プログラマーの人材派遣会社登録と求人の詳細

> 職種別の派遣求人 > プログラマーの人材派遣会社登録と求人

プログラマーの人材派遣会社登録と求人

パソコンやスマートフォン、エアコン、テレビ、自動車、テレビゲームなど、ありとあらゆる電子機器に組み込まれているプログラム。

その開発業務を担っているのが、「プログラマー」です。

IT業界は、基本的にプロジェクト単位で動いているため、契約期間が設定でき、かつ即戦力となる派遣スタッフは、企業側からするととても魅力的な存在です。

今回は、そんなプログラマー派遣について解説していきます。

プログラマー派遣の仕事内容

派遣プログラマーの仕事は、SE(システムエンジニア)が設計したシステムを、実際に作ることです。

クライアントに注文を受け、プログラミング言語を使って要望に沿ったプログラミングを書き、時にはクライアント先と打ち合わせや進捗情報の確認をしながら作り上げて納品する「受託開発」。そして、自社で企画開発から販売までを行う「自社開発」の2種類があります。

作るものは、金融システム、物流システム、医療系システム、広告管理システム、企業の経理システム、飲食店のサイト開発など実にさまざまです。

プログラマーは、プログラムを組んで終わりというわけではなく、使用上の不備(バグ)がないかどうか、確認するテストを何度も行って、不具合を修正していくのも重要な仕事のひとつになります。

プログラマー派遣は未経験者でも働くことは可能なの?

正社員の場合、教育しながら人材を育てていくことがあります。しかし派遣の場合、「今、この案件を納期に間に合わせるために必要な人員」というように、その時期に必要な即戦力を求めて企業は派遣会社に人材派遣を依頼します。

そのため、「未経験OK」の求人は基本的にはほとんどありません。

「未経験だから、派遣でキャリアを積んでステップアップを」というやり方ができるオフィスワークと違い、プログラマーに関しては逆に未経験の場合、派遣の仕事をすること自体が難しくなるのです。

ただ、紹介予定派遣のように、将来的に正社員や契約社員などの正規雇用として採用する場合は、未経験であってもプログラマーの素質のある人が採用されるケースもあります。

また、プログラミングを専門的に学ぶ大学や専門学校を卒業していたり、仕事に直結する資格をもっていたり、その会社が必要としている専門分野の知識があったりする場合は、実務経験がないとしても採用される可能性は大いにあります。

プログラマーが派遣で働くのに役立つ資格やスキル

派遣でプログラマーとして働くために、必要な資格やスキルにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

基本情報技術者試験

プログラミング業務に携わるなら、まず挑戦しておきたいのは、国家資格である「基本情報技術者試験」です。システム開発を行うにあたり基本となる知識、実践的な必要スキルがあるかどうかを証明することができます。

プログラミング検定資格

「Java」や「C言語」などプログラミング言語は、1つでも多くマスターしておいた方が、仕事の幅が確実に広がります。また、言語は日々改定され、新しいものが次々と出てくるため、常に学び続けることが大切です。

特定の専門分野の知識

プログラミング以外の専門知識が、仕事をする際に役立つことも多々あります。例えば、大学で薬学を選考していた場合、薬品や医療に関するシステムの仕事に携われることがあります。また、統計学を専攻していた方は、ビッグデータの解析分野で活躍できる道も開けます。

専門性の高い得意分野があると、それに関わる仕事に就いた際に時給アップの可能性が開けます。

コミュニケーションスキル

プログラマーというと、ひたすらパソコンに向かい、もくもくと仕事をしているイメージがありますが、実は非常にチームワークを要する仕事です。そのため、プログラマーにとってコミュニケーションスキルの高さはとても重要です。

プロジェクトは基本的にチーム単位で進行するため、SEや他のメンバーと連携してやりとりできる協調性、自分が考えていることや行っていることをチームに伝える力、そして、分からないことをしっかり聞ける質問力を持っていることは、円滑に仕事を進めていくうえで欠かせないスキルになるのです。

柔軟な対応力

さまざまな仕様変更やバグ対応も、プログラマーには日常茶飯事です。クライアントからの急な要望に応える、想定外の出来事が起こった時に冷静な対応できる、などのスキルは、プログラマーとして働くうえでとても重要なポイントになります。

プログラマーが派遣で働くメリット

プログラマーが正社員ではなく、派遣として働くことにはどのようなメリットがあるのでしょう。

残業が比較的少ない

派遣でプログラマーの仕事をする最大のメリットは、生活のオンとオフがつけやすい点です。

一般的にプログラマーは残業が多く、納期近くになると深夜まで仕事をすることや、土日祝日出勤も少なくありません。しかし、派遣の場合は定時ピッタリとは言わないまでも、連日終電まで仕事をする、といった極端な残業は少ないでしょう。

…というのも、派遣は完全時給制であるため、残業をさせればその分の時給を支払う必要があるからです。その上、1日8時間以上の労働であれば25%増し、22時〜翌朝5時までの残業であれば50%増しの時給になってしまいます。

こういった事情があるため、派遣先企業としても気軽に残業を頼めず、正社員よりも派遣のほうが規則正しい生活を送ることができます。これは、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

大手企業で働ける

もう1つのメリットは、正社員として入社するにはとてもハードルが高い大手有名企業に勤務できることです。

これは、ただ単に誰もが知っている企業で活躍できるという点が魅力的なのではありません。大手有名企業で扱われている案件に自分も関わる中、技術の最前線を間近に見て、学ぶことができるのです。

こういった経験はスキルアップにつながり、派遣先の選択肢はさらに広がっていきます。これは、プログラマーが派遣として働く大きな魅力と言えるでしょう。

また、一緒に仕事をするメンバーが非常に優秀だというのも、大きな刺激となります。常に新しい技術にアンテナを張り、勉強を続けているスタッフと一緒にプロジェクトに取り組むことは、非常に学ぶものが多いものなのです。

プログラマーが派遣で働くデメリット

プログラマーとして仕事をしていくことのデメリットとしては、正社員とは違い、ステップアップが難しい点があげられます。

正社員の場合、プロジェクトの後半部分であるプログラミングの現場を経験したのち、徐々にプロジェクトの方向性を決定したり、クライアントと商談を行ったり、メンバーのマネージメントを行うリーダーポジションを経験し、SEへとステップアップするケースが多くなります。

また、正社員の場合、SEの仕事との線引きが曖昧なケースも多く、プログラマーでありながら、仕様書の作成から着手できる場合もあります。

しかし、派遣プログラマーとしてプロジェクトに参加する場合は、SEの仕事とはきっちりと分けられていることがほとんどで、与えられた業務だけを正確にこなすことを求められています。

そのため、将来的にSEを目指したいと方にとっては、あまり向いている就労スタイルではありません。

プログラマー派遣の給料の相場と福利厚生

それでは、派遣でプログラマーをする際の時給はどれくらいなのか、また福利厚生はどのようになっているかを見ていきましょう。

時給はあらゆる職種の中でも高め

プログラマーの時給は、安いものでも1600円ほど、高い場合は3,000円以上という案件もあります。他業種に派遣に比べてかなり高額な時給と言えるでしょう。

これは、プログラマーを社内に常時確保しておくよりも、繁忙期に必要な人数だけ優秀な派遣スタッフを雇った方が、人件費が安くすむという企業側の考えがあるからです。

そのため、納品後は1度契約を終了し、次の案件が発生したら、再度募集をかけるというスタイルで派遣スタッフを活用している企業が多くみられます。

ただ時給に関しては、同じ派遣であっても職種によってかなり左右されます。

評価やテスターは1600円程度、Webプログラマーは2000〜2500円、オープン系の社内SEやネットワークエンジニアは3000円というのが相場です。

上流工程(リーダーポジション)に近ければ近いほど仕事は難しくなるため、時給も上がるというシステムになっています。

資格取得のために利用したい福利厚生も豊富

福利厚生については、企業ではなく派遣会社のものを利用することになります。

プログラマーは勤務日数や週の労働時間がフルタイムの正社員とほぼ変わらないことが多いので、健康保険・雇用保険、厚生年金保険などの社会保険に入る条件は十分に満たしているケースがほとんどです。一定期間勤務すれば有給休暇をとることもできます。

また、IT系に特化した派遣会社の場合、講習会や研修、資格取得サポートなど、プログラマーとして仕事をしていくうえで必要な研修制度が充実しているので、ぜひ利用しましょう。派遣として仕事を続ける場合、スキルアップや資格取得は、給与に直結します。

大手派遣会社であれば、年1回の健康診断、スポーツクラブやレストラン、レジャー施設などの割引優待サービスを利用できる場合も。

「オンとオフを大切にしたい」という理由で派遣を選んでいる方にとっては、魅力的なものと言えるでしょう。上手に活用し、リフレッシュしながら仕事を充実させていけるといいですね。

プログラマー派遣で短期間だけ働きたい方におすすめの仕事内容

プログラマーの求人の中には、2ヶ月前後の短期の求人も多くあります。これは、納期が迫っているプロジェクトを担当する業務であるケースが多いようです。

ソフトウェア開発、スマホアプリケーション開発、社内ツール開発、ネット決済サービスシステム開発、サイトリニューアルのためのWeb開発など、求人の内容もさまざまです。

納期がタイトである場合、残業が多いケースもありますが、ピンポイントでしっかり稼ぎたい方にはおすすめです。

ゲームのプログラマーの派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

企画や仕様書をもとに、ゲームが動くように構成するのがゲームプログラマーの仕事。キャラクターの動きやBGM、サウンド設定、エフェクト、システム構築までのすべてをプログラムします。それでは、ゲームプログラマー求人を扱う人材派遣会社をご紹介します。

株式会社コンフィデンス

ゲームプログラマーに強い人材派遣会社であるコンフィデンスでは、ゲームでバックの受託事業を展開しています。

これは、キャリアの浅いプログラマー志望者にも自社デバック拠点を経験することで、それをキャリアとして派遣先企業に評価してもらえるよう考案されたシステムです。ゲーム業界の未来を担いたい、そんな志のあるスタッフが集う会社です。

イマジカデジタルスケープ

東京と大阪を中心に、クリエイティブ業界専門の派遣・正社員向け総合人材サービスを行っている会社です。

テクニカルスキルだけでなく、職務スキル、ヒューマンスキルの3方面から分析し、最適な仕事の紹介をしています。

求人数は決して多くはありませんが、大手ゲームメーカーのグループ会社が手がけるスマートフォンのアプリ開発やアーケードゲーム、コンシューマーゲーム開発に携われる案件を扱っています。

シリコンスタジオエージェント

ゲーム・映像業界に特化した人材派遣会社です。特にゲーム業界においては大手から新興企業まで、数多くの企業との取引があるため、質の良い求人を提供することができます。

家庭用ゲームの受託開発、オンラインゲームのサーバープログラム開発から運用などの求人を扱っており、1人ひとりにキャリアプランを提供しながら最適な仕事を紹介しています。

例えば、派遣の仕事を1年ほど経験したのち、正社員にキャリアアップできるような道も開かれています。

Webプログラマーの派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

インターネットショッピングサイト、ブログサービス、アンケートフォームなど、表には見えないけれど、ユーザーの要求に対して正確に対応する、綿密に組まれたプログラムというものが存在します。

そういったものを作成するのが、Webプログラマーの仕事です。それでは、Webプログラマーの派遣求人に強い派遣会社をご紹介しましょう。

パソナテック

Web業界に強くWebプログラマー案件を多く取り扱う派遣会社です。

パソナテックのサイトはIT、ものづくりを60の職種に細分化しているため、自分の希望職種を見つけやすいつくりとなっています。スキルアップ研修制度も充実しており、各種資格支援制度も。上手に活用することで、さらなる飛躍を目指せる環境があります。

ブレーンゲート

主に東京・千葉・埼玉・神奈川の首都圏の求人を扱うIT専門の派遣会社です。

大手メーカーとの取引も多いため、大きなプロジェクトに参賀することも可能です。また、IT業界に詳しい経験豊富なコーディネーターのアドバイスを受けられるほか、スキルアップ・キャリアアップに役立つ研修を受けることも可能です。

パーソルテクノロジースタッフ

テンプスタッフテクノロジーとインテリジェンス派遣が統合した、国内最大級のエンジニア・ウェブ・IT分野に特化した人材派遣会社です。

パーソルテクノロジースタッフは、企業からの信頼が厚いため、中・上級者向けの求人が多く、そのため時給も他の派遣会社に比べ非常に高くなっています。

また、紹介予定派遣の求人も多いため、将来は正社員や契約社員として働きたいと言う方にもオススメの派遣会社です。

派遣プログラマーと正社員プログラマーの違い

最後に、派遣プログラマーと正社員プログラマーの違いについて、見ていきましょう。

1つめは、任される仕事が違うという点です。正社員は仕様書の作成まで手掛けることもありますが、派遣の場合はまずありません。仕様書にそってプログラミングするのが仕事となります。

これをどのように受け取るかは、その人次第と言えるでしょう。「もっと上流工程から仕事をしたい!」と思うなら、正社員を目指すことをおすすめします。

「プログラミングがとにかく好きで、これを一生の仕事にしたい」「プログラミングさえできればいい」という方にとっては、責任の重い仕事を任されることもなく、大好きなプログラミングを毎日できる派遣プログラマーという仕事は、非常に魅力的なものとなります。

派遣は期間限定、正社員は基本的にずっとその職場で仕事をすることになります。

プロジェクトをしっかりとこなす達成感が好きな場合は派遣プログラマーを、もっと何かできないかとどん欲に追及したい人には正社員プログラマーが向いていると言えるかもしれません。

「派遣プログラマー」「正社員プログラマー」それぞれに良さがあります。自分はどのようなスタイルで仕事をしたいのか、よく考えてみることをおすすめします。

まとめ

プログラマーの仕事をしたい方が派遣会社を選ぶ際には、1つ注意点があります。

それは、IT系に強くない派遣会社の場合、業務内容を担当者が的確に理解できておらず、あなたの希望がうまく伝わらなかったり、本当にやりたい仕事ができないといったミスマッチが起こる可能性があること。

ですから、IT業界に強く、業務についても理解ある派遣会社を選ぶことがとても重要です。

プログラマーは、能力や経験がすぐに仕事に直結し、時給にも反映するというメリットがあります。そのため、経験を積めば積むほどさらにスキルアップでき、高収入を得ることができます。

また、自分がプログラミングしたものが形になって実際に利用され、誰かの役に立つことは何ものにも代えがたいやりがいとなるでしょう。

ぜひ、派遣という制度をうまく利用してスキルを上げ、充実したエンジニアライフを送ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド