派遣登録後の仕事エントリーの流れと円滑な進め方の詳細

> > 派遣登録後の仕事エントリーの流れと円滑な進め方

派遣登録後の仕事エントリーの流れと円滑な進め方

派遣として仕事をしたいけれど、どうしたらスムーズなお仕事スタートを切ることができるのか――これは、多くの人が疑問に思うポイントではないでしょうか。

「派遣スタッフとして登録が完了すれば、すぐにお仕事を紹介してもらえると思っていたのに、なかなかお仕事がこない」という悩みを抱えている派遣スタッフの方も、多いようです。

確かに、登録会の最後に「条件にあうお仕事がありましたら、ご紹介いたします」と言われたきり、電話が掛かってこないというケースも。

そんな時、どのように動けばその状況を打破できるのでしょうか。今回は、派遣登録完了後からお仕事スタートまでの流れについて、ご紹介します!

派遣登録後の仕事エントリーの流れ

派遣スタッフとして無事に登録を済ませたら、いよいよお仕事スタートに向けて活動をスタートさせる必要があります。

一般的に、派遣登録説明会の最後に、登録が完了した方に対して「条件にあうお仕事が見つかりましたら、ご連絡いたします」と派遣会社の方が言うというのが基本的な流れとなっているようです。

派遣登録を希望する際に、応募したいお仕事情報からエントリーしたケースなら、その案件に空きがあり、条件を満たしていればその場で紹介してもらえることもあります。

また、そうでない場合でも、希望する条件に近いお仕事を派遣会社が持っていた場合は、その場で紹介となるケースも。

タイミングさえ合えば、そのまま就業となることもあるようです。ですが、ほとんどの場合「希望に近いお仕事が入りましたら、ご連絡いたします」と言われて派遣登録説明会が終了してしまいます。

こう言われると「登録したし、これからは待っていれば派遣会社からお仕事紹介の連絡が入ってくるのかな」と期待してしまう方も多い傾向にあるようです。

ただ、実際にはなかなか派遣会社から連絡が来ないというのが実情とされています。

「派遣に登録すれば、すぐにでも仕事が出来ると思ったのに」「待てど暮らせど、派遣会社からお仕事の紹介がこない!」そんな風に頭を悩ませている方は、自分から動いてみてください。

でも、どうやって動いたらいいか分からない――そんな方のために、これから派遣スタッフとして登録完了した後の動き方についてご紹介します。

派遣登録説明会が終わったらすべきこと

派遣登録説明会に参加し、無事に派遣スタッフとして登録が完了したら「できれば早くお仕事をスタートさせたい」と考える方が多いのではないでしょうか。

ですが、待っていればぞくぞくとお仕事が紹介されるという訳ではありません。お仕事を受けるためには、自分から行動を起こすことが大切です。

派遣登録後の動き方については、派遣会社によってさまざまとなります。まずは、一般的に多くあるケースについて、その流れを見ていきましょう。

派遣求人情報検索サイトでお仕事を検索!

一番多いのは、その派遣会社が展開している派遣求人情報検索サイトを活用して、希望するお仕事を探すというパターンになります。

派遣求人情報検索サイトは、派遣登録スタッフだけが利用できるサイトではなく、お仕事を探している人なら誰でも閲覧できる、オープンなサイトとなっているケースがほとんど。
ですが、登録スタッフに対しては全体に公開になっていない情報を、ログインすれば閲覧できるようになっているケースもあります。

自分が登録した派遣会社が、どのようなシステムをとっているかを確認して、まずはそのサイトを活用することをおすすめします。

それでは、派遣求人情報検索サイトでお仕事を検索するには、どのようにすればいいのでしょうか。

簡単検索で譲れない条件を指定

派遣求人情報検索サイトでは「簡単検索」や「こだわり検索」など、さまざまな検索設定ができるようになっています。

「簡単検索」や「一発検索」では、希望するエリアや仕事内容、希望する時給など、仕事をする場合最低限これはマストという条件を設定して検索するケースが多いようです。

こだわり検索では自分の希望を細かく設定

簡単検索のほかに「こだわり検索」や「詳細検索」などが設定されているサイトも多くあります。

こちらは、とにかく細かく設定できる検索です。希望条件を細やかに条件を設定することで、自分が本当に希望するお仕事に近いものを抽出できるようになっています。

こだわり検索では、いくつでも条件を指定できるものと「上限いくつまで」と指定されているケースがあります。

設定する際には、そのあたりにも注意しましょう。では、こだわり検索でよくみられる項目を、ご紹介します。

まずは、自分の世代や経験を条件に追加する項目としては、以下のようなものが多くみられます。

「未経験OK」「大量募集」「人材紹介」「経験を活かす」「新卒・第二新卒歓迎」「正社員登用あり」「20代活躍中」「30代活躍中」「40代以上のミドル活躍中」「50代以上のエルダー活躍中」「60代以上シニア歓迎」「主婦(ママ)・主夫歓迎」「学生歓迎」「外国人歓迎」
40代だけれど、未経験という場合は「40代、未経験OK」と検索項目にチェックを入れればOKです。

続いて、条件面についての検索項目を見ていきましょう。「交通費別途支給」「勤務地固定」「即日スタート可」「1ヵ月以内に勤務スタート」「勤務先公開中」「「日払いOK」「週払いOK」
派遣のお仕事では交通費が含まれないケースも多いため、大切なポイントとなってきます。

交通費が大きく変わってくる勤務先の場所や、勤務をスタートさせるタイミングなどをしっかりと検討し、指定しましょう。

登録会関連の検索項目は、以下のようなものがあります。「WEB登録OK」「履歴書不要」「WEB面接OK」最近では、WEBで登録が完結できる派遣会社も増えてきています。

現在はほかの仕事をしていて登録に行く時間がない方や、子どもが小学校に入学してから本格的に稼働したいけれど、とりあえず準備として登録をしておきたい方などに、優しいシステムと言えるでしょう。

登録するは「とりあえず登録しておけば、いつか役に立つかもしれない」と難しく考えすぎることなく行動を起こしやすいので、近年注目のポイントとなっています。

勤務時間についての条件についても、見ていきましょう。「就業時間・曜日」「土日祝休み」「平日休みあり」「土日祝のみ勤務」「シフト勤務」「週1日からOK」「週2・3日OK」「週4日勤務」「残業なし」「残業月10時間未満」「残業月20時間未満」「残業月20時間以上」「10時以降出社OK」「17時以降出社OK」「短時間勤務OK(1日4h以内)」「1日7時間以下勤務OK」「16時前退社OK」「扶養控除内」「Wワーク・副業可能」勤務時間に関することは、仕事をする上で重要なポイント。

ここはしっかりと検討し、自分のライフスタイルに合わせた働き方を見つけることをおすすめします。

スキルに関する検索項目は、次のようなものがあります。「オフィスワーク・ルーティンワークがメイン」「英語力を活かす」「英語以外の語学力を活かす」「英語力不要」「PCスキル不要」「電話応対なし」「Wordのスキルを活かす」「Excelのスキルを活かす」「PowerPointのスキルを活かす」「Accessのスキルを活かす」「CAD関連のスキルを活かす」「WEB関連のスキルを活かす」「DTP関連のスキルを活かす」「プログラム関連のスキルを活かす」「ネットワーク関連のスキルを活かす」活かすことのできるスキルがあることで、仕事の幅はぐっと広がります。

ただ、「どうしてもこのスキルを活かしたい!」という思いが強すぎると、選択肢が少なくなってしまう結果を招くことも。

ピンポイントでスキルを指定するのではなく、業界単位くらいで選んだ方が、さまざまな案件と出会えるかもしれません。

それでは、業界についての検索項目について、ご紹介しましょう。「大手企業」「外資系企業」「ベンチャー企業」「学校・公的機関」「官公庁」「IT企業」「マスコミ」「教育関連」「外食」「製造」業界を選ぶと、そこで活かすことができるスキルというものも何となく見えてくるもの。スキルで絞り込みが難しい場合は、ぜひこちらを選択してみてください。

最後に「こんな職場があったらいいな」という職場環境に関する項目です。「社会保険制度あり」「ブランクOK」「研修制度あり」「資格取得支援制度あり」「産休育休取得事例あり」「制服貸与」「服装自由」「髪型自由」「禁煙・分煙オフィス」「駅から徒歩5分以内」「車通勤OK」「バイク・自転車通勤」「寮・社宅あり」「社員食堂あり」「オープニングスタッフ」「派遣スタッフ活躍中」「少人数の職場」

ここまで細かな検索項目が設定されているのなんて、と驚かれる方も多いのではないでしょうか。

検索項目を選び始めると、つい欲張りになってしまい、その結果希望条件に一致する案件がないという事態に陥ってしまうことも。
そうならないためにも、検索項目は吟味するようにしましょう。

マイページで検索項目を登録

最近、多くの派遣会社のサイトでは、マイページ上で選択肢を登録することが可能となっています。

そうしておくことで、いざ検索したいという時にすでにその項目は入力されている状態になるため、すぐに検索することができるのです。

マイページ上に登録できる検索項目は、大体5件〜10件というのが一般的となっています。
いい機会だと思って、自分が本当に譲れない条件は何なのかを検討し、登録してみるといいでしょう。

一度、その作業をしておけば、それ以降ほかの派遣会社で検索をかける際にも、自分のなかの譲れないポイントが分かっているため、項目を選ぶ手間を省くことができます。

検索結果が「ゼロ」になったら条件を見直そう!

それでは、検索をする際のコツについてみていきましょう。おすすめしたいのは「どうしてもここは外せない」という項目だけをチェックして、検索をかける方法です。

「せっかくこんなに検索項目があるのだから」とはりきって細かく設定してしまうと、検索結果が「0件」なんて事態に陥りがちなもの。

検索結果がゼロだったり、検索に引っかかってきた案件数が明らかに少なかったりした時は、原因として条件が厳しすぎるということが考えられます。

検索条件を厳しくすれば、結果として表示される案件はそのすべての条件をクリアしたもののみとなりますよね。

そうすると、どうしても表示される件数が少なくなってしまうのです。検索項目を見ていると「こんなものまで設定できるんだ!」と感心するような細やかな設定がされていることが多くあります。

チェックしていくと、つい「あれも、これも叶えられたら嬉しいな」と思うようなものばかりで、気づくと相当数のチェックが入っているなんて事態に陥りがち。

その結果「条件にあてはまる案件はありませんでした」となってしまっては、元も子もありません。

検索をかけるときには、まずはどうしても譲れないポイントについて考えてみましょう。「子どもがまだ小さいから、家から30分以内に通勤時間は抑えたい」「夜は資格試験の学校に通っているから、残業はできない」など、どうしてもマストとなる項目をピックアップしていきましょう。

まずは、その「どうしても外せない」項目にチェックをして、検索してみることをおすすめします。

その結果、検索に引っかかってきた案件が多すぎるようであれば、次に譲れない項目をひとつずつ追加してみましょう。

仕事探しをする上で、自分のなかで譲れない条件を絞り込む作業も、大切なこと。どうしても譲れない、優先順位の高い条件から設定し、徐々に自分の希望を少しずつ追加していくことで、結果として表示される案件数も徐々に減少していきます。

ある程度絞り込めたら、一つひとつ目でチェックしていきましょう。この作業は大変な面もありますが「このくらいなら譲歩できそう」と、一つひとつの案件を細かく見ることができるメリットがあります。

検索をかけると、条件として選んだものから外れてしまった案件は問答無用に表示から外されてしまいます。

ですが、そこで外された案件が、その他の希望は全て叶えていて、その1点だけ条件に適っていなかったということもあり得るのです。

例えば「通勤時間20分以内」で設定していたとして、その他の条件はすべて満たしているけれど、通勤時間が25分掛かってしまう案件があったとします。

そのお仕事も、表示されないということになってしまうのです。これは、とてももったいのないこと。

そういった案件も、自分がチェックしていれば「このくらいなら、なんとか調整できるかもしれない」と検討する余地があるケースも十分にあり得るのです。

検索は、確かに便利です。ですが、調子に乗って沢山条件を付けて行ってしまうと、結果として表示される案件が極端に少なくなってしまうこともあるということも、理解しておきましょう。

条件を少し緩めに設定しておいて、引っかかってきた案件を自分の目で一件ずつチェックしていったほうが、より自分の希望に近い条件の仕事と出会うことができることもあるのです。

メールマガジンもしっかりチェックしよう!

派遣登録すると、登録会で希望した条件に近い案件を派遣会社がピックアップして、メールマガジンなどで送付してくれるサービスを受けられるようになります。

メールマガジンでは「〇〇さんの希望に一致しているお仕事をご紹介します」というものと、「ご希望に近いものをピックアップしてご紹介します」というものがあるようです。

希望に一致というのは、完全に希望がすべて満たされているということ。希望に近いというのは、すべては希望を満たしていないけれど、かなり希望に近いものとなります。

メールマガジンには、WEBエントリーだけしている方には公開していない案件が掲載されていることもありますので、しっかりチェックして「これは」と思うお仕事を見つけたらどんどん応募してみましょう。

派遣求人情報サイトに掲載されているお仕事よりも、競争率が低い可能性もあります。メールマガジンが頻繁に届くようになると、ついきちんとチェックせずに流してしまうこともありますが、それではせっかくのチャンスをみすみす逃していることになってしまいます。
そんなことになっては、もったいないですよね。

そうならないように、派遣会社からのメールマガジンはしっかりと読むことをおすすめします。

派遣会社から電話でお仕事紹介されることも

派遣会社は、クライアントとなる派遣先企業から「こういう人が欲しい」とリクエストを受けると、自分たちが保有している派遣スタッフのデータからクライアントの希望に近い人材を探します。

その作業と並行して、派遣求人情報サイトに情報をアップし、メールマガジンで登録スタッフにお知らせをします。

ですから、派遣会社から「こういうお仕事がありますが、いかがですか?」と電話が掛かってくるようなケースは、自分のスキルやキャリアが今探している人材像に近いということ。

派遣会社から電話で紹介されたお仕事は、ほぼ社内選考は通過していると考えていいでしょう。

電話を受け、条件がある程度一致していたら、ぜひその波に乗って話を進めていってください。

派遣の仕事エントリーは複数社しても大丈夫なのか?

検索をかけて、応募してみたいと思える案件と出会えたら、次のステップはエントリーです。

登録している派遣会社がオープンにしている案件にエントリーするのですから、手続き自体はごくシンプル。

応募したい案件にチェックをいれて、エントリーボタンを押すだけです。派遣会社によっては、エントリー時に備考欄や志望動機欄が設けられていて、そこに自己PRや仕事への意気込み、場合によっては希望する条件などを入力することもできます。

応募する案件によって、内容を修正することができるケースもありますので、熱意を伝えるためにはエントリーする時にチェックするようにするといいでしょう。

さて、ではエントリーは複数社しても問題ないのでしょうか。「あんまりいくつもエントリーすると、気軽にエントリーするスタッフだと判断されてしまうのでは」と不安に思われる方もいらっしゃるようですね。

ですが、複数エントリーをするということは、派遣会社に対して「早く仕事をしたいと考えています」「一生懸命仕事探しをしています」と伝えることにもつながります。

派遣会社は、想像しているよりもずっと多くのスタッフを抱えています。そして、派遣求人情報検索サイトに掲載されているお仕事も、一つひとつ営業担当者がついています。

同じ担当者が、すべてを管理しているわけではありません。ですから、複数エントリーしても「この人、適当にいっぱいエントリーしてるのでは?」と思われるようなことはほとんどないと考えて大丈夫でしょう。

また、複数エントリーしてすべての選考が幸運なことに並行して進んでしまった場合は、どうすればいいのかと悩まれる方もいらっしゃるようです。

ですが、実際にはエントリーしたすべての案件選考が進むということは、ほとんどないと考えていいでしょう。

派遣のお仕事は、思っている以上に非常に狭き門。そんなことで頭を悩ませるよりは、どんどんエントリーしていくことをおすすめします。

複数同時エントリーに関して、どうしても心配な場合は、備考欄に「先ほど、AとB、Cという案件にもエントリーさせていただきました。少しでも早く仕事をスタートさせることができるよう、複数同時エントリーしております」と正直に状況を伝えるというのも一つの方法です。

真摯な姿勢を伝えることが、マイナスに作用することは基本的にありません。

自分が気にしているほど、周囲は気にしていないもの。出来ればその派遣会社で仕事を紹介してもらい、これから先も長いお付き合いができればと真剣に考えているほど、慎重になる気持ちも分かります。

ですが、慎重になりすぎると、話がなかなか進まないというデメリットも。ここは、思いきって複数エントリーしてみましょう。

自分から行動を起こすと、物事は急に動き始めるもの。それも、思っていたよりもずっとスムーズに進んだりします。ぜひ、積極的にエントリーしてみてください。

複数エントリーする場合、いくつぐらいが最適なのか?

それでは、複数のお仕事に同時エントリーする際には、どのくらいの数のエントリーが適切なのでしょうか。

お仕事にエントリーする際、上限を設定している派遣会社はあまりありません。極端なことを言ってしまえば50件同時エントリーするとなるとそれはさすがに多い気もします。

ですが、そんなに数多く自分の希望条件に近いお仕事と出会えるのは、とても幸運なこと。
思いきってすべての案件にエントリーしてみてもいいでしょう。

ただ、あまりにもやみくもにエントリーしているような印象を残してしまいそうな件数ではありますから、備考欄に一言複数エントリーをしていることは記入した方がいいかもしれません。

その一言があるだけで、派遣会社サイドの印象も変わってきます。もし、条件を緩く設定して出てきた結果だとしたら、もう少し自分の希望に近い条件で検索しなおすのもいいかもしれません。

仕事を探している時は「早く仕事を始めたい!」という気持ちが先だって、自分の希望を諦めがちになってしまうケースもあるようです。

ですが、いざお仕事をスタートさせた後になって「こんなはずでは」と後悔するようなことがあってはいけません。

先ほどもご紹介したとおり、緩く設定した方がお仕事はたくさん表示されますが、かといって希望を諦めすぎるのもミスマッチを起こすことになってしまいます。

やはり、ある程度はしっかりと吟味することも大切です。注意するようにしましょう。

自分の希望する条件を満たしたお仕事が5件〜10件くらいだとしたら、それくらいはすべてエントリーしてみてもいいでしょう。

派遣のお仕事というのは、派遣スタッフの希望する条件と、派遣先企業のニーズがマッチすればお仕事をスタートさせることができます。

これは、運がものをいう部分も大きいといえるでしょう。いつ検索しても、一定数以上検索結果が出てくるとは限りません。

希望するお仕事が多い時にエントリーし、そのタイミングをしっかりと捉まえて逃さないというのもお仕事探しのコツのひとつなのです。

エントリー後は確認の電話を入れるのもアピールのひとつに

お仕事にエントリー完了したら、派遣会社に一本電話を入れておくのもいいでしょう。先ほど、例としてあげたように10件、50件とエントリーした場合は、電話をしないほうがいいかもしれません。

ただ、「これはどうしても!」というお仕事ともし出会うことができたとしたら、その時は電話をしておくことをおすすめします。

電話を掛ける際には、案件番号とスタッフナンバーを分かるように用意します。「先ほど、WEBで案件番号〇〇のお仕事にエントリーした、スタッフナンバーの
と申します。

エントリーがきちんとできているか、念のため確認のお電話をさせていただきました」というように、簡潔に用件を伝えます。

その上で、どうしてもこの仕事にチャレンジしてみたいので、ぜひよろしくお願いいたしますと伝えるようにしましょう。

エントリー後の電話に関しては、エントリーするたびに毎回掛けることはおすすめしません。

どうしてもこの仕事にトライしてみたい!と強く感じた時にだけ、かけるようにしましょう。

毎回かけていると「また掛かってきた」という印象を持たれかねません。一度、そうイメージされてしまうと、なかなかその印象を払拭するのは難しいもの。電話を掛ける際には、慎重に検討するようにしましょう。


派遣の仕事エントリー後、派遣会社からの返事が来るのはいつ?

お仕事にエントリーすると、多くの派遣会社ではエントリー後すぐに自動返信メールという形で「社内選考の結果がでましたら、採用・不採用に関わらずご連絡いたします」というお返事が届きます。

派遣会社によっては「採用の場合のみ、ご連絡いたします」とされているところもあるようです。では、エントリー後結果の連絡はどのくらいの期間でくるのが一般的なのでしょうか。

選考結果はエントリー2日後には出ている

多くの場合、エントリー後2日過ぎても連絡がない場合は、残念な結果だったと考えたほうがいいでしょう。

エントリー後のメールで「1週間程度を目安にご連絡いたします」と書かれていることも多いのですが、派遣スタッフ探しというのは想像以上にスピード感を持って取り組まれているもの。

クライアントから発注があったら、大体2週間前後を目安にスタッフを派遣するの、一般的となっています。

それまでに該当するスタッフを探して、となると時間との戦いです。ですから、多くの場合では2日もあれば選考結果は出ていると考えていいでしょう。

2日経っても返事がない場合は「今回は残念だったのかな」と判断し、また新たなるお仕事を探すようにしましょう。

ちなみに、採用の場合の連絡は、ほとんどの場合電話となっています。不採用でも連絡がくる場合は、メールでお返事がくるケースが多いようです。

派遣会社から電話が掛かってきたら、できるだけきちんと出るようにしましょう。もし、出そびれた場合は、速やかに折り返します。

遅くともその日のうちには、折り返すようにしましょう。それよりも遅くなってしまうと「連絡がつきにくいスタッフなのかな」と派遣会社にあまりよくない印象を残すことになってしまいます。

さらには、連絡がつかないうちに次点のスタッフに話がいってしまうケースも。そうなってしまっては、せっかくのチャンスを逃すことになります。

そうならないためにも、派遣会社からの電話にはきちんと出るように心がけましょう。

不採用連絡にも返信をして熱意をアピール

残念ながら不採用になってしまった場合、その不採用メールに返信をするという人はあまり多くないかもしれません。

ですが、こちらから派遣会社にアクションを起こせるいい機会だと捉えて、ぜひ返信してみることをおすすめします。

不採用連絡へのお礼と、そしてぜひ派遣として仕事をしたいという熱意を伝えるようにしましょう。

「こういった条件でお仕事探しを継続しておりますので、ぜひいつでもお声がけください」と伝えておくことで、派遣会社のスタッフがふとした時に「そういえば」と連絡をくれることも。

ぜひ、積極的な姿勢を忘れないように心がけてください。

派遣会社に対して、登録スタッフがアクションを自然な流れで起こすことができるタイミングというのは、実はそれほど多くありません。

しつこく感じられない範囲で、連絡を取ることができるチャンスは、しっかりと活かすことをおすすめします。

派遣の仕事エントリー後、連絡が来ない場合はどうすればいい?

お仕事にエントリーした後、派遣会社から連絡がこない場合はどうすればいいのでしょうか。

エントリー時に「採用の場合のみ、ご連絡します」と書かれている場合は「連絡がない=不採用」ということ。

ですが、不採用だったからといって落ち込んでいる暇はありません。今回はたまたま、自分よりも派遣先企業の要望に近い人材がいたというだけのこと。

自分よりいい人がいたのでは、と想像すると落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、派遣会社はとにかくクライアントのニーズにあった人材を探しています。

たまたま、今回は自分よりもそのニーズにフィットした人材がいただけのこと。不採用が続くと「どうせ私なんて」と不必要なくらい落ち込んでしまう方もいらっしゃいますが、それは時間の無駄としかいえません。

そんなことをしている暇があったら、ぜひ次のお仕事探しをスタートさせてください。

派遣で働くということは、運やタイミングも大きくものをいう部分があります。落ち込んでいては、せっかくのチャンスを見逃してしまいかねません。積極的に動くことが、チャンスをつかむ近道だと考えましょう。

諦めがつかない場合は問い合わせもOK

連絡がこないから、と諦めることができない場合は、派遣会社に電話をして問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

問い合わせをする時は、案件番号とスタッフナンバーを手元に用意し、できるだけ簡潔に用件を伝えます。

「先日、案件番号〇〇にエントリーさせていただいた、スタッフナンバーのと申します。その後、結果がもし出ていたら教えていただきたいのですが」と、伝えます。

そこでやはり不採用だったことが判明しても、落ち込まずにきちんとお礼を言いましょう。その上で「現在、お仕事探しを継続しておりますので、もしなにかございましたらぜひお声がけください」と一言添えておくことをおすすめします。

どこにきっかけがあるかは、分かりません。ですが、派遣会社にこちらから堂々とアクションを起こせる機会というのは、それほどないということをぜひしっかりと理解しておきましょう。こちらから連絡できる機会は、絶好のチャンスなのです。

派遣の仕事エントリーの断り方

お仕事にエントリーし、社内選考を通過したと連絡が来たときに、もしほかのお仕事に決まっていたとしたらどうすればいいのでしょうか。

贅沢な悩みかもしれませんが、そうなってしまった本人としては、かなり慌てるもの。万が一、社内選考が通過した後にそのお仕事を辞退する時に、気をつけるべきポイントをご紹介しましょう。

まず、幸運なことに並行して選考を進んでしまった場合、派遣会社の営業担当の方に「同時進行している」ということを伝えておくことが大切です。

その一言もなしに、選考が進んでいく途中になって「実はほかのお仕事が決まってしまって…」となってしまうのが、営業担当としては一番避けたいパターンといえるでしょう。

ですが、同時進行している案件があることが分かった上でも、その話を進めたいと思えるようなスタッフだった場合は、そのリスクを負ってでも話を進める可能性もあります。

派遣スタッフとしては、同時進行している話がどちらも進んでしまっては困るし、どちらもダメになってしまっても困るし、と非常に難しい立場となるでしょう。

できることがあるとすれば、あらかじめ「同時進行で選考が進んでいるお仕事がある」ということを、派遣会社にきちんと伝えておくことくらいでしょう。

誠意を持って対応していれば、その気持ちは相手に必ず伝わるはずです。

派遣スタッフとしても、少しでも自分の希望に近いお仕事をしたいというのが本音ではないでしょうか。

お仕事をてんびんにかけることが、悪いことという訳ではありません。ですが、その態度があまりにも見え見えでは、あまりよい印象にはなりませんよね。

よりよい仕事を選びたい派遣スタッフと、よりクライアントのニーズに近い人材を見つけたい派遣会社。

派遣会社も、派遣スタッフを選考するのですから、ある意味「お互い様」という要素も否めません。

ですが「仕方がない」開き直ることなく、あくまでも誠意をもって現状を伝え、進捗があったら報告し、相談しながら話を進めていくようにしましょう。

派遣の仕事エントリー無断キャンセルしたらどうなる?

もし、エントリーしたお仕事の顔合わせなどを無断でキャンセルしたら、どうなるのでしょうか。

まず、その派遣会社からは今後一切お仕事の紹介をしてもらうことはできなくなると考えて、間違いないでしょう。

派遣会社からすれば、そのスタッフを信頼して顔合わせまで設定したのに、当日無断で来ないとなっては、クライアントからの信頼を失いかねません。

最悪のケースを考えれば、その案件自体なかったことになってしまうかもしれないでしょう。

そうなれば、派遣会社には大きな損害を与えることになります。そんなことをしてしまったスタッフを、今後もその派遣会社は使おうと思うでしょうか。

派遣として仕事をしたいと考えている人は、数多くいます。その中の一人にしか過ぎないのですから、もっと真剣に仕事に取り組んでくれる、信頼に値する人物と仕事をしたいと考えるのは、当然のこと。

決してしてはいけないことですが、万が一無断キャンセルしてしまった場合は、誠心誠意お詫びの連絡をし、今後自分からはその派遣会社に連絡を入れないことをおすすめします。

万が一、社会通念上やむを得ないと判断されるような正当な理由があったとしても、やはり無断キャンセルは許されることではありません。

万が一、急に顔合わせなどに行くことができなくなったとしても、連絡を入れるようにしましょう。それが、社会人としての最低限のマナーです。

人と人とのつながりを大切に

派遣会社のコーディネーターも、営業担当の方も人間です。やはり、細やかに連絡をくれたり、熱心に仕事探しに取り組んだり、研修制度などを活用してスキルアップを目指す派遣スタッフというのは、目に留まるもの。そして「なんてとかいい仕事を紹介してあげたい」という気持ちにもなるものなのです。

選考が同時進行になってしまったり、体調不良で欠勤することになったりと、派遣で仕事をしているとさまざまなことが起こり得ます。

ですが、その都度一つひとつに真摯な姿勢で対応することが、信頼関係構築につながります。

「派遣だから、こんなものでいいだろう」という態度は、相手は人材のプロですから、すぐに見抜かれてしまいます。

派遣スタッフに求められるスキルとして、大切なものは「コミュニケーションスキル」です。

クライアントの職場に空いてしまった穴を埋め、事業拡大に伴う人材不足をカバーしてくれる人材として、派遣スタッフを導入したいと考えている企業がほとんどといえるでしょう。

スキルももちろん大切ですが、クライアントや派遣会社ときちんとコミュニケーションをとって仕事を進めることができる人材というのが、特に重宝される働き方です。

「派遣だから、会社の人間関係も深入りしなくていいし、気が楽」という面も、もちろんあるでしょう。

でも、それだけではなく、派遣だからこそより良好な人間関係を築く努力を忘れてはいけません。

派遣スタッフは、派遣会社が「このスタッフなら」と太鼓判を押してクライアントである派遣先企業に派遣しています。

派遣会社に対する責任も、大きなものがあるのです。派遣会社、そして派遣先企業、それぞれの人たちと丁寧な人間関係構築を心がけるようにしましょう。その姿勢が、次の仕事へとつながるのです。

派遣会社と密に連絡を取ろう!

今回は、派遣登録後のエントリー後の選考を円滑に進めるためポイントについてご紹介してきました。

派遣登録をしたら、それで安心して派遣会社からのアクションを待ってしまう人が多いようですが、登録はむしろ「入り口」です。

登録したからといって、派遣スタッフとしての人生が始まるわけではありません。そこからお仕事につなげるためには、自分から行動を起こすことも大切。

登録完了したことで安心せずに、自分から行動を起こしてみましょう。そうすることで、お仕事への一歩が踏み出せるのです。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加