営業職の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 営業職の人材派遣会社登録と求人情報

営業職の人材派遣会社登録と求人情報

近年、営業職の派遣求人が急増しています。また、営業職を希望して派遣登録する方も増え続けています。「派遣が営業?」と、イメージがつきにくい方もいらっしゃると思いますが、今回は最近注目の働き方「営業職派遣」について、徹底調査してみます。

営業職の派遣の仕事内容

「営業」と一口に言っても、さまざまなものがあることをご存知ですか?企画営業、法人向け新規開拓営業、個人向けの新規開拓営業、ラウンダー営業、ルートセールスなど、営業のお仕事について、具体的にその業務内容を見ていきましょう。

企画営業

企画営業は、販売促進企画をクライアントに対して提案することがメインの業務となります。クライアントのニーズを読み取り、反響や売り上げアップに導く仕事です。従来の営業とは違い、新規開拓をし、新しい発想で市場にアプローチする仕事と言うことが出来るでしょう。食品・旅行業界におけるキャンペーン企画なども、そのひとつ。企画力を持ち、交渉力を発揮することが期待される仕事です。

法人向け新規開拓営業

法人向けに向けてサービスや製品を紹介し、契約や商品導入を勧める仕事です。「新規開拓」というと、大変そうなイメージがあるかもしれませんが、自分たちが自信を持ってリリースした商品を、世の中に浸透させるポジティブな仕事と言えるでしょう。広告代理店や出版社の広告営業などが、そのひとつとなります。営業力、行動力が売り上げに直結しやすく、営業成績はインセンティブとして収入アップにも直結するため、モチベーションにつながりやすい仕事です。

個人向け新規開拓営業

法人同様に、個人に向けて自社のサービスや製品を紹介し、契約や商品の購入を勧める仕事です。ケーブルテレビ局や通信会社などが行っている個人向け多チャンネル放送やブロードバンドサービスの加入促進活動などが、そのひとつです。こちらも営業成績がインセンティブとして収入アップにつながります。

ルートセールス

ルートセールスは新規開拓とは違い、既存の取引先に対して行う定期的なフォロー営業、巡回営業を行います。オフィス機器メーカーなどは定期的に巡回し、事務用品の補充や受注を行っていますよね。また、保険会社も定期的に顧客のもとを回り、継続に向けてのフォローをおこなぅっています。瞬発力や勢いも大切な新規開拓とは違い、お客様とじっくり信頼関係を築きながらコミュニケーション能力、営業力を発揮するのが仕事となります。

ラウンダー営業

ラウンダー営業とは、家電量販店や百貨店などの担当店舗をラウンディングし売り場のディスプレイ提案や変更、販売員のフォローや商品売上動向チェックなどを行い、売り上げ拡大のためにさまざまな工夫を行う仕事です。売り上げ拡大を目指したリサーチ活動では、お客様の動向を把握するべく売り場に立ち、お客様の動向を見ながらディスプレイを変更したり、キャンペーン企画など、売り上げ拡大を目指す仕事です。

営業には、さまざまな種類があることを、ご理解いただけたでしょうか。企業の事業戦略を細分化し、現場で具体化及び実現する大切な役割を担っているのが営業です。営業先によって、客先も当然変わってきます。企業相手の場合や、個人宅を回る場合、売り場を回宇場合などさまざまです。誰を相手に、どのようなものを取り扱うかで、営業の仕事の仕方も大きく変わってきます。柔軟かつ迅速に対応できる能力が、営業には必要不可欠です。

では、このなかでどのような仕事が営業職派遣には多いのでしょうか。アクティブに動ける男性が、そのバイタリティを活かしてセールスプロモーション活動を専門に行う企画営業で多く活躍しています。また、人と人とのつながりを大切にし、信頼関係を構築することに長けている傾向が強い女性が、ルートラウンダーなどの分野で多数活躍しています。

営業職の派遣は未経験者でも働くことは可能なのか?

営業職の派遣は、未経験からでも仕事に就くことは可能なのでしょうか。先ほど述べたように、営業の中にも種類が存在します。その種類を選べば、未経験でも採用されやすいと言うことができるようです。例えば、新規開拓やラウンダー営業は、本人のモチベーションが何よりも重要となってきますから「やる気があります!」としっかりアピールすることで、未経験でも採用されることがあります。また、営業は未経験であったとしても、販売や接客の仕事経験があれば、お客様相手にきめ細やかなサポートをすることができるとアピールにつながることも。上手に経験ややる気を伝えて、採用を目指しましょう。

それでもどうしてもなかなか採用されない場合は、一度短期の新規開拓営業などの仕事にチャレンジし、キャリアを得てから「営業経験者」として応募するという方法もあります。

営業職の派遣で働くメリット

「営業の仕事を極めたい」そのような思いから、敢えて派遣というワークスタイルを選ぶ方もいらっしゃいます。取り扱う製品やサービスに関らず、そして業界問わず自分の営業力で成績を伸ばしてみたい――そんなチャレンジをするために、派遣という形で仕事を続けるのだとか。ある意味ストイックな働き方ですが「営業職を極める」という意味では、派遣というのは非常に魅力的な働き方と言えるのかも知れません。多種多様な業界を経験し、さまざまなスタイルの営業を行うことで、営業力は格段にアップしていきます。自分自身の営業スキルを最大限に伸ばしたい――そんな方に、営業職の派遣という働き方はとても大きなメリットをもたらしてくれるのです。

また、派遣の場合、将来的に正社員を目指しているなら、紹介予定派遣というスタイルで就業することも可能です。営業スキルというものは、面接ではなかなか判断しにくいもの。また、明確な形の資格として残るものもなく、今までの営業成績を実績にするとしても、時代の流れなどもありますから、それがどの程度通用するかも分かりにくい面があります。そこで、実際に派遣営業としてその会社で仕事をしながら、自分の仕事ぶりを見てもらい、そして自分自身も「この会社で仕事をしていきたいか」をよく検討することが可能な紹介予定派遣というスタイルを取る企業が増えています。紹介予定派遣を導入することで、入社後のミスマッチを防ぐことが可能となるのです。この場合は、通常3ヶ月、最大で6ヶ月の派遣期間を経て、契約終了時に派遣スタッフと企業双方が合意した場合は「正社員」として採用されるというスタイルが一般的となります。

派遣の場合、新卒の就職活動ではとても狭き門だった大手企業や有名企業、外資系企業などの案件が充実しています。そういった企業に正社員として入社することができるチャンスを、派遣としてなら手に入れることができるのです。企業側としても、その人物をよく知ってから採用することが出来るため、安心感が違います。こういった制度を上手に利用することで、正社員への道も開けることができるのが「派遣」という働き方の最大のメリットと言えるでしょう。

営業職の派遣で働くデメリット

営業職の派遣として働くデメリットは、あまりありません。ただ、もし挙げるとするならば、正社員の場合は売り上げが好調な時期にはインセンティブが出たり、賞与に反映されることがあります。こういったことが、派遣には残念ながらありません。これは、デメリットと言うことも出来るでしょう。でも、その分営業職ならではの接待や飲み会がマストではないため、仕事だけに注力したい人にはやはり魅力的な働き方と言えます。

営業職の派遣の給料相場や福利厚生制度

営業派遣の場合、給与の相場はどのくらいなのか見ていきましょう。営業派遣のお仕事は、大体1700円程度が平均となっています。これは、比較的高めの設定と言うことができるでしょう。なぜ、派遣の営業職が重宝されているのでしょうか。それには、いくつかの理由があります。まず、派遣の営業職は、ある程度仕事が出来ることが見込まれているという点が挙げられます。派遣会社も、まったくの素人を営業として派遣するようなことは、会社の信用問題にも関わりますから、行いません。となると、前職で経験があったり、派遣会社で一定の研修を受けたりしていて、派遣会社としても「この営業は仕事ができる」と太鼓判を押した人材を、派遣先企業に紹介することになります。この時点で、派遣先企業としては、かなりのコストカットができているのです。自社で募集を掛け、採用プロセスを経て入社した人材を、イチから活躍できる営業にまで育て上げるには、それなりの時間と労力、そしてコストがかかります。即戦力として活躍してくれる派遣の営業というのは、派遣先企業にとって非常にありがたい存在なのです。そういった理由から、派遣の営業は時給が高めに設定されています。

次に、福利厚生について見ていきましょう。派遣スタッフは、派遣先企業の福利厚生ではなく、派遣会社の福利厚生を利用することになります。派遣会社は、それなりの規模を誇る会社が多く、中小企業以上の福利厚生を利用できることが多くあります。派遣の仕事は体が資本という部分もありますから、健康管理のために健康診断を受けたり、提携先のジムに通って体力づくりに励むスタッフも多くいます。他の職種と比べても、営業は体力面のメンテナンスも重要ですから、活用できる福利厚生はしっかり利用するようにしましょう。そのほかにも、ホテルやテーマパークの優待利用なども利用できます。そして、特徴的なのが「人材派遣」という「人」を扱う会社だからこそ、充実している研修制度です。営業派遣の案件が充実している派遣会社では、営業研修なども積極的に行っています。基礎コースが終わると、提案型やプレゼンテーション型など、さまざまなスタイルの研修を受講可能となり、スキルアップしていくことができるのです。せっかく「派遣」という形で仕事をしているのですから、研修を活用し、スキルアップ、キャリアアップにつなげるようにすることをおすすめします。

営業職の派遣で働くうえで役立つスキル

営業のお仕事は「人間」を相手にしたものです。法人相手であったとしても、個人相手であったとしても、そこには人が存在します。「自社のサービスで、クライアントの抱えている問題を改善したい」「私たちの製品で、お客様の困っていることを解決したい」そんな思いを持って仕事をするのが、営業です。そのような仕事ですから、コミュニケーション能力が必須スキルと言えるでしょう。人とコミュニケーションを図るのが好きで、信頼関係を構築することが得意な方であれば、営業の仕事はその特性を発揮し、活躍できる仕事と言えるでしょう。また、お客様のニーズを引き出し、それに対応する提案をするために提案力、プレゼン力、ヒアリング力も重要です。ただ、不思議なことにトークが抜群に上手なら営業として活躍できるかと言うと、必ずしもそうではありません。製品知識を豊富に持っていたり、お客様の心に寄り添うようなフォローが出来ることが強みとなって、活躍されているケースも多くあります。お客様のニーズをしっかりと把握し、的確にそれに対応する提案をすることが出来れば、信頼関係を構築することが可能なのです。

正社員と派遣の営業は何が違う?

正社員と派遣の営業の違い、それは「どこに所属しているか」ということが挙げられます。正社員の場合、もちろん企業の一員として所属し、その企業のサービスや製品をお客様に知っていただき、導入していただくことが仕事となります。自社の製品やサービスを取り扱うため、当たり前のことではありますが、当事者意識を高く持って仕事に取り組むことができるでしょう。それに対して派遣の場合は、派遣会社に登録し、派遣先企業に「派遣の営業」として就労することになります。となると、そこに温度差がでるのではないかと感じる方も、いらっしゃると思います。ですが、派遣の営業はある意味「営業のスペシャリスト」であることが多いのです。製品やサービスが何であれ、その良さを分析し、お客様にそれを伝えることを何よりものミッションとして考えています。ですから、正社員であっても、派遣であっても、営業職としての志――取り扱う製品の良さを世の中に広く知らしめること――に、変わりはありません。

営業職派遣で短期間だけ働きたい方におすすめの仕事内容

営業職派遣で、短期間だけ仕事をしたい場合には、どのような仕事があるでしょうか。例えば、新サービスや新製品のプロモーションを掛けるタイミングで、スポット的に営業派遣を採用するケースが挙げられます。キャンペーン動員として、短期でお仕事をするにはちょうどいい案件と言えるでしょう。また、季節に合わせて展開するキャンペーンなどの営業スタッフの募集も、よくあります。

営業職の派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

派遣会社にも、得意分野があります。営業職に強い派遣会社には、どのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう。

パソナマーケティング

パソナマーケティングは営業職・販売職に特化した、人材派遣サービスを展開しています。現在、企業からの営業職派遣依頼は急増しています。お仕事をスタートする際の入職時研修や、ビジネス研修なども充実しており、キャリアコンサルティングも充実。「もっと活躍したい」という希望があれば、いくらでもステップアップできる環境が、パソナマーケティングにはあります。パソナグループのインフラを活かした万全の態勢で、派遣ライフをサポートしてくれ会社です。

アデコ

2015年度に、アデコは厚生労働省より優良事業者としてにんていされました。これは、法令を遵守し、派遣スタッフにより良い労働環境を確保し、キャリア形成支援を行ってきた証です。派遣先は大手優良企業や外資系企業、中堅優良企業まで多岐に渡ります。「自分らしく仕事をしたい」そんな希望を叶えるベースが、アデコにはあります。

株式会社アヴァンティスタッフ

みずほ銀行・丸紅が出資している派遣会社で、グループ会社等大手有名・優良企業の案件を多く取り扱っている人材派遣会社です。就業前に、派遣スタッフとしてのマナーや心構えについて、独自の研修施設アヴァンティカレッジで「スタートアップ研修」を実施していますので、ブランクがある方や派遣は初めてという方でも安心してお仕事にトライできます。派遣スタッフのキャリア形成支援にも力を入れている、おすすめの人材派遣会社です。

営業職の派遣がきつくて辞めたい場合はどうすればいい?

「営業職の派遣が厳しい」というのは、どのような状態を指しているのでしょうか。一般的に考えられるのは、ノルマが課せられているケースです。ノルマとは、売り上げのこと。ノルマが課せられてしまうと、精神的にもストレスフルになり、厳しさを感じる方も多くいらっしゃいます。営業ですから、売り上げを出して会社に貢献することは、もちろん大切な仕事です。でも、それで体を壊すようなことがあっては、仕方ありません。派遣のお仕事のメリットは、有期契約であるという点が挙げられます。「3ヶ月」「6ヶ月」と契約期間が定められているため、このままでは継続が厳しいと感じたら、契約更新前の面談で「次は更新しません」と派遣会社のコーディネーターに伝えればいいのです。正社員であれば、あれやこれやと引き留められたリするところかもしれません。ですが、派遣の場合は、この面談で基本的に話は終わります。「派遣は簡単に辞められる」というと、あまり良くないイメージとなってしまいますが、簡単に辞めることも可能だから、少し難しいかなと思うような仕事にお試し的に挑戦することができるという面もあります。それは、派遣の特権ですから、行使して問題ありません。「やっぱり厳しかったな」と感じたら、きちんと契約満了という形で退職しましょう。ごく稀に「後任が決まるまでは続けて欲しい」と依頼されることもありますが、その場合も自分の気持ち次第で返答を決めて構いません。「限界に近いから、延長は難しい」そう感じれば、素直にそう伝えます。後任が決まるまで、どのくらいの期間かを確認の上「そのくらいなら残ってもいい」と感じるようであれば、延長を引き受けるのも一つの方法です。基本的には、今までお世話になってきた派遣会社と派遣先企業からの依頼ですから、余裕がある場合は引き受けることをおすすめします。

一番避けるべきなのは「急病で即日退職したい」という退職の仕方です。これは、社会人として最低限のマナーを守ることが出来ていない、最低な辞め方と言えます。ルールを反故にし、自分の都合で一方的に退職するのですから、派遣会社にも、派遣先企業にも、多大なる迷惑がかかることを理解しましょう。場合によっては、損害賠償を請求されることもあります。そのくらいひどいことをするという自覚を持って、それでも体調のことはどうしようもないと退職を希望するなら、派遣会社に連絡をしましょう。場合によっては、診断書の提出を求めらえることもありますから、そういった場合はきちんと対応することが必要です。派遣スタッフの急な退職は、派遣先企業にとって非常に迷惑なものになります。人手が足りないから派遣スタッフを採用したのに、そのスタッフが急にいなくなってしまっては仕方ありません。派遣先企業が派遣会社に対して叱責し、今後の取引がなくなってしまうことも充分考えられます。あなたの行動が、一つの会社の大口の取引先を失くしてしまうかもしれないということを、充分理解するべきです。

派遣として営業のお仕事をする――これは、なかなか新しいスタイルと言うことが出来るかもしれません。でも、その分これから伸びていく可能性を秘めた領域のお仕事とも言えます。自分らしく仕事をする選択肢のひとつとして、オンとオフのメリハリの効いた生活が実現できる営業派遣という働き方、ぜひ検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド