営業事務の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 営業事務の人材派遣会社登録と求人情報

営業事務の人材派遣会社登録と求人情報

「営業事務」という言葉を、派遣のお仕事を探していると目にする機会がよくあるのではないでしょうか。今回は、営業事務や営業アシスタントのお仕事について、ご紹介します。

営業事務派遣の仕事内容

営業事務派遣とは、企業の営業部門に配属され、その営業活動を細やかにサポートする事務を担当する仕事です。派遣先の営業担当者のサポート役、と言うことができるでしょう。場合によっては、営業に代わってメールや電話でお客様との相談窓口的な役割を担うこともあります。

それでは、営業事務にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。まず、受発注にまつわる見積書や請求書作成、売掛金管理、顧客管理などの仕事を理解していることが、営業事務として仕事をするために必要なスキルとなります。ワード、エクセルは必須スキルです。クライアントにプレゼンテーションを行う資料として、パワーポイントやアクセスを使用して作成することも多くあるため、パワーポイントやアクセスのスキルもできたほうが喜ばれます。また、先ほども述べた通り、営業部門の一員としてのお客様対応も仕事の一部となりますから、コミュニケーションスキルも大切なポイントです。お客様に対する心配りや、クレームや相談にも柔軟に対応するスキルが必要となります。「お客様」という相手があっての仕事ですので、マニュアル通りにいかないことのほうが多いもの。そんな時に、迅速かつ柔軟に対応できるか否かが、営業事務として活躍できるかどうかにかかってきます。担当する作業量が多いため、物事をきちんと整理し、優先順位をつけて仕事をすることが出来るか否かも、重要なスキルとなります。

営業事務として活躍するために持っていると歓迎される資格

先ほども述べたとおり、資料作成を担当する機会がとても多いため、資格としてはマイクロソフトオフィススペシャリストの資格などが役立ちます。また、ビジネスマナー習得をアピールするために、秘書技能検定を取得しておくのにいいでしょう。「これだけでは物足りない!」と、さらなる高みを目指すなら、簿記3級以上の資格取得を目指しましょう。伝票集計などがスムーズになります。これまで見てきたとおり、営業事務の仕事は幅広いもの。「自分がどのような仕事に向いているか分からない」という場合に、まずチャレンジしてみてもいい仕事と言えるかもしれません。営業事務の仕事をまずは広く全体像を掴み、自分の得意な領域が見つかったらそちらを深めていく作業に注力すると、自ずとどういった分野に自分が強いのかが見えてきます。

一般事務と営業事務の違い

一般事務は、配属された部署やチームにおいて、事務処理全般を担当します。資料作成やファイアリング、資料作成や庶務、経理などを担当するのが一般事務の主な仕事と言えるでしょう。それに対して営業事務は、営業部門に配属されて部門全体、もしくは営業マンのサポートを行うのが仕事です。営業担当から指示される資料作成や受注・在庫管理などがメインの業務となります。また、一般事務は社内のさまざまな事務作業を担うのに対し、営業事務は営業が客先としているクライアントが仕事の対象となるため、一般事務に比べて社外の人に対して窓口として関わる機会が多くなります。社内外問わず、人と幅広くコミュニケーションをとることが出来、気配りのできる人物であることが、営業事務には求められます。

社内向けの作業がメインの一般事務と、営業マンやチーム、そしてクライアントが仕事の相手である営業事務。似ているようで、役割は大きく違うということが、お分かりいただけたでしょうか。一般事務よりも、対外的な仕事も担当したり、営業に纏わる資料作成等も多いため、営業事務の方が専門性が高く、コミュニケーションスキルが求められる仕事と言えるでしょう。

営業事務の派遣は未経験で資格なしでもお仕事可能なのか

営業事務の求人は、比較的件数が多い――つまり、人手が足りていない仕事であるということが出来ます。そのため「未経験だけど営業事務の仕事を、どうしてもしてみたい!」という強い気持ちがある方には、比較的チャンスが開かれている仕事と言えるでしょう。本来であれば、経験者を採用したいところであっても、応募がなければ企業としても採用しようがありませんから、未経験でもやる気があり、基本的なPCスキルのある方を採用するということになるのです。ただし、正社員での営業事務採用の枠は、とても狭き門。未経験で営業事務に挑戦したい場合は、派遣社員として仕事をスタートさせるほうがいいでしょう。営業事務派遣の案件数は、比較的多いもの。ですから、派遣という入り口であれば未経験からお仕事をスタートさせやすいのです。大手派遣会社の営業事務求人でも「およそ50%〜60%が未経験OKの求人」となっています。このことからも分かるように、未経験にもチャンスはある仕事なのです。

実際に観経験から派遣でお仕事をスタートさせた場合は、就業しながら肌で感じた必要である知識やスキルを、派遣元である派遣会社の研修制度を上手に活用して学ぶことも可能です。仕事をしながら研修を受けたり、学んでいく姿勢が評価されて時給アップにつながることもあります。そして、何よりスキルアップは、先々正社員として営業事務の仕事を志望する場合にも、大きく評価されるポイントとなります。

先ほども述べた通り、一般事務と比べると営業のサポート業務や、クライアントサポートを行う機会も多いため、専門性が高く、難易度も高めの仕事となります。また、コツコツと事務処理を行う一般事務と比べて、営業部門の一員として、営業と連携して仕事を進める営業事務は、チーム一丸となって目標達成に向けて仕事をしている感覚のある仕事と言えるでしょう。このような理由で、人とコミュニケーションを図るスキルは、営業事務にとってとても大切なものと言えるでしょう。

営業事務の派遣で働くメリット

営業事務の仕事は、資料作成がメインとなります。ワードやエクセル、パワーポイントなどを用いて資料作成をする機会が多いため、自然とパソコンスキルはブラッシュアップされていきます。また、自分が手掛けた資料について解説する機会も多くあるため、プレゼンテーションスキルも向上します。クライアントの窓口としての役割も担うことが多く、必然的にビジネスマナーやコミュニケーションスキルも身についていきます。

営業事務は、営業の努力を裏でサポートする仕事です。役割が明確な分、自分の仕事を把握しやすく、仕事としてはやりやすい面もあります。裏方としてサポートするのがメインの仕事となりますが、営業事務の腕次第で営業の売り上げも変わってくるほど、その手腕は重要なポイントとなります。営業が安定した成績を残すことができる背景には、優秀な営業事務がいてこそといっても過言ではありません。目立つ仕事ではないけれど、営業から頼りにされ、お客様からも信頼される関係を構築することができると、より重要な仕事を任されるようになます。派遣の場合は仕事内容が増えることになりますから、時給にも反映されるため、やりがいや達成感を感じやすい仕事と言えるでしょう。

そんな営業事務の仕事を、派遣というスタイルで就業するメリットはどのあたりにあるのでしょうか。まず、応募から入社までのプロセスを派遣会社が設定してくれるという点が挙げられます。直接応募の場合、会社とのやりとりは全て自分で行います。そうすると、どうしても賃金のことや、条件面での交渉がしづらい面も出てくるでしょう。そんな時、派遣の場合は派遣スタッフが直接派遣先企業と交渉等をすることを基本的に禁止していますから、派遣会社の担当コーディネーターがすべて行ってくれます。これは、大きなメリットと言うことが出来るでしょう。さらに、一般的な転職活動では就職するのが難しい大手企業にも、派遣としてなら入ることが可能だという点も、大きなメリットです。実際にお仕事をスタートした後も、勤務先に対する要望などは派遣先がやはり窓口となってくれますから、さまざまな手間や悩みを抱えこむ心配がありません。そして、スキルアップしたいと感じた時には、派遣会社の研修制度を活用して学ぶことも可能です。派遣会社としては、派遣スタッフは「人材」です。その人材がより高いスキルを身に着けるために研修を受けられるよう、環境を整備しておくのは派遣会社として当然の務めだと考えています。せっかくの環境を、活用しない手はありませんよね。「派遣」であることのメリットをしっかり活かして、スキルアップを目指しましょう。

営業事務の派遣で働くデメリット

営業事務の派遣で働くデメリットは、あまりありませんが、派遣というスタンスであることから、正社員のメンバーとの間に多少の溝を感じる方もいらっしゃるようです。特に営業の場合、チームプレイ的な要素もありますから、自分だけよそ者という感覚が寂しいという方も。ただ、その分人間関係のわずらわしさは全くなく、のびのびと仕事に注力できる環境と言うこともできます。また、残業の有無や休日出勤も、派遣先企業によって大きく違うといいます。営業事務は、比較的忙しい仕事ですから、どうしても残業が発生してしまう――ということもあります。「残業は絶対にできません」など、希望がある場合はあらかじめ派遣会社に伝えておくようにしましょう。まれに、就業してみたら、当初と話がまったく違った!ということもあるようですが、そこは派遣の特権である派遣会社を通して相談してもらい、対応を考えてもらいましょう。派遣スタッフは、契約時に交わした内容以外の業務に関しては、断ることもできます。派遣会社と派遣先企業との話し合いが上手く進まず、どうしても困ったという時には、この権利を行使してみてもいいでしょう。

営業事務派遣の給料相場や福利厚生制度

営業事務の給与相場は、1500円前後となっています。交通費も込みの時給設定の場合、交通費が別途支給される場合など、派遣会社や派遣先企業により設定はさまざまですから、正確な給与額を知りたい場合は、あらかじめきちんと調べて、分からない時は問い合わせておくようにしましょう。交通費も毎日のことですから、大きな違いが出てきます。派遣スタッフの給与は、派遣先企業からではなく、派遣会社から支給されるものであることも、理解しておきましょう。一般事務の時給は平均1200円〜となっていますので、営業事務のほうが高めに設定されていると言うことができるでしょう。次に、福利厚生について見ていきます。営業事務の福利厚生は、派遣会社の福利厚生システムを利用することになります。派遣会社は中小企業以上の規模のところが多く、そうなると福利厚生も充実しています。ですから、かなりいい待遇の福利厚生を利用することが出来るのです。これは、嬉しいですよね。また、研修制度も充実している所が多く、派遣会社によっては、登録しただけで就業はまだしていないという状態であっても、研修を受けることが可能なケースもあります。「お仕事をしてみたいけど、スキルがない。でも、まず第一歩として登録をしてみよう!」という方にとっては、ありがたいシステムです。就業前だからと言って遠慮し過ぎずに研修を受け、スキルアップにつなげましょう。派遣スタッフのスキルアップは、派遣会社にとってもより優秀な派遣スタッフを抱えていることになりますから、大歓迎なのです。お互いにとってよい作用をもたらしますから、時間を見つけて自分磨きをしてみてください。派遣会社の研修を受けたことは、派遣会社内のデータに即時反映され、あなたのスキルとして登録されます。そうすることで、お仕事の幅も広がります。お互いにとって、いいことづくめなのです。

営業事務派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事求人

営業事務で短期間だけお仕事をしたいと考えている方に、おすすめのお仕事をご紹介します。営業事務を短期で採用したいという場合は、営業の繁忙期にあたりあす。営業は、決算に合わせて繁忙期がありますから、会社によって時期は違ってきますが決算前にスポット的に営業事務派遣を採用することがあります。こういった繁忙期に合わせた形のスポット派遣は、その年に限ったことではなく、毎年行われるケースが多くありますから、一度その仕事を経験していれば、翌年以降も同じ案件に参加することが可能です。もちろん、派遣先企業との相性や、仕事ぶりも重要視されますから、きちんと仕事をこなし、もし毎年行われるものであり、今後もこの仕事をしたいと思う場合は派遣コーディネーターに一言伝えておくようにしましょう。企業側がそのスタッフの仕事ぶりを認めてくれていれば、翌年以降も声を掛けてもらうことができます。派遣先企業も、ゼロからお仕事を説明するよりも、経験者が来てくれた方が話も早く、助かるのです。お互いにとっていい話となりますから、希望がある場合は、派遣コーディネーターに相談してみることをお勧めします。

営業事務の希望者から人気の派遣会社の登録先をご紹介

営業事務の仕事をしたいと考えている方に人気の派遣会社をご紹介します。営業事務はオフィスワークですから、歴史ある、大手人材派遣会社がやはり強いと言えるでしょう。今回ご紹介するのは、以下の3つの派遣会社です。

テンプスタッフ

大手企業、人気企業の案件が豊富な派遣会社、テンプスタッフ。仕事のプロであるコーディネーターによるきめ細やかなサポートには定評があります。また、スタッフをさらなるステージへと導く研修制度も充実。スタッフのスキルアップをしっかりサポートします。

パソナ

東証一部上場のパソナグループが運営する、人材派遣サービス会社です。業界のリーディングカンパニーとして、北海道から沖縄まで、全国に登録所もあり、案件も同様に展開しています。エステやネイルなどの福利厚生も充実していて、派遣スタッフもリフレッシュに活用しています。

リクルートスタッフィング

リクルートグループの人材派遣会社だから、安心してお仕事に挑戦できたという派遣スタッフも多くいます。リクルートグループならではのつながりを活かした業界でもトップクラスの豊富な案件は、派遣スタッフとして活躍を望む方には大きな魅力と言えるでしょう。

営業事務の派遣のお仕事について、なんとなくイメージは掴んでいただけたでしょうか。一般事務よりも、もう少し踏み込んだ仕事をしたい――そんなご希望がある方に、おすすめの仕事です。また、自ら勉強してスキルアップすることで、営業によりよいアシストをすることができ、感謝されたり、時給アップにもつながります。努力したことが、目に見える形で評価されるのは、嬉しいですよね。営業と一丸となってクライアントのために仕事をする喜びを、ぜひ感じてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド