英語力を活かせる人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 英語力を活かせる人材派遣会社登録と求人情報

英語力を活かせる人材派遣会社登録と求人情報

英語が得意な方なら、そのスキルを活かして仕事をしたいと考えるもの。近年、業界に関わらず日本企業の海外進出に伴い、英語力を求められる仕事は増加傾向にあります。今回は、そんな英語力を活かした派遣としての働き方について、ご紹介します。

英語力を活かせる派遣の仕事内容

「英語力を活かす」と一言でいっても、さまざまな職種があります。まずは、どのような職種で英語を活かすことができるかを見ていきましょう。

英文事務

言葉の通り、英語を用いた事務職を示します。仕事内容は、英語による電話の取次ぎ、英文での書類作成、メール、社内通訳、社内翻訳などがあり、英語力としては日常英会話程度以上が求められるケースが一般的です。海外拠点の企業との英語によるやりとりも多く、貿易事務のような契約書作成や外国人ゲストの対応なども任されるケースがあり、英文事務の仕事をしながら自分の適性を見極めることができます。一緒に仕事をするスタッフが外国人といった環境下でも問題なく、スムーズに仕事を進めることができる英語力が求められますが、日常会話と英語での読み書きができればOKというものも。「英文事務なんて、難しそう」と思い込まずに、どのような仕事なのかをしっかりチェックしてみることをおすすめします。英語を使ったお仕事の中では比較的難易度が低く、入門編的なお仕事と言うことが出来るでしょう。英文事務を経験し「英語での就労経験あり」と言えるようになってからスキルを磨いたり、研修を受けて、貿易事務やセクレタリーにステップアップする方も多くいらっしゃいます。

貿易事務

貿易事務の仕事は、海外と日本の間で行われている輸出・輸入取引に関する事務処理を行う仕事です。サービスや商品、技術の売買が国と国との間で行われる取引である「貿易」を円滑に行うことができるように手配したり、均衡を取ることが主な仕事となります。主な業務内容としては貿易書類作成、船積指示(貿易)書類作成、L/C読解、輸出報告書作成、通関手配(乙仲折衝)、L/C開設・決済、輸出・輸入申告書(税関申告書類一式)の作成やB/L(船荷証券)作成・AWB(航空貨物運送状)作成などが挙げられます。ただ業務をこなすだけではなく、文化や法律の違いも理解することが求められるので仕事で、英文書類作成やチェックも多いため、正確さとスピードが求められる仕事です。輸入先や輸出先の企業、そして社内・社外のさまざまな部門と共に仕事をすることが求められるため、高いコミュニケーション能力が必要となります。納期管理やスケジュールの管理も、重要な仕事です。

セクレタリー

セクレタリーは、英語を用いた秘書のこと。役員や上位管理職のメンバー、またはグループについて、業務のサポートを担当する仕事です。来客対応やスケジュール管理や調整、機密管理、会議準備などと行います。個人につくセクレタリーの他に、グループにつくグループセクレタリーとエグゼクティブセクレタリーがあります。エグゼクティブセクレタリーは、多くの場合重要な役職の人物について仕事をするため、バイリンガルに近いかなり高い英語力が求められます。また、広い視野が求められる仕事ですから、見聞を広げたり、時事問題について勉強することも必要です。未経験でスタートするのは難しい仕事ですから、英文事務などの経験を積みながらステップアップし、最終的にエグゼクティブセクレタリーを目指す方が多いといえるでしょう。華やかな仕事に見えますが、実際は細やかな心配りが求められる仕事です。

通訳・翻訳

通訳と翻訳について、まずはその違いを理解しておきましょう。通訳は、ある言語を異なる言語に変換し、音声として伝える仕事です。明確な資格がある仕事ではありませんが、豊富な語彙、高度な語学力とコミュニケーション力が必要となります。話している人の話を同時進行で訳す同時通訳、発言者の言葉を文節ごとに区切って訳す逐次通訳などがあります。翻訳の資格としては、社団法人日本翻訳協会が主催するJTA公認翻訳専門職資格試験があります。こちらの資格に合格していると、就職の際に有利となることがあります。仕事内容としては、企業内での契約・製品の取扱説明書・議事録を翻訳する産業翻訳が挙げられるでしょう。ITや医療などの分野では、専門知識が必要なことも多くあります。

英文経理

経理の仕事である伝票起票、入出金管理、仕訳や試算表作成、月次・年次決算業務といった仕事を英語で行うのが、英文経理の仕事です。外資系の企業において、米国基準で処理を行うケースや、日本の会計基準処理としての勘定科目が英語の場合などがあります。経理は、細かな報告業務が必要な職種であるため、英語でのコミュニケーション力は必須。そして、専門用語に関する知識も求められます。

英語力を活かせる派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

英語力はあり、実用英語技能検定やTOEICなどのスコアがある場合、未経験でもチャレンジできる仕事があります。英語を用いた仕事は、現在非常にニーズが高まっています。ですから、入り口としては専門性の高い難しい業務にいきなりトライするのではなく、未経験者向けの業務にトライし、経験を重ねながらキャリアを積んでいくというのが、通訳や翻訳の派遣スタッフとして活躍する近道と言えるでしょう。「経験がないから」と、最初から諦めてしまうのは、とてももったいないもの。ぜひ一度、派遣会社に相談してみてください。英語力次第で時給もおのずとアップしますので、お仕事をスタートさせたらステップアップを考え、派遣会社が用意している研修制度を上手に活用してTOEICのスコアをアップさせたり、貿易事務の資格を取得を目指したり、英文経理の勉強をするなどするようにしましょう。また、留学経験や海外滞在経験があると、未経験でも評価されるケースがあります。正社員での採用は難しくても、ある程度スキルがあれば派遣として就業しやすいと言えるのです。せっかく習得した英語力ですから、それを活かして活躍したい人にとって「派遣」というのは魅力的な入り口と言えるでしょう。ただ、英語が出来る人材も増加傾向にありますから、英語を活かした仕事のなかでも自分なりの強みを見つけることをおすすめします。英語力プラスアルファとして専門的な知識を持っていると、ニーズは一気に高まるのです。

英語力を活かせる派遣で役立つスキル

先ほども触れた通り、英語を用いた仕事のニーズは確かに高まっていますが、プラスアルファとして専門的な知識があると、派遣として長く活躍することができます。それでは、どのようなスキルを身につければいいのでしょうか。

まず、英語力の証としてTOEICのスコアアップを目指しましょう。派遣会社によってはTOEIC受験対策講座を開講していたり、TOEICの試験が割引価格で受験可能な団体受験制度を実施していることもあります。こういった講座や割引は、派遣会社の福利厚生として用意されているのが一般的ですから、自分で受講申し込みを外のスクールなどにする前に、一度確認してみることをおすすめします。せっかくの制度ですから、上手に活用しましょう。特に、ビジネスシーンで役立つ英文メール講座や、外国人ゲストの対応、秘書業務についてなども細やかに指導を受けられる講座がせっていされていることもありますから、しっかり受講することをおすすめします。語学講座以外にも、貿易関連の講座やや海外との文化や考え方の違いなどを学ぶ講座を用意している派遣会社もありますから、上手に活用してステップアップを目指しましょう。また、産業関連の通訳について学ぶ「商業英語検定」や、「ほんやく検定」「通訳案内し試験」「国際秘書検定」「国連英検」などの資格を取得するのも、有効でしょう。派遣外野の研修センターでは、常駐のネイティブ講師が英会話スキルチェックをしてくれることもありますから、自分のスキルを的確に知り、目指す職種のために何を学ぶべきかをアドバイスしてもらえることも。せっかくのチャンスですから、上手に活用しましょう。派遣会社の研修制度は、実は利用したことがないという派遣スタッフのほうが多いと言います。でも、派遣会社としてはせっかく無料で派遣スタッフのスキル向上のために開講している研修制度です。できるだけ多くの方に受講してもらい、派遣スタッフのスキル向上を図りたいもの。「無料や破格の研修制度を利用するのは、なんだか気が引ける」という方もいらっしゃるようですが、そんな心配はいりません。活用できるものは、しっかりと活用しましょう。

英語力を活かせる派遣で働くメリット

「英語は出来て当たり前」という時代が到来しようとしてはいますが、実際まだ皆がみんな英語ができるという訳ではありません。せっかくのスキルですから、しっかりと評価していただきたいですよね。英語力を活かせる派遣先企業としては、外資系企業をはじめ、大手商社、自動車メーカー、電機メーカー、ゲーム・インターネットなどのIT業界と、幅広くあります。また、業界以上に幅広いのが、職種です。「英語を使う」と一口に言っても、さまざなな仕事内容がありますから、お仕事を紹介してもらう際にはコーディネーターにしっかりと確認するようにしましょう。コーディネーターは、仕事紹介だけでなく、キャリアプランに関する相談にも乗ってくれます。カウンセリングをしていただきながら、自分によりあったキャリアプランを提案してもらうことができるというのは、派遣で仕事をするからこそのメリット。自分一人で考えるよりも、やはりたくさんの派遣スタッフを見て、クライアントである企業とやりとりをしたことがあるコーディネーターの目は、シビアかつとても参考になるものなのです。また、提案していただいたキャリアプランにそって研修などを活用し、学びを深めていくというのもキャリアアップにつながる有効な手段。派遣会社の研修を利用すると、その履歴が登録情報に紐づけされます。「このスタッフは、キャリアアップに向けて努力をしている」と派遣会社に認識されることが、希望するお仕事の紹介につながることもあります。派遣会社の研修制度を活用して学ぶことで、スキルアップにつながり、さらには派遣会社にも「頑張る気持ちのあるスタッフ」として認識されるのですから、活用しない手はありません。

英語力を活かせる派遣で働くデメリット

派遣という働き方は、即戦力を期待されるもの。「英文事務」として仕事をスタートしたら、派遣先企業としてはそのスタッフに大いに期待しています。でも、実際にお仕事をスタートさせてみたら、思っていたよりも英語が堪能ではなかった…ということも、ままあるようです。「早く仕事を始めたい」「とにかく英語を使いたい」そんな思いの強さから、自分のスキルに少しだけ脚色して派遣登録をしてしまうと、このような事態に陥りがちです。仕事をスタートさせたら、すぐに実力は分かってしまいます。話を大きくして進めてしまうと、いざ就業した時に辛い思いをするのは自分です。ここは、自分のできることを的確に伝えることが重要なポイント。くれぐれも「このくらいならできるかな?」という安易な考えで、派遣会社に申告しないようにしましょう。派遣で仕事をする上で、一番のデメリットはこの「派遣スタッフのスキルと、派遣先企業の求めるスキルの不一致」です。でも、これは正直であることによって解消される問題ですから、あまり心配し過ぎずに、求められるスキルに不安がある場合はきちんとその旨をコーディネーターに相談しましょう。

英語力を活かせる派遣の給料相場や福利厚生制度

英語力は、大きく評価されるポイントとなります。ですから、通常のオフィスワークよりも英文事務のほうが時給は高くなりますし、秘書よりもセクレタリーの方がお給料は高くなります。まずは、英文事務の時給について、見ていきましょう。英文事務の相場は、1500円程度となります。続いて貿易事務は1600円、セクレタリーは1700円となっています。専門性が高い仕事ほど、時給が少しずつアップしていくのがお分かりいただけると思います。入り口は「英語を使いたい」という思いだったとしても、そこから先のキャリアビジョンをきちんと持って仕事を続けることでスキルアップとともに時給アップも見込むことが出来るのです。

次に、福利厚生について見ていきましょう。派遣として働く場合、福利厚生については派遣先企業のものではなく、派遣会社の福利厚生を利用することになります。派遣会社は中小企業以上の規模のところが多く、充実した福利厚生を利用することが可能です。まず、仕事をした分お給料をいただくスタイルの派遣のお仕事は、正社員以上に体が資本ですから健康診断や、健康維持のためのジムなどの福利厚生を活用される方も多くいらっしゃいます。そのほかにも、リラクゼーション施設やホテル、レストランなどの優待割引を活用して、アフターファイブを楽しんでいるスタッフも。せっかくの権利ですから、上手に活用してオンもオフも充実させましょう。次に、研修制度は先ほども述べた通り、かなり充実していることが期待されます。派遣会社にとっても、登録スタッフがどんどんスキルアップしていくことは、プラスに作用します。派遣会社にとっても、派遣スタッフにとってもよい方向に作用すると言うことが出来ますから、しっかりと研修制度を活用し、スキルアップを目指しましょう。派遣会社で行う研修は無料であったり、費用が掛かったとしても何割かは会社負担であったりするケースが多いので、上手に活用してスキルアップ・キャリアアップを目指すようにしましょう。

英語力を活かせる派遣先企業

それでは、具体的に英語力を活かして活躍することができる業界にはどのようなものがあるか、見ていきましょう。

ゲーム業界

まずは、日本が誇る文化の一つであるゲーム業界について、見ていきましょう。ゲームコンテンツ市場は現在も拡大傾向にあり、ネットゲームや携帯ゲーム人気がその人気を牽引しています。ソーシャルメディアが世界的に急成長すると同時に、SNS内で展開されるソーシャルゲームも急拡大。日本でのソーシャルゲーム市場は右肩上がりと言えます。もともとソフトだったものや、携帯ゲームとしてリリースされていたものが続々とスマートフォンへの移行され、ゲームコンテンツ市場は今後、さらに拡大傾向にあります。日本発のソーシャルゲームは世界でも大きく評価されており、現在世界を舞台に活躍できる人材が不足している状態です。語学力があれば、世界を舞台に活躍できるチャンスがある業界と言えるでしょう。

インターネット業界

インターネット業界も、成長が著しい業界です。その中でもネット通販事業や、電子書籍事業などは稼ぎ頭として考えられ、派遣などの外部人材の活用が進んでいます。海外市場展開に力を入れている企業では、国内においても社内公用語を英語としていたりと、業務上英語を活用できる人材育成に力を入れています。このことより、英語力の高い人材は派遣スタッフとして重宝がられるということが理解できると思います。

外資系企業

外資系企業でのOA事務は、いわゆるOA事務と業務内容は大きく違いはありません。ただし、英語での電話やメール応対や、外国人スタッフとのコミュニケーションが可能な英語力が必須となります。そして秘書やセクレタリーの業務でも、英語でのOAスキルは必要となり、その上で簡単な通訳ができる英語力が求められます。英語力としては日常会話レベルの英語力でOKな場合もありますし、高度なビジネス英語が要求されるケースも。求められる英語のスキルは、業務内容や派遣先企業によって大きく異なると言えるでしょう。

英語力を活かせる派遣は学生でもお仕事可能なのか?

「勉強している英語を実務として使ってみたい」「英語のお仕事は時給がいいし、挑戦してみたい」そのように考える学生の方も多くいらっしゃいます。でも、英語を活かすお仕事の派遣に、学生は就くことができるのでしょうか。結論から言うと、就労は可能です。ただ、あくまで学生であって、仕事にウエイトを置き過ぎる訳にはいきませんから、そのあたりの兼ね合いは自分でしっかりとコントロールしなくてはいけません。大学で学ぶ英語と、実用レベルの英語では、まったく違うもの。その覚悟を持って、お仕事にトライしてみてください。「派遣で英語を使って仕事をしていました」という経験は、就職活動に役立てるというメリットもあります。学生の本分である大学での学びを大切にしながら、あくまで余った時間を上手に活用してしっかり稼ぐと同時に、英語力を磨くという学生さんも多くいらっしゃいます。

英語力を活かせる派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

英語が堪能で通訳が出来るレベルなら、おすすめはイベントなどの通訳のお仕事。スポットで2、3日とごく短期から入ることができるのが魅力となっています。翻そのほかには、繁忙期に短期で入るスタイルのものもある、という感じで、基本的には長期的に活躍を望まれるケースが多くなっています。でも、案件としてまったく短期がないということではありません。短期を希望するなら、派遣会社に登録説明会の際に申し出を行い、定期的に送られてくるメールマガジンなどを注意深くチェックするようにしましょう。短期のお仕事自体が少ないということは、それだけ人気のある案件になるということ。すぐに応募が締め切られていまうこともありますから、出来るだけ早めに応募できるよう、情報にはアンテナを張っておくようにしましょう。

英語力を活かせる求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

「英語を活かした仕事をしたい」のであれば、やはり英語を活かした仕事に強い派遣会社に登録するのが近道。外資系企業との取引がたくさんあったり、英語の研修制度が充実している派遣会社を選んで登録することを、おすすめします。それでは、ここからはおすすめの派遣会社についてご紹介しましょう。

マンパワー

「英語を活用して仕事をしたい」そのような希望がある方にはぜひ、語学力だけでなく、各分野の専門性を高めるよう努めていただきたいと私たちは考えています。ただTOEICのスコアが800点というのではなく、「TOEICのスコアが800点のシステムエンジニア」となると、独自性が強まり、就業の可能性が広がります。このように、自分ならではの付加価値をつけるように考え、キャリアを構築できるように私たちはお手伝いします。「英語に自信はあるけれど、実際に仕事で使ったことはない」という方にも、マンパワー独自のビジネス英語講座や各種提携プログラムがありますので、仕事をしながら学ぶことができる環境です。次なるステップに繋がるよう、コーディネーターと相談をしながら仕事に挑戦してください。

パーソルテンプスタッフ

パーソルテンプスタッフは創業から43年目の2017年7月にテンプスタッフから社名変更しました。幅広く、たくさんの方々に愛されてきた名称を変更し、さらなる輝きをもって社会に役立てる事業展開を目指しています。英語を使った就業に就きましては、TOEIC(R)のレベル別に、どのような職種や業界で仕事をすることが可能かを分かりやすく細分化。今後目指したいレベルを明確にすることで、学びにつなぐことができればと考えております。TOEIC(R)のレベルアップサポートも行っていますので、スキルアップのために、ぜひ定期的に語学テスト受験をし、実力をチェックしておくことをおすすめします。

アデコ

世界60ヶ国に拠点を持つグローバル企業として、アデコでは英語を使う案件を豊富にご用意しています。実務経験がない方が英語力を活かしたお仕事でビューしやすい案件も多数ご用意しておりますし、英文事務や英文経理など今まで培ってきた経験やスキルを活かせる仕事が多数あります。外資系企業をはじめ、商社、貿易関連、海外への輸出入を多く取り扱う日本メーカーなど、英語力を必要としている企業等、さまざまな業界にクライアントを持っており、ご希望に合った案件をご紹介することができるのが、アデコの強み。「スピーキングに自信がない」という方には書類作成やメール作成がメインのお仕事や、コミュニケーションは日本語中心という職場もありますから、英語を抵抗なく使えるという観点でお仕事を選ぶのも一つの方法です。実務未経験も歓迎ですので、ぜひ派遣登録説明会にいらしてください。

英語力を活かせる仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

英語を活かせるアルバイトには、どのようなものがあるのでしょうか。派遣社員や正社員と大きく違うのは、子ども向け英会話教室の講師や塾講師などが入ってくる点でしょう。その他は受付やデータ入力、営業アシスタントなど英語を使う事務系の仕事や、通訳・翻訳、ホテルのフロントなどがあり、時給は1000円〜1400円のものが多くなっています。派遣のお仕事で多いのは英文事務、貿易事務、翻訳、通訳などのお仕事です。正社員も同様の職種が多く、違いがあるとすれば給与面でしょう。この場合、派遣のほうが時給換算すると少し高めという結果が出ています。これは、直接雇用である正社員のほうが採用から雇用を継続するまで、企業にとってはコストがかかるためということができるでしょう。派遣は、正社員とは違い採用した以上継続して雇用を継続しなくてはいけないという面がなく、必要なタイミングだけ採用することができますから、企業にとってはとても使い勝手のいい人材です。そういった理由で、給与面では正社員よりも派遣のほうがいいとい結果になります。

「英語で仕事をしたい」そう考えた時、まずは英語力アップに努めることが一歩となります。次のステップを考えると、そこにプラスアルファをつけていくことが、強みとなるのです。就職とは違い、職場を変えながらスキルアップ、キャリアアップを図ることができるため、実務未経験からでも文書作成メインのお仕事でデビューし、業界に特化した英語を磨き、英語プラスアルファのスキルを持つ人材として、輝くことができるチャンスが「派遣」という働き方にはあります。新しい第一歩をぜひ、踏み出してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド