確定申告のアルバイト求人の詳細

> 職種別のアルバイト求人 > 確定申告のアルバイト求人

確定申告のアルバイト求人

確定申告の季節になると、税務署では短期アルバイト募集が毎年行われます。
短期間で仕事をしたいと考えている人にとっては、気になる求人ではないでしょうか。
でも、アルバイト先が税務署となると、いろいろと厳しそう、難しそうと応募に迷われる方も多くいらっしゃいます。
今回は、気になる確定申告のアルバイトについて、ご紹介します。

確定申告アルバイトの仕事内容

確定申告のアルバイトは、具体的にどのような仕事を担当するのでしょうか。
確定申告のアルバイトが担当する業務内容としては、税務署内での確定申告書類の事務処理、確定申告会場の案内係や提出された書類のチェックやパソコン入力補助作業、その他の雑用というのが一般的となっています。
確定申告の時期、税務署は大変な繁忙期となります。
従来の人員では人手が足りず、短期スタッフとしてアルバイトの募集をするのです。
ですから、短期スタッフには、特別教育や研修を行わなくても対応できるような、簡単な仕事を任せたいというのが税務署の希望。
そうすると、必然的に難しい知識やスキルが必要ない作業を任せるということになるのです。
ですから、税務署の仕事と言っても難しく考える必要はありません。

税務署内での事務処理のお仕事は、黙々とデータ入力をする仕事。
一方、確定申告会場における案内スタッフは、どちらかというと接客の近い仕事となります。
両方の募集が出ていた場合は、面接の際にどちらの職種を希望するかを伝えるようにしましょう。

税務署内での事務所スタッフの仕事は、配属される部署によって業務内容が異なります。
難しい作業はありませんが、正確さを求められる仕事ですから、慎重に行う姿勢が大切です。
確定申告会場での案内スタッフの仕事は、来場者が提出した書類チェックとともに、必要に応じて入力補助作業が発生します。
案内スタッフ業務や、来場者の入力補助に関しては、多くの場合事前研修が実施されます。
会場にいるスタッフは、来場者からすれば誰もが「税務署スタッフ」です。
誰がアルバイトで、誰が税務署員かなんて、分かりません。
ですから、アルバイトとはいえできるだけスムーズに対応できるよう、研修を受けます。
実際の業務中に分からないことがあった時には、手を挙げて税務署スタッフに対応してもらうことも可能ですので、難しく考える必要はありません。

どちらの仕事も、最初は耳慣れない専門用語がたくさん出てくるため、戸惑うでしょう。
ですが、次第と慣れていきますし、税金関連の知識は生きていく上で知っておいたほうがいい知識も多くあります。
積極的に学ぶ姿勢を持って、仕事に取り組むことをおすすめします。

日ごろは税務署スタッフが行っている作業であっても、繁忙期になると税務署員がそういった作業まで行っていては、仕事が回らない状態になります。
アルバイトスタッフは、そういった部分を補うメンバーなのです。
「税務署で働く」とかしこまりすぎずに、ぜひ応募してみてください。

確定申告のアルバイトをされている方の中には「毎年、この時期は確定申告のアルバイトをしている」という方もいらっしゃいます。
リピーターとして活躍するアルバイトスタッフには、仕事内容も少し複雑なものも任されるようになります。
例えば「確定申告書の作り方がよく分からない」と、税務署にあるパソコンを使用して、その場で確定申告書を作成する方もいらっしゃいますので、そういった方のサポートを任せられるケースも。
多少確定申告に関わる知識がないと、こういった業務を担当するのは難しいものといえます。
経験や知識のあるアルバイトスタッフには、このような業務を任されるケースもあるということを、知っておきましょう。

最後に、守秘義務についてです。
確定申告の仕事をしていると、さまざまな人の年収などを見てしまうことになります。
業務上知った情報については、いかなることも口外してはいけません。
社会人として当たり前のことですが、確定申告の場合は年収など重要度の高い情報についても触れますから、より一層注意が必要となります。

確定申告のアルバイトは未経験者でもお仕事可能なのか?

確定申告のアルバイト募集記事には「未経験でも問題ありません」と表記されているケースが多くあります。
ですが、税金関係のお仕事ですから、専門的な知識やスキルが求められるのでは?と不安に感じられる方も多いようです。
実際に、未経験でも確定申告のアルバイトをすることは、できるのでしょうか。

先ほども触れた通り、確定申告のアルバイトでは特に難しい知識やスキルは求められません。
研修をしなくても、作業できる程度の簡単な業務を任されるケースがほとんどです。
ですから、未経験であっても確定申告のアルバイトをすることは可能です。

では、確定申告のアルバイトをするために、どのようなプロセスが必要なのでしょうか。
確定申告の場合、まずは該当する求人情報を見つけることから始めなくてはいけません。
ハローワークや税務署に募集が出ていることもありますし、派遣会社が募集を掛けていることもあります。
ハローワークの場合、求人情報を出している企業名は記載されていないケースが多くありますから、しっかりチェックしましょう。
11月や12月に大人数の事務員募集が出ている場合は、税務署である可能性が高いということができます。
気になる求人情報が見つかったら、ぜひ窓口に問い合わせてみてください。
勤務期間は1月〜3月末までと設定されていることが多いようです。

確定申告のアルバイトは「期間を決めてしっかり稼ぎたい」という方に人気の仕事となっています。
そういった方たちのなかには、確定申告の時期に税務署でのアルバイトを毎年しているという方もいらっしゃいます。
募集が掛かるのを待って毎年応募する方もいますし、何度かそのようにして就業していると税務署側から声が掛かるケースも。
仕事内容を把握している人を採用した方が、税務署側としてもいろいろな話が早く済み、助かるものなのです。

ハローワークや税務署の求人に応募する場合

応募したい求人情報が税務署から直接出されている場合、まずは電話で応募をします。
採用担当者につないでもらうと、氏名、連絡先、年齢を確認されます。
そして、ほとんどの場合はそのまま面接日時を決めることになります。
面接当日は、履歴書を持参するほかに、特別必要な持ち物はあまりありません。
ただ、税務署にもよりますので、持ってくるように求められたものをきちんと用意して、当日を迎えられるように準備を進めましょう。
ハローワークの場合は、ハローワークの指定する手順を踏んで、応募することになります。

面接当日は、時間に余裕を持って動くことをおすすめします。
「どのような服装で行ったらいいのか」と悩まれる方も多いようですが、スーツとまでいかなくても清潔感ある身だしなみを心がけていれば、問題ありません。
明るすぎる頭髪や、派手なお化粧、匂いの強すぎる香水や、肌の露出が多い服、ジーパンやサンダルといった服装は、アルバイトの面接にふさわしくありません。
常識ある服装を心がけましょう。

面接は、まるで面談のような、和やかな雰囲気で進められるケースが多いようです。
希望条件や仕事内容の確認を行い、合否は後日連絡が来るという形になります。

派遣スタッフとして税務署内で仕事をする場合

派遣スタッフとして税務署で仕事をする場合は、まずは派遣会社に登録する必要があります。
希望する案件が掲載されていた派遣会社に登録するところから、スタートします。
まずは、インターネットで仮登録を済ませると、本登録用のアドレスが送られてきます。
そちらに基本情報を登録すると、派遣会社から派遣登録説明会の日時のお知らせが届きます。
自分の都合がいい日にちを選び、派遣登録説明会を予約しましょう。

派遣登録説明会当日には、履歴書や職務経歴書、本人確認書類、銀行口座が分かるもの、印鑑などを持参します。
派遣会社によって持ち物が違う場合もありますので、指示されたものを用意していくようにしましょう。

当日の服装は、スーツやチノパン、ワンピースなど、オフィスカジュアルを心がけます。
派遣登録説明会は、派遣会社のオフィスで行われます。
オフィスで浮いてしまうことがないように、常識的な服装を心がけましょう。
「登録に行ったら、派遣会社の人のほうがきちんとした服装をしていた」となってしまっては、不採用になるのではという不安を抱いてしまいますよね。
「きちんとしすぎて、問題がある」ということは、まずないのです。
清潔感があり、相手に信頼感を与えられるような常識的な身だしなみを心がけましょう。
特に、派遣先は税務署、つまりお役所です。
華美な服装やや身なりは、マイナス評価になってしまう可能性もあるということを、考えておきましょう。

派遣登録説明会当日の流れとしては、派遣という働き方についての説明があり、その後簡単なスキルチェックが行われます。
スキルチェックでは基本的なパソコン操作やビジネスマナー、一般常識のテストが実施されるケースが多いようです。
パソコンのスキルチェックというと「難しいのでは?」と不安に感じられる方も多いようですが、基本的なパソコン操作が出来ていれば、問題ありません。
不安がある方は、派遣登録説明会の前に、フリーソフトなどでタイピングの練習をしていくことをおすすめします。

最後に、面接が行われます。
こちらも、それほど難しく考える必要はありません。
派遣会社、登録希望者双方で希望する条件や職種、質問しておきたいことなどを確認するものという認識で大丈夫です。
今回は、確定申告に関わる短期派遣のお仕事をしたいと思っての応募となりますが、派遣の場合必ずしも希望する仕事を紹介していただけるとは限りません。
特に、広告に掲載されるような仕事の場合は、すぐに決まってしまうケースもあるということを、理解しておきましょう。
もちろん、希望通り確定申告のお仕事に就けることもあります。

確定申告アルバイトで役立つスキル

確定申告のアルバイトで役に立つスキルとしてあげられるのは、まずはパソコンスキルです。
パソコンによる入力業務が多い仕事なので、基本的なパソコンスキルがないと難しい面もあります。
パソコンスキルをアピールする方法として、応募する際に持参する履歴書をパソコンで作成するというのも一つの方法です。
特別難しい作業を行うスキルはなくても、基本的な操作はできるというアピールにつながります。

また、税務署での仕事になりますから、税金の知識はあったほうがいいでしょう。
ただ、これに関しては「ないよりはあったほうがいい」という理解で問題ありません。
必須となる知識ではありませんから、税金の知識がなくても基本的には大丈夫です。
心配な方は、応募する際に税務署の方に直接確認したり、確定申告についての本や記事を少し読んでおくというのもいいでしょう。

最後に、確定申告会場での仕事を担当する場合は、コミュニケーションスキルが重要になります。
確定申告には、さまざまな人が訪れます。
そういった方たちに、書類の書き方を説明したり、不備があった場合は対応の仕方を説明する必要があります。
確定申告最終日などは会場が人であふれ、殺伐とした空気さえ流れますが、できるだけお互いに気持ちのよいやり取りをしたいもの。
「この方にはどう説明したら伝わりやすいか」と考えながら、対応するスキルが求められます。
また、笑顔で対応するだけで、最初は強張っていた相手の表情が和らぎ、スムーズにことが運ぶこともあります。
会場にやってくる方たちすべてが、確定申告に慣れている方とは限りません。
確定申告に慣れている方は、webで済ませてしまうケースも多くありますから、どちらかといえばあまり慣れていない方が、税務署というこれまた来慣れていない場所で緊張しているのです。
なんとか和やかなムードで確定申告を済ませることができるよう、サポートして差し上げるのが、確定申告のアルバイトの仕事といえるでしょう。

確定申告のアルバイトで働くメリット

確定申告のアルバイトで働くメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。
日ごろあまり関わりのない税金関連の知識を、少しずつ身に着けることができるという点は大きなメリットといえるでしょう。
また、確定申告の手順なども覚えることが出来ます。
パートやアルバイトであっても、年収20万円を超えると確定申告をする必要があります。
「確定申告なんて、大変そう!」とつい思いがちですが、確定申告のアルバイトスタッフとして仕事をしていると、そういった抵抗が少なくなります。
また、アルバイトの場合、税金を払いすぎているケースが多いもの。
確定申告をすることで、払いすぎた税金を取り戻すことが出来ます。
確定申告のアルバイトで身に着けた知識を使ってしっかり申告することで、1ヶ月〜2か月後にはプチボーナスのようにお金が戻ってくる――これは、大きなメリットといえるでしょう。

また、知識が深まるにつれ税金関連の仕事に興味が湧き、税務関連の仕事に就きたいと考えるようになるケースも。
税務関連の仕事は知識も必要となりますが、専門スキルとして高く評価されるものとなります。
仕事としては高時給を見込めることが出来、安定した仕事が多いというメリットもあるでしょう。
確定申告のアルバイトをしたことがきっかけで、自分の人生を大きく変えるきっかけを得ることが出来るかもしれないのです。

確定申告のアルバイトで働くデメリット

確定申告のアルバイトをするにあたって、デメリットはどのようなものがあるでしょうか。
配属先にもよりますが、確定申告をした経験がない人にしてみれば業務が難しく感じることもあるでしょう。
税金関連の仕事ですから責任も大きく、最初は緊張し続ける日々が続くかもしれません。
ただ、どちらも慣れてしまえば、それほど大きなデメリットとはいえないでしょう。

確定申告アルバイトの給料相場や福利厚生制度

確定申告のアルバイトの給与相場は、どのくらいなのでしょうか。
相場としては800円〜1,000円前後となっています。
この価格は、税務署によって異なりますから、応募する際はいくつかの税務署の求人情報をチェックし、比較してみるといいでしょう。

また、交通費が別途支給になっているのかを確認するのも、ポイントです。
交通費込みの場合、近所にある税務署ならいいのですが、交通費が高くついてしまうともったいないもの。
そのあたりは、きちんと確認しましょう。
税務署で働く場合、自宅から近いほうが採用されやすいという面もあります。
あまり遠方の職場を選ばずに、家の近所で仕事を探すと採用率もアップし、交通費の面でも心配がいりません。

福利厚生という意味では、税務署に直接応募をして採用されたパターンと、派遣会社を通して仕事をするケースで違いが出てきます。
税務署に直接応募した場合は、福利厚生としては、休憩時間がしっかり設定されていることなどが挙げられます。
また、子どもの発熱などによる急用での欠勤についても、親切に対応してくれるケースが多いようです。

派遣会社を通して就労する場合は、派遣会社の福利厚生を利用することも可能です。
派遣会社では、健康診断やリラクゼーション施設やスポーツジムの優待利用など、さまざまな福利厚生を完備しています。
せっかくですから、上手に活用してオンとオフを楽しんでください。
また、さまざまな研修制度がある派遣会社も多くあります。
派遣としてお仕事をしながら、研修を受けるのは忙しいかもしれません。
でも、いい機会と思ってスキルアップを目指すのもいいでしょう。

確定申告のアルバイトは学生でもお仕事可能なのか?

確定申告のアルバイト募集記事にはよく「公務員志望の学生歓迎」といった言葉が並んでいます。
ですから、学生歓迎の仕事と考えて大丈夫です。
シフト制のことが多く「平日8:30〜17:00の間で4時間以上、週2日以上」など、短時間から設定がありますので、忙しい学生にも働きやすい仕事となっています。

仕事内容も、未経験者に対しても積極採用を行っていることから分かるように、難しいものはありません。
学生が見聞を広げるために経験するアルバイトとしては、ぴったりといえるでしょう。
興味がある方は、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

確定申告の求人でおすすめのアルバイト登録先

確定申告の求人は、税務署に直接応募する場合と、その案件を取り扱っている人材派遣会社に登録する方法があります。
ここでは、確定申告の求人を取り扱っている派遣会社をご紹介します。

パーソルテンプスタッフ株式会社

国内トップクラスのシェアを誇る人材派遣会社として、パーソルテンプスタッフ株式会社は成長を続けています。
事務派遣にも力を入れており、確定申告の入力スタッフのお仕事なども取り扱っています。
福利厚生もとても充実しており、派遣スタッフとして登録をすると自習トレーニングコーナー」や「eラーニング」を利用することが可能となります。
そのほかにも、各種提携スクールを優待価格で利用することもでき、スキルアップを目指したい方には嬉しい特典がたくさんある派遣会社です。
「確定申告」のお仕事も数多く取り扱っていまので、ぜひチェックしてみてください。
「確定申告のアルバイトをしたことがある」そんな方には、さらなる高時給を狙うチャンスもありますよ。

リクルートスタッフィング

リクルートグループの人材派遣会社として、急成長を続けている人材派遣会社です。
掲載求人数も、業界トップクラスを誇り、リクルートグループならではの大手優良企業の案件をたくさん取り扱っています。
福利厚生は特に評判が高く、健康診断を始め、歯科検診やフィットネスクラブの利用などの健康面だけでなく、e-ラーニングの受講など派遣スタッフのスキルアップにも力を入れています。
確定申告時期には、入力スタッフなどの案件も充実。
安心のサポート体制のリクルートスタッフィングで、確定申告のお仕事デビューを飾ってみませんか。

税務署でのお仕事は、思ったほど難しくないということをご理解いただけたでしょうか。
人生において知っておいて損はない、税金の知識に触れることができるこの仕事は、非常に学びの大きい仕事といえるでしょう。
詳しくはならなくても、テレビで税金関連のニュースが流れていると、自然と聞いてしまうような姿勢が身に付き、世の中のことに少し詳しくなることができます。

最後になりますが、もし一度仕事をしてみて「来年もこの仕事をしたい」と思ったら、税務署の方に声を掛けておくことをおすすめします。
場合によっては、新年度の採用時にお声が掛かるケースもあるようです。

確定申告スタッフのアルバイトは、3月末で一度終了となります。
ただ、4月、5月も少人数ではありますが、確定申告のスタッフを募集する税務署も多くありますので、継続を希望する場合も税務署の方に一言声を掛けておくといいでしょう。
日ごろの勤務態度が評価されていれば、リピーターとして来年度や継続のお仕事を紹介していただけるケースもあるのです。
最初は右も左も分からなったのに、気づいたら確定申告アルバイトのプロフェッショナルになっていた――そんなこともあり得るアルバイトといえるでしょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加