人々、つまり幅広い年代の方が訪れます。
そういった方たちに「なんだ、このスタッフは」と不快感を抱かせることがないよう、注意することが必要です。

スーツとまではいかなくても、男性はシャツとジャケットにチノパン、女性はワンピースやニットにパンツといった落ち着いた服を選ぶようにしましょう。
ヘアスタイルも、男性はあまり長いスタイルは避け、女性も長い髪はまとめてすっきりした印象を与えられるようにします。
サンダルや破れたデニム、肌の露出が多い服は避け、派手すぎるアクセサリーもやめておきましょう。

濃いお化粧やネイル、香水もやめておきます。
ここで目立つ必要は、まったくありません。
選挙スタッフとして仕事をしたいなら、落ち着いた地味な服装で説明会に挑むようにしましょう。

選挙スタッフアルバイトを短期と長期で比較

選挙スタッフのアルバイトは、基本的に短期のものとなります。
事務局、投票受付、出口調査、開票作業はどれも選挙当日の仕事です。
前日準備、場合によっては事前説明会を含めても、勤務日程としては2、3日となります。

強いていえば、期日前投票スタッフと世論調査は他の仕事と比べると数日間にわたって行われるものですから、長めに設定されていると言うことができるでしょう。

選挙スタッフの仕事は、短期でしっかり稼ぎたいと考えている人が多く応募します。
「長期で腰を据えて働きたい」という方には、向かない仕事です。
長期の仕事の合間につなぎとしてするには、割もよく、あまりハードな仕事ではないので、おすすめの仕事といえるでしょう。

選挙スタッフの求人でおすすめのアルバイト登録先

「選挙スタッフのアルバイトをしたい」そう思ったら、どんな求人情報サイトに登録すればいいのでしょうか。
おすすめのアルバイト登録先を、ご紹介します。

バイトル

さまざまな条件から、自分の希望にフィットした求人情報を検索できる、アルバイト・パート求人情報サイトです。

株式会社ディップが運営しており、選挙スタッフのアルバイトも、豊富に掲載されています。
まずは登録をしておけば、いざ選挙となった時に素早く応募することも可能です。
検索結果一覧に「応募バロメーター」が表示され、今現在どのくらいの人数が応募しているかを見ることも出来ます。

応募する前に、倍率が分かるのは画期的なシステム。
応募先を選ぶポイントにも出来るでしょう。
採用実績が豊富なバイトルで、選挙スタッフデビューを果たしてください。

エンバイト

エンジャパンが運営する求人情報サイト。
エンバイトは”ちょっといいアルバイト”情報を集めた、キュレーション型アルバイト情報サイトです。

検索をベースとしたアルバイト探しのほかに、人工知能を使ったレコメンドや、編集スタッフの「イチオシ情報」も充実。
募集先企業側からの「面談確約」や「応募歓迎」が届く、新しいタイプの求人情報サイトとして、注目されています。

選挙スタッフバイトも、数多く取り扱いがありますので、まずは登録しておくことをおすすめします。

「公的な仕事」「難しそう」「専門的な知識が必要なのでは?」
選挙スタッフの仕事というと、このようなイメージがどうしてもあるようです。
でも、実際はそんなことはありません。

必要なのは、きれいに身なりを整えることと、正しい言葉遣い。
そして、相手の立場を考えて仕事に取り組むこと。
それさえできれば、作業自体は難しいこともなく、単純作業といってもいいものがメインとなります。
時給も比較的高めに設定されているため、とてもお得なアルバイトといえるでしょう。

世の中の流れを肌で感じることができる、選挙スタッフの仕事。
必要以上に難しく考えず、興味があったらぜひ挑戦してみてくださいね。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加