派遣登録の面接の詳細について

> 派遣登録の面接

派遣登録会の面接時の注意点

人材派遣会社の登録会の中では、コーディネーターとの面談がほぼ確実に実施されます。面談とはいうものの、実質採用試験における面接に近いものだと思ってください。面談の結果いかんで、より多く仕事を紹介してもらえるかどうかがかかっているといっても良いでしょう。

派遣に初めて登録する人の中には、登録会をあまり重視していないケースも多いようです。しかし実際には、就活の面接を受けに行くような、一定の緊張を持って臨んだ方が良いわけです。

派遣会社の面接を受けるときには、服装に注意しましょう。中にはバイトの面談の延長線上と思って、私服のようなカジュアルな格好で受ける人もいますが、面談担当者の評価がマイナスになりかねません。

特にオフィスワークのような職種を希望する人は、スーツをベースに考えた方が良いでしょう。自分が就業先で仕事開始した時にどのような格好をするかでコーディネートするのがおすすめです。ただし肉体労働系のブルーカラー的な仕事を希望するのであれば、そこまで服装でナーバスにならなくてもいいでしょう。

ブルーカラーでも、大手や技術系など専門性の高い職種を希望するのであれば、スーツを着用した方が良いケースも出てきます。どちらにしても相手に不快感を与えない清潔感のある格好を心掛けましょう。もし自分で判断付きかねるのであれば、派遣会社に電話して直接話を聞いてしまった方が手っ取り早いこともあります。

派遣の面接のときに大事なことは、自信を持って堂々とした姿勢・心構えでいることです。自信を持って受け応えをするとコーディネーターも「この人なら安心して仕事を任せられる」と考えがちです。

そして主張すべきところはしっかりと主張しましょう。しかし何でもかんでも主張すると、「わがままな人」といったレッテルを張られかねません。嫌みがないように主張する所は主張することが大事です。

派遣の登録会に参加するときには、絶対に遅刻は避けることです。社会人としての常識を欠く行為ですから、これだけでも一発で登録が認められないこともあります。それから製造系の単純労働で大量採用をしている派遣会社の場合、無断でドタキャンする人も結構多いといいます。

これも社会人のマナー違反の行為です。このようなことをすると、派遣会社によってはブラックリストに登録するケースもあるようです。その情報はずっと乗り続けますから、その派遣会社には2度と応募できなくなります。

普通に考えて絶対にやってはいけないことをすれば、結局自分にデメリットとして跳ね返ってくることをしっかりと理解して、派遣の面接に臨みましょう。

派遣登録の面接・項目一覧

派遣の登録で不合格になることはあるか?合格するためのポイント
派遣の仕事をするためには、まず登録手続きをする必要があります。派遣会社登録手続きと言われると気軽に参加できるようなイメージがあるかもしれません。しかし例えばスキルチェックや仕事の紹介をしてくれるコーディネーターとの面談など、さながら派遣会社・・・派遣の登録で不合格になることはあるか?合格するためのポイントのすべてを読む
派遣先へ顔合わせを兼ねた企業訪問面談
人材派遣会社に無事に登録を済ませると、登録者はコーディネーターから求人情報を紹介されます。そして次は実際に派遣される企業に行き、派遣先の採用担当者と挨拶をすることになります。 これを「顔合わせ」や「面談」、「会社訪問」と呼びます。今回の記事・・・派遣先へ顔合わせを兼ねた企業訪問面談のすべてを読む
派遣登録説明会のスキルチェックは何をするの?
派遣社員として仕事をするためには、まずは派遣登録説明会への参加が必要です。派遣登録説明会では、スキルチェックも併せて実施されます。このスキルチェックが、実はとても大きな意味を持っていることを、ご存知ですか? 今回は、派遣登録説明会で行うスキ・・・派遣登録説明会のスキルチェックは何をするの?のすべてを読む
派遣登録説明会へ参加時の服装と髪型
はじめて派遣登録説明会に行く際、どのような服装で行けば良いの?という疑問を持つ方はとても多いようです。 サイトの口コミ情報を見ても、「スーツで行くのが良い」「スーツを着ていくと逆に目立つから普段着でOK」などさまざまな意見があるため、いっ・・・派遣登録説明会へ参加時の服装と髪型のすべてを読む
うつ病にかかった時期のあることを派遣登録会でいうべきか?
一般企業の中で、看護師や保健師を募集することが多くなってきています。医務室を会社の中に設けて、そこで従業員の健康管理をするスタッフです。このような看護師を求める背景として、従業員のメンタルヘルスの管理をしてもらいたいということがあります。 ・・・うつ病にかかった時期のあることを派遣登録会でいうべきか?のすべてを読む