ブラックな派遣会社や派遣先企業に当たってしまったらどうすればいい?の詳細

> 派遣登録について > ブラックな派遣会社や派遣先企業に当たってしまったらどうすればいい?

ブラックな派遣会社や派遣先企業に当たってしまったらどうすればいい?

ブラック企業という言葉が使われるようになってから、もう何年もたちますが、今だにニュースなどで見聞きすることが多いのは非常に残念なことです。

ただ、なんとなく他人事のような気がして、「たいへんな会社もあるんだね〜」などと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、派遣社員として働く場合、派遣会社と派遣企業、どちらか一方もしくは両方がブラックである可能性を考える必要があります。

今回は、派遣会社や派遣先企業がブラック企業だった場合、どのように対処すればいいかについてまとめてみました。

ブラック企業と言われる主な理由

まずは、派遣業界に限らず「ブラック企業」と言われてしまう理由について見ていきましょう。

時間外労働が異常に多い

ブラック企業と聞いてまず思い浮かぶのが、時間外労働が異常に多い会社です。毎日終電で帰り、ほんの数時間の睡眠ですぐにまた出勤といった過酷な働き方を強いられている会社があるという話をみなさんもニュースなどで見聞きしたことがあるかもしれません。

残業代が出ない

時間外労働や休日出勤を強いられたのに残業代が出ない「残業代未払い」もブラック企業と言われる理由です。また、そういった分かりやすいケースだけでなく、

・残業時間に関わらず決まった額の残業代しかもらえない
・既定の残業時間に満たないと残業代が支払われない

という「定額残業代」もブラック企業がよく使う方法です。

パワハラがある

最近、特に問題になっているパワハラが行われている職場も、ブラック企業の代表です。

直接的な暴力だけでなく、椅子をける、物を投げるなどして恐怖を与えたり、他の社員がいる前で大声でどなり散らす、馬鹿にする、執拗に嫌味を言う、無視する…といった行為も立派なパワハラです。

ブラックな派遣会社の特徴

本来、スタッフを守る立場にある派遣会社ですが、なかには派遣会社自体がブラックであるというケースもあります。では、ブラックな派遣会社にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

社会保険に加入させない

雇用期間や労働時間、労働日数など一定の条件を満たしている場合、健康保険や厚生年金保険、雇用保険などの社会保険に加入する義務があります。

しかし、事業者負担分を払いたくないがために、社会保険に加入させない派遣会社もあるようです。

社会人経験のない方のなかには、加入できるのは正社員や契約社員などの正規雇用だけだと思っている方もいるかもしれませんが、派遣社員であっても条件を満たせば加入できます。

社会保険に加入せずに自分で国民健康保険や国民年金に加入となると、保険料の負担は大きくなってしまいます。

有給が取れない

有給休暇は、以下の2つの条件を満たした場合に取得できることが、労働基準法で定められています。

@同一の会社で6ヶ月以上勤務していること
A雇用契約期間中の全労働日のうち8割以上出勤していること

有給も社会保険同様、正社員だけでなく派遣社員にも与えられる権利です。有給を取ることを渋る、または派遣会社独自の有給数を勝手に定めている場合はブラックであることが疑えます。

労働者派遣事業者の届け出をしていない

人材派遣会社を運営するためには、厚生労働省の許可を受ける必要があります。そして、
きちんと許可を受けた派遣会社には、「○○-○○○○○○」という8桁の労働者派遣事業許可番号が付与されます。

公式サイトにこの番号が明記されていない場合は、直接確認してみましょう。届け出をしていない場合、ブラックどころか違法営業の派遣会社なので登録してはいけません。

担当者の対応が良くない

コーディネーターや営業担当者の対応があまり良くない派遣会社も、ブラックである可能性があります。

例えば、質問をしても明確な答えがかえってこない、希望している条件と全く違う案件ばかり紹介してくる…などの対応が多い場合は注意が必要です。

スタッフを思っての仕事紹介ではなく、人気のない求人案件を早く決めてしまいたい、担当者のノルマを達成させたい、そのような思惑があって紹介をしている可能性があります。

過去に、業務停止命令または改善命令が出ている

過去に業務停止命令を受けたことがある派遣会社は注意が必要です。業務停止命令が出されたということは、何らかの法令違反をしたということです。

違反内容はさまざまですが、スタッフの密告によって発覚する場合がほとんどです。もちろん、その後改善しているケースもありますが、注意するに越したことはありません。

最近はそういった派遣会社をネット検索で調べることができるので、口コミサイトなども参考にしてみてください。登録後でも、「何かおかしい」と感じる部分があれば、その派遣会社とのお付き合いは考え直したほうがいいかもしれません。

ブラックな派遣先企業の特徴

「とにかく早く仕事に就きたい」と焦ってしまうと、ブラック企業を見抜けずに就業し、後々苦しい思いをすることになってしまいます。求人情報を見る際や、紹介を受ける際は、冷静な目と心で判断するようにしましょう。ブラックな企業には次のような特徴があります。

いつ見ても求人情報が掲載されている

労働環境が良い会社は長く働きたいと思うものですが、逆に悪い場合、スタッフはなかなか定着せず、離職率が高くなってしまいます。ですから、いつ見ても求人情報が乗っている企業、いつも派遣会社から声がかかる企業は注意が必要です。

給与が異常に高く設定されている

職種や仕事内容に対して、通常では考えられないくらい給与が高く設定されている会社は、念のためブラックである可能性を疑っても良いかもしれません。

特に「19〜50万円」など、幅を持たせた書き方をしている場合は、注意が必要になります。ほとんどの場合、給与は最低ラインからのスタートと考えたほうが良いでしょう。

募集内容と実際の仕事が違う

データ入力の求人だったのに、実際には事務全般を任されてしまった。営業事務の募集なのに、営業職をさせられた。このように、募集内容と実際に任される仕事が異なるケースがまれにあります。

多くの場合、仕事を始める前には派遣会社立ち合いのもと、企業との面談(顔合わせ)を行います。そのときに、仕事内容についてはいま一度しっかり確認しましょう。

それでもなお、異なる仕事を強いられるようであれば、勤務先の上司ではなく派遣会社に報告し相談しましょう。

職種ごとにあるブラックな派遣労働の見極め方

それでは、職種ごとによくあるブラックな派遣労働についてご紹介しましょう。「これってブラック?」と感じたら、以下の項目をチェックしてみてください。

オフィスワーク

オフィスワーク系のお仕事でよくあるトラブルは、契約書の条件と違いがあったり、求められていたスキルよりも高度なものを求められてしまったというケース。

「残業なし」と聞いていたのに、短時間だけれど毎日のようにあったり、求人情報には「交通費支給」と書かれていたのに、支給されなかったり…など、聞いていた条件と違いがある場合は、派遣会社に相談しましょう。

また、派遣は本来契約時に提示された内容の仕事しか引き受けてはいけないことになっていますが、当初の話とは異なる高度なスキルを求められたり、仕事内容を広げられてしまうケースもあります。

もし、契約時に決められた以外の業務内容が増えた場合は派遣会社に報告し、時給交渉も視野に入れるべきです。業務が増えた分の時給アップはごく自然なこと。きちんと主張することも大切です。

自分の持たないスキルを求められた場合は「雇用契約時にこちらのスキルは含まれておらず、自分では対応できない」と派遣会社に相談するようにしましょう。

アパレル販売系ワーク

アパレルの仕事でありがちなトラブルは、自社ブランド商品の購入を促されるというもの。販売スタッフが自社ブランドを着ることは宣伝になることが理解できるだけに、断りにくいというケースもあるようです。

自分がそのブランドが好きで、社内割で安く購入できることにメリット感じているといった場合は良いですが、納得できないのに無理に購入させられるというのであれば、派遣会社に相談しましょう。

そして、購入しないことを責められるようであれば、契約更新は見合わせ、次の職場に意識を切り替えるようにしましょう。

製造系ワーク

工場などの製造系の職場では、有資格者のみが取り扱えるような危険な仕事もあります。

そういった業務を、無資格にも関わらず派遣スタッフに依頼する職場も少なからずあります。こういった危険を伴うような仕事に対しては「できません」としっかりお断りしましょう。

それでも無理にさせるような企業なら、今後も同様のことが繰り返されることが考えられますから、更新は見合わせたほうがいいでしょう。

介護系ワーク

現在、介護業界は慢性的な人手不足です。そのため、どの派遣会社でも比較的求人案件が多く、就業しやすいというメリットがあります。

しかし、人手不足であるがために、労働時間が長い、仕事量が異常に多い、残業分の割増賃金が出ないといった問題も少なくないようです。

ただ、介護職は現場経験のある転職者だけでなく、「未経験者可」「未経験者歓迎」の求人も多いという特徴があります。そのため、初めて介護職を経験する方にとっては、この仕事量や内容がごく当たり前のものなのか、異常なものなのかを判断できないといった問題もあります。

いきなり長期ではなく、まずは1ヶ月契約を結び、契約通りの就業時間や出勤日数であるか、きちんと休憩はとらせてもらえるかを判断しましょう。

また、他の同業種の求人と比べ、時給や給与が適正であるかどうかもチェックしましょう。

ブラックな派遣会社に登録してしまった場合の対処法

登録した派遣会社がブラックだと気づいた場合、現在登録のみで仕事を受けていないのであればすぐに登録を解除しましょう。

もしも、すでに派遣先企業で仕事をスタートしている場合は、ひとまず契約終了までは仕事を全うし、更新せずに登録を解除しましょう。

ブラックな派遣会社の場合、途中で仕事を投げ出してしまうと、法的な手段に出るなどと言ってくることもあります。

実際には、手間がかかるだけで派遣会社にさほどメリットはないため、訴えるケースはほとんどないですが、何度も電話がかかってきたり、場合によっては自宅に来られたりすることもあるため、精神的にも良くありません。

また、仕事を投げ出すと、関係のない派遣先企業にも迷惑がかかってしまうので、期間内は与えられた仕事をしっかり行いましょう。

ブラックな派遣先で働くことになった場合の対処法

派遣された先の企業がブラックだった場合は、まず派遣会社に相談します。すると、派遣会社から企業の方に、現状の確認や改善のお願いなどがされるはずです。

ただし、派遣会社に相談しても状況が改善しない場合は、次の更新で契約を終了するように手続きを進めます。「いつか改善されるかもしれない」と期待を持って待ち続けるのは、あまり得策とは言えません。

派遣のメリットは、契約更新のタイミングが定期的に訪れること。就業期間中に不満やトラブルがあれば、そこで更新さえしなければ、円満に退職することができます。

違法な労働をさせられている場合、急なバックレやブッチは良いのか?

業務内容が当初聞いていたものとは違う、パワハラがある、サービス残業が当たり前のようにある、人間関係がひどすぎるなど、さまざまな理由で「もう限界、明日から行くのを辞めてしまおう」と言いたくなることもあると思います。

ただ、派遣は契約期間を定めて仕事をしているため、派遣先企業や派遣会社に不満があったとしても、契約終了前に一方的に退職することは契約違反になるためできません。

正社員やパート・アルバイトなどの直接雇用の場合、あなたが勝手に辞めたとして迷惑がかかるのは企業のみです。

しかし、派遣の場合、あなたは派遣会社のスタッフとして企業に派遣されているため、企業だけでなく、派遣会社にも迷惑がかかります。

「あなたのところのスタッフはどうなってるんだ?」ということになり、それが原因で派遣会社は企業から契約を打ち切られ、大切な顧客を失ってしまうことにもなりかねません。

企業同士の付き合いとは、そのくらいシビアなもの。自分1人の行動が、ひとつの会社に大きな痛手を与えてしまうかもしれないのです。

どうしてもできるだけ早く退職したい場合は派遣会社に相談し、せめて派遣会社が後任スタッフを見つけるまでは出勤するようにしましょう。

いくらブラックとはいえ、一度はお世話になった派遣先企業と派遣会社です。きちんと礼儀を守ることが、大切です。

ブラックではない評判が良くて信頼度の高い派遣登録先

やはり、歴史が長く、大手優良企業と取引が多い派遣会社には理由があるもの。ここでは、安心して派遣登録できる信頼度の高い派遣会社をご紹介します。

スタッフサービス

リクルートグループの一員であるスタッフサービスは、取引先件数業界トップクラス。大手優良企業の案件も充実しています。また、紹介がスピーディなのもありがたいと評判です。福利厚生と高い時給、そして手厚いフォロー体制が人気となっています。

テンプスタッフ

テンプスタッフは、女性の会長を軸に、女性幹部が多い派遣会社です。「働く女性を応援する」をモットーに運営されている会社ですので、派遣スタッフにとっても働きやすい環境を提供することに力を入れています。また、会社自体も女性が働きやすい職場実現を目指しているため、派遣コーディネーターがイキイキと仕事をしているのが印象的な会社です。

パソナ

大手派遣会社として、長い歴史を持つパソナは求人数、時給の高さはもちろん、福利厚生の充実度でも人気となっています。社会貢献にも力を入れており、地域活性化や、農業などの新しい事業も積極的に展開。これからも成長し続けようという姿勢が感じられる派遣会社です。

まとめ

派遣先企業だけでなく、自分を守ってくれるべき派遣会社までがブラック企業であることも現実としてあり得ます。

そういった事態に陥らないために、派遣登録する際には慎重に会社を選び、派遣先企業を紹介してもらう時にもしっかりと気になる点はチェックするようにしましょう。

たとえば、急募の仕事や、あまりにも採用までの期間が短いケースは「人手不足が深刻な会社」であることを見極める1つの目安になります。

また、遣会社においては、親身になって話を聞いてくれるか、自分が希望している条件に合った仕事を紹介してくれるかどうか、などが判断ポイントとなります。

「早く仕事をしたい」と焦って動いてしまうと、冷静な判断力を失ってしまいます。
自分なりに吟味し、不安があるならとりあえず1ヶ月などの短期契約にしておくことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド