貿易事務の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 貿易事務の人材派遣会社登録と求人情報

貿易事務の人材派遣会社登録と求人情報

派遣のお仕事のなかでも「貿易事務」は高い人気を誇る職種です。現在、商品卸業や商社といった輸出入に関する業務を行う企業を中心に、ニーズが急増している職種ということが出来るでしょう。「英語力を活かして、世界を舞台に活躍する仕事にチャレンジしてみたい!」「海外経験を、この仕事なら活かせるかも」と考える方も多くいらっしゃいます。今回は、そんな貿易事務のお仕事について、調べてみます。

貿易事務派遣の仕事内容

「貿易事務」と聞くと、英語を使ってグローバルに活躍できる仕事というイメージがある方も多いのではないでしょうか。貿易事務は、海外と日本の間で行われている輸出・輸入取引に関する事務処理を担当する仕事です。国と国との間でサービスや商品、技術の売買が行われる取引を「貿易」と言います。貿易事務はこういったやりとりを円滑に行うことができるよう、さまざまな手配をしたり、均衡を取るお仕事です。英語ベースで仕事が展開するのが一般的で、文化や法律の違いなども理解しながら、お仕事に取り組む必要があります。英文書類を作成することやチェックすることも多く、正確さとスピードが求められる仕事です。また、輸出に関する仕事か、輸入に関する仕事かで、業務内容が変わってきます。例えば、輸出の場合は海外向けの輸出書類作成、通関や運送手配、通関業者や船会社とのやり取りなどをメインに行います。輸入の場合は海外から届けられる貿易書類の確認、通関や運送手配、貨物納入の管理、関税や消費税納付などを担当します。このように、幅広い業務内容を担当するため、多種多様なスキルを身に着けることができる仕事と言えるでしょう。輸入先や輸出先の企業を始め、社内・社外のさまざまな部門とやりとりをすることが求められるため、高いコミュニケーション能力が求められます。また、スケジュールや納期の管理も、大切な仕事です。

もう一つの特色として、一般事務や営業事務などさまざまな事務関連のお仕事の中で、貿易事務はさまざまな資格が設定されている点も挙げられるでしょう。貿易実務検定や通関士、航空貨物取扱士や安全保障輸出管理実務能力認定試験など、資格を取得していくことで着実にスキルアップを図ることができます。さらに派遣の場合、スキルアップは給与に直結します。こういった点も、嬉しいポイントとして挙げられるでしょう。貿易事務で培った経験を活かして、貿易関連資格の中で唯一の国家資格である通関士を取得すれば、貿易事務としての評価も高くなります。特に、海外の工場から製品を仕入れている通関部署のある企業では、活躍することが期待され、高い時給でお仕事をすることも可能です。

貿易事務の派遣は未経験者で資格なしでもお仕事可能なのか?

専門性の高い仕事のイメージが強いため、貿易事務の仕事は未経験や資格のない場合、挑戦しにくいというイメージがある方も多いと思います。でも、実際は未経験でもチャレンジすることが可能です。ただ、仕事柄語学力は必須と言うことが出来るでしょう。仕事内容によって、必要とされる語学レベルも異なります。ですが、英語を用いた仕事ですから、客観的な英語力を証明するためにTOEIC(R)や、英語検定を受験しておくことをおすすめします。また、パソコン操作も基本的なものができることを前提としているため、ワードやエクセルなどのパソコンスキルはマスターしておくことが必要です。その他にも事務スキル、コミュニケーションスキルやビジネススキルが必要となります。未経験でお仕事をスタートしたい場合、先に通関士の資格を取得するというのも一つの方法です。

「チャレンジしてみたいけど、未経験だし、資格取得からスタートするほどの自信がない」という場合は、まず派遣会社に登録に行き、相談してみるのもいいでしょう。貿易事務に特化した派遣会社は、未経験からお仕事をスタートしたい方を対象とした研修を多く設定しています。そういったものを活用し、貿易事務デビューができないか、派遣コーディネーターに相談してみましょう。派遣登録が完了してお仕事を紹介される場合、貿易事務の主な派遣先は商社や船会社、メーカー、非船舶運航業者、海貨業者となります。

貿易事務派遣で役立つスキル

貿易事務の仕事は、タイムマネージメントやコミュニケーションスキルが必要となります。ビジネスにおいて欠かせないヒューマンスキルは、貿易事務から派生して、そのほかの仕事に従事することになったとしても、活かすことのできるもの。輸出入に関わるやり取りが円滑に進められるよう、社内外と円滑にコミュニケーションを図るために必要不可欠なスキルです。英語でのやりとりも当然含まれるため、語学力も高まります。また、輸出入手続きでは、少しの遅れが大きな損失に繋がります。期限を意識しながら段取りをよく考え、効率よく業務を進めるためにはタイムマネジメントスキルが「鍵」となるのです。

貿易事務の派遣で働くメリット

貿易事務の仕事は、職務を遂行する中でコミュニケーションスキルやタイムマネジメントスキルが求められる仕事です。自分の意識次第で仕事を進める中、どのようにしたらより効率的に仕事を進めることが出来るのかをよく考え、専門知識や語学力をブラッシュアップしていくことができる環境にあることが、貿易事務の派遣をするメリットと言えるでしょう。実践を重ねることで専門知識も増え、語学力もアップし、より高度なコミュニケーションスキルを身に着けることができます。また、海外のお客様相手の仕事ですから、トラブルが起きた際には「文化も社会的背景も違う者同士」という貿易事務特有の難しさというものも出てきます。そういった問題を少しでもクリアにするべく、相手国のお祭りや祝日、国際情勢など、細かな情報を入手することも仕事のうちとなりますから、海外事情には強くなるということも、メリットと言えるかもしれません。こういったさまざまな壁を乗り越えてお互いに協力し、海外のお客様から信頼していただくことができ、感謝してもらえた時に大きなやりがいを感じる仕事と言えます。海外のお客様と信頼関係を育み、それが自信につながるというのが、貿易事務として働く最大のメリットと言えるかもしれません。

貿易事務の派遣で働くデメリット

貿易事務のデメリット、というよりは大変な面についてという話になりますが、まず取引先の国によって、さまざまな進め方や時間の流れがあるということを理解することが大変です。自分たちが想定していた通りには話が進まないことも、日常的にあります。そういった場合にも、臨機応変に対応できるようにすることが、貿易事務の大きなミッションと言えるかもしれません。また、どうしても「時差」があるため、相手国の時間に合わせて連絡をしなくてはいけない場合も出てきます。アメリカの場合は、朝早めに出勤して連絡をするか、夜間に残業して電話をするか――という状況に陥ります。これは、貿易事務ならではの大変さ、仕事をする上でのデメリットと言えるかもしれません。

貿易事務派遣の給料相場や福利厚生制度

貿易事務派遣のお仕事をする場合、給与の相場はどのくらいなのでしょうか。まず、未経験の場合は1400円スタートということが多いようです。経験者の場合は1500円くらいからのスタートとなります。これは、一般事務と比べると、200円程度高めの設定となります。やはり、専門性の高い仕事なので、その分時給が高く設定されていると言うことができるでしょう。ただ、ひとつ注意が必要なのが「未経験OK」と記載されていても、その意味合いがさまざまだという点。「業界、業種は未経験OK、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、パソコンスキルは必須」という場合もありますから、きちんと派遣会社の担当コーディネーターに問い合わせるようにしましょう。そして、パソコンスキルがあまりない状態であったり、事務経験もないという場合は、最初から貿易事務の仕事にチャレンジをするのではなく、期間限定でまずは一般事務の仕事をして、経験を重ねるというのもひとつの方法です。事務経験があり、英語力があれば、貿易事務のお仕事もすんなりスタートすることができるでしょう。

次に、福利厚生について見ていきましょう。派遣として働く貿易事務の福利厚生については、派遣先企業の福利厚生を利用するのではなく、派遣会社のものを利用することになります。派遣会社は通常、中小企業以上の規模のところが多いため、かなり充実した福利厚生を利用することが可能です。例えば、健康診断やスポーツジムの優待割引利用であったり、リラクゼーション施設やホテル、レストランなどの優待割引利用などが挙げられます。派遣でお仕事をしていく上で体は資本ですから、健康診断や、健康維持のためのジムなどの福利厚生を活用される方も多くいらっしゃるようです。次に、研修制度について見ていきましょう。貿易事務に特化した派遣会社では、貿易事務職の方がステップアップしていくことができるように、貿易事務の基礎から資格取得までレベル別に学習できる研修システムを用意しているところも多くあります。こういった研修制度を活用し、スキルアップを目指すことが時給アップにもつながります。基本的に派遣会社で行う研修は無料のものが多いので、実際にお仕事をしながら研修を受けるとなると大変な面も出てきますが、上手に活用してスキルアップ・キャリアアップを目指すのもいいでしょう。

貿易事務の派遣は男性でもお仕事可能なのか?

貿易事務の仕事は、事務という仕事柄男性よりも女性が多い職種ということが出来るでしょう。また、どうしても細やかなチェックや丁寧な仕事というのは、男性よりも女性のほうが得意な方が多いという面でも、貿易事務は女性の方が多いと言えます。ただ、一般事務と比較すると貿易事務のほうが専門性のある仕事なので給与は高めに設定されていますし、資格を取得していくとステップアップすることが可能な仕事ですから、男性でも従事している方はいらっしゃいます。また、貿易関連業務のなかでも、通関業者や物流会社の貿易事務のほうが、男性の率は高めです。通関業者の場合は、クライアントである商社は船会社、運送会社との折衝が必要になることもあります。そういった場合は、やはり男性の貿易事務の方がいれば、男性が行うケースが多いようです。このように、仕事内容的に単純なデスクワークのみではなく、貨物のチェックをしたり、検査に立ち合ったりする場合も多くあります。やはり、貿易事務の仕事を男性と女性がしていたら、どうしても「この仕事は男性向き」というものも出てくるということを理解しておきましょう。

貿易事務派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

貿易事務のお仕事は、基本的に長期の案件のほうが多いのが実情です。でも、短期の仕事も探せばありますから、情報を検索する際に「短期」にチェックをしてみるようにしましょう。短期の場合も、備考欄に「長期に切り替える場合もあり」「延長の可能性もあり」という記載があることが多いです。貿易事務の仕事は専門性が高く、また、職場によって文化に違いがかなりある仕事と言えます。そういった理由で、基本的には採用する側としても長いスパンで仕事をしてくれる方を希望するケースが多いようです。

貿易事務求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

派遣会社にも、得意分野やそうではない分野があります。ここでは、貿易事務の派遣求人に強い派遣会社をご紹介します。

商船三井キャリアサポート

貿易・国際物流業界のお仕事充実度トップクラスの商船三井キャリアサポートは、総合海運会社「商船三井」100パーセント出資の人材サービス会社です。貿易講座や語学など、多彩な研修があるので、実務経験がなくても安心してスタートできる環境となっています。貿易資格取得もサポートしており、派遣社員のキャリアアップにも力を入れている派遣会社です。

リバティー株式会社

就業前、就業中を問わずに登録さえしていれば利用可能な研修が充実しているリバティー株式会社。「英語を活かして、海外と関わる仕事をしたい」「貿易事務経験はないから、基礎から学んで資格を取得したい」そんな方たちに、研修の機会が広く開かれているため、スタッフの多くはどんどんとステップアップしています。

キャプラン株式会社

伊藤忠グループの人材派遣会社としてスタートした、キャプラン株式会社。多くの企業で活躍する貿易事務スタッフを多数抱えており、幅広い顧客基盤が強みとなっています。2013年からはパソナグループの一員となり、人材派遣業の基盤がより強固なものとなりました。入社後受講していただく入社後研修のほか、さまざまな専門研修やビジネス研修を開催しており、スタッフが安心してお仕事に挑戦できる環境づくりに力を入れています。

株式会社アヴァンティスタッフ

大手総合商社である丸紅をバックボーンに持つ、人材派遣会社です。貿易事務の案件が、全体の約20パーセントを占めており、派遣先は外資系企業や大手総合商社、丸紅グループ企業での就業実績も多くあります。未経験から貿易事務に挑戦したい方向けの「一日集中!無料貿易実務講座」や、専門知識や実践的なスキルを身に着ける「貿易実践研修」、資格取得を目指す「貿易実務検定C級対策講座」など、充実のスキルアップ研修をご用意。英語力を活かして仕事をしたい――そんなあなたの希望を叶える人材派遣会社です。

貿易事務の仕事は、事務職にしては分かりやすくステップアップできる仕事と言えます。「一生ものの仕事」として選び、長いスパンで経験を重ね、資格取得をしていけば、着実にキャリアアップしていくことが可能です。「海外経験を活かしたい」「英語力を活かしたい」そんな思いがある方に、ぴったりの仕事と言えるでしょう。日本にいながら、世界を相手に活躍する仕事――貿易事務の仕事は、あなたの世界を広げてくれる刺激的な仕事と言えるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド