> 派遣会社の登録会の面接の注意点
派遣会社の登録会の面接の注意点

人材派遣会社の登録会の中では、コーディネーターとの面談がほぼ確実に実施されます。面談とはいうものの、実質採用試験における面接に近いものだと思ってください。面談の結果いかんで、より多く仕事を紹介してもらえるかどうかがかかっているといっても良いでしょう。

派遣に初めて登録する人の中には、登録会をあまり重視していないケースも多いようです。しかし実際には、就活の面接を受けに行くような、一定の緊張を持って臨んだ方が良いわけです。

派遣会社の面接を受けるときには、服装に注意しましょう。中にはバイトの面談の延長線上と思って、私服のようなカジュアルな格好で受ける人もいますが、面談担当者の評価がマイナスになりかねません。

特にオフィスワークのような職種を希望する人は、スーツをベースに考えた方が良いでしょう。自分が就業先で仕事開始した時にどのような格好をするかでコーディネートするのがおすすめです。ただし肉体労働系のブルーカラー的な仕事を希望するのであれば、そこまで服装でナーバスにならなくてもいいでしょう。

ブルーカラーでも、大手や技術系など専門性の高い職種を希望するのであれば、スーツを着用した方が良いケースも出てきます。どちらにしても相手に不快感を与えない清潔感のある格好を心掛けましょう。もし自分で判断付きかねるのであれば、派遣会社に電話して直接話を聞いてしまった方が手っ取り早いこともあります。

派遣の面接のときに大事なことは、自信を持って堂々とした姿勢・心構えでいることです。自信を持って受け応えをするとコーディネーターも「この人なら安心して仕事を任せられる」と考えがちです。

そして主張すべきところはしっかりと主張しましょう。しかし何でもかんでも主張すると、「わがままな人」といったレッテルを張られかねません。嫌みがないように主張する所は主張することが大事です。

派遣の登録会に参加するときには、絶対に遅刻は避けることです。社会人としての常識を欠く行為ですから、これだけでも一発で登録が認められないこともあります。それから製造系の単純労働で大量採用をしている派遣会社の場合、無断でドタキャンする人も結構多いといいます。

これも社会人のマナー違反の行為です。このようなことをすると、派遣会社によってはブラックリストに登録するケースもあるようです。その情報はずっと乗り続けますから、その派遣会社には2度と応募できなくなります。

普通に考えて絶対にやってはいけないことをすれば、結局自分にデメリットとして跳ね返ってくることをしっかりと理解して、派遣の面接に臨みましょう。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

 
派遣登録について
派遣登録会の格好
派遣登録会の面接
人気の派遣会社
Copyright © 2015 人材派遣会社の登録方法.com . All rights reserved
プロフィール情報