足が不自由な人でもできる派遣やアルバイトの仕事の詳細

> > 足が不自由な人でもできる派遣やアルバイトの仕事

足が不自由な人でもできる派遣やアルバイトの仕事

足が不自由だけれど、普通の人のように仕事をしたい――そのように考えている方はたくさんいらっしゃると思います。

足が不自由なだけで、その他は普通に動かすことができ、日常生活には何の問題もないという方の場合は、なおさらその思いは強いのではないでしょうか。体に不自由があっても活躍できる場は、たくさんあります。

ただ、その探し方には少しコツが必要な面があるのも事実です。今回は、足が不自由な人が活躍することができる派遣やアルバイトのお仕事について、徹底調査します。

足が不自由でも活躍できる仕事について

足が不自由な方にとって、やはり無理なく働くことができる職種というものが存在します。まずは、具体的にどのような仕事なら、足が不自由でも活躍することができるかをご紹介しましょう。

オフィスワーク全般

足が不自由であっても、座って作業をする分には何の問題もないという方におすすめなのは、オフィスワーク全般のお仕事です。ただ、バリアフリーでないと仕事をするのが難しい方の場合は、応募する際にその点をあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

オフィスワークといっても、実はさまざまな種類があることをご存知ですか?ここでは、一つひとつ具体的にご紹介していきましょう。

一般事務

基本的なOAスキルがある場合は、オフィスワークの代表格である一般事務がおすすめです。一般事務のお仕事は、渡された資料作成や、電話対応、メールによる対応などが一般的となります。

オフィスワーク中でも、一般事務のお仕事は入門的な位置づけとなっています。「いろいろなお仕事をしていきたいけれど、まずはデビューとして挑戦したい!」という方には、ぜひチャレンジしていただきたいお仕事といえるでしょう。

たとえば、お仕事経験があまりないけれど、アルバイトや派遣としてオフィスワークデビューを目指している場合、一般事務のお仕事の場合は経験がなくても向上心があればトライしやすいものとなっています。

特に、派遣のお仕事の場合は、派遣ならではの特色である「研修制度」を活用することもできるでしょう。派遣会社が用意している研修制度には、派遣スタッフとして実際に就労してはじめて利用できるシステムと、派遣スタッフとして登録するだけで使うことができるようになる研修制度が存在します。

社会人経験がなく、基本的なスキルだけでもとにかく身に着けたい!という場合は、派遣会社のなかでも登録するだけで利用できる研修制度が設定されている会社を選んで、登録することいいでしょう。

そうすることで、社会人デビューするための基礎知識を派遣会社の研修で身に着けることができます。派遣会社の研修制度には、OAスキルを身につけたり、基本的なビジネスマナーを習得したりする講座などが設定されていますから、上手に活用してぜひお仕事デビューを目指しましょう。

総務

総務のお仕事は、いわゆる一般事務よりも少しステップアップしたものとなります。一般事務は任されたオフィスワークをこなすような仕事内容が多いのですが、総務は会社全体を見据えて、スムーズに業務を行うことが出来るように多岐に亘ってフォローする仕事です。

具体的には、書類作成やファイリング、電話対応、備品管理、イベント企画運営、来客対応、秘書業務などとなります。イメージとしては、会社を運営するにあたって重要な仕事ではありながらも、専門とする担当部署を持たない業務を一手に引き受ける感じとなります。

総務の仕事に関しては、企業ごとに任される領域が大きく違うため、もし仕事をすることになったら具体的な業務内容をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

「お仕事をスタートしてみたら、思っていたよりも負荷の大きい仕事だった」ということになっては、大変です。

聞きづらいこともあるかもしれませんが、自分が担当する業務に関してはしっかりと理解しておくことが、採用する側にとっても、採用される側にとっても大切なこと。

そして、そういったことをしっかり把握しようとする姿勢は、採用する側からすれば「頼もしい」イメージとなります。ぜひ、遠慮せずに確認するようにしましょう。

コールセンター

コールセンターのお仕事も、足が不自由でも十分行うことができる仕事といえます。コールセンターの仕事の基本的な業務内容を、まずは確認しておきましょう。

コールセンターの仕事には、インバウンドと呼ばれる受信業務と、アウトバウンドと呼ばれる発信業務があります。インバウンドの場合は、例えばテレビの通信販売番組のコールセンター受付や、インターネットショッピングの受付業務などが挙げられます。

インバウンドに関しては、お客様からかかってきた電話を受けて、商品や資料の発送に必要となるお客様情報を聞いて、パソコンなどに入力するのが基本的な仕事となります。

耳で聞いた情報を入力していく作業ですから、多少の難しさはありますが、入力スピードがある程度あれば問題なく行うことができる仕事といえるでしょう。

コールセンターのアウトバウンドは、言葉の通りリストなどをベースに電話をかける仕事です。内容としては、商品のご案内や代金の催促、アンケート調査などになります。
「自分から電話を掛ける」ことが苦ではないタイプの人には、おすすめのお仕事です。
こちらも、お客様と電話で話をしながら入力業務を行うケースが多くあります。

インバウンド、アウトバウンドともに、お客様と電話越しにやりとりをする仕事になりますから、丁寧な対応が命ともいえます。顔が見えない分、より気を遣わなくてはいけない面もあるのです。

その分、足が不自由であっても、それは問題にならないというメリットも。「人とコミュニケーションを図るのが好き」という方や、入力業務にある程度自信があって、電話で話しながら入力できるという方にはおすすめしたい仕事といえるでしょう。

経理事務

経理の仕事というと、簿記などの資格が必須なのでは?と思われる方が多いようです。
ですが、実際にはそんなことはありません。資格がなくても、経理の仕事をすることは可能です。

ただ、もちろん担当する業務の幅を広げるという意味では、資格はあったに越したことはありませんし、より効率的に業務をこなすためには専門知識があった方がいい面もあります。

もし、資格がない状態から経理の仕事を担当することになった場合は、自分で勉強をして資格取得を目指すのもいいでしょう。「資格」は、仕事をする上で大きな強みとなります。

足が不自由であっても、資格やはりスキルと知識の証明となりますから、仕事を探す際には持っていた方がベターです。

参考書などを購入して勉強してもいいですし、オンライン講座などを受講するのもひとつの方法。

もし、派遣会社に所属している場合は、その派遣会社の研修に「簿記」などがないか調べてみましょう。

そして、もしそういった研修があるようでしたら、ぜひ上手に活用することをおすすめします。

医療事務

医療事務は、クリニックなどの窓口でのお仕事となります。「医療事務講座」などが巷で溢れていることから、医療事務の仕事をするためには資格取得が必須だと思っている方が多いようです。

ですが、実際は資格がなくても医療事務の仕事をすることは可能です。ただ、専門知識がないと業務がスムーズにこなすことができない仕事ではありますから、医療事務の仕事をすることになったら、並行して資格取得を目指すというのもおすすめです。

経理と同様、やはり資格というのは働く上で必要な知識やスキルを身に着けていることの証明となりますから、今後仕事を探す際にも大変役立ちます。

周囲の理解は必要となりますが、足が不自由であっても、基本的に座り仕事が多いので問題なく行うことができるのが、医療事務のお仕事といえるでしょう。

また、職場が病院であるという点は、足に不自由さがある人にとって安心感があるポイントといえるのではないでしょうか。

ステップアップを目指しやすい仕事であり、かつ足が不自由な人に優しい職場である「病院」で勤務できる医療事務の仕事。

これから何の仕事をしようかと迷っている方には、ぜひ検討して欲しい仕事といえるでしょう。

営業事務

営業事務の仕事は、簡単にいうと営業さんのアシスタント的な役割を担うポジションとなります。見積書の作成や請求書作成、商品の受発注、在庫管理、納期管理、出入金管理、伝票作成、顧客データ入力などが、具体的な内容です。営業事務の仕事には、コミュニケーションスキルが必須となります。

顧客への対応も含まれますから、臨機応変に対応するスキルが求められるのです。仕事内容としては、足が不自由でも十分行うことができるものとなっていますし、特別資格が必要な仕事ではありませんので、比較的挑戦しやすいお仕事ではないでしょうか。

貿易事務

商社やメーカーなど貿易を行っている企業で、事務作業を担当しているのが「貿易事務」です。貿易事務は、足が不自由でもオフィス環境さえ整っていれば活躍することができる仕事となっています。

仕事内容としては、輸出業務と輸入業務とで違いがあります。輸出入に関連した仕事となりますから、取引先が海外の企業であることが多いため、英語が必須スキルとなる仕事です。

また、通関士資格を取得しておくと、より専門性の高い仕事を担当することもできます。これまでご紹介してきた事務のお仕事よりも、比較的専門性の高い仕事ですので、知識や資格が求められる面も。

ですが、そういった知識やスキルは、自分の身を助けてくれるものとなります。「英語が好き」「世界を舞台に仕事をしたい」そんな思いがある方には、おすすめしたいお仕事です。


工場の仕事

足が悪い人が工場の仕事?と思われるかもしれません。ですが、工場の仕事にも、実は座って出来る仕事が比較的いろいろあるのです。ここでは工場の仕事のなかで、足が不自由でも活躍することができる仕事をご紹介しましょう。

縫製の仕事

アパレル工場の仕事は、意外と座り仕事が多いことをご存知ですか?衣料品などを縫製している工場では、ミシンで縫製をする作業場があります。ミシンでの作業は座り仕事になりますから、足が不自由であっても問題ありません。

ミシン以外にも、生地をカットしたり、革製品に細工をしたりする仕事などがありますが、こういった作業は基本的に座り仕事となります。「ミシンを使ったことがない」という方でも、未経験歓迎の仕事もありますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

自分の縫ったお洋服が形になり、製品になる工程に参加するのは、大変面白いもの。女性の方には、特におすすめしたいお仕事です。

部品組み立て作業

電動ドライバーやハンダごてを使用して、製品組み立ての一部を担当する仕事です。
女性の方は特に「難しそう」と感じられるかもしれません。ですが、慣れてしまえばそれほど難しい作業はなく、自分が手を動かしてものづくりの一部を担うという、やりがいの大きな仕事を経験ができます。

「電動ドライバーやハンダごてなんて、使ったことがない」という方も多いでしょう。
ですが、しっかりとした研修が用意されていますし、基本的にそれほど難しい仕事ではありません。

さらに、やってみると「意外と面白い!」というのが大半の反応です。足が不自由でも、手先が器用であればこういった仕事に挑戦することもできます。

検品作業

さまざまな検品を行う仕事です。目視でキズがついていないかチェックしたり、ネジがきちんと止まっているかチェックしたりするのが検品作業です。根気が求められる仕事ですが、黙々と作業したい人にはぴったりの仕事。検品作業のなかでも、座り仕事とそうではないものが存在しますので、応募する際には確認することをおすすめします。

シール貼り

お菓子やお弁当にシールを貼ったり、ラベルや宛名シールを貼付したりする仕事です。シール貼りの仕事は、個別でもくもくと作業する現場と、テーブルを囲んでみんなでワイワイと雑談しながら行う現場があります。どちらも座って作業を進める仕事です。足が不自由な方で、コツコツ作業が苦にならないタイプの方には、おすすめしたい仕事ではないでしょうか。

ラベル点検

シール貼り作業が済んだ商品のラベル点検作業も、座り仕事が多いものとなります。商品に貼られたシールが曲がっていないか、間違っていないかをチェックする作業です。

現場によっては、チェック後箱に入れるところまで行うケースもあり、そうなると足が不自由な方には難しい場合も。こちらも、応募の件際には座り仕事かを確認するといいでしょう。

在宅ワーク

クラウドソーシングなどが一般的となり、近年注目の働き方である「在宅ワーク」。足が不自由な方にとっても、ありがたい働き方のひとつといえるでしょう。ここでは、具体的にどのような働き方があるかをご紹介します。

データ入力

在宅ワークの代表格といえば「データ入力」です。企業から渡されたリストに従って、顧客情報などを入力していく仕事となります。タイピングスピードはもちろんですが、正確な入力が不可欠となりますから、慎重に作業に取り組めることが大切なポイント。
入力後に、間違いがないかチェックをすることも大切です。

WEBデザイン

専門的なスキルが必要となりますが、WEBデザインなどを在宅で請け負うことができる時代、スキルさえあれば活躍の場はたくさんあります。

単価は会社に出勤して仕事をするよりは、多少低く設定されているケースもありますが、最初はそうであってもクライアントに評価されることで単価アップも期待できます。WEBデザインの仕事をしている人が、みんな専門的にデザインの勉強をしているかというと、そうとは限りません。

独学でデザイナーとして活躍している人も、たくさんいます。興味がある方は、関連書籍はたくさん出版されていますから、まずは自分で学んでみるというのもいいでしょう。

未経験から在宅ワークでWEBデザイナーデビューをする場合、ある程度実績が評価されるようになるまでは、単価が低く設定されてしまうケースも多くあります。ですが、そこはキャリアアップの修行時間と考えて、案件数をこなしていくというのも一つの方法です。

ある程度実績を残すことが出来れば、単価は少しずつアップしていきますので、最初は耐える時と考えて頑張るというのもいいでしょう。

WEBライター

インターネットが普及し、世の中にたくさんの記事が溢れている時代となりました。
記事がたくさんあればあるだけ、その記事を執筆したライターが存在します。ライターは、特別な資格が必要な仕事ではありません。

ですが、生地のクオリティが低ければ、継続してお仕事を受けることが出来ない仕事です。「少し文章を書くのが得意」「国語の成績が良かった」そんな人が気軽にスタートさせたものの、なかなか継続して仕事を受けられないという話も耳にします。

そうなってしまわないために、世の中にアンテナをはっておく姿勢が必要な仕事です。また、WEBデザイナーと同様に、資格がない仕事ゆえ、仕事をはじめたばかりのころは単価が低いというデメリットもあります。

最近は、クラウドソーシングのサイトに「ライティングスキルチェック」のようなテストを設けているところもありますから、そういったテストなどを活用して第三者からの評価を高めていくのも一つの方法でしょう。

あとは、やはり少しずつキャリアを重ね、単価アップを目指すというのが一番堅実な道となります。

上で挙げた職種の中から特別な資格やスキルがなくてもできる仕事

ここまでご紹介してきた仕事の中で、特に資格やスキルがなくても仕事に就きやすいものは、どれになるのでしょうか。工場勤務の仕事は「未経験歓迎!」と求人記事に書かれていることも多く、スキルや資格がなくても比較的挑戦しやすい仕事といえるでしょう。研修を受けて、その指示に従って仕事をすれば特に問題なく働くことができるということです。

ただ、座り仕事だとしても、オフィスワークと比べると体を動かす面もありますから、体力的に無理のない範囲で検討することが大切なポイントといえるでしょう。張り切りすぎて、最初に無理をしてしまうと「このくらいは大丈夫な仕事量」と認識されてしまい、それが付加になりすぎてしまうケースも。オーバーワークにならないように、そのあたりは注意が必要です。

上で挙げた職種の中からもっともラクな仕事

ここまで見てきた中で、もっともラクな仕事はどれでしょうか?「ラク」という観点から見ていくと、もっともラクなのは在宅のデータ入力業務でしょう。出勤する必要がないというのは、足が不自由な方には大きな魅力。

その上、データ入力は一般的なアルバイトや派遣のお仕事のなかでも入門編として取り扱われるケースが多いお仕事です。社会人経験が浅くても、このご時世ですから一般的なパソコンスキルはあるという方も多いのではないでしょうか。

そういった方たちにとって、在宅で入力作業をし、その分給与をもらうことができるというのは大きな魅力といえるでしょう。

「在宅での入力業務って、時給がすごく安いのでは」と不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、クラウドソーシングなどでは、驚くほどの単価で求人が掲載されていることもあります。

ですが、最近は外へ仕事に出ることが難しい人、例えば子育て中の主婦などが活躍できるように、企業が在宅ワークを推奨しているケースも増えてきました。会社に雇用されて、在宅ワークを行う場合、時給は1,000円程度となっています。これは、在宅の入力業務案件の中では十分な時給といえるでしょう。

働き方の多様化が進む時代を迎えています。「在宅ワークだから」といって、時給や単価が低いとは限りません。仕事を始める前には十分下調べをして、しっかりと稼ぐことができる仕事を見つけるようにしましょう。

上で挙げた職種の中からもっとも給料が高い仕事

では、給料という面からみてもっとも高い仕事はどれでしょうか。やはり、在宅ワークよりもオフィスで仕事をするほうが、時給は高くなります。これまで見てきた中で、時給が高い仕事は以下の二つです。

コールセンターのアウトバウンド

コールセンターの仕事は、インバウンド、アウトバウンドともに比較的時給が高めに設定されている仕事といえるでしょう。ですが、やはり電話を掛けるほうの仕事であるアウトバウンドのほうが、時給としては高くなります。

それは、通常の時給にプラスしてインセンティブがつくことも多くあるためです。「インセンティブがつくような仕事って、大変なのでは?」と思われるかもしれません。
もちろん、大変な面も存在します。

ですが、基本的にスクリプトと呼ばれる台本のようなものが存在し、それに沿ってお客様にご案内する仕事となりますから、難しいものではありません。もし、困った時にはSVと呼ばれるコールセンターの責任者がフォローしてくれますから、必要以上に心配しなくて大丈夫です。

達成感がある仕事でもありますから「短期間でしっかり稼ぎたい!」など、目的意識を持って働くことができる方におすすめのお仕事といえるでしょう。

続いて、気になる平均時給についてご紹介します。アウトバウンドの平均時給は1,300円〜1,500円が多くなっています。時給だけで考えると、それほど高い印象ではないかもしれません。

ですが、アウトバウンドの場合はこれにプラスして、インセンティブが付与されます。インセンティブは、会社によって変動があります。一概に言えないのが難しい所ですが、1件当たりいくら、という形で付与されるケースもありますし、いくら以上の売り上げで付与されると決まっているケースも。インセンティブに関しては、応募時にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

営業事務

営業事務は、ここまで見てきた仕事の中で比較的忙しい部類に入る仕事です。また、人とコミュニケーションを図る機会が多い仕事ともいえます。営業をサポートし、会社が行うあらゆる取引に関連する書類を作成するのが、営業事務の仕事ですから、営業事務がいなければ会社の仕事が成り立たないといっても過言ではないほど、重要なポジションにあります。

このように書くと「そんな大変そうな仕事、自分にはできないのでは」と不安に感じられてしまうかもしれませんが、必要以上に難しく考えることはありません。一番の目的は、営業スタッフ、クライアント、お客様、それぞれがスムーズにやりとりできるサポートをすること。

そう考えると、印象がまた変わってくるのではないでしょうか。人とコミュニケーションを図るのが好きな方には、ぜひおすすめしたい仕事です。

気になる平均時給ですが、営業事務は時給1,200円から高いと2,200円まで、幅広く設定されています。スキルに応じて金額も変動しますから、そのあたりもモチベーションにつながるのではないでしょうか。平均でいうと、1,500円〜1,700円くらいのお仕事が多いようです。

上で挙げた職種を探すのにおすすめの人材派遣会社やアルバイト登録先

足が不自由な方がアルバイトや派遣スタッフとして就業を希望する場合、どのように探せばいいのでしょうか。アルバイトの場合、派遣の場合、それぞれのケースを見ていきましょう。

アルバイトで仕事を希望する場合

アルバイトで仕事をしたいと思ったら、求人情報サイトやアルバイト情報誌をチェックすることから始めましょう。掲載されている情報の中から、座り仕事と思われるものをピックアップ。

応募の際には、自分の足の状況を伝えるようにしましょう。企業によっては、バリアフリーが完備されていないことや、オフィスが手狭で足が不自由な人には向いていないということも考えられます。あらかじめ、きちんと相談することをおすすめします。

派遣で仕事を希望する場合

足が不自由な人におすすめしたい派遣会社は、障害者の雇用支援に取り組んでいる大手人材派遣会社です。大手人材派遣会社は、障害者派遣専門のスタッフが在籍しているケースも多く、安心してお仕事を紹介してもらえることができるというのが最大のメリットと言えるでしょう。

さらに、派遣先企業は大手優良企業が多いため、バリアフリー完備されているオフィスが多いというのも大きな魅力。取引件数も多いので、選択肢が広まるというメリットもあります。では、具体的にどの派遣会社がおすすめなのかをご紹介しましょう。

アデコ

アデコは、派遣登録説明会に出席しなくても、WEBで登録完結するシステムを採用しています。これは、足に不自由がある方にとっては、ありがたいシステムといえるのではないでしょうか。

登録が完了したら『MyAdeco』というメンバー専用ページにログインし、求人検索やエントリーを行うことが出来るようになります。お仕事に関する相談なども、メールで行うことができるため、力みすぎずに利用することが出来るサービスとして喜ばれています。

まずはWEBで登録し、足が不自由であることを伝えた上で、お仕事探しをしてみるというのもいいでしょう。

また、アデコは「アデコビジネスサポート株式会社」を運営しています。アデコビジネスサポート株式会社は、アデコグループが障害者雇用促進を目指し、アデコ株式会社が100パーセント出資をしている子会社です。

この会社はアデコグループ各社をサポートするべく、さまざまな業務を請け負っています。さまざまな障害に合わせた働き方を選ぶことができ、在宅勤務可能な職種も存在します。派遣やアルバイトではなく、正社員として仕事をしたいと考えた時には、検討してみてもいいかもしれません。

アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィングは、リクルートスタッフィングが運営している障害者向けの派遣情報サイトです。こちらは、障害者枠での雇用をサポートしてくれるシステムとなっています。

『アビリティゲート』という登録説明会が毎週2回ほど開催されているので、まずはそちらに参加することが第一歩となります。『アビリティゲート』は個人面談をメインに、障害がある方が働くということについて取り巻く環境や、障害者雇用枠で働くという一つの選択肢について、気軽に相談することができる会です。興味がある方は、ぜひ一度足を運んでみることをおすすめします。

リクルートスタッフィング

アビリティスタッフィングを運営しているリクルートスタッフィングは、オフィスへ派遣登録説明会に行くことなくWEBで登録完了できる派遣会社です。オンライン登録の所要時間は約2分。

登録の際には、本人確認書類と顔写真のアップロードが求められます。スマートフォンで撮影したものをそのままアップできますので、登録の際には準備をしておくことをおすすめします。特に、顔写真のアップロードが必要になるので、ある程度身だしなみを整えてから登録作業をスタートさせることをおすすめします。

登録が完了したら『MyPage』を開設して、学歴や職歴、資格などを入力します。希望条件を登録しておくと、希望に近い案件が見つかった時に連絡をもらいメールマガジンでお知らせを受けることも可能です。

足が不自由であることを伝えた上で、お仕事紹介を受けることができるのは、心強いですよね。アビリティスタッフィングを利用するのにはためらいがある、という方には、最初の一歩としてリクルートスタッフィングを利用してみるというのもいいかもしれません。

ここまで挙げた内容の中で最もバランスが良くておすすめな仕事

最後に、ここまでご紹介してきた仕事の中で、一番バランスが良い仕事をご紹介しましょう。オフィスワークの一般事務が、バランスという意味では一番よいのではないでしょうか。

在宅ワークや工場勤務と比べると、会社に出勤し、オフィスで仕事をするというだけで日々刺激を受けながら働くことができます。そうなると、やはりさまざまな面でプラスに作用することが多くなるのです。

時給も、在宅に比べると高めに設定されていますし、一般事務の仕事であれば仕事のボリュームが大きすぎて負担になりすぎるということもあまりありません。無理し過ぎずに、自分が活躍できる場を探そうと思われている方は、まずは一般事務のお仕事を探してみることをおすすめします。

資格やスキルはできるだけ身に着けておく

これは別に、足が不自由な人に限った話ではありません。健康な人であっても、仕事を探す際に資格やスキル、専門的な知識は強みとなります。

「英語が得意」「パソコンが得意でプログラミングが趣味」「医療事務資格を持っている」などの強みがあれば、アルバイトや派遣の仕事を見つけやすくなるもの。自分の希望に近い働き方が出来るように、資格やスキルを身に着けることができるチャンスを見つけて、しっかりと学ぶようにしましょう。

例えば、先ほども少し触れましたが、派遣会社には研修制度が充実しています。

派遣登録するだけで利用できるケースもありますから、そういった研修を活用してパソコンスキルや貿易事務スキルなどを身に着けていくというのも一つの方法です。就業中の方しか研修が利用できない派遣会社もありますから、研修制度を利用したいと考えている場合は、どのようなシステムになっているかあらかじめ確認しておくようにしましょう。

「派遣登録して、派遣スタッフとして仕事をする前に研修を利用してもいいの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ですが、自主的に学ぶ姿勢がある人というのは、それだけでも評価がアップします。

お世話になったと感じたら、その分しっかりと派遣スタッフとして活躍して恩返しをすればいいのです。遠慮しすぎることなく前向きに、まずは動いてみましょう。

障害者手帳を持っていますか?

足が不自由な状態が一時的なものなのか、永続的なものなのか、程度の問題もでてきますが、障害者手帳を取得するというのも一つの方法です。障害者手帳を持っていると、アルバイトや就職しやすくなるというメリットがあることをご存知ですか?

企業には「障害者枠」というものが存在します。その枠に該当するというだけで、就職しやすくなる面もあるのです。足が不自由でも、しっかり仕事をしたい――そんな人には、障害者手帳取得も検討することをおすすめします。

まとめ

「足が不自由でも働くことができる仕事」について、ご紹介しました。求人情報を見て、応募する際には「足が不自由でも出来る座り仕事かどうか」ということを確認しましょう。
そして、もう一つ大切なのが、足が不自由でも働くことができる環境が整っているかということ。

軽く足を引きずる程度から、車椅子移動が必要な場合と、ひとことで「足が不自由」といってもさまざまなケースが考えられます。特に、車椅子移動が必須となる場合は、廊下にそれなりの広さが必要であったりと、バリアフリー仕様が不可欠となるケースも。お仕事が決まってから、働く環境が整っていないとなっては大変です。あらかじめ、確認しておくようにしましょう。

今回は、派遣やアルバイトという観点からご紹介しましたが、足が不自由でも活躍できる職場はたくさんあります。足が不自由であることとは関係なく、企業では優秀な人材を求めています。健康であっても、足が不自由であっても、スキルアップやキャリアアップを目指して自分を磨き続けることができる人に、企業は魅力を感じます。そして、スキルや知識、資格は自分自身の強みとなることは間違いありません。しっかりと自分を磨いて、社会で輝きましょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

このエントリーをはてなブックマークに追加