コミュニケーションが苦手な方におすすめな人と関わることがない派遣の仕事の詳細

> > コミュニケーションが苦手な方におすすめな人と関わることがない派遣の仕事

コミュニケーションが苦手な方におすすめな人と関わることがない派遣の仕事

「人と一緒に仕事をするのが、どうも苦手」「できれば、一人で作業ができるような仕事がしたい」「でも、コミュニケーションがあまり必要ない仕事なんて、あるのかな」そのように考えている人も、いるのではないでしょうか。今回は、コミュニケーションが苦手な人に、ぜひおすすめしたい派遣のお仕事をご紹介しましょう。

コミュニケーションが苦手でも大丈夫なお仕事とは

コミュニケーションを図るのが苦手な人には、どのような仕事が向いているのでしょうか。まずは、コミュニケーションを図るのが得意ではないという人に「派遣」の仕事がおすすめな理由から、ご紹介しましょう。

有期雇用の働き方は気が楽!

一人でもくもくと作業することが得意であれば、コミュニケーションスキルがあまりなくても派遣の仕事はたくさんあります。

派遣という働き方は、基本的に「有期雇用」というスタイルをとっているお仕事です。ですから、契約を締結すると、派遣スタッフがある一定期間限定で派遣先企業に仕事をしに行くというスタイルになります。

ここでポイントとなるのが「ある一定期間」というところです。これは、コミュニケーションがあまり得意ではないという人にとって、大きな魅力といえるでしょう。

もし、万が一職場でうまく人づきあいができなくても「この契約期間が終了したら、この職場からは去ろう」と心を決めてしまえば、期間限定と割り切って頑張ることができます。

職場でうまく人づきあいできていて、もう少しここにいてもいいかなと思えば、契約を更新すればいいのです。有期雇用の働き方である「派遣」というスタイルは、コミュニケーションが苦手な人にはとても合っている就業スタイルといえるでしょう。

派遣先は人数が多い職場がおすすめ

続いて、派遣先を選ぶ際に注意すべきポイントをご紹介します。派遣先企業を選ぶとき、ぜひチェックしてほしいのがその会社の社員数、そして派遣先のオフィスで一緒に働くメンバーがどのくらいいるかという点です。

「人づきあいが苦手だから、できれば小規模のところで」と考えがちですが、それは実は違うのです。人づきあいが苦手な人こそ、人数の多い職場を選ぶべきといえるでしょう。

どうして?と思われるかもしれません。ですが「木を隠すなら、森の中」ということわざがあるように、たくさんの人がいる職場では、周りにどんな人がいるのかを気にする人も少なくなるのです。

同じオフィスで100人のスタッフが働いていると、どんな人が仕事をしているか全員を把握することは難しくなります。まして、自分から進んでコミュニケーションをとってこない人がいても、それほど気にならないのです。

それに対して、10人しかスタッフがいない職場のうち、メンバーの一人がどうもコミュニケーションを図るのが苦手そうだ、となるとそれは強くイメージに残ってしまいます。このように、人数が多ければ多いほど、目立つことはなくなります。

コミュニケーションが苦手な方がもっとも苦痛だというランチタイムも、人数が多ければ一人食堂で食べることになっても気にならないもの。少人数のオフィスだと「みんなでランチへ行きましょう」と誘われたり、それを断ると協調性がないと思われるのではないかと悩んだりすることも。

そういった意味でも大規模なオフィスこそ、コミュニケーションが苦手な人にはおすすめなのです。

「人が多いところに行くのは緊張する」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、一度思いきって入ってしまえば、その環境は意外と居心地がいいということを理解していただくことができると思います。

「人づきあいが苦手」「コミュニケーションを極力とらなくていい職場で仕事をしたい」そう考えている方は、ぜひできるだけ規模の大きい派遣先企業を選ぶことをおすすめします。

「シフト制の職場」ならなおよし

コミュニケーションが苦手な人が仕事をするなら、できるだけ大規模なオフィスでと先ほどご紹介しましたが、それに追加して、もし可能であればシフト制の職場をおすすめします。シフト制の職場で、人の出入りが日々あるような職場は、人間関係を深めることが難しいもの。

そうなると、良い意味で表面的な「仕事上の付き合い」をすることができるのです。大規模かつシフト制の職場の場合、自分の名前を一緒に働くメンバーに覚えてもらえないようなこともあるかもしれません。

逆に、自分自身も一緒に働く人の名前を覚えられないかもしれないと考えておいたほうがいいでしょう。そのような職場では、リーダーや社員の方の名前さえ覚えておけば、業務に差支えはでないようなシステムが出来上がっています。

シフト制なら、万が一「この人は特に苦手」と思うような人と出会ってしまっても、出勤するたびに顔を合わせるような事態にも陥りませんから、ずいぶん気が楽です。

コミュニケーションが得意ではない人が派遣のお仕事をするなら、大規模かつシフト制の職場をできるだけ選ぶことをおすすめします。

コミュニケーションが苦手な人は「相手に不快に思われたらどうしよう」と考えている人や、話題を広げて盛り上げることができないことなどを心苦しく感じている方が多いようです。

突き詰めて考えてみると、基本的に優しい人、いい人が多い傾向にあります。そういった心理的負担を軽減するためには、必要以上に深く人と関わらない仕事がおすすめです。

コミュニケーションが苦手な人にも二種類いる

コミュニケーションが苦手と感じている人にも、大きく分けて二種類の人がいます。「人と関わるのがとにかく苦手で、できれば一人でもくもくと作業をしたい」タイプの人と、「業務上のコミュニケーションは嫌いではないけれど、それ以上のお付き合いはできれば避けたい」というタイプです。

仕事と割り切ってしまえば、コミュニケーションを図るのは嫌ではないという人も、たくさんいらっしゃいます。自分がどちらのタイプかを見極めて、職場を選ぶとより仕事しやすい環境を選ぶことができるでしょう。まずは、自分への理解を深めることが大切なのです。

それでは次に、コミュニケーションが苦手な人には、具体的にどのような仕事がおすすめなのかをご紹介しましょう。

データ入力業務

データ入力のお仕事は、基本的に一人でもくもくと作業を行う仕事となります。派遣の仕事を探し始めると、一般事務と同じくらいデータ入力のお仕事もたくさんあることに気づくのではないでしょうか。

仕事内容に関しては、派遣先企業によって変わってきますが、売り上げデータ入力や、顧客管理がメインとなることが多いようです。フォーマットやシステムにユーザーの情報などを入力していく作業が、多くなります。

最近は、インターネットショッピングなどが普及し、それとともにデータ入力のお仕事はさらに増加傾向にあります。それほど専門的なスキルが要求されない仕事も多くありますが、ある程度のタイピングスピードは求められます。

勤務時間中はもくもくと入力業務を行う仕事となりますから、人とコミュニケーションを図るのが苦手という方も、業務上特に問題はありません。

女性が多い職場の場合、派遣スタッフ同士の付き合いが発生するケースもありますが、そこは最初に一人で行動する姿勢を示してしまえば、問題ないでしょう。

案件によっては「データ入力・電話対応」と書かれていることがありますが、これはいわゆるデータ入力とは異なります。

「データ入力・電話対応」と書かれている場合、電話対応がメインの仕事で入力作業を伴うという仕事も多いので、注意が必要です。

イメージとしては、コールセンターなどで電話を受け、その内容を入力していくといったものとなります。

そうなると、コールセンター業務と変わりがありません。人とコミュニケーションを図るのが苦手な人には、難しさを感じる仕事となってしまいます。応募をする際にどのような業務内容なのか、きちんと確認することをおすすめします。

コミュニケーションスキルをあまり必要としないオフィスワークは、それほど件数が多い訳ではありません。

もくもくと作業する仕事を探してみると、軽作業や工場勤務などの案件のほうが圧倒的に数が多いのです。「それでもぜひ、オフィスワークをしたい!」という希望がある方は、ぜひデータ入力業務を検討してみてください。

工場勤務

工場のお仕事は、一人もくもくと作業をしたい方にはぴったりの仕事です。工場勤務といっても、さまざまな職種があります。商品の製造、検品、梱包、仕分けなど、すべてをまとめて「工場内作業」などと表現されることが多いのです。実際にはどのような仕事内容なのか、応募する際にはしっかりとチェックすることをおすすめします。

ライン作業

工場の仕事として「ライン作業」というものからご紹介しましょう。ライン作業とは、ベルトコンベアに乗って流れてくるものに、加工をする作業のことです。これは、商品の製造の一部を担当する、やりがいの大きな仕事といえるでしょう。

例えば、お弁当におかずを乗せたり、ねじやボルトを締めたり、ハンダを使って部品を取り付けたりします。ライン作業は、もくもくと同じ作業を続けるケースが多いため、単調な作業が辛くなるタイプの方には難しい面もでてくるでしょう。

作業を通して、やり方の指示を受けたり、トラブルが発生したりした場合には対応をしてもらうなどの必要はあります。そういった場面で、コミュニケーションを図る必要は出てきますが、業務上の関わりとなりますからごく限定的なもの。割り切ってしまえば、それほど苦にはならないでしょう。

検品

続いて、検品作業についてご紹介します。検品作業とは、工場で作られた製品に不備がないかをチェックする仕事です。目でチェックし、手で仕分けをする作業や、機械を使用してチェックを行うなど、さまざまな方法があります。

集中力が必要な作業となりますから、最近はこまめに休憩時間を設定し、集中力を維持できるよう工夫している工場が多いようです。「休憩時間が多いと、スタッフ同士のコミュニケーションが求められるのでは」と不安に感じられるかもしれません。

ですが、実際は休憩時間の回数が多く設定されているだけで、一回の休憩時間は10分〜15分程度のところがほとんどです。お手洗いに行ったり、軽く体を動かしたり、のどの渇きを潤しているうちに時間は経ってしまうので、気にしすぎる必要はありません。あまり深く考えないで、問題はないでしょう。

梱包・ピッキング

梱包・ピッキング作業というのは、派遣の仕事を探していると比較的よく目にする職種ではないでしょうか。ですが、実際にはどのような仕事内容なのか、知らないという方も多いと思います。具体的にはどのようなことをするのか、気になりますよね。
せっかくなので、仕事内容をしっかりと確認しましょう。


梱包・ピッキングと書かれている仕事は、物流会社や通信販売会社の倉庫や工場で商品をピックアップし、梱包する仕事です。商品のピックアップは、大きな倉庫内から目的の商品を探す作業となりますから、一日中動き回っている仕事と考えておいたほうがいいでしょう。

体力に自信があって、体を動かすのが好きなタイプの人には、おすすめの仕事です。梱包・ピッキングの一環として、商品にタグをつけたりラベルを貼る作業を行ったりするケースもあります。仕事に慣れてくると、作業スピードがアップしてくるのを実感できる仕事といえるでしょう。

仕分け

仕分けの仕事は、具体的にどのような作業を行うのでしょうか。簡潔に言うと、製品を配送先別に仕分けるのが「仕分けの仕事」です。ベルトコンベアから流れてくる荷物を分別するなど、多くの商品や部品を、ルールに従って仕分けていく仕事ですから、神経を集中させて行う姿勢が求められます。重い荷物を取り扱うこともありますから、体力に自信がある人におすすめの仕事といえるでしょう。

工場勤務の仕事は、基本的に体を動かして作業するものが多くなります。衛生上の問題で、マスク着用を義務付けているところも多いため、人とコミュニケーションを図るのがあまり得意ではないという方からは、なんとなく安心できるという声も。

もちろん、報告・連絡・相談を行う必要はありますから、コミュニケーションがまったく必要ないという訳ではありません。ですが、ほかの仕事に比べればコミュニケーションの頻度は低くて問題なく業務を進めることができる職種といえるでしょう。

軽作業

派遣でいうところの「軽作業」とは、イベント運営や解体、シール貼り、交通量調査などの仕事を指すケースが多くあります。軽作業という言葉でくくられていても、作業内容には大きな違いがありますので、簡単にご紹介しましょう。

イベント運営・解体

イベント運営・解体作業というのは、軽作業という括りで紹介されているケースが多いのですが、こちらの仕事に関しては、コミュニケーションスキルが必要とされる仕事といえるでしょう。

男性は会場設営や会場整備、女性はチケットのもぎりやグッズ販売などを担当するケースが一般的となります。お客さんを相手に流れるように仕事をしなくてはいけないため、スピード感が重要な仕事です。

ただ、この仕事は単発もしくは短期で行うことがほとんどなので、その場限りの付き合いと割りきって仕事に取り組むというのは一つの考え方といえるでしょう。

シール貼り

シール貼り作業というと、もくもくと指定された箇所にラベルや製品情報などのシールを貼るだけの仕事なので、コミュニケーションが苦手な人にも取り組みやすいのでは?というイメージがあるかもしれません。

実際に、もくもくと作業をする職場もありますが、派遣先によってはみんなで雑談をしながら、和気あいあいと作業を行っている現場もあります。職場の雰囲気次第で、コミュニケーションスキルが必要か否かが異なる職種といえるでしょう。

和気あいあいとした職場の場合、仕事中に業務とは関係のない雑談をすることを苦痛に感じるタイプの人には、あまりおすすめすることができません。就業前に、職場の雰囲気をしっかりと確認しておくことをお勧めします。

引越

引越の仕事は、単発で派遣されるケースが多いため、その日限りの現場で、その日限りのメンバーと「引越」という一つのミッションを達成させるために作業を行うことになります。

このごく限定的な条件から、コミュニケーションスキルがあまり高くない人でも難なくこなすことができる仕事として注目を集めています。「今日一日限りの付き合い」と思うと、それだけで気が軽くなりますし、明確なミッションがあることで「協力して乗り切ろう!」という姿勢が自然と生まれます。

人づきあいは苦手と感じている人でも、自然と業務を行うためにコミュニケーションを図ることができるというケースが多いようです。人と話をするのが苦痛というタイプの人には難しいかもしれませんが、「業務上と割り切った付き合いなら問題なくできる」というタイプの人なら十分に対応できる仕事といえるでしょう。

一日限定の付き合いと思うと、必要以上に関係を深めようとする人もいないので、さっぱりとした関わり合いが期待できる職種です。

介護の仕事

意外に思われるかもしれませんが、介護の仕事はコミュニケーションスキルがそれほど高くない人にもおすすめの仕事です。「人と人の関わる仕事だから、コミュニケーションスキルは必須なのでは?」と思われるかもしれません。

ですが、介護の仕事の場合は、お年寄りや現場の責任者の指示を「聞く役」に徹するのが仕事。とにかく、相手の言うことをきちんと聞くことさえできれば、問題ありません。人の話を聞くのが苦痛なタイプの方には、向かない仕事かもしれません。

ですが、業務と割り切った関わりは問題ないという方や、仕事という役割の上で人とコミュニケーションするのは嫌いではないという方には、お勧めの仕事です。介護関係の仕事は、社会的背景を考えても今後増加し続けることが考えられます。

ですから、求人数も増加傾向にあるといえるでしょう。一度経験をすることで、自分の適性や今後この業界で仕事をしていけるか否かを判断するきっかけにもなりますから、派遣という働き方でお試しをするのはいい方法かもしれません。

清掃

ビルやテナントの清掃の仕事も、コミュニケーションが得意ではないという人にはお勧めの仕事です。無駄なおしゃべりをせず、自分に任されたエリアを効率よく、清掃していく仕事ですから達成感があります。

派遣先によって、ベッドメイクが主な仕事だったり、窓ふきだったりと担当する清掃箇所も大きく異なります。清掃派遣の仕事を複数回こなすことで、あらゆる清掃場所を網羅することになり、スキルアップが可能です。

清掃の仕事は、生きていく中で家庭や職場でも活用できる知識や技術を身に着けることもできる、奥深い仕事といえるでしょう。

試験監督

試験監督の仕事は資格試験の時期や、小学校・中学校・高校受験を控えた学生が受けに来る模試の監督や会場整備、そして受験にまつわる受験票などの書類を発送する仕事となります。

この仕事は、資格試験や模試の時期限定の仕事です。業務内容自体は難しいことはありませんし、比較的時給も高く設定されているケースが多いため、割のいい仕事と感じる方も多いようです。

この仕事は、受験生からの質問に対応しなくてはいけないこともありますし、まったくコミュニケーションを図らずに一人で作業すればいいというものではありません。

ですが、コミュニケーションが苦手と感じる人でも、業務上のやりとりさえきちんとできれば十分活躍することのできる職場といえるでしょう。

上で挙げた職種の中から特別な資格やスキルがなくてもできる派遣の仕事

「人と関わりの少ない仕事だから」と志望しても、特別な資格やスキルがないと応募できない仕事や資格がないと時給が低くなってしまうような仕事では、困りますよね。今までご紹介した仕事の中で考えてみた時、資格やスキルがなくても応募できる仕事は、どれでしょうか。

工場勤務の仕事に関しては、基本的に特別な資格やスキルがなくても問題なく応募することができます。「未経験でも可」と求人情報に記載されていることも多いため、経験がなくては就けない仕事ではないと考えていいでしょう。

未経験の人でもできる仕事ということは、特別な資格やスキルが必要ないということ。「社会人経験があまりなく、人とのコミュニケーションも得意ではない」という人は、まずは工場の仕事に挑戦してみるというのもいいでしょう。工場の仕事の中で経験を積み研修制度を利用して資格を取得し、ステップアップすることも可能です。

上で挙げた職種の中からもっとも給料が高い仕事

では、ここまでご紹介した職種の中から、もっとも時給が高いのはどの仕事でしょうか。やはり、体力を使って仕事をする職種のほうが、時給は高めに設定されているケースが多いため、引っ越し作業やイベント運営・解体スタッフの仕事は比較的時給が高いといえるでしょう。

拘束時間によって多少違いはありますが、日給で12,000円〜20,000円という設定となっていることが多いようです。

このふたつの職種に共通して言えることは、現場の仕事の進捗によって、時給換算すると非常に高い時給になるケースもあるということ。現場の仕事が完了すれば、終了予定時刻前であっても「解散」となることが多いのです。

「頑張って早く終われば、その分早く解散できる」と知っているスタッフが集まると「効率的に仕事をして、早く終わらせよう!」と一致団結します。そのため、非常に効率よく仕事が進むというメリットもあるのです。

体を動かしながらてきぱきと仕事をこなし、人と接することと言えば業務に関連したことがメインとなれば、コミュニケーションがあまり得意ではなくても問題ありません。コミュニケーションが苦手な人にとって、魅力的な仕事といえるでしょう。

上で挙げた職種の中からもっともラクな仕事

これまで見てきた中で、もっともラクな仕事は試験監督の仕事といえるでしょう。試験監督の仕事は、仕事内容自体、難しいものはありません。その上、勤務時間中も比較的仕事がずっとあるため「暇で時間が余りすぎて辛い」ということがない仕事でもあります。

適度に人と話す機会もありますから、それがかえってメリハリになると感じる方も多いようです。コミュニケーションが苦手とはいえ、ずっと黙って作業するのが苦になるタイプの方も多いと思います。

そういった方たちには、試験監督の仕事くらいのコミュニケーションが、程よいと感じるようです。人との関わりが少なく、比較的時給も高く、ラクな仕事といえるでしょう。

上で挙げた職種を探すのにおすすめの人材派遣会社の登録先

派遣会社といっても、さまざまな業種や職種のなかで「このカテゴリの仕事に強い!」という派遣会社が存在しているのをご存知ですか?ここでは、これまで紹介してきた派遣のお仕事でおすすめの人材派遣会社を紹介します。

データ入力の仕事を探すなら「パソナ」がおすすめ!

派遣会社を思い浮かべた時「パソナ」の名前を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。パソナは1976年に創業された、歴史ある人材派遣会社として、現在も業界を牽引しつづけています。

北海道から沖縄まで、全国85か所の拠点を展開しており、さまざまなエリアでの就業を実現できる派遣会社です。派遣先企業も大手有名企業が多く、そういった意味でも安心してお仕事に挑戦できるといえるでしょう。

ではなぜ、データ入力と言えばパソナなのでしょうか。パソナは、eラーニングなどの研修制度が大変充実している派遣会社です。データ入力業務を行うためには、ある程度スキルが必要となります。

「もっとソフトの勉強をしたい」と思った時、このeラーニングは心強い味方となってくれるのです。自分の都合に合わせて学ぶことができるeラーニングは、忙しい派遣スタッフにはぴったりの学び方。

仕事をしながらスキルアップを実現することができる派遣会社ということができるでしょう。だから、データ入力の仕事をするなら「パソナ」なのです。

工場勤務の仕事を探すなら「ホットスタッフ」がおすすめ

工場で派遣の仕事をしたいなら「ホットスタッフ」がおすすめです。最近テレビコマーシャルも多く流れているため「知ってる!」「聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

製造業に強みを持っている派遣会社であり、地域密着型のサービスがホットスタッフの特色。全国67拠点を展開していますが、エリアを拡大して全国を網羅することを目的とせず、逆に事業展開エリアを限定することで、より密接なサポートが可能な体制を実現しています。

この「地域と近い」スタイルが、ホットスタッフの強みといえるでしょう。地域文化や風習と共存し、地域に根付いた企業や、地元の方たちを結ぶ懸け橋として「地元で活躍したい」「この街で仕事をしたい」という希望をかなえられる、期待の派遣会社です。

丁寧なカウンセリングはもちろん、就業後も安心して仕事ができるように専任の担当者がしっかりサポートしてくれるのも、大きな魅力。就業スタート日の同行はもちろん、就業先で不安なことや相談事が発生した場合は、メールや電話でいつでも連絡が取れるようなシステムが整っています。

これは、派遣スタッフとして仕事をしていくうえで、大変ありがたい制度といえるのではないでしょうか。ホットスタッフで派遣デビューする方も、たくさんいます。ぜひ、新しい一歩をホットスタッフで踏み出してください。

軽作業の仕事を探すなら「テイケイワークス」がおすすめ!

軽作業派遣なら「テイケイワークス」がおすすめです。給与の支払いが「日払い」「週払い」「翌日振り込み」から選べるのも、大きな魅力。「すぐにでもお金が欲しい!」というときに、仕事をしてすぐ給与がもらえるのは、とても助かると評判です。

企業体質的に挨拶や身だしなみに厳しい面もあるといわれている派遣会社でもあり、しっかりとした受け答えは必須となります。ですが、特別威勢がいいことを求められているのではなく、仕事をしていく上できちんと意思の疎通を図ることができ、現場でも声が通るようであれば問題ありませんので、安心してくださいね。

テイケイワークスのすごいところは、さまざまな資格取得制度が充実している点です。「軽作業スタッフとして、キャリアを重ねたい」そう考えているスタッフに対しては、しっかりサポートしてくれる会社です。

特に、フォークリフトに関しては、資格取得費用を会社が全額負担してくれます。軽作業スタッフとして、スキルアップ・キャリアアップを目指すなら、ぴったりの派遣会社といえるでしょう。

引越の仕事を探すなら「パワーステーション」がおすすめ!

「株式会社パワーステーション」は、引っ越しの派遣に強い派遣会社です。個人の引越のみならず、企業のオフィス移転も手掛けており「引越のスペシャリストになりたい!」と考えているようなスタッフも存在する派遣会社ですから、刺激を受け、学ぶことも多い現場を体験できる環境となっています。

コミュニケーションを図るのが苦手な方でも、心配はいりません。社員による丁寧な指導には定評がある派遣会社ですので、安心してお仕事デビューできる環境が整っています。

企業の移転となると、通常の個人の引越と比べて、注意すべきポイントや、学ぶことがたくさんあります。せっかく引越の仕事をするなら、さまざまな経験を積んでみたいという方におすすめの派遣会社です。

介護の仕事を探すなら「スタッフサービス・メディカル」がおすすめ!

「スタッフサービス」という名前を、多くの人は聞いたことがあるのではないでしょうか。「スタッフサービス・メディカル」は、日本でも最大級の規模を誇る派遣会社スタッフサービスの介護派遣会社として、現在注目の会社です。

「介護専門の派遣会社だと、経験者ばかりなのでは」と不安に思われるかもしれません。ですが、実際はスタッフサービス・メディカルに登録しているスタッフの半分以上がほかの業界で仕事をしてきた人たちです。

つまり、未経験から登録し、現在介護業界で活躍している人たちということになります。ですから「資格がない」「介護の仕事は初めて」という方も、たくさんいるのです。
そんな不安を払しょくできるよう、コーディネーターがスタッフ一人ひとりに丁寧にヒアリング。その人の志向や考えを踏まえて、仕事を紹介してくるので安心です。

スタッフサービスのグループ会社ですから、取引先も優良企業や施設が多いのも、大きな魅力といえるでしょう。時給も比較的高めに設定されており、教育制度や福利厚生などのサポートも充実。

「コミュニケーション能力に自信がない」という方にも、キャリアカウンセリングや悩みサポート相談を利用することで、自分を理解してくれている人が身近にいる心強さを実感することができると評判です。

大手ならではの安心感、抜群のサポートシステムをしっかり活用しながら、派遣スタッフとして輝けるステージがここにはあります。

清掃の仕事を探すなら「東洋ワーク」がおすすめ!

清掃の仕事に派遣としてチャレンジしたいと思ったら「東洋ワーク」がおすすめです。コミュニケーションを図るのがあまり得意ではない方にも、就業先やお仕事状況をしっかりと把握し、スタッフ一人ひとりのタイプを理解した上でアドバイスやサポートを行ってくれます。

清掃の案件も充実しており「時短勤務希望」「曜日固定希望」など、さまざまなライフスタイルに合わせた働き方を実現できるよう、柔軟に対応してくれる派遣会社です。「東洋ワークで仕事を続けたい!」とスタッフに思ってもらうことができる派遣会社を目指して、つねに心地よい職場環境実現に力を入れています。

「職場環境を整える」ということは、派遣会社としてそのスタッフが安心して派遣として仕事ができるようにするということ。派遣スタッフと派遣会社のコミュニケーションがしっかりと取れており、困ったことがあったときにはすぐに連絡がつくスタッフがいてくれる――これは、派遣として仕事をする側としては、心強いポイントといえるでしょう。

サポート体制の整った東洋ワークで、清掃のお仕事デビューをしている方はたくさんいます。清掃の仕事をしたいと思ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

試験監督のお仕事なら「ウーマンスタッフ」がおすすめ!

試験監督の仕事をするなら「ウーマンスタッフ」がおすすめです。図書館製本でトップクラスのシェアを誇るナカバヤシグループのウーマンスタッフは、アカデミックな仕事を数多く保有しています。

女性スタッフが数多く活躍しており、大学事務や各種資格試験監督のお仕事などは大変な人気です。電話やメールでの相談体制も整っており、24時間ヘルプデスクとしてすぐに対応してくれるのも心強いですね。

落ち着いた環境で仕事をしたいと考え、試験監督を選んだ方に、ぴったりの派遣会社といえるでしょう。

いかがでしたか?派遣会社にもさまざまな特色があるということを、お分かりいただけたでしょうか。

自分の志望する職種に強く、かつサポート体制が充実している派遣会社と出会えるよう、登録する際はぜひいくつかの派遣会社を見比べてみてください。見比べてみると、それぞれの特徴がよりはっきりと見てて来ます。その上で、自分にとってベストと思える派遣会社に登録することをおすすめします。

ここまで挙げた内容の中で最もバランス良くておすすめの仕事をひとつだけ選ぶなら「データ入力」

ここまででご紹介した仕事の中で、コミュニケーションが苦手な人にとってもっともバランスの取れた仕事は「データ入力の仕事」でしょう。その他の仕事に関しては体力が必要なものも多く、老若男女どのような人も対応できる仕事とは言えません。

そういった意味で、特別体力が必要でもなく、ある程度パソコンを使うことができれば就業可能な仕事という意味で、データ入力は魅力的な仕事といえるでしょう。また、コミュニケーションが苦手な人たちにとって、派遣という働き方ならではの「有期雇用」というスタイルも、非常に大きな意味を持ちます。

オフィスワークという、ある意味腰を落ち着けて仕事をすることができる職種で、有期雇用だからこそ「この期間だけは」と割り切って仕事をすることができるというのは、ありがたいポイントといえるでしょう。

また、データ入力の仕事はフルタイム勤務を希望している企業も多いため、ある一定期間安定した収入を希望している人にとっては、ありがたい仕事ではないでしょうか。派遣という仕事は、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる分、短期契約や契約満了後に次の仕事がすんなりと決まるという確約はありません。そういった意味で、ある一定期間でも安定した収入が見込める仕事というのは魅力的といえるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人でも派遣として活躍できる!

仕事をするうえで「コミュニケーションを図る」というスキルは、確かに大切なものとなります。ですが、報告・連絡・相談さえきちんとできていれば、会話を盛り上げるスキルや、知らない人といろいろな話を広げていくスキルがなくても十分働くことはできるのです。

今回、コミュニケーションをあまり図らなくてもできる仕事についてご紹介した中で「こんないろいろなバリエーションの仕事があるんだ」と感じられた方も多いと思います。

ぜひ、自分が無理なく、仕事を続けることができる職種を見つけられるよう、まずは自分がどういったタイプのコミュニケーションが苦手なのかを考えてみることから始めてください。その上で、自分はどんな仕事に向いているか、検討してみましょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加