コールセンターの人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > コールセンターの人材派遣会社登録と求人情報

コールセンターの人材派遣会社登録と求人情報

「コールセンターのお仕事」と聞いて、どのようなイメージを抱かれるでしょうか。「お客様相手の電話対応って、大変そう」「忙しそう」「専門用語が多くて、難しいのでは?」そんな印象を持っている方も多いと思います。では、実際はどうなのでしょうか?近年、増加傾向にあるコールセンターの派遣求人について、今回は調査したいと思います。

コールセンター派遣の仕事内容

コールセンター派遣のお仕事は、派遣求人の中でも比較的案件数の多い職種と言えるでしょう。一言で「コールセンターの仕事」と言っても、大きく二つの業務に分類されることをご存知ですか?今回は、そのあたりから見ていきましょう。

1.インバウンド(受信業務)

インバウンドは、文字通り受信業務専属のお仕事となります。テレフォンオペレーターやカスタマーサポート、テクニカルサポートなどがインバウンドのお仕事の代表格あり、いずれもお客様から掛かってくる電話を受信し、対応する仕事です。テレフォンオペレーターは、例えばテレビなどで保険のCMや通信販売の番組などが流れた後に、お客様から掛かってくる購入や資料請求に対応するのが主な仕事となります。「番組終了後、30分限定で10パーセントオフになります」というような販売文句を聞いたことはありませんか?そういった場合、コールセンターはいつもよりも増員して、電話を待っています。そういった仕事が、インバウンドのお仕事です。カスタマーサポートは、例えば自動車保険に加入しているお客様から、事故が起きた時にどのように対処すればいいかと問い合わせの電話を受け、対応を指示するお仕事です。テクニカルサポートは、例えば家電などの不具合が起きた時にお客様がどうしたらいいかと掛けてくる電話を受信する仕事となります。どの仕事も、お客様からの質問や要望に臨機応変に答えながら、電話越しに説明をすることが大切な役割となります。専門用語や、専門的な知識が必要な部分も確かにありますから、慣れるまでは少し大変な部分もあるでしょう。ですが、お客様からの要望に応える仕事ですから、慣れてくるとそのやりがいを実感する機会も多くなるでしょう。電話で説明して、理解していただくのは難しさもありますが、慣れてくると「こういう表現を使った方が、イメージしていただきやすい」など、コツのようなものが分かってきますので、それほど心配することはないでしょう。また、企業の顔としてお客様と接する仕事でもありますから、やりがいの大きい仕事と言えます。インバウンドの仕事は、業務内容自体はハードなものではありませんが、勤怠に関してシビアな職場が多いという特徴があります。例えば、何時から打つCMに対してオペレーターを用意する場合、電話を取れる人数によって、応答率つまりお客様の電話に応答し、注文を受けられる率が変わってきます。お客様からの電話を漏らすことなく受けることを目的としているのがコールセンターですから、それが叶わなければ仕方ありません。そういった意味で、遅刻や欠勤には非常に厳しい職場が多いようです。忙しい職場では、1日8時間勤務の間に、1人当たり50〜60本もの電話に対応することもあります。逆に、あまり忙しくない職場では、1日に数本ということもあるといいます。また、夜勤のコールセンター派遣のお仕事の場合は、なにかイレギュラーで問題でも起きない限り電話が鳴らないこともあります。そういった場合は、どうしても手が空く時間が出てくることが想像できるでしょう。多くの職場では、電話対応をしていない時間帯は本を読んで、待機をしていればそれでよしとされています。いざというときにきちんと対応できれば、その他の時間は何をしていても自由という訳です。深夜帯のコールセンターのお仕事は生活が不規則になるデメリットはありますが、そういったメリットも大きいと言うことが出来るでしょう。

2.アウトバウンド(発信業務)

アウトバウンドの場合は、こちらからお客様へ電話を掛けることを仕事としています。アウトバウンドには、営業活動の第一歩となるアポイントをとりつけるテレフォンアポインターや、さまざまな満足度調査を実施するテレマーケティングの仕事などがあります。インバウンドとは違いこちらから働きかけることを仕事としているため、プレッシャーとなる部分も大きく、大変な面があるのも事実です。ただ、コールセンターのお仕事の中では高時給のお仕事となっており、成績次第でインセンティブがつくこともあります。発信専門の企業では、ノルマが設定されている場合もあり、そうなると職場の雰囲気が一気にシビアなものとなる傾向にありますので、自分がそういった職場に向いているかをよく考えて、仕事を選ぶことが大切です。自分から営業を掛けることが苦にならず、成績を出すことに楽しさを感じられるタイプの方には、やりがいの大きな仕事と言えるでしょう。インセンティブがモチベーションになる!という方も多くいます。少しでも興味がある場合は「発信は大変そう!」とイメージで決めつけずに、一度挑戦してみるのもいいでしょう。特に、派遣の場合は短期契約からお仕事をスタートさせることが可能です。お試し的に短期からチャレンジすることができるので、発信のお仕事にも短期で挑戦してみるのもいいかも知れません。こういった勤務が可能なのは、派遣の特権と言えるでしょう。

インバウンド、アウトバウンドに関わらず、コールセンターにはさまざまなルールもあります。例えば、通話中に上司に確認を取りたい、調べ物をしたいなどの理由で保留にした場合、その保留は何分以内にすること、通話後に入力する対応記録は何分以内におこなうこと等があげられます。また、ロールプレイをする職場も多く、自分の対応を録音し、それを上司と聞きながらフィードバックを受けることも。客観的に自分のトーク(電話対応)を聞くことが出来るのは、とても勉強になります。緊張するかもしれませんが、研修の機会がある時には積極的に参加するようにしましょう。

コールセンター派遣は未経験者でも働くことは可能なのか?

コールセンターの仕事は、未経験者でもすることが可能なのでしょうか。結論から言うと、未経験者でもコールセンターのお仕事に就くことは可能です。さまざまな職種を取り扱う派遣の中でも、コールセンターのお仕事は比較的未経験者でも挑戦しやすいものということが出来るでしょう。それはなぜかというと、新商品や新しいサービスのリリースに伴い、コールセンターを立ち上げる場合、大量募集を行うことがよくあるからです。間口が広ければ、採用もされやすくなるのは、想像できるのではないでしょうか。「お客様からの問い合わせ対応を行う仕事」というと、専門的な知識が求められるのではないかと不安に感じる方も多いようですが、マニュアルもあり、基本的にはそれに沿って対応するスタイルをとっているセンターがほとんどですので、安心してください。また、企業の顔としてお客様と関わるコールセンターという仕事の性質上、研修もしっかりと行われます。また、個人情報を取り扱う仕事ですので、セキュリティ研修はどこでも行われます。こちらは顧客の個人情報や、社内の機密情報の取り扱いについて、学ぶものです。次に、マナー研修についても見ていきましょう。お客様と直接話をするわけですから、企業の顔ともいえる役割を果たす部分もあります。お客様によい印象を与えられるように、言葉遣いや、電話対応、話し方などについて研修が行われるのが一般的です。知っているようで間違って覚えている丁寧語、尊敬語、謙譲語などについても、学びます。正しい言葉遣いは、一生の宝となります。せっかくの機会ですから、しっかりと身に着けるようにしましょう。

コールセンターの派遣社員として役立つスキル

コールセンターの派遣社員として仕事をする上では、どのようなスキルが役立つでしょうか。一つ目は、やはり人と会話をする仕事ですから、コミュニケーションスキルが大切です。お客様が何を知りたいと思って電話してきたのか、何を言いたいのかを的確に読み取る能力が求められます。時にはクレーム対応をすることも求められるため、人当たりのよさと同時に会社としての姿勢をしっかりと貫く強さも必要です。次にポイントとなるのは、声だけでお客様の対応をしなくてはいけないという仕事の性質上、活舌の良さや、上手に話を進めるスキルは必要となってきます。人と話をすることが好きな方や、物事を理論立てて丁寧に説明することが得意な人、明るくはきはきを話ができる人は、コールセンターのお仕事に向いていると言うことができるでしょう。また、電話対応後にPC入力を求める職場も多く、お客様の要望等を的確にまとめて残す必要があります。ですから、日ごろからパソコンを使って作業をすることに慣れていることや、的確にやりとりを記録することができる几帳面さも、コールセンターでのお仕事には大切なスキルです。

コールセンター派遣の給料の相場や福利厚生制度

コールセンター派遣の給与は、比較的高めに設定されています。安くて1000円くらいから、高くて1500円程度と考えておくといいでしょう1000円と1500円というと、時給に大きく開きがあるように感じられる方もいらっしゃると思いますが、この時給の差には対応する電話の内容が大きく影響しています。例えば、クレーム対応が必要な場合はやはり時給も高く設定されますし、テクニカルサポートのように仕事をするために勉強が必要なものに関しても、高めに設定されています。「クレーム対応はあまりしたくない」という方は、職場を慎重に選ぶことをお勧めします。選ぶポイントは電話の相手が個人のお客様か、法人相手かという点です。個人のお客様の場合、クレーム対応が長引く傾向にあります。法人の場合は、その法人の一社員というスタンスで電話を掛けてきますから、お互いある意味ビジネスライクに対応することが可能です。その分、気持ち的には楽でしょう。ただ、取り扱う商品やサービスの価格は法人の方が大きいため「責任」という意味では法人相手のほうが大きくなります。時給に関しては、24時間体制のコールセンターなどの場合は夜勤という勤務形態もあり、この場合は内容に関わらずもう少し時給が高く設定されています。大体1800円くらいまで、期待できることもあります。

コールセンター派遣で働くメリット

コールセンターに派遣スタッフとして就業すると、どのようなメリットがあるでしょうか。コールセンターは24時間体制のところも多く、シフト制をとっていることが多くあります。そのような場合、勤務日や勤務時間を自分のライフスタイルに合わせてシフト希望を出すことが可能です。掛け持ちでお仕事をしている方、家事や育児、介護との両立を図りたい方にとっては、時間に融通が利くと言うのは最大のメリットと言うことが出来るでしょう。また、コールセンターのお仕事は服装や髪型について細かく規定がないという点も、お洒落にこだわりがある方にとっては大きなメリットと言えます。自分の好きなお洒落を楽しみながら、仕事をしたい――そんな希望を叶えてくれるのが、コールセンターのお仕事です。

また、仕事を通してコミュニケーションスキルや言葉遣い、ビジネスマナーなどを身に着けられるのも、コールセンターのお仕事の特色です。ビジュアル的には少し崩したお洒落をしていて、髪の毛の色も明るいのに、いざ電話を取ると素晴らしい言葉遣いと思いやりを持って対応できる――そんな方もたくさんいます。こういったビジネススキルや正しい言葉遣いは、これから先、どのような職場でお仕事をすることになったとしても、一生の財産となります。最初から素晴らしい対応ができることは、コールセンター側も期待していません。仕事を通して身につけていき、研修を受けることで電話対応や言葉づかいなどを1ヶ月〜2ヶ月という時間を掛けて習得していってくれれば、それで充分であると考えています。心を込めて対応をすることで、お客様から感謝される仕事であることも、大きなやりがいに繋がります。電話対応の後、お客様から「どうもありがとうございました」と感謝されたり、後日感謝のメールをいただいたりすると「頑張ってよかった!」と感じる方も多いようです。コールセンターのお仕事は、お客様からの注文を受けたり、困りごとを受け止め、解決するお仕事であることが多いもの。人と人が向き合う仕事ですから、難しさもありますが、心が通い合った瞬間に感じる喜びは、大きなものとなります。

コールセンター派遣で働くデメリット

コールセンターのお仕事は、求人を出す企業側としてはできるだけ長く仕事を続けて欲しいと考えるケースが多いようです。仕事をしっかりと習得し、長いスパンで活躍して欲しいと考えるため、短時間勤務や短期のお仕事がなかなかないという傾向にあります。これは、短期でお仕事をしたい!と考える方にとってはデメリットと言えるでしょう。短期で仕事をしたい方と、半年以上腰を据えて仕事をしたい方が面接にきた場合、やはり長期の方優先となってしまうことを理解しておきましょう。ただ、テレビでCMを流した後の注文受付など、スポット的に大量募集を行うこともありますから、求人情報を細かくチェックすれば、希望する案件と出会うことが出来るでしょう。

コールセンターの派遣とアルバイトの違いはあるのか?

コールセンターのお仕事にも、派遣とアルバイト両方が混在していることがあります。その違いはどのような点なのでしょうか。まず、アルバイトはコールセンターを設置している企業に直接雇用されています。派遣の場合は、派遣会社に雇用されている間接雇用となります。これが、大きな違いです。アルバイトも派遣も、仕事はそのコールセンターの社員の指示に従うことになりますが、雇用されている相手が違うことを理解しておきましょう。また、直接雇用であるアルバイトは、企業と本人の合意さえ得られれば半永久的にお仕事を続けることができますが、派遣は最長3年までと勤務期間が決まっています。それ以上の更新は、することができません。また、派遣の場合は1ヶ月、3ヶ月ごとに更新をする必要があります。契約期間が満了したタイミングで、派遣先企業、派遣スタッフ双方が継続に合意した場合、契約更新となります。退職したい場合は、次の更新を見送ればいいだけなので、気分的に楽な部分もあるでしょう。次に、気になる時給に関してですが、同じ仕事内容をしているにも関わらず、ほとんどの場合、アルバイトと派遣を比べると、派遣の方が時給は高く設定されています。これはどうしてかと言うと、採用時のプロセスや、採用後の教育に掛かる手間や費用が派遣のほうが格段に安くすむからです。派遣は、派遣会社に声を掛ければある程度ベースのある人材、つまり派遣会社のお墨付きである即戦力となりうる人材が、必要な時期に合わせて来てくれます。必要がなくなれば、契約満了時に終了とすればいいのですから、企業としても派遣スタッフは非常に使い勝手のいい人材と言うことが出来るでしょう。アルバイトの場合は求人を出し、面接をし、採用となったら研修をし、雇用保険も必要になり…と一人当たりにかかる経費が違ってきます。こういった理由で、派遣社員のほうが、時給が高設定されているのです。

コールセンターにおけるアルバイトと派遣の違いを見てきましたが、現場で仕事をする上では「派遣だから」「アルバイトだから」という違いを感じるような場面は、あまりありません。派遣のメリットは給与が高く、仕事を派遣会社に紹介してもらえる点。直接雇用であるアルバイトのメリットは、勤務期間に制限がなく、本人のやる気次第で職場に深く関わることができるという点と言えるでしょう。

コールセンター派遣で短期間だけ働きたい方におすすめの仕事内容

短期間だけコールセンターの仕事をしたい方にお勧めなのは、スポット的なお仕事となります。新製品リリースに合わせてコールセンターを増設する場合に、1ヶ月〜3ヶ月という短期で募集を掛ける案件も多くあります。また、お中元やお歳暮、クリスマスなど期間限定でオープンするコールセンターなどもあります。こういったコールセンターは、毎年その時期にオープンするケースが多いため、一度仕事をしてみて「これからもやってみたい!」と感じた場合は、派遣会社のコーディネーターにその旨を伝えておくといいでしょう。派遣先企業としても、一度コールセンターを経験しているスタッフは仕事の流れが理解できている分、研修に時間が掛からず、ありがたい存在です。変に遠慮せずに、きちんと希望を伝えておくことが、次の仕事に繋がりますから、縁は大切にしましょう。

コールセンターの派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

コールセンターでの派遣のお仕事を探すなら、オフィスワーク系に強い派遣会社がおすすめです。研修制度が充実していたり、案件が充実していた方が、仕事をする上でなにかと助かりますよね。比較検討し、ぜひ自分にあった派遣会社を見つけてください。

テンプスタッフ

派遣業界最高レベルの求人数を誇る、テンプスタッフは、大手有名企業とのつながりも強く「憧れの会社で活躍したい!」という希望を叶えてくれる人材派遣会社です。スタッフ登録後は『ジョブチェキ』というテンプスタッフ運営の求人サイトが閲覧できるので、自分の都合のよい時間帯を活用してお仕事を探すことができますので、上手に活用しましょう。

ヒューマンリソシア

ヒューマンリソシアは、コールセンターやテレマーケティングなどの仕事に強い、総合人材派遣会社です。オフィスワークデビューでも安心のサポート体制が、ヒューマンリソシアの強みです。教育事業を展開しているヒューマンアカデミーと提携しており、スキルアップや研修制度が充実しているのも、大きな魅力です。福利厚生が、しっかりと完備されているのも、嬉しいですね。

リクルートスタッフィング

アルバイト情報や転職エージェント、就職転職サイトなどを展開しているリクルートグループの派遣会社ですから、企業とのつながりも強く、案件数も豊富です。ネットで登録が完結できるWeb登録がありますから、まずは登録してみるといいかも知れません。

コールセンターの派遣がきつくて辞めたい場合はどうすればいい?

「クレーム処理が大変過ぎる」「アウトバウンドの仕事のプレッシャーが辛い」そんな理由から、仕事を辞めたいと考える方もいらっしゃると思います。そんな時は、どのようにすればいいでしょうか。まず、退職を決める前に、一度派遣会社のコーディネーターに相談してみることをおすすめします。直接職場の上司に相談したり、退職の気持ちを伝えるのは、NGとなりますので注意しましょう。相談を受けた担当コーディネーターは、派遣先企業の担当者と相談し、改善できる問題であれば対応してくれます。それでも問題が解決せず、退職したいという場合は契約満了前の面談で、退職の意を担当コーディネーターに伝えます。契約更新前の面談で退職の希望を伝えるのは、派遣の退職の手順として正しいものですから、派遣先企業にとっても、派遣会社にとっても、派遣スタッフにとっても一番スムーズなものとなります。ただ、人材が不足していたり、後任がすぐに見つからない場合、もうしばらく続けられないかと打診されることもあります。「後任が見つかるまでなら」と考えられるようなら、その依頼を受けてもいいでしょう。もちろん、断っても問題ありませんが、お世話になった職場ですからよく考えてみてください。コールセンターの退職で、一番避けなくてはいけないのは「急病で、明日から行けなくなった」というような事態です。これは、社会人として最も避けるべき事態です。そのことを理解したうえでも、ドクターストップが掛かってどうしてもいけないような場合は、診断書を添えて、派遣会社に相談しましょう。こうした急な退職は、派遣先企業はもちろん、派遣会社にも多大なる迷惑を掛けます。派遣会社は「派遣スタッフをきちんと管理できていない」と、派遣先企業に叱られることもあるかもしれません。場合によっては今後、その派遣先企業から派遣会社は仕事をもらえないかもしれません。これは、とても大きな損失になります。自分の行動が、一つの会社の売り上げに大きな影響を及ぼしてしまっているかもしれないということを充分に理解しましょう。

コールセンターのお仕事は、「人」を相手としたお仕事ですから、大変な面もあります。でも、電話の向こう側の笑顔を感じられたリ、「ありがとう」という言葉が大きなやりがいとなるもの。人の役に立つ仕事がしたい――そんな気持ちの強い人に、おすすめの仕事です。未経験からスタートしやすい職種ですので、オフィスワークデビューにもおすすめです!ぜひ、トライしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド