アパレル・ファッション業界の人材派遣会社登録と求人の詳細

> 職種別の派遣求人 > アパレル・ファッション業界の人材派遣会社登録と求人

アパレル・ファッション業界の人材派遣会社登録と求人

オシャレや服が好きで、ファッションの仕事に携わりたいと思う方にとって、毎日大好きな服に囲まれて働くアパレル業界は、憧れの仕事なのではないでしょうか。

今回は、派遣社員としてアパレルの仕事に挑戦したいという人のために、メリットやデメリット、また、どのような求人があるのかなどをご紹介していきたいと思います。

アパレル派遣ってどんな仕事があるの?

アパレルの仕事と聞いてまず思い浮かぶのは、ショップの販売員ではないでしょうか。商品のディスプレイや接客のほか、商品管理、在庫管理、検品なども行います。

アパレルには他にも、デザイナーやパタンナーなどの専門職、バイヤーなどの仕入れ業務、マネージャー、営業などの仕事もありますが、こういった職種の募集はほとんどが正社員です。

ですから、派遣としてアパレル業界で働きたい場合は、販売スタッフがメインとなります。

アパレル派遣の登録説明会に参加する際のポイント

一般的に、派遣会社の登録説明会に参加する際には、オフィスカジュアルが基本となっています。ただ、アパレルに特化した派遣会社の登録会でも、そのようなかたい服装で良いのか悩む方は多いと思います。実際のところはどうなのでしょうか。

間違いない服装はオフィスカジュアル

アパレル専門の派遣登録会であっても、一般的な登録会と同様、パンツまたはスカートにシャツやブラウス、そしてジャケットといったオフィスカジュアルでOKです。

仮に、来場者にラフなスタイルの人が多かったとしても、派遣会社の担当者から見て、オフィスカジュアルがマイナスになることはありません。

また、派遣先のショップがある程度限定されている場合は、そのショップの服を着用しても良いでしょう。

ただし、登録に行く場所は派遣会社のオフィスであって、ショップではありません。いくら派遣会社と取引があるブランドの服であっても、オフィスにそぐわないものはNGです。

例えば、ダメージデニムやミニスカート、ショートパンツ、胸元が空いたような服装は避けましょう。

清潔感のあるスタイルを意識する

人は第一印象がとても大切です。ですから、老若男女誰からも好感のもたれる清潔感のあるスタイルを心がけましょう。

女性の場合、髪は1つにまとめるか、ハーフアップがオススメです。ネイルは華美なものはひかえ、ある程度短く切っておきましょう。そして、お化粧は控えめに、でも健康的で明るく見えるナチュラルメイクを目指しましょう。

かかとのないミュールやビーチサンダル、派手なカラータイツや柄物のストッキング、ブーツなども登録会の場にはふさわしくありません。ベージュのストッキングにヒールが高すぎないパンプスが無難でしょう。

男性は、髪が目にかかっていないか、ボサボサではないかチェックします。また、スニーカーやサンダル、ジーンズも担当者に良い印象を与えないので避けましょう。

また、最近はオシャレの一環で香水をつけてくる方もいるようですが、登録会の場には必要ありません。

基本は、あくまでも清潔感があること。アパレルの派遣であっても、登録会で個性を主張する必要はありません。場をわきまえずに着飾ったり、崩した服装をしたりすると、かえってマイナスポイントになってしまうので注意が必要です。

礼儀正しい対応を心がける

あなたがこれから就こうとしている仕事は接客業です。ですから、挨拶、はきはきとした明るい受け答え、スマートな立ち居ふるまいができることは非常に重要です。

「でも、登録説明会は実際に合否が決まる面接の場ではないのだから、そんなに気にしなくてもいいんじゃない」と思う人もいるでしょう。

しかし、派遣先の企業やショップにあなたを推薦するのは、他でもない派遣会社の営業や担当コーディネーターです。ですから、この人にならどんな仕事も紹介できると思ってもらえるよう、礼儀正しい対応を心がけましょう。

アパレル派遣で働くうえで役立つ資格やスキル

アパレルは資格よりも実務経験が重視される世界です。そのため、必ず持っていなければならないという資格はありません。

ただ、基本的な接客の知識や販売のノウハウが身についているという判断基準として、評価される資格はあります。

では、具体的にアパレル派遣で役立つ資格やスキルには、どのようなものがあるか見ていきましょう。

コミュニケーションスキル

アパレルの仕事は、接客販売がメインとなります。店舗に立ち、お客様と話をしながら商品をすすめたり、相談を受けたり、商品の説明をしたり、セールの情報を伝えたりします。

ここで大切なのは、相手に心地よさを感じさせる対応ができるかどうか。お客様がどのような言葉を求めているかを注意深く考えながら、丁度良い距離感で接客できるコミュニケーション能力が必要になります。

ビジネスマナーや秘書技能検定などの資格

社会人として必要なマナーや知識を持っている証として、ビジネスマナーや秘書技能検定などの資格を所有していると1つの評価対象となります。

特に、社会人経験やアパレル業界の経験がない場合は、資格を持っていると採用する側としても、安心材料になります。

販売士

販売士は、流通や小売業界で働くなら持っていて損はない資格です。商品知識や販売技術、仕入れ、在庫管理などのプロを育成するための内容で、1〜3級があります。販売スタッフなら、3級を取得していれば基本的な知識は身についていると判断されます。

色彩検定

その名のとおり、色に関する幅広い知識や技能を証明できる資格です。お客さまに説得力をもった商品の提案ができるため、自分に自信がつき、お客さまにも喜ばれるでしょう。試験は年2回、1〜3級まであります。

語学力

近年、外国人観光客が増加傾向にあります。特に東京や大阪などの観光地の百貨店や、ラグジュアリーブランドショップ、アウトレットなどでは、外国のお客様の対応ができるというのは、とても大きなポイントとなります。

英語、中国語、韓国語など、さまざまな言語ができる場合は、積極的にアピールしましょう。日常会話レベルというだけでも評価されますが、TOEICや英検など、オフィシャルな資格があると、活躍の場は格段に広がり、時給に反映される可能性も高くなります。

アパレル派遣で働くメリット

正社員やアルバイトといった直接雇用ではなく、間接雇用である派遣でアパレルのお仕事をするメリットとは、どのようなところにあるのでしょうか。

アパレル業界が初めての方でも挑戦しやすい

華やかに見えて、実は重労働であったり、そのショップごとにルールがあったりと、イメージだけでは分からないことも多いアパレル業界。

「働いてみたいけど、自分にやっていけるかな?」そんな不安がある方に、短期契約ができる派遣という雇用形態はピッタリです。実際にショップで仕事をしてみることで、自分の適性を見極めることができるでしょう。

また、未経験者やブランクがある方に向けて、勤務がスタートする前に研修を行っている派遣会社も多いので、そういった意味でも安心です。

派遣は時給が高い

アパレルのイメージとしては、給料が安いことをあげる方も多いかもしれません。確かに、アルバイトの場合、800〜900円といった時給はザラですし、正社員も労働時間に対して基本給はかなり安いと言われています。

しかし派遣の場合、都心であれば時給1,500円以上の案件もたくさんあります。また、正社員と違ってサービス残業はなく、残業した分はしっかり給料に加算されるため、他の業種と比べても給与が安いといったことがありません。

あこがれのブランドや勤務地で働ける

アパレルの派遣会社は、さまざまなブランドと契約しているため、自分の好きなブランドで働くことができます。また、若者のファッションの中心地である原宿や渋谷、洗練された雰囲気のある青山、高級ブランド店が並ぶ銀座など、勤務地にあこがれのエリアを選ぶことも可能です。

どうしても…というブランドや勤務地がある場合は、あらかじめ担当コーディネーターに伝えておきましょう。

好きなブランドの服が社割で買える

アパレル業界で働く大きなメリットとして、自分が働くショップで扱う商品を40〜50%ほどの社割で購入できるということがあります。

販売スタッフの場合、そのブランドのマネキンとしての役割もあるため、定番商品だけではなく、流行の最先端の新商品を誰よりも先に手に入れられるのは、服やオシャレが大好きな人にとって、何にも代えがたい幸せなのではないでしょうか。

アパレル派遣で働くデメリット

アパレル派遣のデメリットには、どのようなものがあるでしょうか。

土日休みがとりづらい

販売スタッフは、ほとんどの場合シフト制で働きます。そのため、月に1〜3回程度は土日のいずれかに休みが当たることはあります。しかし、基本的には忙しい曜日となるため、土日をねらって休みをとることは難しいでしょう。

期限付き雇用である

派遣は、最長3年間の有期雇用です。どんなに好きなブランドであっても、どんなに居心地の良い職場であっても、契約期間が切れれば辞めなければなりません。

また、自分が3年の間で契約更新を願ったとしても、ショップの方から必要とされなければ数ヶ月で契約終了となることもあります。

ただし、アパレル系の仕事の場合、派遣で一定期間働いた後、正社員に登用されるケースも少なくありません。好きなブランドで正社員として長く働きたいという方は、「紹介予定派遣」を利用するのも1つの方法です。

勤務先の商品を買わなければいけない場合がある

アパレルショップの場合、制服が貸与されるケースや私服でOKのケースのほか、勤務先の商品を購入して着用し接客しなければならないケースもあります。洋服代支給というショップはないと考えて良いでしょう。

ただし、人気ブランドや自分が好きな服を毎日着られ、しかもそれを社割でかなりお得に購入できることはメリットと考える方も多いようです。

疎外感を感じることも…

正社員やアルバイトと違い、派遣社員はあくまでも一定期間、他の会社から派遣されてきた人材。期間限定であるがために、よそ者扱いされ疎外感を感じることがあるかもしれません。

ただ、これは職場の雰囲気にもよりますし、長期派遣であれば徐々にチームの一員や仲間として認めてもらえることも少なくありません。

アパレル派遣の給料の相場や福利厚生

それでは次に、気になるアパレル派遣の給料や、受けられる福利厚生について見ていきましょう。

時給は1,500円前後が一般的

アパレル派遣の時給は、都心ではおおよそ1400〜1600円くらいが相場です。地方の場合はこれよりも少し下がりますが、それでも、パートやアルバイトと比較するとかなり高い時給と言えます。

なぜ、こんなに時給が良いのかというと、アパレル派遣は、繁忙期や社員の出産・育児休暇などで人員が足りなくなったときに、採用試験や面接などを行う手間なく、優秀な人材にすぐに現場で働いてもらえるからです。

一方で、交通費に関しては、派遣の場合、基本的には支給されません。そのため、勤務地が自宅から遠い場合は出費がかさんでしまうことが考えられます。

自宅近くや自転車通勤ができれば理想ですが、そうでない場合は、交通費全額支給の求人を探すか、またはかかる交通費も加味したうえで時給を判断する必要があります。

就業前研修が受けられる派遣会社も

派遣スタッフの場合、福利厚生は派遣会社のものを利用します。

月の勤務日数や週の勤務時間などの条件を満たせば、社会保険に加入することができますし、派遣スタッフとして登録していれば、健康診断、リラクゼーション施設やフィットネスジム、レストランなどを優待価格で利用することもできます。

また、派遣会社によっては、就業前や就業中にアパレルの基礎知識やマナー、販売のノウハウを学べる無料研修を行っているところもあります。ですからアパレル業界が初めての方やブランクがある方でも安心して仕事を始めることができます。

さらに、派遣会社の福利厚生ではありませんが、アパレルならではの特権として、扱っているブランドの新商品をかなりお得な価格で購入することができます。

アパレル派遣で男性でもお仕事可能なのか?

男性がショップスタッフをしたい場合は、メンズもしくはメンズ・レディース両方を取り扱っているブランドを目指しましょう。

例えば、ユナイテッドアローズのようなセレクトショップや、スポーツウエアを専門に扱うショップなどは男性のショップ店員も必要とされています。

ただし、男性ブランドのショップスタッフを目指す際にもコツがあります。それは、女性の場合も同じことが言えますが、自分が希望するブランドの雰囲気に合っているかということ。

派遣会社としても、スーツ店に長髪にデニムを履いた男性は紹介しません。希望するブランドの求人が出ている派遣会社に登録しに行く場合は、そのブランドのテイストに合わせた服装で行くようにしましょう。

だからと言って、先ほども触れた通りあまり崩した服装では社会人としてのマナーを疑われます。登録に行くのは派遣会社のオフィスですから、あくまでオフィスカジュアルをベースに、多少そのブランドのテイストを取り入れる程度にしておいたほうがでしょう。

アパレル派遣で短期間働きたい方におすすめの仕事内容

アパレル派遣の短期でのお仕事には、どのようなものがあるか見ていきましょう。

セール時期のスポットスタッフ

年末年始、クリスマスシーズン、サマーセール、さらには店舗をリニューアルすることの多い3月や9月などのセール時期は人手が必要になるため、1〜2ヶ月といった短期の募集が増える時期です。

忙しい時期をスタッフみんなで乗り切るという空気があるので、アパレル派遣にありがちな「このショップで派遣は自分1人」という事態があまりないのもメリットです。

オープニングスタッフ

次に多いのは、新規オープンのショップのオープニングスタッフです。こちらも大量募集がかかることが多く、新規オープンなのでみんな初めての職場、初めての仕事内容という所からのスタートとなり、仲間が多くなにかと心強いというメリットがあります。

ファミリーセールスタッフ

ファミリーセールとは、従業員やその家族、取引先などの関係者向けに行われる、数日間限定の特設会場で行うセールのことです。1年中どこかのブランドで行われていますが、5〜6月、11〜12月が特に多いようです。

ファミリーセールのスタッフは、短期というよりも数日間の単発の仕事になります。「アパレルの仕事をしてみたい、でも不安」という方には、お試し的に業界の雰囲気を知ったり、仕事を経験できる絶好のチャンスとも言えるでしょう。

アパレル派遣で長期間働きたい方におすすめの仕事内容

派遣スタッフは、数ヶ月ごとに契約の更新をしていくスタイルが一般的です。

セールなどのスポットスタッフとして、または社員の産休や育休などの穴埋め要因で採用された場合は、あらかじめ決められた期間で契約終了となるケースが多いため、長期希望の場合は、スポットスタッフではない常勤の仕事を選びましょう。

派遣先企業に優秀なスタッフとして認められ、必要とされれば、最長3年間働くことができます。

また、いずれは正社員や契約社員になりたい方は、「紹介予定派遣」というスタイルで就業するのも1つの方法です。

紹介予定派遣とは、まずは派遣スタッフとして就業し、派遣先企業であるそのショップ、そして派遣スタッフ双方がお互いを知り、合意を得られたらそのまま正規雇用にシフトできるというもの。長期で仕事をしたいと思うなら、正社員を目指せるこの方法をおすすめします。

アパレル派遣で人気の人材派遣会社の登録先一覧

アパレルに強い派遣会社をご紹介します。登録する際には、ぜひ比較検討してみてくださいね。

iDA(アイ・ディ・アクセス)

iDAは、ファッション、ジュエリー販売、コスメ販売などの求人を扱っている人材紹介会社。優良派遣事業者の認定も受けています。

誰もが知っているラグジュアリーブランドやデザイナーズブランド、インポートブランドから、セレクトショップまで、業界最大級の求人数を誇り、全国で紹介可能という充実ぶり。現場で役立つ就業前のトレーニングサポートも充実しています。

アパレル業界で働きたいなら、ぜひ登録しておきたい会社です。

テンプスタッフ

派遣会社として、国内最大手のひとつであるテンプスタッフは、アパレル・ファッション業界でも強さを発揮しています。

未経験OKや高時給案件なども充実。あらゆる希望を叶えることができます。また、テンプスタッフの正社員と同じ福利厚生を利用できるのも、大きな魅力と言えるでしょう。

スタッフブリッジ

アパレルやファッション、コスメに特化した人材派遣会社、スタッフブリッジ。有名ブランドを多く派遣先に持つ人気の派遣会社です。

キャリアカウンセリングや、就業後のフォロー体制も手厚く、安心して仕事ができる環境を提供してくれます。

まとめ

アパレル業界の中には、派遣スタッフから社員になったという方も多くいます。しっかりと仕事をすることが評価につながり、憧れのブランドの社員になれる可能性もある…そう考えると、アパレル派遣はとても魅力的な働き方と言えるでしょう。

「憧れはあるけれど、自分にできるかな?」そんな人にこそおすすめの「派遣」という働き方。ぜひトライしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド