マイカー通勤可能の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > マイカー通勤可能の人材派遣会社登録と求人情報

マイカー通勤可能の人材派遣会社登録と求人情報

求人情報に「マイカー通勤可」と書かれていると、車を運転するのが好きな方は「お、いいね!」と魅力的に感じられるのではないでしょうか。ですが、マイカー通勤にはさまざまなメリットもありますが、同時にデメリットも存在します。自分や家族の所有する車で通勤するということは、考えている以上にさまざまな検討すべき点があるのです。今回は、マイカー通勤可能な派遣のお仕事について、詳しく見ていきましょう。

マイカー通勤可能な仕事の派遣登録方法

それではまず、マイカー通勤可能な派遣会社への登録方法について、見ていきましょう。マイカー通勤を希望している場合は、派遣会社が運営している求人情報サイトの検索項目の中に「マイカー通勤OK」というチェック項目があればそれにチェックをし、それがない場合はフリーワードなどに「マイカー通勤」などの言葉を入力して検索をかけます。そうすると、マイカー通勤OKの案件が表示されますから、自分の希望する職種や地域で派遣の仕事がないかを探しましょう。「これ!」というものがあったら、さっそくその派遣会社に登録を行います。

派遣の登録方法は、通常の派遣登録の際に行うものと大きく変わりはありません。まず、Web上でエントリーを行います。氏名やメールアドレスなどの情報を入力すると、仮登録が完了。仮登録で入力したメールアドレス宛に、本登録用のURLが送られてきますので、そちらに基本情報を入力しましょう。この基本情報ですが、必須項目のみ入力するのか、それとも必須項目以外も入力するのかで迷われる方もいらっしゃるようです。ここで入力する項目は、実は派遣会社に実際に派遣登録説明会に行った際、入力する項目であるケースが多くあります。派遣登録説明会で「自分の職務経歴や自己PRなら、悩まずにスムーズに入力できる」と考えられる方は、ここで入力しなくてもいいでしょう。ですが、派遣登録説明会という、就職でいうなれば「面接」の場での入力作業となると、緊張して落ち着いてできないという方も多くいらっしゃると思います。そのような方は、あらかじめ自宅で詳しく入力を済ませておくというのも、ひとつの方法です。職務経歴や自己PRは、その後お仕事を紹介していただくために大切なポイントとなります。しっかりとアピールしておきたいですよね。もし、入力する際にそこまで考えず、必須項目のみで本登録をしてしまったという場合は、派遣登録説明会に行く当日には、しっかりと練った自己PRや職務経歴書を用意していきましょう。履歴書も、基本情報を入力してあれば不要というところがほとんどですが、念のため持参しておくと派遣会社で自分の情報を入力する際、卒業年度などを確認することが出来、便利です。ここで覚えておいていただきたいのは履歴書、自己PR文、職務経歴書は、派遣会社に自分を売り込むツールとなるということ。しっかりと磨き上げて、自分の強みやスキルを的確に伝えることができるように準備を進めましょう。

Webエントリーが終わると、派遣会社から派遣登録説明会のお知らせがメールや電話で届きます。そちらに派遣登録説明会開催日時がいくつか記載されていますから、その中から都合のよい日を選んで予約しましょう。この時ぜひ注意していただきたいのが、後になって変更することがないようにしっかりとスケジュールを確認して予約すること。派遣の登録説明会と言っても、就職活動や転職活動における採用面接と変わりはありません。「派遣だから」となぜか簡単に考えてしまう方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。派遣だからこそ、派遣会社と良好な関係を構築することが重要なポイントとなり、信頼関係が築けていればお仕事も紹介してもらいやすくなります。一つひとつのことを丁寧に、きちんと対応するように心がけましょう。

派遣登録説明会は、通常派遣会社のオフィスで行われます。当日は「派遣」という働き方の仕組みについての説明を受け、簡単なパソコン操作などのスキルチェックや、一般常識のテストを受けます。その後、派遣会社の方と面談を行います。派遣登録をWebで行った時点で「このお仕事してみたいな」という案件を見て登録するケースが多いと思いますが、そういった仕事は他の人にとっても魅力的であり、派遣登録説明会時にはもう埋まっているということもありがちです。そうなってしまった時には、派遣会社の方が進めてくださるお仕事を前向きに検討する姿勢が大切になります。どのようのなお仕事があるかを確認し、条件にあうものがあればその場でお仕事を紹介してもらうことも可能ですから、慎重に対応しましょう。「マイカー通勤可」という条件がついているお仕事は、仕事上で運転を行うこともありますから、そういった場合はガソリン代などについてもその場できちんと確認しておきましょう。派遣登録が完了すると、希望条件にあった案件があれば派遣会社から連絡が来ます。それを待ちきれない場合は自分で求人情報をチェックして、希望する案件があったらどんどん問い合わせを行うようにします。積極的な姿勢を見せておくことで、派遣会社にも「就労意識が高いスタッフ」として認識してもらうことができます。

マイカー通勤可能の派遣で働くメリット

マイカー通勤派遣で働くメリットには、どのようなものがあるでしょうか。まず、マイカー通勤可のお仕事をわざわざ選ぶ方ですから、車の運転が好きな方が多いでしょう。車の運転が好きな方にとって、マイカー通勤というのは通勤ラッシュを避けることもでき、精神的な負担が軽減されるというメリットもあります。車では自分の好きな音楽を掛けたり、ラジオを聴きながら通勤することもできますし、なんといっても必ず座れるというのも大きな魅力。これから仕事をするのですから、英気を十分に養っておきたいですよね。そういった意味でも、マイカー通勤はとても魅力的な通勤方法と言えるでしょう。また、雨の日や暑さ、寒さの激しい時期でも快適な環境で通勤ができますから、これも利点と言えるでしょう。多少荷物が多くても、車なら苦にならないという面もあります。そして、電車では行きにくい場所であっても、車であればアクセスしやすいということもありますから、マイカー派遣先企業が「通勤可能」な派遣先であれば、マイカー通勤をするというのも一つの選択肢と言えるでしょう。マイカー通勤には、車の運転が苦にならない方にとってはさまざまなメリットがあります。「車の運転が苦にならない、むしろ好きで気分転換になる」という方にとっては、マイカー通勤というのは理想的な通勤方法なのです。

マイカー通勤可能の派遣で働くデメリット

それでは、今度は逆にマイカー通勤可能な派遣先で仕事をすることのデメリットについてご紹介しましょう。マイカー通勤の意外な落とし穴は「運転し続けなくてはいけない」という点にあります。どんなに疲れていても、自分が運転しなければ家に帰ることはできません。電車の場合「眠たいな」と思えば寝てしまうこともできますが、マイカー通勤の場合はそうはいかないのです。また、雨の日や五当日、年度末などは渋滞が起こりやすく、通勤時間が読みにくいという面もあります。突発的にひどい渋滞にあたってしまうと、遅刻してしまうこともありますから、時間的に余裕を見て家を出る必要があるでしょう。また、どうしても運動不足に陥りやすいというのが意外な落とし穴。駅を利用して通勤するだけでも、自分の足を使って歩く分だけ運動不足解消には役立っているのだと、マイカー通勤に切り替えて気づく方もいらっしゃるようです。

マイカー通勤にも、メリットとデメリットがあることをご理解いただけたと思います。あとは、自分にどちらのスタイルがあっているかをよく考えて選ぶようにしましょう。また、派遣の場合は交通費が支給されないケースもありますから、マイカー通勤でかかるガソリン代などと定期代を比較することも大切なポイントとなります。しっかりと考えて、通勤手段を決めることをおすすめします。

マイカー通勤可となっていない会社にマイカー通勤したらどうなるの?

もちろん、マイカー通勤がOKとなっていない職場にマイカーで出勤することは、禁じられています。勝手にマイカーで通勤していると、万が一出勤中に事故を起こしたとしても派遣会社は何も対応してくれません。また、通勤途中で事故を起こした際、通常であれば労災がおりますが、無断でマイカー通勤していた場合は労災の対象外となりますので、注意しておきましょう。通常、大手派遣会社では徒歩以外の通勤手段に対しては、公共の交通機関限定としているケースがほとんどです。

通勤中に事故を起こしたらどうなるの?

派遣で仕事をする場合、多くの場合は派遣会社の雇用保険に加入していると思います。ですから、派遣スタッフが万が一、通勤途中にケガをするようなことが起きた場合は、すべて派遣会社がその責任を持つことになっており、労災の給付手続き等も派遣会社が行うのが一般的です。マイカー通勤を認められている場合は、派遣先企業から交付されている車両通勤許可申請書が必要となります。この許可証がない場合、マイカー通勤による事故でも労災に認定されないケースがあります。自宅から派遣先企業までの通勤経路内で事故にあった場合は、通勤経路の確認と就業場所である派遣先企業で就業していることの証明となる「就業証明」と、派遣会社からの「雇用証明」が必要となります。このように、派遣会社が労災を申請するには、書類や証明が必要となることを覚えておきましょう。手続きは派遣会社が行いますが、派遣先企業にも証明に協力していただくことが必要となります。ただし、一般的には通勤途中の交通事故は労災となりますが、自動車保険が対応してくれる場合にはそちらを優先とするケースが一般的です。自動車保険で損害が補填された場合は、労災の対象にはならないということを理解しておきましょう。また、通勤途中や帰宅途中に事故を起こしたといっても、通勤経路外への寄り道で起きた事故に関しては労災に該当しないこともありますから、注意が必要となります。

マイカー通勤時の交通費や駐車場ってどうなるの?

マイカーで通勤する場合、交通費や駐車場代はどのようになるのでしょうか。先ほどの項目の最後でも少し触れましたが、派遣の場合は求人情報に「交通費支給なし」という記載が多く見られます。交通費が支払われない、ということはガソリン代や駐車場代金はもちろん、自分で支払うということになります。この場合、派遣先企業や派遣会社としては、あくまで「マイカーで通勤してもいいですよ」と言っているのであり、それにかかる費用を負担しますと言っている訳ではありません。もちろん、案件によっては交通費を支給してくれるところもありますから、就業を決める前に派遣コーディネーターにきちんと確認するようにしましょう。マイカー通勤OKとなっていて、交通費支給となる場合、多くは「実費相当額を負担いたします。支給には上限があります」とされているケースとなります。「上限」という表記が気になるところですが、そのあたりもきちんと派遣会社に確認するようにしましょう。大きく赤字が出るようでは、通勤方法を検討しなおした方がいいかもしれません。また、駐車場完備の職場でない場合は、駐車場代を自分で出さなくてはいけませんし、派遣先企業によっては駐車場代金の代わりに社内道路等の維持保全費用を支払うケースもあります。電車通勤とは違い、定期代のように交通費がはっきり算出できる訳ではありませんから、そういった面倒さはあるかもしれません。派遣会社にマイカー通勤の交通費がどのように定義づけられているかをしっかりと確認することが、大切なポイントと言えるでしょう。

マイカー通勤可能な派遣のお仕事にはどのような案件が多い?

マイカー通勤OKとされている派遣のお仕事には、どのような職種が多いのでしょうか。まず一つ目に、郊外にある工場や企業が挙げられます。敷地が広いため自社の敷地内に駐車場を用意することが出来、また立地柄電車でのアクセスがあまりよくないため、マイカ―通勤OKとしているケースが多いようです。職種としては工場内での軽作業や、企業の場合は一般事務や営業、そのほかにも介護職や看護職など、比較的多岐に渡ります。また、仕事内容によってはマイカーを使用して配達をしたり、巡回をするケースもありますので、自家用車を仕事に使っても問題ないかを家族としっかり話し合っておく必要があるでしょう。独断で使用し、傷をつけてしまったりすると、大きな問題となります。

そして最後に、忘れてはいけない重要なポイントについてご紹介します。業務で自家用車を使用する場合、保険がどのようになるかもしっかりと確認しておきましょう。業務で自家用車を利用するのは、さまざまなリスクもあります。派遣スタッフが仕事中に自分の車を運転して業務を行っている最中に事故が起きた場合は派遣スタッフが責任を問われますが、派遣スタッフを雇用している雇用主である派遣会社にも責任が問われます。また、帰宅途中に取引先に立ち寄るとしても、同様の責任が発生します。これは、使用者責任というもの。「でも、もし何かあったら保険会社が対応してくれるから、大丈夫」と楽観的に考えていると、思わぬ落とし穴があるのです。自家用車を会社の業務に使用する場合、保険プランを見直す必要があります。仕事中の事故も補償してもらえるように、契約を変更しなくてはいけません。保険を契約する際に「使用目的」を指定しますが、その項目を「日常・レジャー」「通勤・通学」を選択しているケースがほとんどです。この中に「業務」を含まれるようにすると、保険料が上がることもあります。業務に使用することで保険料が上がってしまう場合は、派遣会社に相談し、対応を検討してもらうことも視野に入れて動きましょう。本来であれば、マイカーではなく社用車を利用してすべき業務を、マイカーで行うのですから、補償はしっかりして欲しいですよね。お金が絡むと言いにくいと感じる方が多いようですが、大切なことですからしっかりと確認することをお勧めします。派遣先企業に車両規定がある場合は、きちんと確認しておきましょう。車両規定というのは、会社におけるマイカーの使用に関する取り決めのこと。制度が整っている会社であれば事業規模に関わらず整備されていることがほとんどですが、稀にそうではないケースもありますので、注意しましょう。

マイカー通勤可能の派遣、正社員、アルバイトの違いは何?

マイカー通勤可能な正社員や派遣、アルバイトには、具体的になにか違いがあるのでしょうか。それぞれ働き方が違いますから、待遇にも違いが出てくるケースももちろんあります。正社員でマイカー勤務がOKな場合は、会社に駐車場があったり、交通費が会社の定めた範囲内で支給されるケースも多くあります。また、そういった場合は業務で車を使用するケースもあるようです。また、会社と社員の間で誓約書を作成し、保険に加入していることや免許の有効期限が切れていないことなどを定期的にチェックすることもあります。会社側としては、万が一事故があった時に対応できるように、きちんと把握すべきと考えていると言えるでしょう。それでは、派遣スタッフの場合はどうでしょうか。派遣先企業と派遣会社両方がOKを出してはじめて、派遣スタッフがマイカー通勤をすることが可能となります。また、交通費が支払われるかどうかは先ほども述べた通り契約内容によって異なりますから、派遣会社に確認するようにしましょう。アルバイトでマイカー通勤可の場合は、雇用主である会社の規定により交通費の支払いや駐車場などの利用が定められています。「マイカー通勤可」となっていても、駐車場が用意されているわけではなく、会社の近くに駐車場を確保しなくてはいけないケースもあります。自分が捻出しなくてはならない費用となると、大きいですよね。曖昧になりがちなことですから、きちんと派遣会社に確認を取るようにしましょう。

正社員、派遣スタッフ、アルバイトと雇用スタイルが違えば、待遇が違ってきます。でも、いずれの場合も会社が定めた交通費や駐車場に関する取り決め、業務にマイカーを使用するか否かなどにより、違いが出てくるということを理解しておきましょう。大切なのは雇用形態に関わらず、マイカー通勤するにあたってどのような規定があるのかを正しく理解することなのです。

マイカー通勤可能の派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

マイカー通勤可能な派遣求人を多く取り扱っているお勧めの人材派遣会社をご紹介します。製造や工場の仕事、地方都市のオフィスワークに強い派遣会社などは、特にマイカー通勤可能なお仕事の多くなっています。ただ単に「マイカー通勤OKだって!」と判断するだけではなく、マイカー通勤をするにあたっての条件についてもきちんと理解することが大切なポイントとなります。場合によっては、あまり細かく規定されておらず、思わぬ事故やアクシデントが起こった時に、車の所有者である派遣スタッフが責任を負わなくてはならなくなるケースもありますから、注意が必要です。派遣登録説明会では、そのあたりも含めて詳しく説明を受けることをおすすめします。

アデコ株式会社

人材派遣を通信に、世界60か国に拠点を持つ総合人材サービス企業であるアデコ株式会社。製造・物流・作業系、車通勤OKの派遣求人なら、仕事情報が充実しています。求人数が豊富なのももちろんポイントですが、求人の質がよく、担当者が派遣スタッフの特性をしっかりと把握しており、紹介してくれる案件が派遣スタッフの希望や特性とあっているという点も、魅力です。スタッフ一人ひとりとしっかり向き合い、丁寧に対応してくれるのがアデコの強みと言えるでしょう。

ランスタッド株式会社

オランダに本社を置くランスタッド株式会社は、拠点数は世界39の国と地域に4400以上を誇る世界最大級の総合人材サービス会社です。マイカー通勤OKの案件も多く、製造や工場、軽作業の派遣求人が豊富にあります。世界最大級の総合人材サービス会社だけあって、案件も豊富。福利厚生や派遣スタッフに対するフォロー体制も充実しており、世界の労働市場を形創ることを目指し、時代の変化にしっかりと対応した人材サービスを展開。安心して派遣スタッフが活躍できるステージを提供しています。

テクノ・プロバイダー

兵庫県姫路市にある技術系と製造系に強い派遣会社「テクノ・プロバイダー」。マイカー出勤OKの案件を多く取り扱っています。大阪、神戸、京都などの近畿をメインに展開しており、研修制度が充実しているのも魅力と言えるでしょう。スタッフは20代〜40代と幅広いメンバーが活躍しており働きたい時間・曜日のみ働ける時短勤務にも対応。子育て中の主婦でも、お仕事で活躍している方がたくさんいます。設計・開発やリフトなどのスキルを活かした技術者としてのお仕事や、食品、軽作業、製造・加工、事務の案件も充実しています。

マイカー通勤OKの派遣のお仕事は、思っていた以上にたくさんあることがお分かりいただけたと思います。ただし、マイカー通勤に伴うリスクがあるということも、きちんと理解しておくことが大切です。交通費支給の規定や、労災について、駐車場の有無など、あらかじめ確認しておくべき点が多くあります。リフレッシュになる、暑さ寒さに関わらず必ず座れるなどマイカー通勤ならではのメリットも多くありますから、きちんと折り合いがつけばマイカー通勤という選択肢を選ぶのもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド