フレックスタイム勤務の人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > フレックスタイム勤務の人材派遣会社登録と求人情報

フレックスタイム勤務の人材派遣会社登録と求人情報

「フレックスタイムで仕事をしたい」そう考えた時、自由度の高い派遣なら実現できるかも?と思われる方も多いようです。実際はどうなのでしょうか。今回は、派遣社員がフレックスタイムで仕事をすることについて、調査してみましょう。

フレックスタイム制度とは

まずは、フレックスタイム制の基本ついて見ていきましょう。フレックスタイム制とは、どのような就業スタイルか具体的にご存知ですか? 1週間又は1ヶ月といった一定期間の総労働時間の中で、労働者がその範囲内で自由に各日の始業・終業を定めることができる制度のことです。求人情報などでも、よく目にすることもあると思います。フレックスタイムには、1日の就業時間中に必ず勤務しなくてはならない「コアタイム」という時間帯が設定されていますが、その時間帯に勤務をしていればいつ出社しても退社してもよいとされています。

派遣社員がフレックスで仕事をするのは難しい

派遣先企業がフレックス制を導入していたとします。そこに、派遣スタッフとしてあなたが就労することになった場合、勤務時間はフレックスになるのでしょうか。結論から言うと、それはあまり考えられません。というのも、派遣社員の雇用主は派遣先企業ではなく派遣会社だからです。派遣先企業がフレックスタイムを導入していたとしても、派遣会社にその制度がなければフレックスタイムで就業することはできません。しかし、フレックスタイムを導入している派遣先企業からすると、就業時間にずれがあることで仕事の効率が下がるなどのデメリットが生じる場合も。それでは、どのようにすれば派遣社員にフレックスタイム制を適用させることができるのでしょうか。

まず、フレックスタイム制を派遣社員に導入するために、派遣会社は労働基準法32条の2・32条の3に則り、その旨を就業規則に定め、派遣会社の従業員代表と労使協定を結ぶことからスタートします。労使協定を締結したら、所轄労働基準監督署に提出しなければなりません。締結される内容は「対象となる労働者の範囲」「清算期間」「1日の労働時間」「コアタイムとフレキシブルタイムの時間」になります。コアタイムやフレキシブルタイムについては、設定を希望する企業のみが労使協定に記載の上、締結することになります。

派遣社員でも、フレックスタイム制を導入している企業で働くことはできます。しかし、派遣社員がフレックスで働くためには派遣会社がその手続きをしている必要があり、派遣社員に対してフレックスタイム制を適用している派遣会社は非常に少ないのが現状と言えるでしょう。ただ、派遣の場合は求人を選ぶ際に始業時間や終業時間をある程度選ぶこともできますから、フレックスを導入していなくても、ライフスタイルにあった勤務時間を選ぶことが可能です。フレックスタイム制導入が進まない本当の理由は、先ほども述べた通り就業規則の作成や労使協定の締結など、派遣会社の内部的な処理が大変なことや、営業担当の都合も大きく影響しています。派遣スタッフにはしっかりと定めた固定の就業時間で働いてもらい、今ある就業規則に沿って働いてもらう方が派遣会社としても管理しやすいという現状があります。また、フォローのしやすさという面においても、そのほうがありがたいというのが派遣会社サイドの本音なのです。「では、裁量労働制は?」と思われるかもしれませんが、一見似ているようなこの二つの勤務形態は実は全く異なるものなのです。派遣会社は、裁量労働制をとった場合でも、派遣スタッフの労働時間把握の義務を伴います。フレックスタイムも、裁量労働制もそれを管理・監督していく派遣会社としては、あまり積極的に導入したくないというのが基本的なスタンスといえるでしょう。

フレックス制を導入している派遣の仕事とは?

フレックスタイム制を導入している派遣のお仕事として、例を挙げるならエンジニアやクリエイターなど、時間が不規則になりがちな職種が多いです。件数はあまり多くありませんが、導入されている案件をチェックすると先述のように専門性が高く、個人で活動する仕事が多くなっています。

フレックスタイム勤務な仕事の派遣登録方法

フレックスタイム制を導入している派遣会社は、今現在とても件数は少ないのですが、全くない訳ではありません。それでは、フレックスタイムを導入している派遣会社に登録方法について、見ていきましょう。基本的に、いわゆる派遣登録の方法と同じです。まずは、フレックスタイム制を導入している派遣会社を探すことからスタートします。登録したい派遣会社を見つけたら、まずはWebエントリーをしましょう。Webエントリーで事前に氏名、住所などの基本情報を登録しておくと、派遣登録説明会当日に手間を省くことが出来ますので、事前登録をおすすめします。基本情報では、学歴や職歴などを簡単に入力します。この段階で詳細まで登録できるケースもありますので、その場合は出来るだけ細かく登録してしまいましょう。派遣登録説明会で登録しようとすると、気分的に落ち着かなかったり、緊張しているためじっくりと自分をアピールする文章が書けないこともでてきます。そうなると、大きな後悔が残ってしまうことも。その点、事前に自宅でじっくりとエントリーできるなら、その方が文章を練って自分をアピールするような書き方をすることも可能です。このような理由から、事前エントリーで詳細まで登録することをお勧めします。

Webエントリー後、数日経つと派遣会社から派遣登録説明会についてのお知らせがメールもしくは電話で連絡があります。その候補日の中から都合のいい日程を選んで、派遣登録説明会に予約しましょう。気軽に予約をしてしまい、後になってキャンセルするようなことがないように、スケジュールをしっかりと確認の上、予約を行ってください。派遣会社は、わざわざあなたのために席と時間を用意してくれています。そのこと忘れてはいけません。

派遣登録説明会当日には、どのようなことをするのでしょうか。派遣登録説明会では、まず「派遣」という働き方についての説明を受けます。派遣という就業スタイルは、正社員や契約社員といった直接雇用の働き方とは異なる点が多く、そのシステムをきちんと理解することが第一歩となります。その説明に納得の上、基本情報を登録し、スキルチェック、そして面談が行われます。事前に基本情報をエントリーしておけば、この時に手間を省くことができるのです。そして、パソコンスキルやビジネスマナーなどの簡単なスキルチェックが実施され、最後に面談が行われます。面談では、まず登録情報を確認され、その情報をベースに話が進められます。ですから、情報を登録する際にはアピールしたいと思うポイントをよく考えて、入力を行うことがポイントとなります。

派遣登録説明会の基本的な流れについて、ご理解いただけたでしょうか。「これから派遣登録したい」という方にとっては、もしかしたら「スキルチェック」という言葉が気になるかもしれません。でも、実際にはスキルチェックと言っても、一般的には難しいことはしませんので、安心してください。エクセルやワードなどの簡単なPCスキルや入力スピードの確認、ビジネスマナーのチェックといったものが主な内容となります。「パソコンの扱いが不安だ」という方は、派遣登録説明会の前に、自宅でスキルチェックをしてみてもいいでしょう。Web上で無料スキルチェックができるサービスもありますので、上手に活用して準備を整え、当日焦ったり、慌てることのないようにすることをおすすめします。

派遣社員にフレックスタイム制を適用させるメリット

派遣社員がフレックスタイムを使用することにより、メリットはどのような点が挙げられるでしょうか。派遣社員サイドとしては、始業時間や終業時間が自由になること、残業時間が軽減され、プライベートの時間を長くとれるようになることが大きなメリットとなります。「混雑した電車が苦手」という方は、通勤時間を遅くしてラッシュを避けることも可能です。そうすることでスタッフの身体的、肉体的負担を軽減し、仕事の効率アップにつなげることもできます。そして何より、個人の都合に合わせて勤務時間を合わせることができるので、例えば子育てや介護、学校などさまざまな事情がある場合、その都合に合わせて働くことが可能となるのが大きな魅力。遅刻をしたり、有休を使うことなく病院に立ち寄ったり、銀行に行ったり、役所に手続きに行くこともできます。これは、大きな魅力と言うことができるでしょう。仕事に対する時間配分を自分で設定できるのも、とてもありがたい制度と言えます。自分のペースで仕事を進めることができるため、効率が上がり、結果として残業時間の軽減に繋がるのです。このように、本来フレックスタイム制は働き方の自由度が増すため「派遣社員向き」な働き方と言えるでしょう。ただ、実際にはデメリットもあるため、フレックスタイム制が派遣社員に浸透することはなかなかないのではないかと言われています。それでは、次にどのような点がデメリットとなるのかを見ていきましょう。

派遣社員にフレックスタイム制を適用させるデメリット

フレックスタイム制というのは、個人の裁量が大きく影響する働き方と言えます。意識が高く、仕事に対するモチベーションが高くあるスタッフの場合、その制度の良さを活用し、仕事をより充実させることにつなげるでしょう。それは、派遣スタッフであっても同様です。ただ、フレックスタイムは個人の性格が非常に出やすい(労働者の決定に委ねる)特性があります。派遣先へのイメージを大切にする上では、いくら自由と言えど毎回出勤時間がまちまちであったり、出勤時間が遅いなどが続くと、どうしても印象が悪くなります。また労働時間や仕事量が変わるわけではなく、月給制ではなく時給で働く派遣社員にとって実はそのメリットは薄いと言えます。

その上、派遣会社からすると、派遣スタッフの就労時間が把握しにくく、結果として労働時間自体は変わることがないため、あまりメリットを見出すことができないシステムと言えます。そして、周囲の正社員との仕事の兼ね合いもあるため、派遣スタッフがフレックスを導入していると仕事の効率が悪くなるというデメリットも出てきます。「今、ここにいて欲しいのに」というタイミングが何度となく訪れると、派遣先企業に良くないイメージを残してしまいます。営業職やオフィスワークなどは、特にそういった事態が起こりやすく、特に営業はお客様ありきの仕事ですから効率が悪くなります。こういった事態を防ぐために、企業単位で導入する場合はコアタイムを設けて、その時間帯は社員全員が出社しているという時間帯を作るようにしているのです。以上のことより、派遣スタッフがフレックスタイムを利用することに、前向きではない派遣会社が多いのが実情です。

フレックスタイムは、労働時間の配分を自分で上手に行うことが必要な働き方です。自己管理が出来ない従業員は、業務の進行に支障が出る可能性もあります。派遣会社としては、派遣先企業とは今後、出来るだけ長くお付き合いを続け、できることならより多くの仕事をいただきたいと考えています。ですから、派遣スタッフの印象が「だらしがない」となってしまっては大変です。遅刻をしているのではなく、フレックスで出勤しているのに毎朝少し遅くやって来るように見えてしまったり、「今、この仕事を依頼したい!」という時に派遣スタッフがいないというようなことが続くと、制度としては理解していても使いづらいという印象を持ってしまうことは否めません。こうした事態を避けるために、派遣会社としては派遣先企業がフレックスを導入していても、勤務時間を設定し、その時間帯で仕事をしてもらうというスタイルを選択することが多いのです。

フレックスタイム勤務な派遣の給料や社会保険ってどうなるの?

派遣として仕事をする際、お給料はどこから頂き、社会保険はどこのものに所属するのでしょうか。派遣社員の場合は基本的に、派遣会社の所属となります。社会保険に加入するための一定条件さえ満たしていれば、派遣会社の社会保険や雇用保険に加入することができます。

まず、雇用保険について見ていきましょう。雇用保険はフレックスタイム制を導入していても、勤務時間がフルタイムと変わらない場合、法律により加入が義務づけられます。雇用保険は、1年以上加入していると離職時に失業保険を受け取ることが可能です。ただし、この失業保険を受け取るためには少し注意が必要で、ハローワークに通い「仕事を探している」という意思表示をすることが求められます。次に、健康保険についてです。現在は年収130万円を超えると、加入が義務付けられます。そうなると、主婦の方や学生の方の場合、健康保険証の発行元がご主人や父の会社ではなくなります。厚生年金も130万円以上の年収を得ると、自分で納める必要が出てきます。このあたりの細かい決まりをうっかりしてしまうと後々困ることが出てきますので、注意するようにしましょう。

フレックスタイム勤務の派遣、正社員、アルバイトの違いは何?

フレックスタイム勤務の働き方として、やはりごく一般的なのは正社員です。正社員であれば、直接雇用されているのですから、採用した企業側にフレックスタイムという制度さえあればそのスタイルで就業することに、何の問題もありません。次に、派遣社員ですが、こちらは先ほども述べたとおり、フレックスを導入している派遣会社自体あまりありません。間接雇用が故の難しさが、こういった実態の理由となっています。ただ、紹介予定派遣で、派遣先企業にフレックス制がある場合は利用することが可能なケースもあるようです。それでは、直接雇用のアルバイトの場合はどうなのでしょうか。案件自体はあまり多くありませんが、常に人手が多い方が助かる仕事場や、ある程度大きな裁量を任せられている仕事の場合、フレックスを導入しているところもあるようです。例えば、タクシードライバーや建設工事現場、看護師、カフェやレストランの店長候補などが挙げられます。

女性がフレックスタイム勤務の派遣でお仕事するのに人気の職種

女性がフレックスタイム勤務の派遣で活躍することができる職種は、どのようなものがあるのでしょうか。フレックスタイムは、ある程度専門性が高いこと、または忙しい現場で適用されるケースが多いようです。その中でも、女性が活躍しやすい職種としては「看護師」「介護職」「クリエイター」「カフェやレストランの店長候補」などが挙げられるでしょう。紹介予定派遣を検討している場合は、もう少し選択肢が広がり、オフィスワークでもフレックスタイム制を導入している職場はあります。自分がこれからどのような働き方をしたいのか、しっかりと検討して応募するようにしましょう。特に、女性の場合はフレックスが活用できれば仕事をすることが可能というケースもあると思います。案件自体はまだ少ないのですが、しっかりと探して、見つけてみてください。

男性がフレックスタイム勤務の派遣でお仕事するのに人気の職種

男性の場合は、フレックスタイム勤務の派遣で活躍することができる職種にどのようなものがあるのでしょうか。女性同様フレックスタイムは、ある程度専門性が高く、独自のスキルが求められる職種であったり、忙しい現場で適用されるケースが一般的です。男性が活躍する職種としては「エンジニア」「クリエイター」などのIT系のお仕事の他に、忙しく、人手が多ければ多いほど助かる「タクシードライバー」「介護職」「建設工事現場」などが挙げられます。

おすすめの人材派遣会社の登録先一覧

フレックスタイムを導入している派遣会社は、とても少ないと言うのが現状です。それでは、具体的にどこの派遣会社で取り扱いがあるか、ご紹介しましょう。

パーソルテンプスタッフ株式会社

日本最大級の人材派遣会社であるテンプスタッフは創業から43年目の2017年7月にテンプスタッフから社名変更し、パーソルテンプスタッフとしてリニューアルしました。幅広く、たくさんの方々に愛されてきた名称を変更することで、さらなる輝きをもって社会に役立てる事業展開を決意し、目指しています。大手企業や人気企業の案件が豊富で、「仕事のプロ」であるコーディネーターの細やかなサポートに定評があります。スタッフをさらなるステージへと導く研修制度も、大変充実しています。スタッフのスキルアップをしっかりサポートしてくれる派遣会社です。

株式会社パソナ

東証一部上場のパソナグループが運営する、人材派遣サービス会社「パソナ」は業界のリーディングカンパニーとして一歩先を行く派遣会社を目指しています。北海道から沖縄まで全国で登録説明会を実施。案件も、全国各地でご用意しています。また、登録から就労まで「マイコーチ」という専任のアドバイザーがしっかりとサポート。面談では未経験の業種でもその人に合った仕事を見極め紹介してくれるなど、親身になって相談に乗ってくれる派遣会社です。社員教育がしっかりとされており、派遣スタッフに対する対応も満足できるものとなっています。エステやネイルなどの福利厚生も充実していて、派遣スタッフもリフレッシュに活用しているスタッフも多くます。

株式会社キャリアバンク

キャリアバンクは、北海道で初めて民間人材紹介会社として昭和62年に誕生し、創業28年を迎える会社です。地域密着型企業として人材派遣業を主軸として、北海道で高い実績とネットワークを誇っています。登録者専用スペース「キャリアステーション」がキャリアバンクの特徴のひとつ。仕事に関する書籍や、フリーパソコンを完備しているので、調べ物や学びの場として活用されています。合同企業説明会やイベント会場としても活用されており、地元の方にも親しまれています。北海道や札幌市といった行政からの雇用促進事業も多数受託しており、地域の雇用創出にも積極的に取り組んでいる派遣会社です。

派遣社員がフレックスタイム制で仕事をするというスタイルは、まだ浸透していないと言うのが現状です。ただ、派遣という働き方は、個人の都合を優先させやすいというメリットを持つ就業スタイルと言えます。「フレックスで仕事をしたい」という強い希望があるなら、まずは派遣登録説明会に行って、その旨を派遣会社に相談してみましょう。フレックスタイム制を導入していない派遣会社だったとしても、そういった希望を理解した上でお仕事を紹介してくれます。電話やメールで問い合わせをすると、それでおしまいとなってしまいがちですが、実際に派遣登録説明会に足を運んで相談をすると、派遣会社もその熱意ややる気を感じて、積極的に動いてくれるもの。多少勇気がいるかもしれませんが、一度ぜひ派遣登録説明会に、実際に足を運んでみてください。新しい一歩が踏み出せるきっかけとなるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド