交通量調査の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 交通量調査の人材派遣会社登録と求人情報

交通量調査の人材派遣会社登録と求人情報

派遣会社に登録して仕事を探していると「交通量調査」という求人を目にすることがあります。道路の側で簡易ベンチに座った人が何やらカウントを取っている、街で時折り見かけるあのお仕事です。見かけたことはあるけれど、具体的にどのような仕事内容なのかはわからない、という人も多いのではないでしょうか。未経験でもできるのか、資格は必要なのか?調査時間や給料相場など、交通量調査の派遣求人についてご紹介します。

交通量調査派遣の仕事内容

指定された場所を通る車や人をカウントするだけの業務

交通量調査派遣の仕事とは、文字通り派遣会社の紹介で、交通量の調査を行う仕事です。公共機関やマーケティング会社などから依頼を受けて、指定されたエリアの道路を走っている車の台数やをカウントするのが主な仕事内容となります。1つのエリアに2~3人派遣されて調査を行いますが、業務中に喋ることはなく、基本的には1人で業務を行います。車の台数だけでなく、種類や規格をチェックしたり、時には歩行者や自転車といった車以外の交通量を調べることもありますが、業務自体はいたってシンプルです。

地味だが人の役に立つ仕事

交通量調査をする目的は発注元によって違いますが、マンション建設や店舗開店の際に行う事前調査や、高速道路の利用状況確認などが主な目的となります。人や車の往来をひたすらカウントするだけの地味で単調な業務ですが、大手企業や公共団体が発注元であることが多く、将来的に周辺地域に貢献できることもあるので、意外に有意義な仕事といえます。

交通量調査の派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

交通量調査の派遣は、未経験者でもお仕事が可能です。上で挙げたように、仕事内容が比較的単調でシンプルなので、特に資格や免許も必要ありません。求人で交通量調査の案件があれば、基本的に誰でもエントリーすることができます。

交通量調査派遣で役立つスキル

交通量調査派遣の仕事は、未経験者でも働けるため特別なスキルを必要としません。強いていうなら、仕事時間のほとんどを屋外で過ごすことになるため、警備や街頭でのチラシ配りなど、屋外での仕事の経験があるとよいでしょう。また、長時間にわたって人数や車の台数をカウントする業務なので、棚卸しや数量点検といった単調なチェック作業の経験があれば役に立つかもしれません。

交通量調査の派遣で働くメリット

交通量調査派遣で働く1番のメリットは、簡単な業務なので未経験でもできるところでしょう。単発の仕事が多いので、副業やお小遣い稼ぎとして気軽に応募できますし、未経験でもできる派遣の仕事の中では、比較的給料も高めです。週払いや日払いの仕事もあるので、今月厳しいな、というときにも嬉しいお仕事です。

交通量調査の派遣で働くデメリット

交通量調査派遣の仕事は、屋外で単調な作業を長時間続けるため、天候や周辺の環境に左右されやすいというデメリットがあります。雨や雪、夏の炎天下など、時期によっては過酷な条件に耐える必要がありますし、交通量の多い場所では、騒音や排気ガスが多いこともあります。休憩や交代の時間までは基本的に孤独で、トイレの回数にも制限があることが多いです。

交通量調査派遣に向いている人

交通量調査派遣の仕事は、天候に関わらず屋外で長時間じっとしていることが苦じゃない人に向いています。単調で孤独な作業になるので、人付き合いが苦手な人や、マイペースに黙々と作業をするのが好きな人にも向いています。単発の案件が多いため、副業や短期に稼げる仕事を探している人にもおすすめです。

交通量調査派遣に向いていない人

交通量調査派遣は、基本的には動かずにじっとしている仕事ですが、道路近くの屋外での業務となるため、意外と体力を必要とします。風邪を引きやすい、熱中症になりやすいといった人には、想像以上に過酷かもしれません。また、交通量調査派遣は特別なスキルがつきにくいため、「キャリアを積みたい」「スキルを磨きたい」と考えている人にも不向きな仕事といえます。

交通量調査派遣の給料相場や福利厚生制度

交通量調査派遣の給料相場

交通量調査派遣の給料相場は、地域や拘束される時間帯によっても差がありますが、半日拘束で大体日給10,000円~15,000円、24時間拘束で20,000円~30,000円程度となります。2~3時間ごとに1~2時間の休憩が挟まれる形態が多いので、給料は高めですが拘束時間は長くなります。

交通量調査派遣の福利厚生制度

交通量調査派遣は単発の仕事がメインとなるため、有休や昇給といった福利厚生は期待できませんが、勤務態度が真面目で発注先の評判が良いと、たまに継続して仕事を依頼してもらえることがあります。特定の派遣会社から継続して仕事を受けた場合、派遣会社が定める条件によっては一部の福利厚生が受けられる場合もあります。

交通量調査の派遣は学生でもお仕事可能なのか?

交通量調査の派遣は、学生でもお仕事可能です。大学生や専門学校生はもちろん、高校生も可としているものが多く、仕事の経験が少ない学生にぴったりの仕事といえるかもしれません。ただし、未成年者が働く場合は保護者の同意が必要になるので、家庭で許可をもらってから応募するようにしましょう。

交通量調査派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

交通量調査派遣は短期に稼げて誰でもできる仕事ですが、募集自体が少ないため、競争率が高くなりがちです。交通量調査派遣で働きたいのに求人が見つからない、という場合には、似た案件として分譲マンションの展示会やネットカフェなどの広告プラカードを持つ仕事などがあります。こちらも交通量調査派遣同様募集は多くありませんが、未経験でもできる比較的楽な仕事の1つです。

交通量調査の求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

交通量調査の求人を探すなら、単発や短期の案件を扱う人材派遣会社へ登録するのがおすすめです。単発をメインに扱う人材派遣会社としてはフルキャストが有名ですが、最近ではほとんどの派遣会社で単発を扱う部門があるので、求人を見つけたらすぐエントリーできるよう、あらかじめ複数社へ登録しておくとスムーズです。

交通量調査の仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

交通量調査の仕事は1日だけの仕事が多いため、交通量調査だけを行う正社員の求人はほぼないと考えた方がよいでしょう。派遣とアルバイトで比較すると、派遣会社の紹介で働く方が、時給にして100~200円、日給で1,000円~2,000円ほど高めな求人が多いようです。

交通量調査の派遣求人についての調査まとめ

いかがでしょうか。交通量調査の派遣求人は、単調で精神的な負担が少なく、学生や未経験者でも日払いで10,000円以上もらうことも可能なお仕事であることがわかりました。求人自体が少ないために競争率が高いことと、季節や地域によっては過酷なことを覗けば、なかなか割の良い仕事といえそうです。興味のある方や「向いている」「やってみたい」と思った方は、1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド