引越し業者の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 引越し業者の人材派遣会社登録と求人情報

引越し業者の人材派遣会社登録と求人情報

引越し業者の派遣は、派遣のお仕事のなかでもメジャーな職種といえるのではないでしょうか。フルタイム勤務などレギュラーで働くスタイルが多い派遣のお仕事のなかでも、自分のライフスタイルに合わせてシフトを組むことができる短期がメインとなる引越しのお仕事は、人気の職種となっています。今回は、引越し業者の派遣求人について、詳しく調べてみました。

引越し業者派遣の仕事内容

引越し業者派遣の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。引っ越しをされたことがある方なら、なんとなくイメージをお持ちかもしれませんが、まずはその詳細について見ていきましょう。まずは、派遣会社から連絡された時間に、指定された集合場所に行きます。集合場所は現地のこともありますし、引越センターというケースもあります。引越センターにもよりますが、センター集合の場合は少し遠方にトラックに乗って皆で移動するケースが多いようです。当日にその日の現場をともにするスタッフと顔を合わせることになります。トラックごとにグループとなりますが、大体1つのグループに社員が1名はつくように割り振られます。割り振られたメンバーで長時間作業を共にすることになりますから、その日一日を気持ちよく過ごすために、最初にきちんと挨拶をするようにしましょう。現場担当者となる社員の方にもしっかりと挨拶をし、分からないことがあったらすぐに確認します。勝手に判断して行動すると、お客様の大切なお荷物や建物を傷つけてしまうこともあり得ますから、注意深く行動するようにしましょう。トラックに乗り込む前にざっくりと当日の流れが説明されますから、疑問点があればその場で確認しておくといいかもしれません。集合が終わり、軽く顔合わせが済むと、作業着に着替えます。この作業着は通常派遣先企業のものをお借りして着ることになります。作業着がない場合は、動きやすい服装で来るようにと指定されることも。チノパンや滑りにくい運動靴、軍手を持っていくように指示されることもありますから、派遣会社から連絡された通りの服装で当日出勤するようにしましょう。着替えが済んだら、いよいよお仕事スタートです。場合によっては、トラックが停まるまで仕事をする場所が分からなかった、ということも。多少不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、社員がついていますし、流れに身を任せても基本的には問題ありません。到着した先で引っ越し作業を行うことが、その日のミッションと考えましょう。現場に到着すると、いよいよ作業開始です。引越し業者の派遣の場合、多くの場合細かく説明されません。時間との勝負という面もあるからです。臨機応変に梱包資材を使ってどんどん荷物をパッキングし、搬出します。ただし、建物には絶対に傷をつけないように、しっかりと傷や汚れ予防のシートで養生することを忘れてはいけません。また、重たい荷物をフローリングにおいてしまうと床に傷がつくこともあるので、注意が必要です。万が一、傷をつけてしまうとその弁償は引越し業者が行うことになりますが、派遣スタッフがしたミスに起因する傷の場合は、派遣会社に請求が行くことも。建物をとにかく傷つけないように、慎重に動くことがなによりも大切です。荷物の積み込みが終わると、次は搬入先へと移動します。トラックに乗っているだけのこの移動時間も時給が発生するのは、嬉しいですね。移動時間が長時間に及ぶ場合は、トラックの中で昼食を済ませることもあります。搬入先に到着したら、速やかに荷物を運び入れて梱包を解き、指定された場所に家具や家電を配置します。作業が完了すると挨拶をし、派遣の場合はその場で解散となることがほとんどとなります。これが、引っ越し業者の派遣のお仕事です。

引越し業者の派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

引越し業者の派遣は、未経験の方にも広く開かれた仕事と言えるでしょう。ただし、特別な研修等を設定している派遣会社は数少なく、現場の様子を見ながら作業を行う柔軟性が求められる仕事でもあります。体力仕事であることへの覚悟と、多少のことではへこたれないメンタル、そして分からないことがあった時にそれをそのまま放置せず、社員に確認できるコミュニケーション能力さえあれば、お仕事をすることは可能です。派遣先である引っ越し業者は体育会系なので、明るくサバサバした方が多く、その雰囲気に馴染むことができそうなら、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

引越し業者派遣で役立つスキル

引越し作業では、チームワークの良さが大切なポイントとなります。とはいえ、ほとんどの場合はその日の朝に初めて会ったメンバーと仕事をすることになる訳ですから、いきなりチームワークを期待できる訳ありません。初めて会ったメンバーともコミュニケーションを図り、仕事をしやすい関係を短時間で築くスキルが必要となります。貴重品や壊れやすい荷物を取り扱う時や、家具や家電といった重たい荷物を手際よく搬入・搬出する際には、メンバーとの関係が大切になります。「今日一日限りの付き合い」とクールに対応していると、仕事をする上でマイナスになることも。とにかく、コミュニケーションを上手にとる方法を考えましょう。

引越し業者の派遣で働くメリット

引越し業者の派遣には、メリットもあります。肉体労働であるため、時給が高く設定されているケースが多いのもメリットのひとつと言えるでしょう。短時間でしっかり稼ぎたい方には、適した仕事です。派遣会社によっては、その日のうちに給与を支払ってくれる日払い制のところもありますから「すぐにお金が必要」という時にはとても助かります。また、シフトに関しても、他の仕事に比べると融通が利きやすい仕事といえるでしょう。週末だけ仕事をしたいスタッフや、他の仕事と調整しながらダブルワークとして引越しの仕事をしている人も多くいます。体育会系の部活に所属していて、体づくりと兼ねて引越しのアルバイトを選ぶ方もいらっしゃいます。体と精神を鍛えることができる引越し業者の派遣のお仕事は、学ぶことも多く、その上お給料までいただけるとても有意義なものとも言えるかもしれません。社会勉強にもなり、仕事におけるコミュニケーションの必要性を学ぶいいきっかけになることは、間違いありません。初対面の相手に、大きな声で気持ちよく挨拶をすることや、返事はきちんと相手に届くように大きな声ですること、出来る限り笑顔を心がけることで、その日一日の仕事が気持ちの良い現場になるか否かが決まってきます。ある意味、自分次第で職場環境を変えることができる仕事と言えるでしょう。どうせ一日一緒に仕事をするメンバーですから、出来ることなら気持ちよく仕事をしたいですよね。張り切りすぎると逆にうまくいかないこともありますが、無理のない範囲でコミュニケーションを図るようにするといいでしょう。そうするうちに、コミュニケーションスキルをしっかりと身につけることができます。メンバーとの関係性がよく、仕事がスムーズに進んだ場合、予定よりも早く作業が終了することもあります。そのようなケースでも日給が保証されるというのも、引越し業者派遣という働き方のメリットと言えるでしょう。

最後に、これは番外編ですが、お客様の気持ち次第で作業終了時にご祝儀をいただくこともあります。一人1000円ほどですが、それでもありがたいもの。ご祝儀だけではなく、差し入れをくださることもあります。もし、何かをお客様にいただいた時は、独断で受け取らずに社員に確認するようにしましょう。社員からOKが出たら、ありがたく頂戴します。その際には、しっかりとお礼を伝えることが大切です。

引越し業者の派遣で働くデメリット

デメリットというほどのことではありませんが、コミュニケーションがあまり得意ではない方にとっては、引越し業者の派遣のお仕事はあまり向いていないかもしれません。朝、初めて顔合わせたメンバーと一日一緒に仕事を行うためには、コミュニケ―ションが不可欠です。よそよそしく、会話もままならないような状態で現場に入ってしまうと、伝達がうまくいかなかったりとさまざまなデメリットが生じます。マイペースに、もくもくと作業を行いたいタイプには、あまり向かない仕事といえるでしょう。周りの状況を見ながら、テキパキと動く必要がある仕事なのです。また、引越し派遣の大変なポイントと言えば、重たい荷物の運搬が挙げられるでしょう。家具や家電はとても重量があり、一つ100キロを超えるようなものもありますから、一人で運んでしまおうとすると足腰を痛めてしまう可能性も。「ちょっと大変そうだな」と感じたら、チームのメンバーに助けを求めることが、引越し業者の派遣を続けていくコツと言えるでしょう。手作業で荷物を運ぶというのは想像以上の重労働で、腰や肩に負担がかかります。5階建てのマンションでエレベーターが無い場合でも、階段の上り下りを繰り返し、荷物を搬入しなくてはいけません。引越し作業員は、基本的に「走る」のが原則となっている会社が多いので、ゆっくり動いていては迷惑となることもあります。周囲を見て、暗黙のルールのようなものが存在しないかをしっかり判断し、動くことも大切です。

最後に、ひとつ注意しなくてはいけない点についてご紹介しておきます。引越し派遣は、作業が終了すると現場で解散となることが一般的です。行きはトラックに乗って移動しているので気づかなかったものの、実はとてつもなく遠方まで連れてこられてしまっていた場合、帰りの交通費が大きな出費となってしまうケースもあります。「そういう契約だから、仕方がない」と考えるのも大人の判断ですし、社員さんとの関係がその日一日である程度築けている場合は、帰りの方面を訪ねて、折り合いがつくようであれば途中まででも乗せていってもらうのもいいでしょう。

引越し業者派遣の給料相場や福利厚生制度

引越し業者派遣のお給料の相場は、どのくらいなのでしょうか。給与は、派遣の場合日給で8000円以上が一般的となっています。勤務時間は実働8時間が基本。ただし、スムーズに作業が進んだ場合、早く上がれることもあります。こういった場合も一日分の給与は保証されるので「作業を効率的に進めて、早く帰ろうぜ!」とその現場を盛り上げる方もいらっしゃるようです。ただし、引越しが多い3月や4月といった繁忙期には、一日1件ではなく、2件の引越しを行う等、タイトなスケジュールが組まれるケースもあります。8時間を超えて就労する場合は、派遣会社の規定により残業代が加算されますので、時間が許せば「今日はしっかり稼ぐ日」と割り切って、仕事に励むのもいいかもしれません。

では次に、福利厚生について見ていきましょう。引越し業者派遣の福利厚生は、2パターンに大別できます。オフィスワーク系の案件も多く取り扱っている大手派遣会社に登録して就業しているパターンと、引越しに特化した派遣会社に登録し、仕事をしているパターンです。まず、大手派遣会社に登録しているケースから見ていきます。大手派遣会社の場合、一般企業の福利厚生に準ずるレベルの福利厚生が設定されているところが多くあります。健康診断をはじめ、スポーツジムやリラクゼーションサロンの優待割引、旅行やレストランなど提携施設での割引利用など、オフを充実させてくれるような福利厚生の数々が用意されているのです。引越しの仕事は、体が資本。健康診断を受けることが出来たり、リラクゼーション施設を利用して疲れを癒すことができたら、それは大きな魅力と言えます。一方、引越しに特化した派遣を展開している派遣会社の場合、会社の規模はそれほど大きくないケースも。ですが、福利厚生という意味ではしっかりしていることも多いので、せっかくの権利ですから活用できそうなものはしっかりと使うようにしましょう。

引越し業者の派遣は学生でもお仕事可能なのか?

もちろん、学生でも派遣スタッフとして数多く活躍されている方もいらっしゃいます。引越し派遣の魅力であるシフトに融通が利きやすい点や、体力を活かして仕事をしたいという希望をかなえられる仕事内容であること、短期間で高収入を得ることができる点を魅力と感じる方が多いようです。体力勝負な面やチームワークが大切なこの仕事は、就職活動の際に自己PRとして活用している方もいらっしゃいます。「長期休暇期間中だけ」「土日だけ、と都合に合わせたシフトでしっかり稼いで、オンとオフのメリハリをつけ、充実した学生生活を送るのにおすすめの働き方と言えるでしょう。

引越し業者派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

短期での就労も歓迎!というのが引越し業者の派遣求人の特性といっても過言ではありません。基本的に引っ越しは1日で完結する仕事ですから、短期スタッフが多くてもそれほど困ることがないのです。3月や4月といった引っ越しが多くある時期は繁忙期となり、依頼が増加するため、その時期を狙って短期でお仕事をするのもいいでしょう。ただし、場合によっては残業が発生する時期でもあるということを、繁忙期に働きたいと考えている方は考慮しておくようにしましょう。

引越し業者の求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

引越し業者派遣を多く取り扱う派遣会社には、どのようなところがあるのでしょうか。ここでは、おすすめの派遣会社をご紹介します。

ランスタッド株式会社

引越などの軽作業や、製造に強い大手派遣会社ランスタッドでは、福利厚生として寮が完備されていたり、単発や紹介予定派遣の案件数も多く、人気となっています。ダブルワークをしたい、子育てや介護と両立したい、学生なので長期休暇中に仕事をしたい――そんな希望に沿ったお仕事を紹介してもらうことができます。

株式会社テクノサービス

株式会社テクノサービスは、軽作業・製造に特化した派遣会社として軽作業スタッフ向け派遣ポータルサイト『働くナビ』を運営している会社です。全国に展開しており、地方の案件も充実。派遣登録をしておくと、希望条件に合った求人を続々と紹介してくれます。一度派遣登録しておくと、今後仕事を自分で探す手間を省くことができる、案件数豊富で面倒見のいい派遣会社と言えるでしょう。

株式会社パワーステーション

株式会社パワーステーションは、短期や週末だけでも大歓迎の引越しに強い人材派遣会社です。個人の引越しだけではなく、オフィスの移転も手掛けているため「引越しの仕事を極めてみたい」という方にもさまざまな経験を積んでいただくことが出来ます。初心者でも、丁寧に先輩が指導しますので、心配いりません。自分に出来ることから、私たちと一緒に始めてみましょう!

引越し業者の仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

引越し業者の仕事は、正社員や派遣、アルバイトといったさまざまな就労スタイルの方が混在する仕事です。それでは、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

正社員の場合

まずは、正社員から見ていきましょう。引越業者の正社員は、現場を取りまとめるのがメインの仕事となります。アルバイトやパート、派遣スタッフとさまざまなメンバーがいる中で陣頭指揮を執り、引越サービスのクオリティを保持するべく取り組むのが正社員です。月収は20万円〜27万円。経験は非常に豊富で現場の権限を任されているので、引越しのプロということが出来るでしょう。荷物の取り扱いや運び方などについても、十分な知識と技術、経験がありますから、困った時は正社員に指示を求める姿勢を徹底しておけば、間違いはありません。

派遣スタッフの場合

派遣スタッフの場合は、一日拘束する契約で基本8時間勤務となります。8時間勤務で日給は8000円〜9000円以上というのが相場です。派遣スタッフの方が、正社員よりも給与額が高く設定されているケースが多くあります。直接雇用である正社員は、求人を掛け、選考を経て採用し、雇用スタートと企業にとってとても手間暇のかかる採用方法なのです。その点、派遣は採用活動自体も派遣会社にお任せなので、コストや手間の掛からない使い勝手のいいスタッフとなります。こういった理由で、時給換算すると正社員よりも高めに設定されているのです。ただ、必要がなくなればすぐに契約満了となるリスクがあるということも、理解しておきましょう。引越し業者派遣に関しては、基本的に短期契約なのでそれほどそのリスクは大きくありませんが、レギュラーで稼ぎたい場合はよく検討することをおすすめします。

アルバイトの場合

引越しのアルバイトは、8時間労働で大体10000円以上というのが相場となっています。日給が良い分、大変な仕事と思われがちですが、社員の指示に従って動くのが基本ですからそれほど大変ではありません。ちなみに、引越し会社に直接雇用されるアルバイトの方が、日給という面では多少高いということをご存知ですか?これは、直接雇用のスタッフは現場経験を積むに従って、仕事に慣れ、作業効率がアップしていくというメリットがあるためです。また、紹介会社が介在しない分、給与は高くなるのです。

引っ越しのアルバイトは、学生時代に運動部などで培った体力を生かしたい人や、できるだけ早くまとまったお金が必要という人にも向いているお仕事です。体を動かすことや運動そのものが好きだという人には、ぴったりと言えるでしょう。また、シフトに自由が利きやすいということもあり、スケジュールがはっきりしないことが多いという方や、決められた日程で働くことが苦手という人にもおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド