製造職の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 製造職の人材派遣会社登録と求人情報

製造職の人材派遣会社登録と求人情報

日本が誇る「ものづくり」技術。そんな現場で活躍するのが、製造派遣の方たちです。製造業のお仕事は、自分が携わった製品になる喜びや達成感を味わうことが出来る、やりがいの大きな仕事だということをご存知ですか?今回は、そんな製造派遣についてご紹介します。

製造派遣の仕事内容

「製造派遣」と聞くと、どのようなイメージがあるでしょうか。工場などに勤務し、さまざまな製品の製造や組み立てや機械のオペレーション等、製造におけるあらゆる業務を担当するのが、製造派遣のお仕事です。取り扱う製品としてはお菓子や化粧品といったものからゲーム機、パソコン、ケータイなどの電子機器、オートバイ、自動車といった大きな物に至るまで、あらゆる「ものづくり」ライン組立作業やピッキング等作業を行います。単調で、もくもくとお仕事をするイメージかも知れませんが、仕事内容はこういった製造現場のお仕事だけではありません。在庫管理の仕事は、原材料調達や関係部門や業者とのやりとり、納期管理といった生産計画の実施に関わる各種業務を担当するものも含まれます。サービスの品質を保つための品質検査や、データ分析・管理、顧客対応をはじめ、品質保証出荷後に発見された不良品のクレーム対応、出荷する製品の検査証(保証書)の作成、照合、品質管理(製品の抜取検査等)、帳票管理、審査対応などを行うこともあります。 

製造業の場合、勤務地にも特徴があります。広大な敷地が必要となるため、生産拠点は都心ではなく、郊外や地方に置かれることが多くあります。そのため、製造派遣の仕事のニーズは地方の方が多いと言えるでしょう。そうなると、その地域の人口自体が都心に比べると少ないと言うことになります。人口の少ないエリアで、メンバーを確保しなくてはいけないため、寮などの住まいが完備されているケースが多く、全国から就業するスタッフが集まる傾向にあります。働く環境が整っている仕事と言うことができるでしょう。その仕事に就きさえすれば、住まいまで確保されるのです。「生活を安定させたい」「今元手のお金がないけれど、貯金して転職したい」「学びたいものがある」そんな思いを持って、長期的に製造ラインで仕事をするという選択をされる方も多いようです。また、工場勤務を続け、その中でスキルアップ、キャリアアップを目指すというのも、一つの方法と言えるでしょう。

製造職の派遣は未経験でもお仕事可能なのか

製造職の派遣のお仕事は、未経験でも挑戦することは可能なのでしょうか。結論から言うと、製造職のお仕事は「未経験でも挑戦しやすい仕事」と言えます。学歴や年齢に関係なく、体力的に問題さえなければあらゆる人に門戸が開かれている仕事と言うことができるでしょう。「製造業はあまり待遇も、給与面もよくないのでは?」と考える方が多いようですが、直接雇用とは違い、派遣の場合は派遣会社が間に入っているため、ある程度しっかりと保証されていると言うことができます。

では、時給はどのくらいに設定されているのでしょうか。製造業派遣の場合、時給1200円以上の設定が多く、仕事内容によっては1900円という高時給も可能です。これはスキルや、勤務態度に応じて支払われるものなので、年齢に関わらず高時給を狙うことが可能なのです。

自動車メーカーや部品、精密機器製造、食品加工など、製造業にはさまざまな業界があります。日本はものづくり大国として素晴らしい生産率を誇っており、そのため常に人材が不足している状態です。正社員をはじめ、契約社員やパート、アルバイト、そして多くの派遣社員も活躍しています。そのような状態ですから、未経験であっても真面目にこつこつ仕事に取り組むことができる人物であれば、製造業の仕事は経験の有無に関らず、比較的挑戦しやすいものと言うことが出来るでしょう。

製造職の派遣で働くメリット

製造業派遣で働くメリットは「憧れの企業にもぐりこむチャンスがある!」という点が挙げられるでしょう。例えば、日産やデンソーなど、新卒での就職が難しいような大手有名企業であっても、派遣であれば仕事をするチャンスがあります。勤務態度次第で、場合によっては正社員に登用されることも可能なのです。正社員で就職を目指すのは非常に倍率も高く、狭き門ですが、派遣社員としてスタートするというスタイルであれば、仕事ぶりを見てもらいながら、会社との相性なども加味した上での採用となるため、通常の正社員採用よりも敷居が低いものとなります。これが、最大のメリットと言うことができるでしょう。

また、定年退職後、まだ元気だけれど再就職が難しい年代にとっても、製造業の派遣は魅力的な仕事と言えます。高齢者は熟練の技術を持つため、職場にとってもありがたい存在。その上、近年は国全体として高齢者雇用対策に取り組んでいるため、ある一定の条件を満たしていれば、企業にも高齢者を正社員として雇用すると国から助成金が支給されます。こういった背景から、企業としても積極的に高齢者採用を展開しているのです。年齢に関らず、技術があることで歓迎されるというのは、製造業だからこそのメリットと言えるのではないでしょうか。

製造職の派遣で働くデメリット

製造業派遣で仕事をする上でのデメリットを考えると「ケガのリスク」があるでしょう。通常のオフィスワーク系派遣とは違い、物を組み立てたり、身体を動かす仕事である製造職派遣は、やはりケガをする機会も多くなってしまいます。製造業派遣のお仕事をする際には、保険についても併せて考えてみる必要があるでしょう。また、夜勤やシフト制の職場も多いため、体調管理の難しさがどうしても出てきます。若く、体力があるうちは高時給を狙えるという意味で夜勤も魅力的な就業スタイルですが、年齢を重ねるにつれ厳しさが出てくる面も否めません。時給や条件で就業を決める前に、体力面について慎重に検討したほうがいいでしょう。

製造業派遣で生計を立てるには

製造業派遣のお仕事は、若いうちは体力を活かして夜勤などの就業スタイルも積極的に取り組むことで、高時給を狙えるものと言うことができるでしょう。派遣としての就業なら学歴も問われず、大手有名企業に潜り込むチャンスがあります。ですが、先ほどもお話ししたように、年齢を重ねるとともに体力的な厳しさも出てきます。そんな時、どのようにすればいいのでしょうか。

製造職の派遣で働くうえで役立つスキル

未経験から製造業に飛び込んだ場合、資格などがない状態からのスタートとなると思います。仕事内容としても、ライン作業やピッキングなどの簡単な作業を任されるケースが多いでしょう。ただ、年齢を重ね、管理する側にまわりたいと考えた時、真剣にステップアップについて検討することになると思います。そんな時、どのようなことができるでしょうか。まずは「経験を積んでいるか」ということが、ひとつのポイントとして挙げられます。長い間就業することで、それもひとつのキャリアとして考えられるようになるのです。製造業の場合、単純なスタッフ派遣だけでなく、チームとして派遣されるケースもあります。その場合、リーダーも配置し派遣することになりますから、まずはそのリーダーとして派遣されることがひとつを目指すのもいいかもしれません。これは、ステップアップと言うことができるでしょう。リーダーになると、時給もアップします。仕事内容としては、チームとして期日までに求められたタスクをしっかりと、正確にこなすことが求められます。スケジュール管理や、メンバーを管理する能力も必要です。また、派遣先企業と派遣スタッフを繋ぐ役割も果たしますから、コミュニケーション能力も求められます。このスタイルは、派遣スタッフ内でリーダーがスタッフ管理まで行うことになりますから、クライアントの仕事軽減につながります。その結果が評価され、時給にもしっかり反映されるのです。時給もアップし、クライアントの課題解決にも一役買うことができるので、やりがいも感じることができるでしょう。

資格取得でさらなるステップアップを

次なるステップとしては、資格取得などが挙げられるでしょう。品質管理系の資格や、製造に使用する機器の資格取得にも積極的に挑戦しましょう。製造業に強い派遣会社では、研修制度も充実しており、資格取得もサポートしてくれることが多くあります。そういった研修を上手に活用し、スキルアップを図りましょう。

法律によって資格を保有している人しか取り扱えないものや、行えない作業もあります。資格保有者であることで、仕事の選択肢が増え、かつ専門性の高い仕事として評価されるため、時給のアップにもつながります。また、リーダーや管理者、責任者といったポジションを任せられることもあり、キャリアアップを図ることもできます。将来的に、派遣としてではなく、正社員を目指すにしても、資格は強みとなるのです。それでは、どのような資格があるかを見ていきましょう。

加工作業系資格

食品工場では食材を加工したり、盛り付けやトッピングを行いますし、何かを製造する際には、素材を削ったり溶接する必要もあります。そういった作業である「加工」を行う上で、取得しておくと歓迎される資格には、どのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう。

菓子製造技能士

国家資格である技能検定制度の一種。スポンジケーキ、ビスケット、パイなどの洋菓子や、餅菓子、蒸し菓子、餡化しなどの和菓子を製造する仕事を対象としている国家資格です。

自動車整備士

自動車整備要員の技術向上を目指し、自動車の整備に求められる知識や技能を有するかを判定するために設定された国家資格。合格者には国土交通大臣から合格証書が交付されます。

アーク溶接作業者

アーク溶接とは、溶接棒と被溶接物の間にアーク(火花)を発生させ、その熱で溶接を行う作業のこと。アーク溶接作業者とは、労働安全衛生法に基づくアーク溶接特別教育講習を修了し、修了証交付を受けたことを証明するものとなります。生産工場や建設現場で、広く使用されている国家資格です。

プレス金型取り換え作業者

動力プレスと機会プレスや油圧プレスなどの金型取り付け、取り外しなどの能力を認定する国家資格。労働安全衛生法に基づく動力プレスの金型等の取り付け、取り外しなどは特別教育が義務付けられています。

フォークリフトやクレーン関連資格

工場内で使用する重機を運転できる資格になります。工場では、重たい部品を移動せるためにフォークリフトやクレーンを使う場面が多くあるもの。そういったものの操作や運転には、資格が必要となります。具体的には、以下のようなものがあります。

フォークリフト運転技能者

最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転する技術を認定する国家資格です。

クリーン・デリック運転士

クレーン・デリック運転士免許試験は労働安全衛生法に定められた国家資格です。クレーンは工場や建設現場などで用いられ、デリックは建設現場等で用いられます。クリーン・デリック運転士(限定なし)は、すべてのクレーンとデリックを運転できる資格、クレーン・デリック運転士(クレーン限定)は、クレーンのみ運転できるもの、クレーン・デリック運転士(床上運動式クレーン限定)は、床上運動式クレーンのみ運転できるものとなります。

移動式クレーン運転士

移動式クレーン運転士とは、つり上げ荷重が5トン以上のクレーンを運転する技能を認定する、国家資格です。移動式クレーンには、トラックやラフテレーン、クローラーなどが該当します。

危険物管理に従事することができる資格

ガソリンや薬品、熱や電気を発生させる設備など、専門的な知識を持っていないと危険な作業を行うことも、工場ではあります。安全に作業を行うためには、有資格者が必要です。

危険物取扱責任者

一定量以上の危険物を所蔵もしくは取り扱う化学工場やガソリンスタンド、タンクローリーの施設に必須となる、危険物を取り扱うための責任者の国家資格となります。

電気工事士

住宅や店舗、工場などで電気工事に従事する国家資格です。自家用電気工作物や一般用電気工作物工事に関する専門的な知識と技術を有していることを証明する、都道府県知事より与えられる資格となります。

ボイラー技士

ボイラーは、一般的に非常に高温になるものですから、扱いには危険が伴います。そのため、取り扱う者には資格が必要です。そういった空調や温水ボイラーの操作、点検を業務とするのが、国家資格であるボイラー技士です。

上記の資格は法律によって定められている国家資格や、各団体が運営している民間資格となります。職場のニーズに応じて、資格を取得するようにしましょう。資格は、取得するのは大変ですが、一度取得してしまえば一生ものとなります。自分がこれからどのようなキャリアビジョンを持って仕事をしていくかを考えて、資格を取得するといいかも知れません。また、派遣の場合は資格を保有していると、時給アップにもつながりますから、嬉しいですね。

製造職の派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

製造職の派遣求人では、どのような派遣会社がおすすめなのでしょうか。見ていきましょう。

ランスタット株式会社

モノづくりに強い派遣会社、ランスタット株式会社。工場での組み立てや部品加工、検査、マシンオペレーターなど製造業派遣のお仕事が、豊富にある人材派遣会社です。1960年にオランダで創業し、現在では世界各国で52万人以上もの派遣スタッフの就業をサポートしています。日本での歴史がまだ浅いため登録者数があまり多くなく、お仕事を紹介されやすい状態というのが、魅力とも言えるでしょう。スタッフ数が少ないため、一人ひとりを大切にしており、派遣スタッフが安心して働けるようにコーディネーターがきめ細やか餡サポートを展開しており、派遣スタッフの就業期間が長く、安定しているのも特徴と言えるでしょう。

日研トータルソージング株式会社

製造業の請負に強い、人材派遣会社です。寮完備、週払い、日払いもOKなので、安定した生活を手に入れたい方にぴったりの派遣会社と言えるでしょう。9割の方は、未経験から製造業のお仕事をスタートされており、簡単な作業からスタートするので初心者でも安心です。長年に渡ってモノづくりを支えてきた

日研

のノウハウがしっかりと詰まった研修もあるので、安心してお仕事をスタートさせることができます。決められた手順を丁寧にこなしていけば、しっかりと評価してくれて、さらなる高みを目指す場合もちゃんと応援してくれる人材派遣会社です。

日総工産株式会社

1971年にものづくり人材サービス会社として創業された、日総工産株式会社は、長きに渡って日本のものづくりを支えてきました。スタッフの殆どは未経験からスタートしていますが、しっかりとしたサポートがあるから皆イキイキと仕事をしています。また、お仕事をスタートさせた後も、職場の悩みを相談できるスタッフホットラインがあり、何でも相談することができる環境です。ホットラインを活用しなくても、きちんと定期的にフォローアップがあるので、安心ですね。実際に働いているスタッフからも評判が高いので、安心して製造派遣のお仕事をスタートできる会社ということができるでしょう。

製造職派遣で短期間だけ働きたい方に人気の仕事内容

製造業は、短期間で仕事をする「期間工」というスタイルがあります。期間工とは、どのような仕事かと言うと、自動車工場や電子部品の製造工場などに勤務する、有期労働契約を締結して従事する労働者のことです。部品の組み立てなどの流れ作業を担当することが多く、コツコツと作業真面目にこなすことができるタイプの方に向いている仕事です。また、納期を気にしながら作業を進める必要があるため、スケジュール管理がしっかりと出来ることが求められます。24時間体制の職場も多いため、体調管理が重要になってきます。期間工はどの会社でも3年以内の契約となっていることが多くあります。期間工を終えた後のキャリアプランをあらかじめ考えておくといいでしょう。

製造職の派遣がきつくて辞めたい場合はどうすればいい?

製造業の大変さは、さまざまなものがあります。コツコツと、単純な作業を続ける大変さや、深夜シフトなどで体力的に厳しい場合、リーダーなどになると派遣スタッフを取りまとめるストレスなども出てきます。世の中に簡単な仕事はありませんが、体力的な問題も発生しやすいため、製造業の仕事は「きつくてもう辞めてしまいたい」と追い込まれる方も比較的多めと言えます。そのような事態に陥った時、どのようにすればいいのでしょうか。まず、基本的には派遣契約時の規約に明記されている通りの手順を踏みます。通常、契約更新前には派遣会社のコーディネーターが面談にやってきて、更新についての意思確認が行われます。その際に、希望をしない場合は「更新しません」と伝えれば、基本的にはそれでOKです。円満に退職し、かつ誰にも迷惑を掛けない理想的な方法と言えるでしょう。契約期間が長く、更新前よりも早いタイミングで退職を希望する場合は、派遣会社に連絡をし、その旨を伝えます。場合によっては後任が見つかるまでは続けて欲しい、トラブルがあるならそれを改善するから継続して欲しいと相談されることもあると思います。派遣会社、そして派遣先企業の対応次第で、継続を考えてもいいと思っているならば、いい機会だと思って気になっていることは全て相談し、クリアになればそのまま残ってもいいでしょう。クリアにならなければ、元々退職を希望していたのですから、当初予定通り退職手続きを進めてもらいましょう。契約更新のタイミングではない場合、申し出た日から退職までに1ヶ月〜2ヶ月程度の時間が要することもあります。その点はしっかりと理解しておいてください。

一番困るのが、体調不良などで急に明日から行けなくなったというケースです。社会人として、本来なら一番してはいけない急な欠勤ですから、派遣会社にも、派遣先企業にも多大なる迷惑を掛けることを理解しておきましょう。それでも、社会通念上やむを得ないと考えられるほどの理由があれば、派遣会社も派遣先企業も理解を示してくれます。ですが、このような形で退職した派遣会社からは、今後お付き合いをしてもらえない――お仕事を紹介してもらえないかもしれませんから、その点は覚悟しておきましょう。また、スタッフの急な退職は、派遣会社が派遣先企業から不信感を抱かれます。「そちらの派遣会社では、スタッフの急な退職を許すのですか?」と叱られ、場合によっては今後その会社とのお付き合いがなくなってしまうかもしれません。自分一人の身勝手な行動が、ひとつの会社の運命を左右するかもしれないということを、理解しておきましょう、これは、決して大げさな話ではありません。

製造業派遣のお仕事について、見てきました。経験や学歴がなくても、コツコツと継続することでステップアップも期待できる仕事ということが、お分かりいただけたでしょうか。高校を卒業し、チャレンジしたい勉強があるけれど、とりあえず元手を稼ぐために期間限定で製造業派遣のお仕事をする――そんな方もいらっしゃいます。地方の工場に勤務し、住まいも保証されているため、自分から足を運ばなければ遊ぶ場所もあまりないので、貯金しやすいという面もあるようです。そうして経験を積んでいるうちに、製造業の仕事に腰を据えて挑戦するという方もいらっしゃいます。モノづくりが好きな方は、ぜひ一度製造業派遣について調べてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド