世代別に見た派遣の仕事が決まらない人とすぐ決まる人の違いの詳細

> > 世代別に見た派遣の仕事が決まらない人とすぐ決まる人の違い

世代別に見た派遣の仕事が決まらない人とすぐ決まる人の違い

派遣の仕事をしたいと考えていても、すぐに仕事が決まる人と、いつまでたってもなかなか仕事が決まらない人がいます。

それは、なぜなのでしょうか。やはり、そこにはそれなりの理由が存在します。そして、年代によって、その理由もさまざまです。

ここでは「派遣として仕事をしたい」と考えている方たちに向けて、年代別になぜ仕事がなかなか決まらないのかをみていきましょう。

その上で、どうしたら仕事につくことができるようになるのか、改善点を検証します。

全世代共通で派遣の仕事が決まらない人方の共通点

まずは、世代に関わらずなかなか派遣の仕事が決まらない人の共通点について、ご紹介しましょう。

「業務拡大のため、人材が不足している」「急な欠員を埋めるための人材が欲しい」そういった緊急性を伴う理由で、企業が派遣会社に対して派遣の依頼を出します。

クライアントである派遣先企業のニーズに合った人材を速やかに派遣することが、派遣会社のミッションです。

ですから「派遣先企業が希望しているスキルを持つ人材を、できるだけ早く確保したい」というのが、派遣会社の本音と言えるでしょう。

派遣先企業から依頼を受けた派遣会社は、派遣求人情報サイトなどに求人情報を掲載し、自社に登録している派遣スタッフの中に該当する人材がいないかをチェックし、声を掛けます。

派遣求人情報サイトに情報を掲載した場合は、どのような流れになるのでしょうか。
まず、派遣スタッフとして登録を希望する人がWEBでエントリーすることから、スタートします。

WEBエントリー後、派遣スタッフとしての正式登録をするためには、派遣登録説明会に来てもらうことが必要となります。

派遣登録説明会では、スキルチェックや面談などを行い「この人材が派遣会社にとって、メリットのある人材かどうか」を確認。

派遣登録希望者側も「この派遣会社で仕事をしたいか」を判断する場となります。
双方の合意が得られて、初めて登録となるのです。

このように書くと「スキルがないと派遣登録することはできないのではないか?」と、不安に感じられるかもしれません。

確かに、派遣スタッフには「即戦力」を求められる部分も大きいので、やはり社会人経験がまったくない場合や、未経験でスキルがない人には難しさもあります。

では、経験がない人はどのようにすれば派遣スタッフになることができるのでしょうか。

「未経験ok」「第二新卒歓迎」などの案件をチェックすべし

派遣スタッフの求人情報を見ていると、なかには「未経験OK」「オープニングスタッフ」「大量募集」「第二新卒可」といった言葉が掲載されていることがあります。

このような表記がされている求人に関しては、派遣デビューの人でも選考に残ることができる可能性が大きいといえるでしょう。

ただし、こういった案件に関しては、いわゆる派遣のイメージとは違い、高時給ではないかもしれません。

ですが「派遣として仕事をしたことがある」という経験を積むための第一歩としては、求められるスキルも低めとなっており、適している仕事といえるでしょう。

派遣スタッフに求められているのは「即戦力」と「スピード感」

派遣スタッフに対して、一般的に派遣先企業や派遣会社が求めていること――それは即戦力になることができるだけのスキルと、なにごとにもスピード感を持って対応してくれる姿勢です。

派遣先企業が派遣スタッフに求めているものが、まさにそのふたつだからです。ですから、スキルに自信があっても、派遣会社から連絡をもらった時の返答が遅い人などは、その時点で候補から外されてしまうこともあり得ます。

「連絡が遅くなっただけで、採用が左右されるの?」と驚かれるかもしれません。ですが、受けた電話をすぐに折り返すことができるかどうかという姿勢が、その人の仕事に対する姿勢として受け取られてしまうケースは、珍しくありません。

派遣会社から連絡が入ったら、すぐに返事をすることが派遣のお仕事に就くためのポイントといえるでしょう。とにかく、派遣会社から電話やメールが入ったら、すぐにレスポンスする姿勢を、大切にしなくてはいけません。

派遣会社としては、スタッフ派遣を依頼されてから、派遣するまでのスピード感がとにかく命。そのことを理解した上で、登録している派遣会社から連絡があったらすぐに連絡をするようにしましょう。

円滑なコミュニケーションを図ることができるかどうか、というのも大きなポイントなのです。

「この人と一緒に仕事をしたい」と思ってもらうためには?

派遣スタッフとして仕事をするうえで大切なことは「この人となら一緒に仕事をしやすそう」と感じてもらうこと。

これは、重要なポイントといえるでしょう。気難しそうだったり、身なりが華美だったり、威勢が良すぎるようなタイプの人とは、できれば一緒に仕事をしたくないと考える人が多いのではないでしょうか。

指示をきちんと聞いて、的確な仕事をしてくれることが、派遣スタッフに求められる資質です。悪目立ちしてしまうことは、マイナスにしか作用しないということを理解しておきましょう。

ただ、いくら無難に、おとなしめな振る舞いを心掛けていたとしても「この人は指示通り動くだけで、向上心がなさそうだ」「派遣だからこんなものでいいだろうと思っているのではないか」といった印象を与えてしまうと、それはそれでマイナスになってしまいます。

「このくらいで十分だろう」という、適当な仕事で片づけてしまおうという態度は、相手に伝わります。悪目立ちせず、でも仕事に対して誠実に、真剣に取り組む姿勢が大切なのです。

また、当たり前ですが急な欠勤や遅刻、早退がないことも、大切なポイントといえるでしょう。インフルエンザに罹ったり、身内に不幸があったりとどうしても仕方がないことも、もちろんあるでしょう。ですが、急な欠勤は極力避けるべきものなのです。

年代別でチェック「仕事が決まらない理由と改善点」

それでは、ここからは年代別に派遣の仕事が決まらない人の問題点と、改善すべきポイントについてみていきましょう。やはり、年代によって抱えている問題はさまざまです。

派遣会社サイドから見ても、派遣スタッフから見ても「これは改善の余地がある」と考えられるポイントについて、ご紹介します。

20代で派遣の仕事が決まらない人の問題点と改善点

20代で派遣の仕事がなかなか決まらないという人には、どのような問題点があるのでしょうか。

「20代」はまだまだ若く、パワー溢れる元気な世代です。それなのに派遣のお仕事がなかなか決まらないというのは、なぜでしょう。

派遣のお仕事は、先ほども触れた通り「即戦力になること」「スピード感ある対応ができること」がとても重要なポイントとなります。

そういう観点からみていくと、20代は「仕事をしたい」という思いが強ければ強いほど、即レスポンスをするなど、スピード感をもって派遣の仕事に向き合う姿勢がほかの年代よりも強いといえるでしょう。

SNSなどを利用したやりとりにも慣れているため、新しいスタイルの採用方法を取り入れている派遣会社からすると「連絡のつきやすい人」「レスポンスの早い人」と認識してもらうことも可能です。

ただ「即戦力になりうる人材か」という点が、大きな問題となります。20代で派遣の仕事をしたいと考えている人の中で、社会経験を積んで、ある程度スキルやキャリアがあるという人はどのくらいいるでしょうか。実際のところ、あまりいないというのが実情でしょう。

20代で派遣という働き方を選んだけれど、なかなか仕事を紹介してもらえないという人に一番考えらえる問題点は「経験が浅い」もしくは「社会人経験がない」という点といえます。

新卒で就職せず、派遣という働き方を選んだ人や、アルバイト生活からのステップアップとして派遣という働き方を考えている人にとって「キャリア」というのは大きなハードルとなってしまうのです。その問題をクリアにするためには、どのような方法が考えられるのでしょうか。

20代はとにかく「スキルアップ」「キャリアアップ」を目指す!

20代で派遣スタッフとして活躍したいと考えている人が、最も重要視すべきポイントは「スキルアップ」「キャリアアップ」です。

いくらやる気があっても、スキルがなければ仕事を任せることはできないという現実があります。

「では、どうすればスキルアップ、キャリアアップを目指すことができるの?」と思われるかもしれません。

そういった方にこそ「派遣」という働き方は非常に有効なのです。詳しくご紹介しましょう。

「派遣」ならではの充実の研修制度を活用しよう!

派遣スタッフとして登録をすると、派遣会社が用意している研修制度を利用することができるようになります。

派遣会社は、自分の会社に登録してくれている派遣スタッフはできるだけ高いスキルを持っていてほしいと考えているもの。

スキルが高いスタッフが多ければ多いほど、派遣先のさまざまなニーズに応えることができるためです。

ですから、派遣会社は派遣先のニーズを満たすことができる、スキルの高い人材育成に力を入れています。

優秀な人材育成を目指して、派遣スタッフとして登録をしただけで、実際に就業していなくてもさまざまな研修を受けることができるようになる派遣会社も、多く存在しています。
システムとしては、派遣会社ごとに異なりますから「スキルがないけれど、研修制度を利用して派遣デビューしたい」と考えている場合は、その旨を正直に伝え、相談してみるのもいいでしょう。

志ある若い力を、派遣会社がサポートして育成し、派遣として活躍できるように育てるシステムが整っている派遣会社もたくさんあります。社会人経験がなくても、やる気があるスタッフであれば、育ててあげたいと考えている派遣会社が存在しているのです。

特に20代の場合は、これから長きにわたって派遣会社に貢献してくれる、頼れる存在となる可能性も十分にあります。そういった未来あるスタッフにこそ、せっかく用意している制度を上手に活用して、成長してほしいと派遣会社サイドも望んでいます。

「仕事をしてもいないのに、研修制度をたくさん利用するのは図々しいのでは?」と、特に20代などの若い派遣スタッフは考える傾向もあるようです。ですが、研修制度は派遣スタッフにとってだけ有効な制度ではありません。

派遣会社にとっても、メリットの大きな制度です。研修をたくさん受けてスキルアップできた暁には、しっかりと派遣スタッフとして活躍することで、恩返しをすれば問題ありませんので、まずはスキルアップを目指しましょう。

最後に一つ、理解しておくべきことがありますので、ご紹介します。派遣会社によっては、就業していないと研修制度を利用できないところもあります。

「派遣登録して研修制度を利用しながら、スキルアップをし、就業につなげたい」と考えている場合は、派遣会社の研修制度がどのようになっているかを事前に確認してから登録することをおすすめします。

「研修」で基礎を身に着けたら実践でキャリアアップ!

まったく社会人経験がない状況から、OA講座やビジネスマナー講座などを受講し、基本的な社会人としてのスキルを身につけたら、次のステップへ目を向ける必要があります。

それは、積極的にその派遣会社の求人情報をチェックして、お仕事にエントリーすること。求人情報には、それぞれの求人情報について特徴が書かれていますが「未経験可」「大量募集」などの文言が掲載されているお仕事は、社会人経験のない人にとってもチャンスといえます。ぜひ、応募してみましょう。

派遣という働き方の魅力として「時給が高い」「待遇がよい」などがあげられます。しかし、未経験OKや大量募集の案件に関しては必ずしもそれほど好条件であるとは限りません。

ただ、ここはお給料をいただいたうえで経験値をあげていると考えるのも、ひとつの方法です。割り切って、ある程度キャリアを積むまでは条件にこだわりすぎないという姿勢も大切といえるでしょう。

派遣会社としても、自社の研修制度を利用してスキルアップに努め、実際に就業して経験を積んでくれている人材がいたら、やはり大切にしたいと思うもの。

「人とひととのつながり」は、どんな仕事をする上でも重要なポイントです。派遣という働き方においても、もちろん同じことが言えます。

そのことを忘れずに「研修制度を利用して、スキルアップさせていただいている」ということに感謝し、お仕事を紹介してもらえることになったらきちんと恩返しをするという気持ちで取り組むようにしましょう。

そして、実際に就業スタートして、もし分からないことが出てきたら、素直に質問する勇気を持ちましょう。素直な姿勢は、人の成長を促進してくれます。

派遣会社の制度を活用してスキルを磨いて!

そんな20代でも、派遣会社の研修制度をしっかりと活用し、スキルアップし、さらには派遣スタッフとして実務経験を重ねることで、着実にキャリアアップすることが可能です。
「派遣」というシステムは、未経験から社会人へとステップアップするのを手助けしてくれる制度という側面もあります。

このシステムを上手に活用して、社会への第一歩を踏み出すというのも、一つの方法でしょう。そして、キャリアを重ね、成長していくことができたら、派遣会社としても喜ばしいことなのです。

30代で派遣の仕事が決まらない人の問題点と改善点

それでは次に、30代で派遣の仕事をしたいと考えているけれど、仕事が決まらない人の傾向についてみていきましょう。

30代で派遣の仕事をしたいと考えている人は、どのような環境に身を置いている人なのでしょうか。

女性の場合、結婚や妊娠、子育てなどでライフスタイルが大きく変化し、その中で働き方を変更せざるを得なくなったというケースが考えられます。

そういった環境下に身を置いている女性が、社会復帰を考えた時に思い浮かべる選択肢の一つが「派遣」といえるでしょう。

派遣は、広告などでも目にする方も多いかもしれませんが「時短勤務」「週3日勤務」など、柔軟性の高い働き方が可能です。

フルタイムではない働き方というのは、家事や育児、介護などで忙しい主婦にとっては大きな魅力。

自分の時間を上手に活用し、社会で活躍しながら、お給料を得ることもできるスタイルとして、注目を集めています。

20代である程度キャリアを築いてきた女性が30代になり、家庭と両立させながら仕事をしたいと考えた時、選ばれる「派遣」という働き方。

ですが、派遣スタッフとして登録しても、なかなか仕事を紹介してもらえないという声もよく耳にします。それは、なぜなのでしょうか。

「欠勤する可能性がある」スタッフは困るという現実

派遣という働き方を選ぶ女性の多くは、条件として「フルタイムで勤務できない」「家族の事情で急な欠勤をする可能性がある」という問題を抱えています。

どんなに仕事ができる人だったとしても、派遣会社としてはやはり人数としてあてにしていた人に急に休まれると困るという事情があります。

「スキルは高いけれど、急な欠勤の可能性がある人」と「人並みのスキルがあって欠勤をしない人」どちらかを選ぼうとすると、どうしても「欠勤をしない人」が選ばれてしまうという現実があるのです。

Aさんというスキルが高く、でも小さなお子さんがいて時々突発的に欠勤するスタッフと、Bさんというスキルは人並みだけれど、欠勤をしないスタッフがいたとします。そうなると、やはりBさんが選ばれてしまうのです。

欠勤が多いと派遣先企業に対して迷惑が掛かりますし、派遣スタッフ同士の関係を考えた時にもトラブルにつながりやすい面があります。

30代ママが派遣で活躍するためには「周囲を味方につける!」

30代のママでも、派遣として活躍している人はもちろんいます。そういった人たちがどのようにして問題をクリアにしているかというと、派遣会社が実施している「働くママ支援」を上手に利用して、周囲の協力を得ているといえるでしょう。

病児保育をしてくれる保育園にあらかじめ登録をしておいて、病気の時も対応できるように準備しておく、子どもが病気になったときには夫と融通しあってなんとか乗り切る体制を整えておく、祖父母の協力が得られるように話をつけておくなどが、具体例です。

よく「周囲に頼れる人がいないから、仕事はできない」という声も聞きますが、本気で考えれば行政のファミリーサポートや、ベビーシッターや病児保育を受けてくれる保育園などを利用することもできます。

もちろん、祖父母や夫の協力があれば、なおさら助かるでしょう。そういった制度を利用しながら、社会復帰を目指すママもいますし「そこまでするなら、今は仕事をしなくても」と考える方もいるでしょう。

考え方は、人それぞれ。そして、与えられた環境も、人それぞれです。自分たちが考えられる範囲で最善を尽くして、今社会復帰したいのか、それとももう少し子育てが落ち着いてから社会復帰を考えるのか、家族間でもよく話しあう必要があります。

30代女性だと、お子さんがまだ小さい年代です。家族間での見解が一致していないと、子育てと仕事の両立は難しいという現実もあります。何が正解ということはありませんから、自分たち家族に無理なく、フィットした形での社会復帰をまず目指すというのもいいのではないでしょうか。

40代で派遣の仕事が決まらない人の問題点と改善点

続いて、40代で派遣の仕事をしたいと考えている人について、考えてみましょう。40代で派遣として仕事をしたいと考えている人は、どのような環境下に身を置いている方が多いでしょうか。

「社会からは久しく離れていたけれど、子どもも大きくなったので仕事復帰したい」と考えているケースが多いといえます。その場合、やはりどうしてもネックとなるのがブランク、そして年齢です。

社会からどのくらいの期間、離れていたかにもよりますが、ブランクが長ければ長いほど、社会復帰は難しいというのが現実となります。そして、子育てが一段落し、フルタイムで勤務することができる環境が整っているとしても、40代となると「年齢」という壁も現実として出てくるのです。

「年齢や性別は、派遣を採用する際に考慮に入れてはいけない」とされてはいますが、同じスキル、同じ条件で20代と40代のスタッフがいた場合、20代のスタッフが紹介されるという傾向があります。

「どうして若いほうがいいの?」と思われるかもしれません。年齢を重ねている分、経験も豊富で、さまざまな物事に柔軟に対応することもできるというメリットも、あるはずです。

それでもなお若手が選ばれてしまう一番の理由としては、派遣先企業の上司にあたる人材の年齢があげられるでしょう。派遣スタッフが40代で、現場で指揮を執る社員の年齢が30代だったとします。

「年齢は関係なく、言われた仕事をきちんとします」といくら派遣スタッフが思っていたとしても、実際に指示を出す側としては、自分よりも年長者に対しては指示しづらいという面があるのです。

20代で同様のスキルの人材がいるのなら、自分よりも年下で、指示しやすく、教育もしやすい年代のスタッフを選びたくなるというのも、仕方ありません。自分がその指揮官の立場になって考えるとしたら、やはり同様のことを思うのではないでしょうか。

「では、スキルが20代の子と比べて高ければ、採用されるの?」と思われるかもしれません。ですが、そうとは限らないというのが現実です。派遣スタッフというのは、応募者数に対して採用人数は1名、もしくは2名というケースがほとんどです。

その枠に入りこむのは、どれだけキャリアがあったとしても、厳しいのです。実際、新卒で入社して、ずっとキャリアの道を歩んできた人が結婚し、出産を経て派遣の仕事をしようとしても、なかなか仕事が見つからないという話もあります。

キャリアがあること、そして年齢を重ねていることが「優秀な人材」として評価される反面、「扱いにくいスタッフ」と認識されてしまうケースもあるということなのです。

40代で派遣として活躍するためには「一緒に仕事をしたい人」になること

社会全体の流れとして、近年は「眠れる主婦の力」というものに注目が集まっていることも事実です。

キャリアもスキルもあるのに、結婚や妊娠、出産が原因でキャリアから退いてしまった主婦の力を、眠らせておくのはもったいないという考えに基づいた流れです。

そういった理由から、以前は年齢でまずはじかれていた女性にも、チャンスが巡ってくる機会が増えています。

このような時代背景を受け、最近の派遣会社では「ブランクがある女性支援」というものにも力を入れているところも増加傾向にあります。

30代の項目で紹介したママ支援では「仕事をすることができる環境サポート」に力をいれていましたが、40代ママのための支援は「ブランクがあっても安心して社会復帰できる制度づくり」といえるでしょう。

具体的には、ブランクがあっても安心して仕事復帰できるビジネスマナー総復習講座や、社会から離れている間に忘れてしまっているOAスキルの振り返り講座や、バージョンアップしたソフトなどにも対応できる研修制度を設けています。

こういった研修を受けながら、最初は時短勤務が可能なお仕事と組み合わせつつ、社会復帰を見据えて活動できるよう、制度を整えているのです。

「付き合いやすそうなタイプ」であることをアピールすることが大事

このように、社会復帰へのサポートが整っていたとしても、採用してもらえなければ仕事をスタートさせることはできません。では、どうすれば派遣スタッフとして採用されやすいのでしょうか。

やはり、自分が40代であり、20代、30代の上司や社員からすると指示をしにくい存在であるということを理解することが大切です。「どうすれば、年下の上司や社員に指示を出しやすいと思ってもらえるか」ということを、考えてみましょう。

そのためには、年齢にかかわらず、謙虚な姿勢を見せることが大切なのではないでしょうか。年齢が上だから、とそれだけで偉そうにしてしまうことなく、いつでも出された指示にきちんと答え、丁寧な仕事をする姿勢を見せることで「この派遣スタッフは、仕事を頼みやすい」と認識してもらうことができるようになります。

一度、そうなってしまえば話は早いもの。年齢や経験におごることなく、誠実に、丁寧に仕事ができるスタッフという印象がついてしまえば、お仕事を紹介してもらいやすくなります。

評判というのは恐ろしいものですから、逆に「このスタッフは扱いにくい」と一度イメージがついてしまうと、それを払しょくするのは大変な時間が必要となるのです。そうなってしまわないためにも、謙虚な姿勢を忘れずに、どのような仕事にも丁寧に、実直に取り組むようにしましょう。

また、些細なことのようですが、きれいめな服装を心掛け、笑顔で対応することを心掛けることも大切です。年齢が重なると、近寄りがたいイメージもつきやすいもの。

そうなってしまわないように、周囲の人が話しかけやすいような明るい雰囲気を身にまとうことも、派遣として仕事をするためのコツといえます。

挨拶を自分からきちんとすること、笑顔で対応すること、と書き出してみると小さな事のようですが、それだけで印象は大きく変わります。

子育ての一段落した40代というのは、さまざまな経験を積んでいる分さまざまな物事に柔軟に対応することができ、また責任感を持って仕事をしてくれる年代でもあります。ただ一つ、問題として浮上するのが「近寄りがたさ」「指示の出しにくさ」なのです。

このふたつをクリアにしてしまえば、40代女性は派遣会社にとっても、派遣先企業にとっても心強いパートナーとなり得ます。そして、そういった印象は、自分の心がけ次第で変えることができるもの。上手に自分を演出することも、処世術のひとつであることを覚えましょう。

今注目の「ミドル派遣」

「ミドル派遣」という言葉を聞いたことはありますか?言葉の通り、中高年、ミドル世代の派遣ということです。最近では、ミドル派遣に特化している派遣会社なども誕生し、社会全体がミドル世代も活躍することができる仕組みづくりに力を入れています。

ミドル派遣に力を入れている派遣会社では、ビジネスの基礎について振り返る研修や、ビジネスマナーのチェック講座、OAスキルの振り返り講座などを展開。そのほかにも、今後のキャリアビジョンについて相談できるキャリアカウンセリングや、キャリア形成講座、キャリアデザインセミナーなどを行っています。

40代にもなると、一時的に仕事をするというよりも、人生において仕事というものがどういった存在であり、今後どうなっていきたいか明確なビジョンを持つ必要に迫られるもの。そういったものを、派遣会社の研修や講座を活用しながら明確にしていくことができるというのは、ありがたいですよね。

「もう40代だから」と、仕事を諦める時代ではもうありません。正直なところ今現在は過渡期であり、環境がしっかりと整備されているとは言い切れません。ですが、社会全体の流れとして、さまざまな条件でも仕事ができるよう環境を整備し、一億総活躍社会を目指す仕組みづくりが進んでいます。

そういった流れに乗って、仕事をスタートさせるにはいいタイミングといえるでしょう。もし、ミドル世代で仕事をしたいと考えているなら、思いきって最初の一歩を踏み出してみることをおすすめします。

50代で派遣の仕事が決まらない人の問題点と改善点

最後に、50代で派遣の仕事が決まらない人はどのような人なのか、そしてどういった問題があるかを見ていきます。

50代で派遣の仕事をしたいと考えている人にどのような人がいるかと言うと、早期退職をして自分の時間を大切にしながらお金も稼ぎたいと割り切っている人や、派遣として仕事を続けてきて、プライベートと仕事のバランスをとってきた人など、さまざまでしょう。

50代ともなると、これまでのキャリアに基づいた知識やスキルを活かした働き方をしたい人、もしくは責任のそれほど大きくないオフィスワークなどをしながら、ある程度収入が欲しい人どちらかのケースが多くなります。

専門スキルや知識を活かして派遣の仕事をしたい人は、スキルがありますから比較的仕事に就きやすいといえるでしょう。

「会社員として仕事をすると負荷がかかりすぎるけれど、仕事としてはやりがいが大きいから派遣というスタイルで継続したい」「プライベートも大切にしたい」そんな思いから、派遣という働き方にシフトする方も多いようです。では、50代で派遣の仕事がなかなか決まらないという人には、どのような問題点があるのでしょうか。

謙虚さを忘れてはいけない

50代、経験も知識もそれなりに身に着けてきたとなると、どうしてもその部分を強みとしたいと考えるケースが目立ちます。

派遣スタッフは、派遣先企業のスタッフの指示を受けて仕事をするのが、その役割です。それなのに、派遣先企業のスタッフよりも偉そうにしてしまったり、万が一間違いがあったりしたときにも強く指摘してしまうと、派遣先企業のスタッフとしてはもちろん面白くありません。

いざ契約更新のタイミングで、そのスタッフを継続して雇用したいと思うでしょうか。それはなかなか難しい、というのが現実といえるのではないでしょうか。間違いを正してもらうことは、派遣先企業にとってももちろんありがたいこと。

それでも、派遣スタッフにミスを指摘されては立場がないと考える派遣先企業の社員もいるということを忘れてはいけません。ですから、相手に注意をして、間違いを指摘する時こそ、柔らかな物腰を心掛けることが大切なのです。

こちらとしては普通に話をしているつもりなのに「指摘された」「注意された」と感じられてしまっては、困りますよね。間違いを指摘することは、正しいことです。ただ、関係性を考えた時にどちらの年齢が上かではなく、立場が上なのかを考えて行動するようにしましょう。

「素晴らしいキャリアを持っている方だとは思いますが、当社には合わない」という断られ方をする方がいるのも、この年代の特徴です。キャリアが逆に邪魔になって、仕事に就けないなんて、皮肉ですよね。柔らかな物腰、謙虚な姿勢を示すことは非常に重要であることを理解し、行動するようにしましょう。

また、50代ともなると寄る年波には勝てず、どうしても体力的な衰えを感じるようになります。そうなると、業種や職種によっては仕事がなかなか見つからない世代に突入するともいえるかもしれません。

体のことも考えつつ、自分が築いてきたキャリアを活かした働き方をするのも一つの方法でしょう。まったく違う畑ねの仕事にチャレンジするというのも、一つの考え方です。
新人として職場に入るというのも、新鮮でいいかもしれません。

「シニア派遣」としてイキイキ活躍しよう!

ミドル派遣と同様に、注目を集めている「シニア派遣」。50代以上のシニア世代が、派遣として仕事をすることを「シニア派遣」といいます。シニア派遣というスタイルは、終身雇用、年功序列の時代も終わり、新たなる働き方として注目をあつめているうちの、選択肢の一つということができるでしょう。

まだまだ現役で活躍することができるシニア世代。そのマンパワーを余すところなく発揮することで、社会の役にも立ち、収入にもつながるとなれば一石二鳥ではないでしょうか。

「人生100年」と言われる時代を迎えようとしています。シニア世代は、まだまだ現役として活躍することができる気力、体力、そしてスキルやキャリアがあります。

定年という文字が視野に入る世代になり、バリバリ仕事をすることが難しいような家庭状況があり、プライベートを大切にしたいという考えが生まれてきたとしても、時間に融通が利く派遣という働き方なら仕事を継続することができるかもしれません。自分にあった働き方を、ぜひ見つけてくださいね。

まとめ:結局、派遣の仕事がすぐ決まる人になるためにはどうすればいいのか?

派遣として仕事をスタートさせたいけれど、なかなか仕事が決まらない場合、どのようなことに気を付けるべきかを考えてきました。さまざまな年代に、それぞれの事情があります。

ですが、事情はさておき根底に流れていることは「派遣スタッフである」という自覚に尽きるのではないでしょうか。「自分は、緊急性を持つ欠員を埋めるための人材である」ということを認識し、スキルをしっかりと発揮すること。

自分は派遣という立場であることを忘れずに、謙虚な姿勢を忘れないこと。一緒に仕事をする人たちが、気持ちよく働けるように心がけること。このように書き出してみると、ごく当たり前のことばかりです。

ですが、こういったことをしっかりと心にとめて仕事をしているかどうかで、自分の気持ちも大きく変わってきます。「派遣として仕事ができていること」に日々感謝し、ともに仕事をしてくれる仲間を大切にすること。

そんな些細なことを、と思われるかもしれません。でも、そういった気持ちをもって仕事に取り組むことができるかどうかというのは、派遣会社の方にも伝わるのではないでしょうか。
おごることなく、謙虚な気持ちで日々仕事に取り組み、話しかけやすいフレンドリーで明るい雰囲気をまとっている人なら、ぜひ派遣として活躍し続けてほしいと考えるもの。

派遣会社のスタッフも、派遣先企業のスタッフも「人間」です。人である以上、人とかかわりを持った時にさまざまな感情が生まれます。その感情がポジティブなものか、ネガティブなものかというのは、派遣の仕事がすぐに決まるかどうかを左右するほどの重要なポイントともいえるのではないでしょうか。

派遣の仕事が絶えることなく継続して決まっていく人は、そういったことを本能的に理解し、たゆまぬ努力を続けている人ではないでしょうか。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加