パン屋のアルバイト求人の詳細

> 職種別の派遣求人 > パン屋のアルバイト求人

パン屋のアルバイト求人

「子どものころからの夢だった」
「パンが好き」
「おいしいパンで、人を笑顔にしたい」
そん気持ちが原動力となって、パン屋さんでアルバイトをしたいと考える方も多いようです。
「パン屋」と言っても、チェーン店から個人店と、さまざまなショップがあります。
今回は、パン屋さんのアルバイト求人について、さまざまな観点から調査してみましょう。

パン屋アルバイトの仕事内容

最初に、パン屋アルバイトで担当する仕事内容について、ご紹介しましょう。
パン屋の仕事は、いくつかのジャンルに分けることができます。
一番イメージしやすいのは、店頭に立ってパンを販売する「販売スタッフ」ではないでしょうか。
そのほかにも、キッチンに入ってパンを作る作業を行う「製造スタッフ」。
カフェが併設されているパン屋では、食事をサービスする「ホールスタッフ」や、カフェメニューを調理する「調理スタッフ」も活躍しています。
では、具体的な仕事内容について、見ていきましょう。

「販売スタッフ」は笑顔が大事!

お客様対応を行う販売スタッフは、笑顔が大切な仕事です。
「いらっしゃいませ」
その声のトーンで、ショップのイメージが決まるといっても過言ではありません。
パンを買いに来てくれたお客様に、笑顔になっていただけるような接客を心がけましょう。

販売スタッフの具体的な仕事内容は、以下の通りになります。
接客
レジ
サッカー(パンを袋詰めする作業)
陳列
清掃など、店舗運営業務

接客は、来店されたお客様にご挨拶したり、質問に答えたりするなど、お客様対応がメインとなる仕事です。
最初にも触れた通り、お店を印象づけるものでもあります。
笑顔で対応するよう、心がけましょう。

レジ打ちは、販売スタッフの仕事の中でも、最大の難関。
というもの、パン屋に置かれているパンの種類は数が多く、その値段を覚えて、スムーズにレジ打ちをしなくてはいけないからです。
一覧が作られている店舗もありますが、そうでない場合は商品と値段を覚えなくてはいけません。
タイムセールが入った時には、今タイムセールになっている商品と、その値段も把握し、迅速に対応する必要があります。
最初は確かに大変ですが、回数をこなすことで自然と覚えられるようになりますから、必要以上に心配する必要はありません。
ただ、早く覚えるためにはやはり工夫することも大切です。
パンの名前と値段をメモしたり、場合によってはパンの特徴や絵を描いて覚えたりするスタッフもいます。
パンの名前も、お洒落なお店ほど複雑な名称が多いもの。
きちんと覚えられるように、努力することも大切です。
お客様にパンの名前を出して質問された時に、すぐに回答できるスタッフを目指しましょう。

パンを袋詰めする作業であるサッカーは、レジの隣で行います。
一見、それほど難しくなさそうに思えますが、お店によってマイナールールが存在する作業です。
「お総菜パン、シュガーパウダーがついているパン同士はまとめる」
「ひとつずつ、別々に袋詰めする」
など、さまざまな決まりがあります。
決まりがない場合は、逆に自分で判断しなくてはいけません。
お客様に「このパンとこのパンを一緒に入れるの?」と思われることがないよう、注意しながら作業を進める必要があります。
サッカーの作業をする前に、先輩スタッフに確認しておくようにしましょう。
また、焼き立てのパンはとてもデリケートなもの。
パンを掴むときに力を入れすぎないようにすることも、大切です。

パンの陳列は、お店によっては製造スタッフが行うこともあります。
残り少なくなったパンを寄せて、空いたスペースに焼き立てのパンを陳列する作業です。
陳列をしながら「ただいまクロワッサンが焼きあがりました」とアナウンスすることも必要となります。
声を出すことに抵抗がないように、心づもりしておきましょう。

最後に、店舗運営業務です。
一例として清掃を上げましたが、仕事に慣れていくにつれて、レジを締める作業や、開店準備、閉店作業など、さまざまな業務が増えていきます。
ブログをしているお店では、ブログ更新や、黒板におすすめメニューを描く作業などが発生することも。
こういった仕事は社員が担当するケースや、ベテランスタッフになってから任せられるケースが多いので「業務として存在する」ということを理解しておく程度で大丈夫です。

丁寧な仕事がポイント「製造スタッフ」

「製造スタッフ」というと、パン生地をこねて、発酵させて…と想像されるかもしれません。
ですが、多くの場合製造スタッフと言っても、難しいことをアルバイトに担当させることはありません。
生地を形成して、焼く作業を補助的に行う程度と考えていいでしょう。
その他にはサンドイッチの製造、各種パンのトッピング作業などが主な仕事となります。
「将来パン職人になりたい!」などの志がある場合や、個人店などでは、交渉次第で仕事内容を調整してもらうことも可能です。
意欲があるスタッフは、お店にとっても頼もしい存在。
ぜひ、積極的にアピールしていきましょう。
製造スタッフは、洗い物やキッチン清掃なども行うケースもあります。

カフェ併設のベーカリーショップの場合
カフェが併設されているベーカリーショップの場合、カフェの仕事も担当するケースがあります。
カフェの仕事としてはオーダーを受け、お客様への料理のサービスや、下膳などを担当します。
いわゆるホールスタッフ的なお仕事となります。

キッチンスタッフは料理の盛り付けや、簡単な調理などを担当します。
食器の洗浄も、仕事となります。

パン屋のアルバイトは未経験者でもお仕事可能なのか?

パン屋のアルバイトは、未経験でも採用されるのでしょうか。
パン屋のアルバイトは、アルバイト未経験者も歓迎とされがちなショップスタッフの仕事となります。
ですから、未経験でもお仕事に応募することは可能ですし、比較的採用されやすい職種といえるでしょう。

採用されたとして、実際に仕事をする上ではどうでしょうか。
店員が新人かどうかは、お客様には関係ありません。
「お店の人」というだけで、いろんなお客様から質問されたり、何かを頼まれたりすることも出てくるでしょう。
そんな時に、お客様に気持ちよく対応することが大切なポイント。
分からないことを聞かれた時には「少々お待ちください」と確認をしに行っても、もちろん大丈夫です。
適当に対応するのではなく、お客様のニーズにきちんとお答えすることができるように、考えて動ける臨機応変さが、接客業に大切なポイントとなります。

大変な面もあるけれど、パン好きにはたまらない仕事といえるパン屋スタッフ。
接客業は慣れていくに従い、お客様の「ありがとう」を喜びとして感じられるようになる仕事でもあります。
未経験で仕事をスタートさせる場合は特に最初は覚えることも多く、大変な面もあるでしょう。
ですが、大好きなパンの香りに包まれて、お客様から「ありがとう」「おいしかった」と言っていただける仕事は、やりがいの大きなもの。
未経験でも、興味がある場合はぜひ挑戦してみることをおすすめします。

パン屋アルバイトで役立つスキル

パン屋のアルバイトで大切なポイントとなるのは、コミュニケーションスキルです。
お客様とのやりとりはもちろんですが、スタッフ同士もレジやサッカーなどペアになって仕事をする場面も出てきます。
そういった時、やはりコミュニケーションスキルは重要なポイントです。
笑顔で挨拶をすることから始まり、お客様への挨拶ややりとりを含め、はきはきとした元気な声で対応することが求められます。

また、当たり前のことですが、丁寧な言葉遣いやお客様の立場に立った心遣いが必要となります。
とはいえ、オフィスワークをする際に求められるようなかっちりとしたビジネスマナーは求められません。
お客様が心地よくお買い物を楽しんでくださるように、サポートできればそれで充分です。
真心を込めた接客が、大切になります。

パン屋のアルバイトで働くメリット

パン屋さんで仕事をするメリットには、どのようなものがあるでしょうか。
まず、パンが好きな人にとっては「パン屋さんで仕事ができる!」それだけで夢が叶うということになります。
焼き立てのパンの香りに包まれながら働くのは、至福の時間となるでしょう。

また、少しだけ焦げてしまったり、隣りのパンとついてしまって売り物にならないパンをもらったりすることができるのもパン屋でバイトをする特権です。
お店によって規定がことなりますから、一概にはいえませんが、廃棄になってしまうパンをもらうことができるケースもあります。
パンが好きで仕事にしている人が多いので、パンをもらうことができるというのは大きな魅力といえるでしょう。

パン屋のアルバイトは、朝早くからスタートする店舗もあります。
「朝が弱い」という方も、これを機に朝方にシフトするのもいいかもしれません。
朝一番にアルバイトをすると、体も目が覚めて、一日を有効に活用することができます。
これは、思いがけないメリットといえるでしょう。
「夕方からバイトだ」と思うと、一日中なんとなく落ち着かない気持ちで過ごすことも可能です。
そういった意味では、朝一番にアルバイトを済ませるのは、一日を有意義に過ごすために有効な手段といえます。

将来的にパン職人になりたい人にとっては、アルバイト先であると同時に勉強の場ともなります。
自分がパンを実際にこねるなど、形成することはなくても、そういった仕事を見ているだけで学ぶものは多くあるはず。
発酵の具合など、経験がものをいうような微妙な加減も、見ているうちに分かるようになります。
学びながらお給料がもらえるなんて、こんなにありがたい仕事はなかなかないでしょう。

パン屋のアルバイトで働くデメリット

パン屋でアルバイトするデメリットは、それほどありません。
強いてあげるとするなら、体調面のメンテナンスが普通のアルバイト以上に重要という点です。
手が荒れやすい人は、保湿クリームを常備し、仕事が終わったらケアするようにしましょう。
仕事中は、保湿クリームがパンについては大変ですから、もちろんつけることはできません。
パン屋の仕事は、食品を扱います。
手を頻繁に洗う必要がありますから、どうしても手が荒れやすくなってしまうのです。

また、体調がいまひとつの時にいつもはいい香りに感じるものが、胸やけすることもあるかもしれません。
その場合は、マスクを着用するなど工夫するようにしましょう。
極端に朝が弱い人にとっては、早朝シフトに入れられてしまうと厳しい面もあるでしょう。
その場合は、シフトの希望を出すときに早朝を外しておけば大丈夫です。

パン屋アルバイトの給料相場や福利厚生制度

パン屋アルバイトの給料相場は、950円〜1100円となっています。
交通費が支給される店舗、されない店舗などがありますから、家から離れた場所を勤務先に選ぶ場合はその点もチェックしましょう。

社会保険に関しては、一定の条件を超えていれば加入することが可能です。
福利厚生は、パンをもらえたり、社員割引があったりと、パン好きには嬉しいものばかり。
そのほかにも、制服が貸与されるショップも多いため、かわいい制服で働けることに喜ぶ方も多いようです。

パン屋のアルバイトは学生でもお仕事可能なのか?

パン屋のアルバイトは、学生でももちろんすることが出来ます。
パン屋の仕事は、アルバイトデビュー歓迎とされているショップスタッフの仕事です。
仕事内容自体、難しいものはなく、大変なのはパンの名前と値段を覚えることくらいでしょう。
それも、年齢の若い学生にとっては、それほど苦にはならないはず。
腰を据えて働いてくれる学生は、採用する側であるパン屋としては歓迎です。
社会で仕事をした経験がない「アルバイト未経験」であっても、やる気をしっかりとアピールすれば大丈夫。
明るい笑顔と、元気な挨拶を心がけて、面接に臨みましょう。

パン屋アルバイトの面接での注意点

パン屋のアルバイトに応募する際、必ず通る道である「面接」。
面接では、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

まずは、服装について注意すべきポイントです。
食品を扱う仕事ですから、まず清潔感を心がけることが大切になります。
爪は短く切り、ネイルなどはせず、アクセサリーも基本的には避けましょう。
髪の毛も、男性は短髪、女性は長い場合はきちんとまとめて面接に挑みます。
過度なお化粧は避け、香水なども避けましょう。

面接では、はっきりとした口調で、丁寧な言葉遣いを心がけます。
パンが好きで、パン屋でのアルバイトを希望している場合は、その思いを伝えましょう。
その上で、なぜこのお店を選んだかを伝えることができれば、それは強みになります。
チェーン店、個人店、高級パンを提供する店とさまざまありますから、そのお店で仕事をしたい理由を考えておきましょう。
「パンが好きで、パン屋ならどこでもよかった」というのでは、お店に良い印象を残すことはできません。

パン屋の仕事は、基本的にサービス業です。
お客様が笑顔になってくれる時間を提供できるような対応を心がけましょう。

パン屋アルバイトを短期と長期で比較

パン屋のアルバイトは、基本的には長期の求人がメインとなります。
さまざまな仕事を覚えてもらったスタッフが短期契約で、契約終了後退職してしまっては、雇う側としてはとても残念なもの。
せっかくですから、腰を落ち着けて仕事をしてくれる人を雇う側としても希望しています。

ただ、オープニングスタッフとして短期のスタッフを募集するケースも存在します。
「長期の仕事として始める前に、お試しで短期の仕事をしてみたい」
そう考えている方は、求人情報をよくチェックして短期の仕事を探してみましょう。
件数自体はあまり多くありませんが、時々募集が出ます。
募集記事を見つけたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

また、パン屋の短期アルバイトは「長期への契約継続あり」などと表記されていることも。
お試しでアルバイトを始めてみて「これは続けられそう!」と思ったら、そのまま長期にシフト可能なこともあるのです。
それを、頭に置いておきましょう。
特にそういった記載がなくても、勤務態度が真面目で評価された場合、会社から継続を打診されるケースも。
「短期で、すぐに契約満了になるから」と気軽に考えすぎず、真面目に取り組むことが大切です。

お試しで短期アルバイトをし、お互いの合意があればレギュラースタッフになれる。
これは、理想的な流れといえるのではないでしょうか。
もし、今回は短期スタッフで終了したとしても「パン屋での実務経験あり」というのは、次のアルバイトを探す時に強みとなります。
真面目にコツコツ、仕事に取り組みましょう。

パン屋の求人でおすすめのアルバイト登録先

パン屋でアルバイトをしたい――そう思ったら、どうすればいいのでしょうか。
まずは、さまざまな求人情報が集まっているアルバイト情報サイトに登録することをおススメします。
それでは、パン屋求人に強いアルバイト情報サイトをお知らせします。

タウンワーク

タウンワークは株式会社リクルートが運営する、アルバイト・パート求人情報サイトです。
リクルートグループが誇る日本最大級の規模が強み。
勤務地や職種、給与、シフトなど、あなたのこだわりたいポイントを叶える求人情報を数多く掲載しています。
「履歴書って、どうやって書いたらいいの?」という不安にお答えする、面接対策や履歴書の書き方などのコラムも掲載。
あなたのアルバイトデビューを応援します!

Web an

全国のアルバイト情報を掲載している、アルバイト情報サイト『an』。
パーソルキャリア株式会社が運営しており「こだわり検索」や「シーズンバイト」など、希望を叶える検索が豊富にあるのが強みとなっています。
エリア別の検索もできるので、ご自宅近くのパン屋求人もすぐに見つけられるはず。
掲載求人件数も多く、充実しているので、ぜひ活用してみてください。

「パン屋さんになりたい」
子どものころ、そんな夢を抱いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実際に仕事をしてみると、子どものころイメージしていたような世界だけではなく、大変なことももちろんでてきます。
でも、甘くて優しいパンの香りに包まれながら、お客様に「ありがとう」と言っていただける仕事というのは、日々に彩を添えてくれるもの。
夢を実現するために、新しい一歩をぜひ踏み出してみてください。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加