映画館のアルバイト求人の詳細

> 職種別のアルバイト求人 > 映画館のアルバイト求人

映画館のアルバイト求人

映画好きな人にとって、憧れの仕事である「映画館でのアルバイト」。
大好きな映画を身近に感じながら、日々仕事が出来たら――と、考える方も多いようです。
「楽しそう」「映画に携われるなんて、嬉しい!」とポジティブなイメージが強い映画館でのアルバイトですが、その実態はどのようなものなのでしょうか。
今回は、映画館のアルバイトについて、徹底調査してみます。

映画館アルバイトの仕事内容

映画館の仕事というと、チケット販売や入り口でのチケットもぎりのイメージが強いかもしれません。
ですが、実際の仕事はそれだけではありません。
映画館のアルバイトは、仕事内容別に3つに分けることができます。
では、どのように分類され、その内容はどういったものなのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

映画館でのアルバイトには、大きく3つの担当業務があります。
受付を担当する「ボックス」、チケット販売や案内業務を行う「フロア」、映写機のメンテナンスや上映準備を行う「映写」です。

映画館の顔「ボックス」の仕事

ボックス業務は、カウンターでのチケット販売や、何番シアターでどの作品が上映されているかなどの案内を行うのが主な仕事内容となります。
チケットと一緒にポップコーンや飲み物を購入できる映画館が多いため、そういった軽食の販売も同時に担当するケースが多いようです。
最近は、インターネットで事前購入できる映画館も増えていますが、まだまだカウンター業務は映画館の顔として注目される仕事。
お客様に笑顔で対応し、気持ちよく映画館に入場していただくことが、大切な仕事です。

憧れのもぎりを担当「フロア」の仕事

フロアの仕事は、シアター入り口でチケットをチェックするいわゆる「もぎり」がメインとなります。
その他には、関連グッズやパンフレットの販売を担当します。
お客様に「映画を観た日」を丸ごと素敵な1日として認識していただけるよう、笑顔で気持ちのよい対応を心がけましょう。

フロアの仕事の中でも「もぎり」に関しては、映画館で仕事をするならぜひやってみたい花形の仕事として人気です。
「もぎり」というと、お客様のチケットを受け取り、静かにもぎってお戻しする作業というイメージが強いかもしれません。
ですが、上映したばかりの作品がある時期は、やはり忙しくなり「そんな優雅なこと言ってられない!」ということも出てきます。
スクリーンが複数ある映画館では、お客様からの問い合わせも多くあるもの。
そういった時にもスムースに回答できるよう、どのスクリーンでどの作品が上映されているかは、あらかじめ把握しておくようといいでしょう。
その他の業務としては、上映終了後の清掃や、ごみ収集も担当します。

映画好きの憧れ「映写」の仕事

最後に、映写の仕事です。
映写の仕事は、その言葉通りスクリーンに映画を映し出す仕事。
映写技師とも呼ばれ、専門知識が必須となるため、アルバイトの募集が掛かることはなかなかありません。
ですが、映画好きにはぜひともトライしてみたい職種といえるでしょう。

なかなか求人が出ないと言っても、時折募集がかかることはあります。
こまめに求人情報をチェックしたり、ほかの業種で映画館バイトをしながら募集が掛かるのを気長に待ったりするのも一つの方法です。
映画館で仕事をしていれば「新しく募集をかける」という話は耳に入りやすいもの。
募集が出ると聞いたら、一番乗りで応募するのもいいでしょう。
また、あらかじめ採用担当のスタッフに一言声を掛けておくのもおすすめです。
採用する側としては、それまでの勤務態度や勤怠管理、そして適性を見ることができるため、すでにスタッフとして活躍している人が応募してくるというのは、大変ありがたいもの。
ただ、技師を目指してほかの職種で映画館にアルバイトで入った場合、その勤務態度が技師の採用時にプラスとなるか、マイナスとなるか微妙な面もあります。
せっかくのチャンスをものにするためにも、真面目に仕事には取り組むようにしましょう。

映画館のアルバイトは未経験者でもお仕事可能なのか?

映画館のアルバイトは「未経験OK」とされているケースが多くあります。
基本的に、映画館での仕事には、それほど難しいものはありません。
きちんと挨拶や返事ができ、お客様によい印象を持っていただけるような笑顔のやりとりができれば、未経験でも問題はないでしょう。

ただ、人とコミュニケーションをとる場面が多い仕事ではあります。
「どんな人に対しても好印象を持っていただける」というのは、実は難しいもの。
出しゃばりすぎず、でも求められたサービスにはきちんと対応できるように心がけることが、大切なポイントです。
笑顔で、はきはきとした受け答えを心がけましょう。

映画館には、子どもから学生、社会人、カップル、夫婦、家族、高齢者とさまざまなお客様が訪れます。
映画を観にきているお客様は、日常から離れ、ちょっとした非現実を楽しみにされている方がほとんどです。
そういった方たちに心地よい空間を提供できるよう、心を込めた対応することが大切なのです。

映画館アルバイトで役立つスキル

映画館でのお仕事に役立つスキルとは、どのようなものがあるでしょうか。
「スキル」というと「資格」というイメージがあるかもしれませんが、映画館でアルバイトをするために、必要な資格は特にありません。
ただ、同じ映画館でなくても、映画館勤務経験がある場合はそれがプラスになることはあります。
もし経験がある場合は、面接などできちんと伝えるようにしましょう。

ただ、例外的に映写の仕事に関しては「経験者であるということ」=「映写の技術がある」と理解されます。
映写の仕事は専門知識が必要となるため、仕事を始めるまでにしっかりとした研修を受ける必要がある仕事です。
そういった特殊な仕事ですから、映写の仕事経験があるということはそれだけで十分高く評価されます。
映写の仕事経験がある場合は、ぜひアピールしましょう。

映画館で仕事をするために特別必要な資格はありませんが、どのようなスキルが映画館のアルバイトで役立つのでしょうか。
先ほども触れた通り、映画館の仕事ではお客様対応がメインとなります。
ですから、コミュニケーションスキルは必須といえるでしょう。
そして、清掃や販売など、二人一組などのチームを組んで作業を行うことが以外なほど多くあるのも、特徴のひとつです。
チームワークを大切にしながら、仕事を進められるかどうかも重要なポイントといえるでしょう。
映画館での仕事は、コミュニケーションスキルやチームワークが大切な仕事なのです。

また「映画が好き!」という気持ちは、高く評価されます。
「映画が好きだから、映画館で仕事をしたい」
志望理由がそういった理由の場合は、その点をアピールするようにしましょう。

映画館のアルバイトで働くメリット

映画館で仕事をするメリットは、どのようなものがあるでしょうか。
映画が好きな人にとっては、映画に携われているというだけでそれは大きなやりがいとなります。
最新作を把握できたり、場合によっては試写会や舞台挨拶、トークショーなどを観られたりするケースもあります。
実際にその場に立ち会うことはできなくても、出演者を見かけることができるなどイベントに携われるだけでもやりがいの大きなものとなります。

映画館によっては、社員割引などのチケットが配布されるところもあります。
そういった意味でも、映画好きにはたまらない職場環境といえるでしょう。
シアターから出てきたお客さんの反応をリアルに見ることができるのも、映画好きには嬉しいポイントです。
その作品が面白いのかどうかを、リアルな反応を見ながら把握できるのも、映画好きには大きな魅力。
映画をさまざまな角度から楽しむことができるのが、映画館で仕事をするメリットといえるでしょう。

映画館のアルバイトで働くデメリット

映画館でアルバイトをするデメリットとは、なにがあるでしょうか。
映画館の仕事は、フロアに関しては3時間〜5時間と短時間、週2、3回勤務から可能となっています。
ただ、ボックスや映写の仕事は拘束時間が長いケースが多くあります。
「1日8時間以上、週3日以上」となると、学生にとっては条件的に厳しいでしょう。
ボックスの仕事は、映画館の顔ともいえる仕事となります。
そうなると、どうしても映画館側としては、落ち着いた対応を希望したいもの。
そういった理由もあって、できるだけ長時間任せられるスタッフを選ぶ傾向にあるようです。

また、モーニングショーやレイトショーを実施している映画館では、シフトが思いがけず早朝や深夜となるケースも。
基本的には早朝スタッフ、深夜スタッフが設定されています。
それでも、どうしてもメンバーが不足し、イレギュラーで出勤を依頼されることも出てきます。
早朝や深夜にまで及ぶ仕事を想定していないと、困ることもあるようです。
イレギュラーの依頼に対しては、どうしても対応できない場合は素直に事情を説明しましょう。
頼む側としても、イレギュラー対応を依頼しているのですから、事情がありできないと断りを入れる分には理解してくれるもの。
無理をしてまで、対応する必要はありません。
ただ、困った時はお互い様ですから、対応可能な場合は対応することをおすすめします。
そうすることで、今後自分が困った時にも理解を示してもらうことができる関係構築につながるでしょう。

映画館アルバイトの給料相場や福利厚生制度

映画館のアルバイトは、平均時給が1000円〜1200円となっています。
映写などの特殊なスキルが求められる仕事や、早朝深夜スタッフの場合は、時給がプラスとなるケースが一般的です。
映画が好きで、映画を身近に感じていたいという理由で映画館の仕事を選んだ人にとっては、充分な時給ということができるでしょう。

福利厚生については、アルバイトの場合一定以上の勤務時間・日数を超えていれば社会保険に加入することができます。
福利厚生に関しては割引チケットがもらえたり、無料映画鑑賞制度がある映画館もあったりします。
映画好きにはありがたい点といえるでしょう。
制服を着用する映画館も多いため、通勤時の服装は自由となっていますから、その点も嬉しいと感じる方が多いようです。
「制服を着用すると、お仕事モードになる」という方もいます。
制服を着て、背筋を伸ばして仕事をしたい方に人気の仕事です。

映画館のアルバイトは学生でもお仕事可能なのか?

映画館のアルバイトは「学生歓迎」とされているところが多くあります。
高校生も歓迎となっている映画館が多いことからも、仕事内容としてはそれほど難しくないことが分かるのではないでしょうか。
専門的なスキルが求められる映写の仕事以外は、アルバイトデビューの高校生でも、真面目に勤務することができれば問題ない仕事内容ということなのです。
難しく考える必要はありません。

映画館アルバイトを短期と長期で比較

映画館のアルバイトは、長期にわたって活躍してくれるスタッフを歓迎しているところが多くあります。
映画館の仕事と言っても、やはり映画館ごとにオリジナルルールや、仕事の進め方に特色はあるもの。
せっかくなら仕事の仕方をしっかりと覚え、長く働いて欲しいというのが映画館側の希望なのです。

それに対して、最近では短期の映画館スタッフ募集も目立つようになりました。
春休みやゴールデンウィーク、夏休み、冬休みといった長期休暇に合わせて、新作映画が上映スタートとなる傾向が強いため、その時期はどの映画館も繁忙期となります。
そんな時期だけ、活躍してくれる短期スタッフを募集する映画館が増えているのです。

最近は、このようにスポット的にアルバイトをすることも可能となっています。
映画館側と、働き手のニーズが合えば、短期スタッフとして活躍することもできるのです。
長時間シフトでアルバイトをするのが難しい学生にとって、長期休暇中にしっかり稼げるこのスタイルは、人気となっています。

映画館のスタッフになるまでのプロセス

映画館スタッフの仕事をしたい、と思ったら、まずは求人情報をチェックしましょう。
求人サイトや、よく行く映画館のホームページなどを見てみるのもいいかもしれません。
応募したい映画館の求人情報を見つけたら、まずは応募します。
応募プロセスは、ホームページ上からWebエントリーするものや、電話で応募するものなど、さまざまです。
応募先の映画館が指定する応募方法に則って、応募するようにしましょう。

応募か完了すると、映画館の採用担当者から連絡が入ります。
これも、メールや電話など、さまざまな方法で連絡がきます。
応募先から面接の案内が来たら、その指示に従って当日面接会場に向かいましょう。
その際、先方から履歴書などの持参が求められた場合は、当日までに用意します。
履歴書の志望理由などは、余白が目立たないようにそれなりの分量を埋めるようにしましょう。
あまりにも余白が多いと「やる気がないのかな?」と疑問視されてしまいます。

いざ面接に行こう、という段になって悩むのは、服装です。
特に映画館の場合、普段着で行くのは少しためらわれるという方も多いのではないでしょうか。
まず、ヒントになるのは応募する映画館の制服です。
シックな色合いの制服が多いのではないでしょうか。
面接時はそれに準ずるスタイルで挑むことをおススメします。

次に、お客様相手のサービス業であることを考えて、派手なお化粧やネイル、香水は避けます。
髪の毛も金髪や、だらしのない印象を与えるような長髪は避け、長い髪の場合はまとめるようにしましょう。
かっちりとしたスーツである必要はありませんが、面接というのは「仕事をさせてもらえるかどうかを判断してもらう場」。
どういう人に、自分の会社で仕事をして欲しいと思うかを想像しながら、準備をしましょう。

面接では、映画が好きなことが理由である場合はその気持ちをアピールします。
その中でも、どうしてこの映画館で仕事をしたいと思ったかを伝えることができれば、上出来です。
「家から近いから」というのが本当の理由であったとしても、それだけでは印象に残りません。
「家から近く、よく利用していて、その際にスタッフの方のサービスに感銘を受けて」など、具体的なエピソードを一言添えるといいでしょう。

面接終了後、採用されれば晴れて映画館スタッフとしてお仕事がスタートします。
シフト制のところがほとんどだと思いますが、シフトを出す際に張り切りすぎて無理なシフトを出すことがないように注意しましょう。
「全部は入れないよね」と勝手に判断し、週5日で希望シフトを出して3日入れればいいかなと思っていたら、全部出勤になってしまった…となっては、大変です。
無理なく、きちんと勤務がこなせる日数を考えて、シフトを提出するようにしましょう。

映画館の求人でおすすめのアルバイト登録先

映画館の仕事を探す方法としては、映画館で張り紙をチェックしたり、エリア密着のフリーペーパーを読んだり、映画館のホームページを見てみるというものが考えられます。
でも、もっと手っ取り早くアルバイトを探したい!
そんな希望を叶えてくれるのが、求人情報検索サイトです。
アルバイト情報が豊富に掲載されている求人情報サイトでは、希望の条件を入力すれば自分の理想に近いアルバイトが表示されます。
その時、すぐに希望するアルバイト情報が掲載されていなくても、メール配信を希望すれば、後日希望に近い求人が出た時にはお知らせメールを届けてくれるサービスも。
上手に活用して、理想に近い映画館バイトを見つけましょう。

フロムエー

10万件以上の求人情報を掲載しているフロムエーでは、沿線別やエリアにこだわった検索も充実しています。
「ぴったりおシゴトメール」に登録すれば、希望条件にあった求人をメールでお知らせしてくれる便利機能も搭載。
いくつかの候補で迷ったら「キープリスト」に入れておくこともできます。
リクルートグループだからこその豊富な求人情報で、あなたの希望を叶えてください。

ジョブセンス

国内最大級とも言われるアルバイト情報サイト「ジョブセンス」。
ジョブセンスには、一味変わったサービスもあります。
それは「祝い金制度」。
採用が決まると、祝い金が支給されるという面白いサービスです。
採用祝い金は500円〜最大100,000円まで。
少額でも、お祝いがもらえるとなると、嬉しいですよね。
通勤時間から、アルバイトを検索することもできます。
指定駅から○分以内という形で検索することも可能です。
乗換に掛かる時間や、乗換回数も表示されるため、とても便利な機能として評判となっています。
自分の希望に近い仕事を見つけられるよう、ぜひ活用してください。

お客様も、映画館には非日常を楽しみに来ています。
作品の世界を思う存分楽しむことができるように、その邪魔をせず、落ち着いた空間を提供することが映画館スタッフの大切なミッションです。
笑顔での接客、サービス提供はもちろんですが、過度なパフォーマンスや大仰な挨拶は必要ありません。
映画館は、アミューズメントパークではないのです。
複数のスクリーンで、さまざまな作品が上映されていますから、お客様もさまざまな想いを胸に映画館を後にします。
その余韻を邪魔しないように対応することが、映画館の「サービス」といえるでしょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加