> 派遣登録会の一般常識テストの内容は?
派遣登録会の一般常識テストの内容は?

人材派遣会社に登録するにあたって、スキルチェックというものが実施されます。文字通り、皆さんがどの程度のスキルを持っているか考査をするためのものです。派遣先の会社からスタッフをよこしてほしいといわれたときに、会社によってどのような人物を求めているかは異なります。

それぞれの得意先の求める人材に見合ったスタッフを送る必要がありますから、各人のスキルを確認しておく必要があります。スキルチェックの内容は、希望する職種によって異なります。事務系の仕事であれば、文書入力スピードなどのPCスキルチェックが確認項目に含まれます。

外資系や貿易事務のような、英語が必要とされる職種を希望する場合には、英会話や英文作成などの語学スキルチェックが実施されます。しかしどのような職種、仕事内容を希望しても、ほぼ共通して実施されるスキルチェックに、一般常識試験があります。ビジネスマンとして必要な知識やマナー、ルールが身についているかどうかを確認するのが目的です。

一般常識試験の内容ですが、それほど難しい内容ではありません。漢字の読み書きや敬語の使い方、封筒のあて名書きの方法、ビジネス文書といった書類の書式、地名の書き取りといったものが中心となります。

計算問題が出題されることもありますが、せいぜい2ケタ計算でそれほど複雑な方程式を解くような問題はまず出ないでしょう。ビジネスマナーの問題は先ほど紹介した敬語の他には、来客があった時の対応の仕方、お茶出しの順番などが出題されます。適性検査、性格検査も一般常識テストの一環として実施されるケースも見られます。

最近では多くの業界で、パソコンを使った作業が求められます。そこでインターネットや特定のソフトの使い方に関する問題を出してくる派遣会社も見られます。

IT系の企業や通販などインターネットを使ってやり取りをする会社への派遣を希望している人を対象に、個人情報保護法について問う問題を出題するケースも出てきています。該当する人は、個人情報保護法の骨子に関しては、頭の中に入れておいた方が良いでしょう。

コンプライアンスという言葉を耳にしたことのある人も多いでしょう。法令順守の意味ですが、会社の中にはコンプライアンスを優先順位の上位に持ってくるなど重要視している企業も増えています。そこで派遣社員に対しても、コンプライアンスの徹底を求める会社も増加しています。

そこで一般常識テストの中で、コンプライアンスに関する知識を問う問題が出てくることもありますから、コンプライアンスの基本は理解しておいた方が良いでしょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

 
派遣登録について
派遣登録会の格好
派遣登録会の面接
人気の派遣会社
Copyright © 2015 人材派遣会社の登録方法.com . All rights reserved
プロフィール情報