中国語を活かした人材派遣会社登録と求人情報の詳細

> 職種別の派遣求人 > 中国語を活かした人材派遣会社登録と求人情報

中国語を活かした人材派遣会社登録と求人情報

近年、中国人の日本旅行件数の増加に伴い、中国語が話せる人材というものはとても重宝されるようになってきました。東京オリンピック開催も決まり、今後ますます中国語の求人ニーズは高まる傾向にあります。しかし、まだ他の求人に比べると案件自体はまだ少ないと言えるでしょう。しかし、給与や福利厚生、勤務時間などの待遇も非常に充実した案件が急激に増加するなど、ますます盛り上がりを見せる中国語のお仕事について、今回は「派遣」という働き方にフォーカスしてご紹介します。

中国語を活かせる派遣の仕事内容

中国語を活かせる仕事、というのは多岐に渡ります。中国からの観光客は年々増加傾向にあり、そういった観光客に対してきちんとした対応ができる語学力ある人材というのは、実はまだそれほど多くはありません。派遣の仕事としては、ホテルなどの観光業や百貨店販売員やショップスタッフなどの販売業、医療通訳、タクシー運転手、中国の企業は工場とメールや電話でやりとりをする中国語事務、貿易関連会社、IT系企業などが挙げられます。中国人が活躍しているケースもありますが、多くの場合は「きちんとした正しい日本語を使うことができる」というのを募集要件としているため、実際には日本人の採用が多くなっているという実情があります。

フルタイム勤務を希望する場合、やはり一番多いのは中国語を用いた事務スタッフや、貿易事務スタッフでしょう。安定して、長期的に仕事をしたい方に、おすすめの職種となります。中国語以外に専門的なスキルを持つ中国語を活用したシステムエンジニアやプログラマ、看護師などのニーズも高まっています。「生きた中国語を使いたい!」と希望される方には、ホテルのフロントや旅行代理店のスタッフ、ショップスタッフなどもおすすめです。中国からの観光客を相手に仕事をするので、日々中国語が上達するのを実感することができるでしょう。その他にも、中国語を使ったお仕事ではなくても、コールセンタースタッフなどは「中国語が話せる」というだけで、時給がアップすることも。派遣会社に登録する際には、せっかくのスキルですからきちんと伝えるようにしましょう。語学力も、重要なスキルとして評価されます。思わぬところで仕事に繋がることもありますから「中国語を使った仕事を特別したい訳ではない」という考えであったとしても、派遣会社にはきちんとスキルとして伝えておくことが大切です。

中国語のスキルを証明する資格

英語はTOEICや実用英語技能検定があるように、中国語にもスキルを証明する検定があります。

中国政府公認の資格 HSK中国語検定(筆記 1級〜6級 口頭 初級〜上級)

北京語言大学が開発した試験で、中国への正式な留学(語学留学を除く)に必要な試験です。日本の文部科学省に相当する中国教育部が認定する資格です。英語のTOEFLに相当するのがHSKとなります。

C.TEST 実用中国語レベル認定試験(点数によって、F級から専門級レベルの七つのレベルで判定)

北京語言大学漢語試験研究センターが開発した試験。留学以外の目的で、中国語を学習している人のために実践的な中国語能力を測定するものとなります。主催は北京語言大学漢語試験研究センターで、英語のTOEICに相当するのがC.TESTといえます。

TOCFL 国家中国語能力試験推進委員会による中国語能力試験(1級〜6級)

2005年11月に中華民国教育部のプロジェクトとして設立された国家中国語能力試験推進委員会が行う試験。特に台湾では多くの大学や専門学校、企業で中国語能力の参考基準とされています。

日本中国語検定(準4級〜1級)

一般財団法人日本中国語検定協会が行っている試験。日本国内において、中国語の学習成果を測る指標として多く利用されている資格試験です。

BCT ビジネス中国語検定

中国語を母国語としない人が、ビジネスで中国語を使う際、その中国語レベルを測定するための試験。中国政府に属する国家漢語国際推進グループ(国家漢弁)が、北京大学に委託して開発し、実施している検定です。シンガポールやアメリカ、韓国、オーストラリア、欧州各国、アジア各国など、世界の主要国で実施されており、日本では、2007年から実施しています。

実用中国語技能検定試験(5級から1級)

一般財団法人アジア国際交流奨学財団が行う試験。日本における中国語学習者の正確なレベルを判定する試験です。

資格を所有しているとやはり一定の判断基準となり、評価も高くなります。ただ単に中国語が話せるというよりも時給が高く設定されるなどのメリットも出てきますので、受験を検討してみるのもいいでしょう。

中国語の派遣は未経験者でもお仕事可能なのか?

中国語を話せる人口自体が、まだそれほど多くないと言うこともあり「中国語が話せる」というだけで実務経験不問という案件も多くあります。その場合、臆さずに仕事ができることが重要なポイントとなりますから、派遣登録説明会でも「実務経験がないから」と控えめにしすぎず、かといって自分のスキルを誇張することなく、的確に派遣会社に理解していただけるよう話をしましょう。

中国語を活かせる派遣で役立つスキル

やはり、ただ単に「中国語が話せます」というよりも、何か強みがあるほうがお仕事の選択肢も増えます。就労先として考えられる企業としては、大手商社や自動車メーカー、ゲーム・インターネットなどのIT企業、ホテル、レストランなど。そういった多岐に渡る業界で活躍するためには、なにか「この業界の知識は自信がある」と言えるものがあるといいでしょう。

中国語を活かせる派遣で働くメリット

世界一の人口を誇る中国。その国の言語が話せるということは、これからとても大きな強みとなります。中国は世界各地にその活動を広げており、今後日本においても中国人向けの製品やサービス展開が続々とされていくことが予想されます。日本経済の発展に、大きく影響する国であることが確かだからです。派遣として仕事をする場合でも「中国語が話せる」ということは、それだけで大きな付加価値となります。英語に関しては、話せる人口が増えてきていることもあり、ただ単に「話せる」というだけでは強みというには少し物足りない時代を迎えつつありますが、中国語に関しては現在まだその域には達していません。今のうちに中国語をマスターしておけば、派遣という就労スタイルならではの自由度を活用して、短期契約でさまざまな職種にトライしながら自分に合う仕事を見つけることも可能です。「中国語を活用した仕事に就きたいけれど、実務経験がない」「どんな仕事が自分に合うかわからない」そんな時は、とりあえず派遣でお仕事をスタートさせてみるというのは、とても有効な手段となります。有期雇用である派遣だからこそ、自分の適性を見極めながら、中国語をブラッシュアップさせていくことも可能なのです。

英語は習得するために長期的な学習が必要という面もありますが、中国語は実は日本人にとって学習しやすい言語であることをご存知ですか?漢字を使って生活している私たち日本人にとって、中国語は非常に理解しやすい言語なのです。中国語独自の発音や文法を身に着けてしまえば、中国語は意外と簡単に習得することが可能と言えます。「大学の第二外国語だったけど、あまりきちんと勉強していなかった」という方も、本気になれば飛躍的にその学びを深めることができるでしょう。第二外国語で学んだという基盤がせっかくあるのですから、お仕事を探す際に学びなおしてみるのもいいかもしれません。

中国語を活かせる派遣で働くデメリット

中国語を活かせる派遣で仕事をするデメリットは、あまりありません。敢えてひとつ挙げるとしたら、派遣スタッフに対して派遣先企業は即戦力を期待しているという面でしょう。「中国語ができる」と紹介されたスタッフですから、それなりの語学力を期待します。でも、実際にお仕事をスタートさせたらビジネスにおける中国語の使い方が理解できておらず、派遣先企業にがっかりされてしまう…というリスクはあります。自分のスキルを的確に派遣会社に把握してもらうことが、こういったミスマッチを防ぐコツ。仕事に就きたい気持ちのあまり、中国語スキルを高めに申告してしまうと、このような事態に陥りがちです。実際に勤務がスタートすれば、すぐに実力は分かってしまいます。いざ就業した時に、辛い思いをするのは自分です。派遣として仕事をする上で一番のデメリットと言えるのは「派遣スタッフのスキルと、派遣先企業の求めるスキルの不一致」が生じる可能性があるということ。でも、これは正直であることによって解消される問題ですから、あまり心配する必要はないでしょう。

中国語を活かせる派遣の給料相場や福利厚生制度

中国語を活かした派遣の場合、それぞれの職種により時給に違いがあります。通訳は1500円以上、ホテルスタッフも1500円以上、美術館や博物館のスタッフは1400円以上、ショップスタッフは1300円以上、事務スタッフは1300円以上というのがおおよその相場となっています。一般的な仕事に比べて「中国語が話せる」という付加価値がつくため、時給は高めに設定されているケースが多いようです。

次に、福利厚生について見ていきます。中国語を活用した派遣の福利厚生は、大きく2パターンに分けられます。フルタイム勤務の事務スタッフなどを取り扱っている大手派遣会社に登録して就業しているパターンと、中国語に強い派遣会社に登録しているパターンです。まず、大手派遣会社に登録しているケースから見ていきましょう。健康診断をはじめ、スポーツジムやリラクゼーションサロンの優待割引、旅行やレストランなど提携施設での割引利用など、見ているだけで嬉しくなるような福利厚生が充実しているのが、大手の魅力。大手派遣会社の場合、一般企業の福利厚生に準ずるレベルの待遇を用意しているところが多くあると言えるでしょう。一方、中国語に特化した派遣を展開している派遣会社の場合、会社の規模としてはそれほど大きくないこともあります。ですが、福利厚生という意味では充実しており、勉強会や研修制度が充実しているのも、大きな魅力です。勉強会などでは、日常的には顔を合わせる機会がない同じ派遣会社に登録しているスタッフ同士が顔を合わせるチャンスとなります。派遣仲間と会う機会は、実はなかなかありません。それぞれが刺激し合い、さらに学びを深めるきっかけとなりますから、派遣会社の研修にはぜひ参加してみてください。研修の後には食事会などを行う派遣会社もありますから、派遣スタッフ同士、そして派遣会社のスタッフとの交流を深めることができるでしょう。

中国語を活かせる派遣は学生でもお仕事可能なのか?

中国語を学んでいる学生にとっては、とても興味深いポイントだと思います。中国語を学んでいてある程度の語学力が身についている場合、中国語を活かした派遣としてお仕事をすることは充分可能です。大学で学び、実務経験として派遣のお仕事をこなす――それは、それぞれにとっていい刺激として作用し、スキルアップに大きくつながると言えるでしょう。中国語を学んでいる学生の方には、ぜひ派遣として実際に中国語を使ったお仕事にチャレンジしていただきたいですね。

中国語を活かせる派遣で短期間だけ働きたい方におすすめのお仕事

中国語が堪能で、日常会話レベルなだ問題なくこなすことが出来る場合、おすすめしたいのはショップスタッフやイベントの通訳スタッフです。特に、ショップスタッフに関しては多くの中国人観光客が訪れる春節のタイミングで、求人が多く出ます。その時期を想定して案件をチェックするようにすると、意外とすぐに仕事を見つけることが出来ます。こうした仕事は毎年カレンダー通りに訪れるものですから、一度経験しておけば翌年以降も応募しやすく、また経験者であるということから採用されやすくなります。イベントの通訳スタッフの場合は、スポットで2、3日とごく短期から入ることができるのが魅力です。短期を希望するなら、派遣会社に登録説明会の際に申し出を行い、定期的に送られてくるメールマガジンなどを注意深くチェックするようにしましょう。中国語を活かした仕事において短期のお仕事は少なめという傾向はありますが、しっかりチェックしておけば見つけることは可能です。ただし「少ない」ということは、それだけ人気もあるということ。応募が早々に締め切られていまうことも考えられますから、出来るだけ早めに応募できるよう、情報にはアンテナを張っておくようにしましょう。

中国語を活かせる求人でおすすめの人材派遣会社の登録先をご紹介

中国語を活かした仕事に就きたい、でも案件があまりない――そんな悩みをお持ちの方には、まずは大手派遣会社への登録をおすすめします。今回は、その中でも中国語求人やサービスの質が高い派遣会社をピックアップし、ご紹介します。

株式会社スタッフサービス

国内最大級の総合人材派遣会社であるスタッフサービスは、中国語を活かせる求人を事務・販売・クリエイティブなどの職種で多数紹介しています。歴史ある派遣会社ですから、取引先は大手優良企業が中心。福利厚生や、研修制度、教育サポートなども充実しているので「派遣」という働き方が初めてという方でも、安心してお仕事をスタートさせることができます。中国語の仕事をお探しの方に、おすすめしたい派遣会社です。

リクルートスタッフィング株式会社

国内最大級を誇る人材会社であるリクルートグループが運営する派遣会社、リクルートスタッフィングは、中国語を使用したお仕事も豊富な案件をご用意しています。業界最大級のリクルートグループならではのネットワークを活かし、派遣先となる取引先も優良企業・人気企業がメイン。中国語が活かせる求人も多岐にわたっており販売員や翻訳、通訳、語学教師などをご紹介しています。「中国語を使ったお仕事の経験がない」という方でも、チャレンジできる仕事が多いのも魅力です。大手ならではの充実の福利厚生やしっかりとしたサポート体制も、嬉しいですね。派遣スタッフと派遣先企業の窓口を務めるコーディネーターの評価も高く、中国語派遣をお探しの方におすすめできる派遣会社です。

パーソルテンプスタッフ株式会社

日本最大級の人材派遣会社であるテンプスタッフは創業から43年目の2017年7月にテンプスタッフから社名変更し、パーソルテンプスタッフとして生まれ変わりました。幅広く、たくさんの方々に愛されてきた名称を変更し、さらなる輝きをもって社会に役立てる事業展開を目指しています。中国語を活かせる事務、翻訳や通訳、販売、接客などのお仕事を関東、関西と広いエリアで紹介しています。女性向けの派遣に力を入れているパーソルテンプスタッフでは、女性向けのキャリア支援やサポート制度が他社と比較しても充実しています。せっかく「中国語が話せる」という強みがあるのですから、そのスキルを眠らせておくのはもったいないでしょう。現在はさまざまな事情で仕事に就くのが難しいという方でも、派遣という就労スタイルならお仕事をスタートさせることができるかもしれません。女性の方で、中国語を活かすお仕事をお探しの方はぜひ一度、派遣登録説明会に行ってみることをおすすめします。

ニーハオ人材

名古屋を中心に中国語専門の人材派遣・紹介サービスを展開している株式会社燕システムの人材派遣サービス『ニーハオ人材』。書類の翻訳、商談や電話の通訳、海外のお客様やメーカーとの調整業務、見積書作成などの一般事務を手掛ける翻訳通訳者をはじめ、中国語のできるブリッジSE、プロジェクトマネージャー、プログラマーなどのIT技術者、中国語関連事務と一般事務スタッフの中間役として活躍する、中国語事務スタッフを派遣している会社です。中国語専門の人材派遣会社ならではの充実の案件数が、大きな魅力の派遣会社と言えるでしょう。「とりあえず中国語を使って仕事をしてみたい」という方で、お近くにお住まいの方は一度派遣登録説明会に足を運んでみてください。

中国語を活かせる仕事を派遣、アルバイト、正社員で比較

中国からの観光客増加に伴い、中国語が話せる人材ニーズは爆発的に増加しています。それでは、正社員と派遣社員、アルバイトというワークスタイルで中国語を活かしたいと考えた時には、どのような案件があるのでしょうか。見ていきましょう。

正社員は博物館や美術館スタッフなども人気

中国人観光客が訪れる博物館や美術館で、案内を担当するスタッフのニーズが高まっています。こちらの仕事は専門知識が求められるため、正社員が行うのが一般的です。仕事内容としては受付業務や館内の案内など、それほど大変なものはありませんが、中国人のお客様をおもてなしするために、中国の文化や情勢についての知識を身に着けておく必要があります。実際に中国からのゲストと会話を楽しみながら行う仕事ですからやりがいも大きく、最後にお客様から「ありがとう」と言ってもらえるのが喜びになると言います。その他にも、正社員としてのお仕事には中国語を使ったオフィスワークや貿易事務などが挙げられます。月給はおおよそ20万円程度が一般的です。

派遣スタッフに多いのはオフィスワーク系

中国語を活用したお仕事で、派遣という就労スタイルで多いのはオフィスワークです。中国語を使ったやり取りやメール作成、書類作成をはじめ、貿易事務などのお仕事も多くあります。「日常会話レベルだけで、就業できるか心配」という方もいらっしゃいますが、そういった場合は派遣コーディネーターに相談してみることをおすすめします。書類や資料の作成やメール対応がメインの案件も多くありますし、オフィスでのコミュニケーションは日本語中心という職場もありますから、各個人のスキルに合わせた職場を紹介してもらえるでしょう。そういった意味でも、中国語を使ったお仕事デビューに「派遣」という就労スタイルはおすすめです。また、時給に関しては、実は派遣と正社員で比較すると派遣の方が高く設定されていることが多いのを、ご存知ですか?直接雇用である正社員は、募集、採用から雇用まで、企業にとっては実はコストがかかるという面があります。派遣の場合は正社員とは違い、まず採用活動自体も派遣会社にお任せなので、非常にコストや手間が掛からないというメリットがあります。そして、正社員は採用した以上継続して雇用を継続しなくてはいけませんが、派遣スタッフは必要なタイミングだけ依頼することができますから、企業にとってはとても使い勝手のいい人材ということになります。こういった理由で、時給は1300円〜1500円と高めに設定されており、給与面では正社員よりも派遣のほうがいいとい結果になるのです。

アルバイトにはショップスタッフがおすすめ

アルバイトで中国語を活用するなら、ショップスタッフがおすすめです。中国人観光客が多く訪れる街の百貨店の販売員やショップスタッフ、レストランスタッフなどは、生きた中国語を使って仕事ができる環境が大きな魅力。中国語が話せる場合、通常の販売員やショップスタッフよりも時給がプラスされるケースも多いので、応募する際にはそのあたりにも注目してみるといいでしょう。時給は1000円〜1200円が相場となっています。

中国はビジネス界において、無視できない巨大マーケットとして成長しています。中国語は出来て損することは、決してありません。「中国語で仕事をしたい」という気持ちが芽生えたら、まず経験を積むという意味で派遣スタッフとしてデビューするのが早道かもしれません。実務未経験から実務経験者へステップアップすることで、お仕事の幅や可能性が広がります。就職とは違い、職場を変えながらスキルアップ、キャリアアップを図ることができる派遣ならではの強みを活かして、新しい第一歩をぜひ、踏み出してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド