時短勤務可能の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 時短勤務可能の人材派遣会社登録と求人情報

時短勤務可能の人材派遣会社登録と求人情報

現代は、ライフスタイルに合わせたさまざまな働き方が注目される時代です。「時短勤務」もまた、さまざまな事情を抱えている方から、自分の都合に合わせて就業することができるスタイルとして注目を集めています。今回は「時短勤務の派遣」という働き方について、ご紹介しましょう。

時短勤務とはどんな就業スタイル?

時短勤務とは、その言葉の通り短い時間仕事をするという就労スタイルです。正式名称は「短時間勤務制度」と言い、1日の労働時間はおおよそ6時間と定められています。改正育児・介護休業法で定められたものであり、すべての会社で必須義務とされている制度です。ただし、時短勤務を利用するためには、いくつかクリアすべき条件があります。正社員の場合は入社してから1年以上継続して雇用されていること、そして3歳未満の子どもを育てていることです。性別や雇用形態に関わらず、この2つの条件をクリアしていれば取得することが可能な権利となっています。ただし、派遣社員の場合は同じ職場に1年以上ではなく、1年以上同じ派遣会社で派遣スタッフとして仕事をしていて、かつ1週間の所定労働時間が3日以上であることという2つの条件をクリアしていれば、短時間勤務をすることが認められます。女性は、結婚や出産といったタイミングでこれからどのような働き方をしようかと検討する方が多くいらっしゃいます。フルタイムの正社員に戻るには、生活がまだ安定していない――そんな時に選ばれているのが「時短勤務派遣」という就労スタイルです。でも、予定していないタイミングでの結婚や出産、親の介護外必要になった時、就業期間が定められていては、利用できないこともでてきますよね。そういったケースに柔軟に対応するために、法律上ではこの2つの条件がクリアされていることが時短勤務利用のルールですが、会社によっては独自のルールを用意しているところも多くあります。「就労1年以上」という括りを外すと、新たなる人材を確保することができるため、そのようにする企業が多いのです。

また「改正育児休業法・介護休業法」に制定されている時短勤務制度は、男女問わずに利用できるものであるということを、ご存知ですか?男性も積極的に育児を参加する時代となり、それとともに男性も時短勤務を検討し、利用するケースが増えてきました。保育園や幼稚園でも「送迎はパパ担当」という家庭が増えてきており、父母ともに時短勤務を利用するというスタイルも、広がりをみせています。時短勤務制度は育児や介護だけではなく、さまざまな理由で利用することも可能なので、資格取得を目指して学校に通いたい男性が利用するケースも。時短勤務には「優秀な人材を確保するという」意味でも企業にとってはメリットがあり、雇用されるスタッフ側としては「子育てや介護などさまざまな事情をクリアにしてくれる」ありがたい制度と言えます。時短勤務スタッフとして入社してきた人材が、子育てが落ち着いたころに正社員にシフトし、戦力となってくれることを企業側としては期待しているのです。

時短勤務可能な仕事の派遣登録方法

「時短勤務で社会復帰をしたい」そう思ったら、まずは時短勤務が可能な案件を探します。派遣会社の求人情報サイトなどには、週3日、週4日、16時前退社などの条件がチェックできるようになっていますから、その条件を選んで検索をしましょう。ただ単に「時短勤務」というキーワードで検索をすると、大量にお仕事が出てきてしまいますから、具体的な希望条件を入れて、調べることをおすすめします。時短勤務制度がある企業は、ママやパパの就労を前提として条件を提示しているケースも多いため、子育てに理解があることが期待できるという意味でも子育て中の人にはありがたいもの。「主婦(夫)歓迎」「産休育休取得実績あり」といった表記が記載されていれば、その会社は間違いなく子育て世代に優しいということが出来るでしょう。自分の希望条件とマッチした案件を見つけたら、その案件を取り扱っている派遣会社に登録をします。登録方法は、多くの場合まずはWebエントリーからスタートします。Webエントリーでは、ファーストステップとしてメールアドレスと氏名を登録すると、その後本登録用のアドレスがメールで送られてきます。そのアドレスをクリックすると本登録用の画面を開くことが出来ますから、そちらから登録を進めましょう。本登録画面でも、詳細を登録するのか、必須項目のみの基本情報を登録するのかを選ぶことが出来ます。「とりあえず」と基本情報のみを登録すると、後日派遣登録説明会で自己PRなどを入力する必要が出てきます。派遣登録説明会の会場で自己PRなどをさっと入力することが出来ればいいのですが、なかなかそうはいかない方も多いと思います。派遣登録説明会という名前にはなっていても、就職・転職活動における選考に値します。その自己PRでお仕事を紹介してもらえるか否かが決まると考えれば、ゆっくりと自己PRを練ることができる自宅で、あらかじめ入力しておいた方がいいということはお分かりいただけるのではないでしょうか。一度、基本情報のみを登録した後も「マイページ」などで自分の情報を更新することができるケースも多くありますから、その時すぐにはできなくても、後日改めて自己PRや志望動機を入力することをお勧めします。

Webエントリーが完了すると、改めて派遣会社から派遣登録説明会についての連絡が来ます。幾日か候補が上がっていますから、その中から自分の都合のいい日を予約しましょう。派遣登録説明会当日の服装はオフィスカジュアルで、清潔感のあるスタイルを心がけます。男性も女性も、髪が顔にかからないように綺麗にまとめ、爪も短く切っておきます。それでは、派遣登録説明会当日には、どのようなことを行うのでしょうか。まずは、派遣会社から登録希望者に対して、派遣スタッフという働き方についての説明があります。派遣は派遣先企業に雇用されるのではなく、派遣会社に所属するスタッフとして派遣先企業に勤務する「間接雇用」というスタイルをとります。通常、正社員や契約社員、パートやアルバイトなどの場合は仕事をする企業に直接雇用されるイメージがあるかもしれませんが、派遣スタッフは所属が異なります。そのあたりを理解し、その上で派遣登録を希望する場合は、そのまま登録に進みます。登録のためには、まずスキルチェックを受けるところからスタートという流れが一般的です。スキルチェックでは、基本的なPC操作や一般常識問題、ビジネスマナーのチェックをします。「スキルをチェックする」と言われると緊張してしまうかもしれませんが、内容としてはごく基本的なことばかりですので、心配は不要です。もし不安に感じられる場合は、最近ではインターネット上にタイピングテストなどが公開されていますから、そういったものを利用して練習してみてもいいでしょう。スキルチェックが終わると、面談となります。面談の際に、時短勤務を希望する場合はその理由を聞かれると思っていた方がいいでしょう。理由は正直に答えて、問題ありません。「両親の介護のため」「資格取得を目指しているため」「子育てと両立したいから」「持病があるため」など、きちんと自分の状況を説明をし、理解していただきましょう。派遣という働き方自体、通常の正社員採用とは違い、ワークライフバランスを重視したスタイルとなります。ですから、プライベートに関して派遣会社側が何か意見することは、基本的にありません。ただ一つ、注意が必要なのがネガティブな発言は避けるべきということ。「親が急に体調を崩したら、お休みをいただくかもしれません」「子どもが熱を出したら…」「試験前はちょっと」など、ネガティブなことばかりを前面に押し出しすぎると、採用する側としても不安になりますよね。イレギュラーな欠勤は、なければない方がもちろんいいとされています。でも、欠勤してしまうことがあるかもしれないというのは、それぞれ事情があるのですから「どうしても」という時はもちろん、理解していただくことが出来ます。必要以上に不安がる必要はありません。「基本的には仕事優先で出勤させていただきますが、どうしても都合がつかない場合はご相談させてください」くらいの表現でとどめておいた方がいいでしょう。慎重になりすぎて、先方に不安を感じさせては逆効果になります。面談では自分の希望する条件を伝え、求人情報と合致するものがあればそのまま応募することも可能です。その場で希望する内容の案件がない場合は、登録説明会終了後派遣コーディネーターから電話やメールで希望に近い案件が入ったら連絡をもらうことになります。「なかなかコーディネーターから紹介してもらえない」という場合は、その派遣会社の求人をこまめにチェックして、希望する内容のものがアップされたら自分から連絡をしてみるのもお勧めです。紹介を待つだけでなく、自分から動くことができるということは、就業したいという気持ちが強いということの証となります。それを派遣会社のコーディネーターに理解してもらうことも、お仕事を紹介してもらうための近道となるのです。

時短勤務を上手に乗り切るコツ

さて、ここからはいざ時短勤務を紹介していただいた後のことについて、少しお話ししましょう。時短勤務というと「勤務時間が短くて済む」ということばかりクローズアップされてしまいがちですが、実際はそれだけではなく「短い時間でいかに効率的に仕事をこなすことが出来るか」ということが、重要なポイントとなります。時短勤務だからこそ、限られた時間で効率的に仕事に取り組む必要があります。また、つねに進捗を他のスタッフと共有して、連携をとることが大切です。子どもが小さいと急に熱を出してお休みをしなくてはいけないことも出てきますし、介護をしている親が体調不良になることもあるかもしれません。また、自分自身が体調不良でダウンしてしまうこともあるでしょう。そんな時に仕事の状況を自分一人でしか理解できない状態になっていると、急に欠勤された職場にとっては大きなダメージとなります。もちろん急な欠勤は、職場に迷惑を掛けますから出来るだけ避けるべきです。ですが、どうしてもという時に、情報共有ができていれば助け合うことが出来ます。いつでも、誰が見ても何の資料なのか、進捗はどのようになっているかがきちんと理解できるようにまとめておくことで、急な欠勤でも極力迷惑を掛けずに済みます。このように、自分の仕事をしっかりと管理し、その上で自分の仕事に余裕がある時は他のスタッフの仕事のサポートに回るようにしましょう。「困った時は、お互いさま」という気持ちで仕事に取り組んでいれば、いざ自分が困った時にも誰かが必ず助けてくれるはずです。「時短勤務」という条件で仕事をしているのですから、時短勤務をすることに引け目を感じる必要は、もちろんありません。でも「私は時短勤務なのだから」と割り切りすぎた態度でいると、周囲の理解も得にくく、場合によっては反発を覚えられてしまうことも。時短勤務というイレギュラーなスタイルで採用されていることに感謝することを忘れずに、イレギュラーだからこそ謙虚に仕事に取り組む姿勢が大切です。そうすることで周囲にも理解が得られ、居心地もよくなり、仕事がしやすくなるということを覚えておきましょう。

時短勤務可能の派遣で働くメリット

それでは、時短勤務で働くメリットについて、ご紹介します。まずは、子育て中の方について見ていきましょう。子育て中の方が時短勤務をすることのメリットは、たくさんあります。まず「子育てと仕事を両立することができ、キャリアとして継続することができる」という点。妊娠、出産を経て「私はもうキャリアから外れてしまった」と感じる方も多いようですが、時短勤務を利用すればそんなことはありません。公共施設や病院、医療センターなど、育児中にたびたび足を運ばなくてはならない場所の多くは、業務が17時で終了してしまいます。そういった所に出向かなくてはならない用事があった時にも、時短勤務なら欠勤することなく、仕事も用事も両方を済ませることが可能になります。また、お夕飯の支度も少し余裕を持つことが出来、子どもと過ごす時間は笑顔で向き合えるだけのゆとりが出てくるというメリットも。子育て時間をしっかりと確保しながら、キャリアを継続することが可能なのです。また、子育てが始まり、支出も増えるこの時期に安定した給与が入るというのも、大きなメリットと言えるでしょう。

次に、資格取得を目指して通学したり、両親の介護のために時短勤務を利用するケースについて見ていきます。通常であればアルバイトやパートという形でしか仕事をすることが出来ない状況であっても、時短勤務の派遣という形を取ることが出来れば、それは経済的に大きな助けとなります。スキルアップやキャリアチェンジのために勉強をしていても、両親を介護していても、収入がなければ貯蓄を切り崩して生活をしていくしかありません。ですが、そういった生活はあまり精神衛生上よくないもの。ですが、時短勤務派遣という就労スタイルであれば、安定した収入を得ながら、さまざまな事情にも対応ができるという大きなメリットがあります。また、社会保険などにも一定の条件さえクリアしていれば加入することができるとう点も、大きな魅力でしょう。特に、介護や育児などを抱えて時短勤務を選んでいる場合は、将来的なキャリアアップや資格取得、スキルアップを目指すことも可能です。派遣会社には、さまざまな研修制度や資格取得補助制度があり、無料または割引価格でこういったものを利用することができます。上手に制度を活用しながら、本格的な仕事復帰を考えた時にブランクもなく、さらに武器となるスキルを身に着けることが出来ていれば、それは大きな強みになると言えるでしょう。

時短勤務可能の派遣で働くデメリット

時短勤務の派遣を選ぶデメリットとは、どのようなところにあるでしょうか。一番は、やはり「お給料が減る」という点でしょう。フルタイム勤務と比べると、時給制で仕事をする派遣の場合、どうしてもお給料は減ってしまいます。でも、その分育児や家事、介護や勉強などに時間を充てることが出来、生活としては充実し、気持ち的にも余裕ができるという大きなメリットがあります。時短勤務は、自分がそういった選択をしなければ、一生続くものではありません。あくまで、今この状況を乗り切るための一時的なものであると割り切って、与えられた仕事に精一杯取り組むようにしましょう。

時短勤務に向いているタイプは?

時短勤務を上手にできる人は、物事を多角的に見ることが出来、問題をしっかりと把握する能力が高い傾向にあります。これは、いかに効率的に仕事をこなすかを創意工夫しながら、無駄を省いていくことができる能力が高いということ。また、メモを細かく書くタイプの方も多く、そうすることで短時間に問題点を洗い出したり、話のポイントを掴むことが出来ることを知っているのです。思考深く、仕事をいかに効率良く進めるかをよく考えてからスタートさせるため、課題や問題点にもあらかじめ気づくことが出来る特性もあり、ミスをして時間を無駄に使うことがありません。最終的なゴールをきちんと設定した上で、今現在何から手を付けるべきかという逆算ができるというのも、強みと言えるでしょう。ですが、必ずしも上記のような特性がなくては時短勤務することが出来ないかと言えば、そんなことは決してありません。自分はどのようなタイプかを理解し、時短を実現するためにはどのようなことに注意すべきかをよく考え、動くことで仕事の効率も変わってきます。上手に時短が出来るように、ぜひ工夫してみてください。

時短勤務可能な派遣の給料や社会保険ってどうなるの?

時短勤務に関して、やはり一番気になるのはお給料のことではないでしょうか。時給制で仕事をする派遣スタッフの場合、短縮した分の給与は基本的に減額されます。どうしても、フルタイムと比べると収入が減ってしまうのは避けられないと考えておきましょう。また、社会保険料についても収入が落ちてしまいますから、不安があると思います。一定の基準を満たしていれば社会保険に加入することは可能ですが、収入が減っているためそれだけでも痛い出費に感じられる方も多いでしょう。ですが、よく考えてみましょう。いざという時、守ってくれるのは保険です。もし、扶養の範囲を超え、派遣会社が提示している一定の基準を超えている場合は、きちんと保険に加入しなくてはいけません。

最後にひとつ、注意をしておかなくてはいけないポイントについて、ご紹介しましょう。派遣でお仕事をスタートさせるのと同時に、保育園に子どもを預けたいとお考えの方も多いかもしれません。ですが、保育園入園に必要な「就労証明書」は、派遣に登録しただけでは発行してもらうことができません。仕事をする派遣先企業は決まって、初めて発行可能となるのです。これは、多くのママが悩むポイントとなるかと思いますが、保育園入所用の書類をそろえなくてはいけない時期をしっかりと確認し、派遣会社の担当コーディネーターさんと連絡を取り合いながら、準備を進めていくことをお勧めします。

女性が時短勤務可能の派遣でお仕事するのに人気の職種

女性に人気の高い時短勤務が可能な派遣のお仕事を、ご紹介します。時短のお仕事は、専門性の高いお仕事や、スタッフ同士が連携をとって仕事をやりくりするタイプの仕事が多い傾向があると言えるでしょう。女性の場合は看護師や介護士、薬剤師、介護のお仕事といった医療系のお仕事や、コールセンタースタッフ、データ入力、営業アシスタントなどがあります。女性ならではのコミュニケーションスキルを活かして、職場のメンバーと連携し、仕事を進めることができる職種が人気となっています。

男性が時短勤務可能の派遣でお仕事するのに人気の職種

男性人気の高い時短勤務派遣のお仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。時短勤務と言っても、日中だけに限定されるわけではありません。男性には、その体力を活かして深夜のみの工場や製造ラインでの作業や、専門知識を活かしたシステムの監視・保守業務、介護の仕事などが人気となっています。日中も同様に、軽作業スタッフやイベントスタッフ、製造スタッフ、エンジニア、営業などのお仕事が注目されています。

時短勤務可能の派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

時短勤務可能な案件を多く取り扱っている派遣会社には、どのようなところがあるのでしょうか。おすすめポイントも合わせて、ご紹介します。

リクルートスタッフィング

育児と両立しやすい時短勤務の案件増加に力を入れている、リクルートスタッフィングでは、クライアントである派遣先企業に積極的に働きかけを行い、ともに派遣スタッフが働きやすい条件や環境を整えることに力を入れています。家事も育児も全力で頑張りたいパパやママのために、身体が資本となる派遣スタッフの健康も考え「健康診断・歯科検診(無料)」「産休・育児休暇」といった制度も充実させています。私たちは「はたらく×育児」を無理なく実現できるように、さまざまな福利厚生・サポートを提供してるのです。ママのための就活セミナーや、仕事と育児の両立のヒントを学べる講座を開催。育児の合間や職場復帰前に、自宅で空いた時間を活用してパソコンスキルを身に付けられるように、無料の「e-ラーニング」も提供しています。あなたのライフステージにあわせた働き方を実現できるように、全力でサポートしている派遣会社です。

パーソルテンプスタッフ

少子高齢化が進み、今主婦の「眠れるスキル」が注目を集めています。パーソルテンプスタッフが開催しているフレキシブルワーク専門部門・ダイバーシティ事業部の「ママらしく働く学部」では、ママの社会復帰準備を整えるところから、実際の就労、そして仕事をし続けることを応援・サポートします。社会復帰や、家事や介護、育児との両立の不安を解消し、資格取得やビジネストレーニングといった働くためのスキル習得もサポート。派遣スタッフ一人ひとりが自分らしく輝けるように「働く!働き続ける!」を応援します。

しゅふJOBスタッフィング

社名からも分かるように「結婚しても、社会の一員として働き続けたい!」そう願う女性たちの希望を実現するべく「週3日勤務」「16時まで」「残業なし」といった家庭や子育てと両立するために必要不可欠な条件をクリアした案件を多数取り扱っている派遣会社です。オフィスワークをメインに取り扱っており、しゅふJOBスタッフィングを運営している株式会社ビースタイルは、人材業界時短雇用シェアで高い実績を誇っています。女性の眠れる力を世の中に生かすお手伝いに、私たちは取り組んでいます。

自分の理想とするライフスタイルや、イメージする「なりたい自分」を見つけることから、「時短勤務」という答えを見つけた方に、少しでもお役に立てたでしょうか。学生時代とは違い、世の中に出ると「どのように生きていくか」を真剣に悩む方も多いと思います。人生にはさまざまな岐路があり、その度に選択をしながら生きていかなくてはいけません。現代という時代は、たくさんの選択肢が用意されている時代とも言えます。自分のライフスタイルやキャリアプランに合った働き方を見つけられるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド