保育士の人材派遣会社登録と求人の詳細

> 職種別の派遣求人 > 保育士の人材派遣会社登録と求人

保育士の人材派遣会社登録と求人

女性の社会進出にともない、ニュースでも待機児童増加の問題をよく耳にするようになりました。

その待機児童問題を解決するために、近年新しい保育園が次々と誕生している一方で、今度は保育士不足が深刻化しています。

そこで、活躍の場が広がっているのが派遣の保育士です。

派遣で保育士をすることは、一昔前までは考えにくかったですが、近年はすっかり1つの働き方のスタイルとして定着し、その需要も高まっています。

今回は、そんな保育士の派遣求人について解説していきます。

保育士派遣のお仕事内容

一口に派遣の保育士といっても、その就職先はさまざまです。

市区町村が運営する「公立保育園」、社会福祉法人やNPO法人、企業や学校などが経営する「私立保育園」、ほかにも、東京都が独自に設けている「認証保育園」、企業内や院内保育園、ベビーホテルなどの「無認可保育園」、また近年注目されている「認定こども園」などがあります。

派遣で保育士をする場合、上記のような施設で、担任保育士のサポートとして入るケースが多いようです。

クラス全体を見守りながら、子どもたちが園生活を安全に楽しく過ごせるよう目を配ったり、集団活動になかなかついてこないマイペースな子どものサポートをしたりします。

いわゆる「クラスの副担任」のイメージに近いかもしれません。

クラス担任を持つ正社員の保育士は、保育だけではなく保護者との連絡帳のやり取りや、行事の準備などさまざまな作業を行います。一方、派遣保育士のメインの仕事は“子どもたちのお世話”であるため、保護者とのやりとりや園の運営に関する業務には関わりません。

保育士として純粋に子どもとたくさん触れ合いたい、深く関わりたいと考えている方にとっては非常に嬉しい働き方と言えます。そのため、あえて正社員ではなく、派遣という働き方を選ぶ人もいます。

ただし、派遣だから責任が軽いのかと言えば、決してそんなことはありません。子どもたちが、心地よく安全に生活できる保育園であるために、欠かせない役割を担うことに正社員と派遣社員の違いはありません。

保育士の派遣は未経験で資格なしでもお仕事可能なのか?

「保育士の資格はないけれど、育児経験を活かして仕事をしたい」「子どもが好きだから、保育士の仕事にチャレンジしてみたい」そう思っても、保育士免許がないから保育士の仕事はできないと諦めている方もいるかもしれません。

でも、実は保育士の派遣は未経験OKの求人も意外に多く、無資格でもスタートすることが可能です。

ほとんどの場合、「担任補助」や「保育サポートスタッフ」として仕事に就くことになりますが、なかには、一般の保育士と仕事内容が大きく変わらない園もあります。

時給に関しては、保育資格を持っている人に比べてどうしても低くなりますが、将来的に保育士資格を取得したいと考える方には、現場で実務経験を積むことは大きなメリットとなるでしょう。

特に子育て経験者は優遇されますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

保育士の派遣で働くメリット

生涯に渡って安定した仕事と給料が欲しいという方には正社員がおすすめですが、派遣の保育士として働くことにも、たくさんのメリットがあります。

ライフスタイルに合わせて働ける

女性の場合、結婚・出産・子育て・配偶者の転勤・親の介護など、人生においてライフスタイルが何度も変化します。派遣であれば、そういった変化に合わせ、勤務先も働き方も変えることができます。

時短で働きたい、扶養の範囲内に抑えたい、子供の学校が休みになる土日祝日は休みたい、逆に夫に子どもの世話をお願いできる土日のみ働きたといった希望のある方に、派遣はピッタリです。

給料が高い

仕事内容に対して賃金が安いことが問題視されている保育士の仕事ですが、派遣に限っては高い給与をもらうことも可能です。

それは、パートやアルバイトと比較して時給自体が高いこと、完全時給制であるため、働いた分だけきちんと給与に反映されることが理由です。また残業などにより1日8時間以上働いた場合は、時給は25%増しになります。

正社員のように無給のサービス残業がないため、労働時間の割に給与が少ないということにはならないのです。

持ち帰りの仕事がない

保育士の場合、一般企業のOLなどと違い、家に持ち帰って行う仕事が多いことが特徴です。

例えば、保護者向けのお便り、日誌などの事務作業、保育のために使う教材や教室に飾る装飾物、また、運動会や夏祭り、発表会などで使用する衣装やグッズなどを作ることもあります。

クラス担任を持っている正社員であれば、こういった持ち帰りの仕事が大量にあるため、家に帰ってのんびりする…といったことはあまりできません。

その点、派遣社員であれば時給が発生しない時間外の仕事は契約上認められていないため、上司や同僚にお願いされることもありません。プライベートな時間はしっかりと確保することができるのです。

保護者との関わりが少ない

保育士さんは子どもが大好きで、子どもたちと関わる仕事がしたいと思っている方がほとんどです。しかし実際は子どもだけでなく、保護者との関わりあいもとても大きいのが保育士の仕事です。

保護者には、いつも笑顔で感謝の思いを伝えてくれる人もいますが、なかにはちょっとしたことでクレームを言ってくるような人もいます。そんな保護者との関わり方に悩んでしまう保育士は少なくありません。

しかし、派遣であれば担任を持たないといった希望を出すこともできます。純粋に子どもだけに関わる仕事がしたいという人に、派遣はとてもおすすめです。

合わないと思ったらすぐに辞められる

最近では男性保育士も増えてきましたが、それでも保育の現場はまだまだ女性中心。…となると、やはり気になるのが女性の多い職場ならではの人間関係です。

うまくやっていけそうにない職員がいる、園長の方針と合わないといったときに、短期契約の派遣であれば、契約満了を機に、あとくされなく辞めることができます。

職場環境をよく知ってから社員になる方法「紹介予定派遣」を選べる

以前働いた保育園の労働条件が過酷だった、人間関係に悩んで辞めてしまった、ブランクがあるのでまた現役としてやっていけるか不安、でもいずれは正社員として働きたい…そんな方には、「紹介予定派遣」という働き方があります。

一般的な派遣は「登録型派遣」といって、いつからいつまでという契約期間を設けて就業します。

一方、「紹介予定派遣」は、派遣期間は試用期間的な位置づけとなり、派遣先企業(ここでは保育園)と派遣スタッフ双方の合意が得られれば、派遣契約終了後、そのまま正規雇用にシフトすることができるというものです。

紹介予定派遣は、派遣スタッフ側も派遣先企業側もお互いのことをよく知った上で社員登用されるため、いきなり正社員になり、「やっぱりこの保育園は自分には合わなかった」というミスマッチを防ぐことができます。

どの保育園でも行っているわけではありませんが、興味のある方は、紹介予定派遣の求人を探してみると良いでしょう。

保育士の派遣で働くデメリット

では、派遣の保育士として働くデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

契約期間がある

派遣は、気軽に辞められるというメリットがある反面、どんなに職場に恵まれていても契約満了となれば職場を去らなくてはいけないというデメリットがあります。

契約のタイミングによっては、可愛い園児が卒園する姿を見られない可能性もあります。子どもに対して愛情を持って仕事をしていた方にとっては、とても辛いことでしょう。

部外者扱いされることも

契約期間があるスタッフだからと、保育士仲間から部外者として扱われることも。

しかし、派遣と言っても最長3年間同じ保育園で働くことができるため、長く在籍すればするほど、また、大変な行事を一緒に乗り越えるほど、仲間意識が生まれ、正社員や派遣社員といった垣根はなくなることも多いようです。

保育士派遣の給料相場や福利厚生制度

保育士は仕事の多さや大変さの割に給与が低いと言われていますが、派遣の場合はそうとも限りません。では、派遣で保育士をする場合の給料相場や福利厚生などを見ていきましょう。

給与相場

保育士派遣の時給としては、東京都内の場合1,500円程度が相場となっています。地方勤務の場合、また未経験・資格なしという場合は、もう少し低くなります。

保育士派遣は担任のサポート業務が多いですが、なかには複数担任制のクラス担任をもてる案件もあり、その場合は1,600〜1,800円といった高時給が見込めます。

派遣の場合、ボーナスはなく、交通費も基本的には支給されませんが、求人を見てみると、全額支給、一部支給、車通勤の場合はガソリン代を支給といった案件も意外に多いようです。

自宅から勤務先までが遠いと毎月の交通費もバカにならないので、少しでも出費を抑えたい方は、自宅近くの保育園を選ぶか、交通費が支給される案件を中心に選ぶのも1つの方法です。

福利厚生

福利厚生は、勤務先の保育園のものではなく派遣会社のものに加入し、利用することになります。

大手の派遣会社であれば、勤務先の保育園の正社員以上の待遇を受けられることも珍しくありません。

また、派遣スタッフのスキルアップに力を入れている派遣会社であれば、仕事をしながら、提携スクールで保育士の資格取得を目指せる講座を持っていたり、資格取得補助が出るケースもあります。

また、研修制度のほかにも、ジムやフィットネスの割引利用や、定期健康診断の実施などをしている派遣会社も多く、仕事をする上で資本となる体をしっかりとメンテナンスする環境も整っています。

リフレッシュ目的で、レストランやレジャースポットなどの割引利用ができる派遣会社も多く、オンとオフをはっきりさせながら、スタッフ1人ひとりが充実した派遣ライフを送れるよう、派遣会社も気を配っています。

保育士派遣で短期間だけ働きたい場合はどうすればいい?

短期で働きたい場合、保育園のスタッフが産休や育休を取得している期間だけ派遣されるスタイルが考えられます。時期を問わず発生する案件なので、こまめに派遣会社の求人情報をチェックするといいでしょう。

次に、夏季休暇や年末年始など、保育士も休みたいけれど、保育園利用者が増えるタイミングも、短期での募集がかかりやすいでしょう。

こちらは、時期が限定されているので、夏季休暇であれば5月〜6月くらいから、年末年始であれば10月くらいから求人チェックをするようにしましょう。

保育士の休暇に合わせた求人は、毎年レギュラーに発生する案件でもあります。1度経験すると、次年度以降も同様の案件があった場合に派遣会社から声をかけてもらえることがあります。

1度就業したことがある保育園での仕事なら、他の保育士とも円滑に仕事をしやすいですし、職場のことも理解しているため、仕事をする派遣スタッフにとっても、仕事を教えなくてはいけない派遣先である保育園にとっても、メリットが大きいのです。

保育士の派遣求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

保育士の仕事を探す際、おすすめの人材派遣会社をご紹介します。保育士不足が叫ばれている時代背景もあり、近年保育士に特化した派遣会社は増加傾向にあります。

どこの派遣会社にも、それぞれの強みや良さがあるため、比較検討してぜひ活用してみてください。

保育士バンク

厚生労働省認可の国大最大級の保育士派遣会社。求人数は5万件以上を誇り、全国47都道府県の求人を取り扱っています。

保育士経験のある女性コーディネーターが多く、就業後も相談にのってもらうことができ、フォロー体制がしっかりしているので安心です。

保育エイド

人間関係が良好な職場だけを厳選して紹介してくれる、保育エイド。まだ関東圏限定ではありますが、質のよい派遣会社として注目を集めています。

就業スタッフからヒアリングをし、問題がある就業先とはお付き合いを見合わせるなど、徹底しているため、安心して仕事をすることができます。

また、コーディネーターはすべて女性で、実際に保育士として仕事をしていた方もいますから、心強いですね。

テンプスタッフ・ウィッシュ

テンプスタッフ・ウィッシュは、パーソルグループの保育のお仕事専門の人材派遣会社です。

福利厚生が非常に充実しており、有給や社会保険、労災、キャリアアップ支援研修などはもちろん、派遣会社には珍しく原則交通費も支給されます。

また、お仕事開始前には派遣会社の担当者が園に同行し、見学することもできます。紹介予定派遣の案件もあるので、いずれは正社員として働きたいという方にもオススメです。

保育士として働くなら派遣とパートどっちがいい?

保育士として仕事をしたいと考えた時、派遣とパート、どちらがいいのかな?と考える方もいるでしょう。ここでは、派遣とパートの違いについてご説明していきます。

派遣は、労働条件などの提案を派遣会社に任せられる

パートの場合、雇用主が勤務先である保育園になります。直接雇用となるため、時給や条件などの交渉は、勤務先と直接やりとりすることになります。

それに対して、派遣の場合はすべて派遣会社を通して行ってもらえます。そのため、「○時までにはあがりたい」「週○回勤務にしてほしい」「ピアノが苦手なので任せないでほしい」など、直接言いにくい条件なども、第三者としてさらっと交渉してもらうことができます。

時給は派遣の方が圧倒的に高い

時給に関しては、派遣の方が高いケースが多いです。

なぜ、派遣の時給が高いかというと、保育園が派遣を使うのは、主に保育施設側の人員が足りず困っている時になります。そういったときに派遣であれば、書類選考や面接などをする必要もなく、保育園側が必要なスキルや経験をもった人材にサッと入ってもらえることができるからです。

派遣は有期雇用、パートは無期雇用

派遣は有期雇用ですが、パートは無期雇用。つまりパートであれば、基本的には採用された職場でずっと仕事を続けることができます。

一方、派遣の場合は保育園が正社員採用をし、人員が確保できた時点で次の更新はないと考えた方が良いでしょう。また産休や育休要員の採用であった場合も、正社員が復帰したした時点で、契約が終了するケースがほとんどです。

自分に合わない職場だった場合にすぐに辞められるメリットがある反面、ずっと働きたいと思っても契約満了になれば保育園を去らなければならないデメリットが派遣にはあります。

同じ勤務先で、安定して仕事をしたいならパート、短期的に稼ぎたいなら派遣、というのもひとつの考え方と言えるでしょう。

派遣は勤務時間が契約で取り決められている

派遣の場合、勤務開始前に雇用契約で、残業の有無や休日出勤などに関してさまざまな細かい取り決めをします。

また、残業や休日出勤の場合は賃金が割増になって人件費も高くつくため、保育園側としては気軽に契約外の仕事や残業の依頼ができないのです。

一方、パートの場合は直接雇用ですから「ちょっと残業できないかな?」「この日、行事があるから休日出勤をお願いしたいのだけれど」ということも出てきます。今後も一緒に仕事をしていく職場の上司や仲間からの依頼となると、断りづらいのが現実です。

勤務時間を限定して、その時間内だけしっかり仕事をしたいと考えている方には、残業や休日出勤の心配の少ない派遣の方がありがたいと言えるでしょう。

まとめ

派遣として保育士の仕事をしたいと考えたとき、専門性の高い仕事だけに、最初の一歩を踏み出しにくいという方も多いと思います。

でも、実際には未経験でも、資格がなくても、スタートは切れます。それから先は、自分がどのような働き方をしたいか、どのようなビジョンを持っているかで選択肢は広がっていくもの。

ぜひ第1歩として、派遣保育士という働き方を考えてみてくだい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド