ティッシュ配りのアルバイト求人の詳細

> 職種別のアルバイト求人 > ティッシュ配りのアルバイト求人

ティッシュ配りのアルバイト求人

街を歩いていると、広告の入ったティッシュを配られた経験があるという方も、多いと思います。
ティッシュは、どんな人でも日常的に使用するもの。
手渡されるとつい手に取ってしまうという方も多く、広告手段として根強い人気を誇っています。
今回は、そんなティッシュ配りのアルバイトについて、徹底調査してみます。

ティッシュ配りアルバイトの仕事内容

ティッシュ配りのアルバイトは、駅前や大型施設、商店街など、人が多く通るところで行います。
「新しく建つマンションのお知らせです、よろしくお願いします」
などの声掛けとともに、通りすぎゆく人たちにティッシュを差し出すのが仕事です。
ティッシュ配りの仕事は一日中フルタイムで勤務するというよりも、おおよそ3時間をベースとし、長くても6時間程度の勤務となるスタイルが一般的です。

続いて、気になる時給について見ていきましょう。
ティッシュ配りは立ち仕事であり、体力が求められるため、比較的高時給に設定されているケースが多くあります。
時給は1000円〜2200円というのが、相場となっています。
ただ、一つ注意点があります。
「時給1500円なんて、高い!」と喜んでいたら、交通費がその中に含まれていたというケースも。
ティッシュ配りのアルバイトでは、交通費が別途支給されるパターンと、交通費も時給の中に含まれているケースがありますから、あらかじめよく確認しておくようにしましょう。
「せっかく時給が高くても、交通費を抜いて考えるとそれほどでもなかった」となってしまっては、残念なもの。
交通費が支給されない場合は、交通費分を差し引いて見てから、その案件を引き受けるかどうかを検討するのもいいでしょう。
傾向としては、交通費込みの場合が多いようです。

では、具体的な仕事内容について見ていきましょう。
ティッシュ配りのアルバイトは、毎回会社から指定された場所行います。
ですから、毎回仕事場は異なるのが一般的です。
アルバイト先から指定された場所に集合して移動し、仕事をスタートするという流れとなります。

ここで、ひとつ注意しておきたいポイントがあります。
配布するティッシュをどのように運搬するかというのが、アルバイト先によって異なるということを理解しておきましょう。
あらかじめ社員などが配布場所にティッシュを運んでおいてくれるケースもあります。
この場合、当日はティッシュの配布さえすればいいのですから、比較的楽な仕事と言えるでしょう。

一方で、会社や、会社が指定する倉庫に立ち寄ってからティッシュを自分で運搬することもあります。
場合によっては、前日に会社指定の場所までティッシュを取りに行くことも。
会社に指定された方法で、ティッシュを運ぶ必要が出てくる可能性があるということも、理解しておきましょう。

最後に、ティッシュ配りのアルバイトで注意すべき点があります。
それは、身だしなみです。
ティッシュを配るということは、その広告主の一員として行う活動となります。
会社の規定にもよりますが、基本的には清潔感のある身だしなみを心がけましょう。
ティッシュを配られる側の立場に立ってみると、不衛生な身なりの人から手渡されるティッシュは、なんとなく受け取るのをためらってしまうという気持ちも理解できるのではないでしょうか。
清潔感ある身だしなみが、ティッシュを受け取っていただくコツにつながります。
そういった心遣いも、大切なのです。
冬場、手袋を着用してティッシュを配布したら受け取っていただける率がアップしたという説もあるほど、受け取る側は相手の身なりをチェックしています。

服装については、企業によってはジャンバーや制服を着用するように指示されたり、私服でもスーツ着用が条件とされていることもあります。
企業側の指示に従って、清潔感ある身だしなみを心がけましょう。

また、ティッシュ配りは屋外で行うアルバイトです。
天候によっては、中止になるケースもあります。
天候次第で中止になる案件の場合は、その後別日程で改めてティッシュ配りを実施することが多いもの。
その場合、日程変更後の日時もあらかじめ確認しておくようにしましょう。
天候に関わらず実施する場合、レインコートを着用して配布を行うこともあります。
その場合「寒くて辛い」「蒸し暑くてしんどい」など、さまざまなマイナートラブルに遭遇することも。
雨対策や暑さ対策は、しっかりと行うようにしましょう。
そのほかにも、夏場は日焼けや虫刺されに対する対策も必要となります。
あらかじめあらゆる事態を想定し、準備しておくことをおすすめします。

さて、ティッシュ配りのアルバイトで気になるのは「ノルマ」ではないでしょうか。
「一日いくつ以上配らないといけない、なんてノルマがあると大変」
そんなふうに心配されている方は、ご安心ください。
基本的に、ノルマが課せられることはほとんどありません。
極端な話をすれば、すべてのティッシュを配りきることが出来ず、残ってしまっても、終了時間になればそこで仕事はおしまいになるのが一般的です。
ただ「一時間に何個程度は配って欲しい」という企業側の希望があるケースも多いので、ざっくりとでも確認しておくといいかもしれません。

では、万が一早めにすべてのティッシュを配り終わったら、どうなるのでしょうか。
その場合は、その時点でお仕事終了になるケースが多いようです。
その上、お給料は規定の時間数もらうことができます。
たとえば、3時間勤務で時給が1200円だったとします。
3時間働いても3600円、早く配り終えて2時間で終わったとしても、お給料は3600円なのです。
頑張って配れば、その分早く仕事を終えることが出来る――そう考えると、モチベーションもアップします。
大きな声と笑顔で、ティッシュを配るようにしましょう。
それが、受け取っていただけるコツです。

仕事終了時刻になると、先ほども少し触れた通り、ティッシュ配りが完了しているか否かに関わらず終了となります。
ティッシュ配りの仕事は、基本的には現地解散となるケースが多いようです。
現地集合、現地解散で完結する仕事は、比較的気軽に行えるアルバイトと感じる方が多く、人気となっています。

ティッシュ配りのアルバイトは未経験者でもお仕事可能なのか?

ティッシュ配りのアルバイトは、未経験でももちろん行うことが可能です。
体力に自信があり、人とコミュニケ―ションを図ることが好きな人なら、充分活躍することができます。
ティッシュ配りのアルバイト募集記事には「未経験歓迎」という記載がされていることも多くあります。
比較的、誰にでもチャレンジしやすい仕事といえるでしょう。
とにかく大切なのは笑顔と、明るい声かけです。

未経験の場合、面接時にはどのようなことをアピールすればいいのでしょうか。
ティッシュ配りのアルバイトをする場合、アピールするポイントとしては「人と関わることが好き」「体を動かして働くのが好き」などを伝えることが大切なポイントとなります。

ティッシュ配りには、さまざまなコツがあります。
配る相手の様子を見て、受け取ってくれそうかを判断すること。
断られたら、しつこく追いかけないこと。
臨機応変な対応が求められます。
ティッシュを断る人も、たくさんいるということをあらかじめ覚悟しておきましょう。
断られるたびに落ち込んでいては、仕事になりません。
断られることを前提に、受け取ってくれた方には感謝を込めてお渡しする――そのくらいの気持ちでいると、必要以上に疲れることもありません。
ティッシュ配りのアルバイトは、気持ち的に疲れていては仕事にならないのです。

ティッシュ配りアルバイトで役立つスキル

ティッシュ配りのアルバイトで役に立つスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。
この仕事でポイントとなるのは「コミュニケーションスキル」です。
にこやかに、明るく声を掛けながらティッシュを差し出すと、受け取ってもらえる率がアップします。
「今度、新しくオープンするスポーツジムのお知らせです。よろしくお願いします」
というように、笑顔で配るようにしましょう。
黙って突然ティッシュを差し出されたら、誰だって「えっ?」と思ってしまいますよね。
そういった事態を避けるためにも、可能であれば、渡したいと思っている方の目を見るようにすると、さらに成功率が上がるでしょう。
笑顔で、明るく挨拶をされると、相手も「ティッシュはいくらあってもいいものだし」と受け取ってくれるものなのです。

ティッシュ配りのアルバイトをしていると「暑いのに大変ね」と声を掛けられることがあります。
場合によっては、雑談をされていかれる方と遭遇することも。
人通りがあまり多くない場合は、そういったお話にお付き合いするのもいいでしょう。
あまり話し込んでしまうとティッシュ配りがおろそかになりますから、その点は注意が必要です。

ティッシュ配りのアルバイトで大切なのは、笑顔と気持ちの良い対応です。
どのような方にも不快な印象を与えることがないように、心がけましょう。

ティッシュ配りのアルバイトで働くメリット

ティッシュ配りのアルバイトで働くメリットには、生きていく上での経験値となるということが言えます。
少し大げさに聞こえるかもしれませんが、同じ場所に数時間立ち、道行く人々にティッシュを差し出していると、さまざまなことを感じることができます。
一見優しそうに見えても、手厳しく断る人。
高齢の方の中には「暑くて大変ね」と優しく声を掛けてくださる方もいらっしゃいます。
強面に見えて、実はとても優しい方もいます。
たんさんの人たちの人生を垣間見ることができるというのは、興味部会仕事と言えるでしょう。
また、自分は見ず知らずの相手にどのような対応をしているかを考えさせられる瞬間もあるアルバイトと言えるでしょう。
さらには、断られてもめげることなく次の方に渡していかなくてはいけないため、精神的に強くなることができます。
差し出したティッシュは「受け取っていただけなくて当たり前」くらいの気持ちが必要です。
いちいち落ち込まず、受け取っていただくためにはどうすればいいか、工夫しながら作業を続けましょう。
単純作業のように見えて、意外と奥が深いのがティッシュ配りのアルバイトなのです。

最後に、ティッシュ配りのアルバイトを通じて「相手の立場に立つ」ことを覚えられたという方も多いということをお伝えしておきます。
ティッシュを手渡された時、どのような相手から、どんなふうに手渡されたら自分は受け取るかということをよく検討し、実行するのです。
目を見て、にっこりと微笑みながら差し出されたら、どうでしょうか。
目も見ずに、ぶっきらぼうに差し出されたら、どうしますか?
そのように考えながら、どうしたら相手がスムーズに受け取ってくれるかをよく考えましょう。
人通りの多い道なら、立ち止まっては迷惑になります。
流れを阻害しないように気を付けながら、ティッシュを配ることも大切な気遣いです。

ここで少し、ティッシュ配りのコツについてご紹介しましょう。
立ち止まっている人は、比較的ティッシュを受け取ってくれやすいという傾向があります。
信号待ちや、立ち話をしている人、何かを見ながらゆっくりと歩いている人は、差し出されたティッシュを受け取ってくれやすい傾向にあるのです。
また、学生や主婦も、ティッシュを受け取ってくれやすいので、姿を見かけたら差し出してみましょう。
そして、もし受け取ってもらえなくても一喜一憂することなく、次の人に向かってティッシュを差し出す強い心を持つようにしましょう。

また、ティッシュ配りはどの会社も似たようなエリアで行っています。
そして、どの会社もスタッフを雇っているわけではなく、近くの企業やお店のスタッフ自らが配布しているケースも多いもの。
そのような場合、単発で仕事をしている派遣スタッフは、新参者となります。
明確な決まりがあるわけではもちろんありませんが、なんとなくいつも配布しているであろう方がいるエリアには、近づきにくいもの。
マナーを守って、仕事を行うようにしましょう。

ティッシュ配りのアルバイトで働くデメリット

ティッシュ配りのアルバイトをするデメリットがあるとすれば、天候によって急な中止があり得るということでしょう。
荒天の場合、日を改めてティッシュ配りをするケースもあります。
当日のお天気次第で収入や、予定が変更になってしまうのは、困るという方もいらっしゃるでしょう。
そのあたりは、注意が必要と言えます。

お天気関連でもう一つ、注意が必要なのは体調管理です。
近年、暑さや寒さが極端に強まり、体調を崩すケースも多くみられます。
ティッシュ配りのアルバイトは、基本的に屋外ですから、熱い場合は十分な水分補給や塩分タブレットを積極的に摂取したり、寒い場合はホッカイロを用意するなど、事前に準備しておくことをおすすめします。
休憩時間も、体を休めることに注力するといいでしょう。
仕事中は気が張っていて大丈夫でも、その後に疲れが出てしまうケースもあります。
体調管理には、充分に注意するようにしてください。

最後に、精神的にあまりにも繊細な人には、あまり向かない仕事と言えます。
ティッシュは基本的に、何かをPRするための広告が入っています。
ですから、差し出しても「チラシなんて」と受け取っていただけないことも多くあります。
そういったことは日常茶飯事と理解し、受け取ってもらえた、もらえなかったということにいちいち落ち込んだり、喜んだりしていては仕事になりません。
「受け取ってもらえなかった」「断られた」と落ち込んでしまうような、繊細なタイプの方には、ティッシュ配りの仕事はあまり向かないと言えるでしょう。
そのたびに落ち込んでいては、精神的なダメージが大きくなってしまいます。

ティッシュ配りアルバイトの給料相場や福利厚生制度

ティッシュ配りのアルバイトは、比較的時給が高めに設定されているケースが多いようです。
体力を必要とする仕事ですし、屋外での作業となりますから、なかなかハードな面もあります。
その分、時給が高めに設定されている傾向にあるのです。
また、多くの場合日払いや週払いの設定があるため「すぐにでもお金が欲しい!」という時に、大変ありがたいアルバイトとなっています。
では、具体的に時給はいくらくらいの設定が多いのでしょうか。

ティッシュ配りのアルバイトの時給は、おおよそ1000円〜2200円に設定されています。
配る時間帯や場所にもよりますので、そのあたりを確認して仕事を探すようにしましょう。
また、先ほどもご紹介したように、交通費別途支給のケース、交通費込みのケースがあります。
そのあたりもきちんと確認しましょう。
仕事場所が自宅から遠く、交通費がかさむ場合は、せっかく高い時給だったとしても交通費をマイナスするとあまり大きな収入につながらないこともありますので、注意が必要です。

では、福利厚生面はどのようになっているのでしょうか。
ティッシュ配りのアルバイトの福利厚生は、基本的に単発のお仕事となりますからあまり利用する機会がないというのが実情です。
派遣アルバイトとして登録した場合、その派遣会社の福利厚生を利用できるケースもあります。
そのあたりは、派遣会社の規定に準じますので、確認してみてください。

ただ、仕事中の福利厚生という意味では、例えば6時間勤務の場合2時間おきに15分程度の休憩をもらうことができたりと、比較的手厚いということができます。
体力面に注意を払ってくれる派遣会社が多い傾向にあると言えるでしょう。
派遣会社によっては、お茶やお菓子の差し入れをいただけることもあります。

ティッシュ配りのアルバイトは学生でもお仕事可能なのか?

もちろん、学生でもティッシュ配りのアルバイトをすることはできます。
ティッシュ配りのアルバイトは、短時間、単発でのお仕事が多いため、むしろ学生のほうが多い傾向にあります。
長期休暇や自分の空いた時間を上手に調整して、働いている学生がたくさんいます。

学生の場合、面接では若さと体力、そしてはつらつとした笑顔や声の大きさを上手にアピールしましょう。
そして、そのパワーを活かして仕事に励んでください。
ティッシュ配りのアルバイトは、先ほども触れた通り比較的高時給ですから、単発でしっかり稼ぎたい学生にはぴったりの仕事と言えます。

ティッシュ配りの求人でおすすめのアルバイト登録先

せっかく仕事をするなら時給が高く、待遇もよい会社とお付き合いしたいもの。
アルバイトに登録する時には、ぜひいくつかの会社を比較することをおすすめします。
ここでは、ティッシュ配りやサンプリングの求人を多く取り扱っていて、条件のよいアルバイト登録先をご紹介します。

株式会社マンネット

あなたのライフスタイルにぴったりの仕事を選べる・探せる派遣会社です。
ちょこっと空いた時間を上手に活用したい、友だちを増やしたい、スキルを身に着けたい、家の近くや通学路など、好きな場所で仕事をしたい――そんな方にぴったりの求人が、たくさんあります。
ティッシュ配りやサンプリング案件も多数取り扱っており、1日から勤務OKです。
「今すぐ仕事はできないけれど、長期休暇に向けて登録だけしておこうかな」という方も大歓迎。
学生や主婦の方など、たくさんの方が活躍しています。

株式会社ティーワイシー

株式会社ティーワイシーは、さまざまなイベントPR活動を行っている会社です。
有名なフィットネスクラブのPRや、イベントの告知、商品のPR活動などを行っています。
ティッシュ配り求人も、その活動の一環として多く取り扱っています。
登録制なので「明日バイトをしたい!」と思った時に、すぐ応募できるのも大きな魅力。
週払い設定があるので「来月旅行に行きたい!」などの急な出費に備えて、しっかりお仕事できる会社です。
高時給なので、モチベーションが高く保てるのも魅力と言えるでしょう。

株式会社チームチャンネル

株式会社チームチャンネルは、アクティブスタッフ事業を積極的に展開しています。
バイトデビュー歓迎で、ノルマはありません。
自分の空いている時間を有効活用して、お仕事したい人にピッタリの単発&日払いOK!
スポーツクラブや、コンタクトレンズ店ののチラシやティッシュ配り、大手不動産販売会社のティッシュ配りなど、多くの案件が充実しています。
先輩がしっかり教えてくれるので「未経験だから」と不安がらずに、安心してお仕事に挑戦してみてくださいね。
頑張り次第で、プチボーナスも支給されますよ。

ティッシュ配りのアルバイトは、体力に自信があり、人とコミュニケーションを図ることが嫌いでない方にとっては比較的楽しい仕事といえるでしょう。
どのようにすれば、スムーズにティッシュを受け取ってもらえるかを考えながら仕事をしていると、意外とあっという間に時間が経ってしまうもの。
また、毎回派遣されるスタッフが違うケースが多いため、さまざまな人と出会いのある仕事でもあります。

人とコミュニケーションを図るのがあまり得意でない方が、敢えてチャレンジした結果、コミュニケーションスキルがアップしたというケースもあります。
「仕事だから」と割り切るからこそ、気負いすぎずに行うことができる面もあるのです。
「コミュニケーションスキルには自信がないけれど、克服したい」そんな気持ちがある方は、一度チャレンジしてみてもいいかもしれません。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加