派遣の登録で不合格になることはあるか?合格するためのポイントの詳細

> 派遣登録の面接 > 派遣の登録で不合格になることはあるか?合格するためのポイント

派遣の登録で不合格になることはあるか?合格するためのポイント

派遣の仕事をするためには、まず登録手続きをする必要があります。派遣会社登録手続きと言われると気軽に参加できるようなイメージがあるかもしれません。しかし例えばスキルチェックや仕事の紹介をしてくれるコーディネーターとの面談など、さながら派遣会社の面接試験のような様相があります。

ですから定番の面談の質問に対する準備をしておくとか、スキルチェックの対策をするなどをしておいた方が良いです。

派遣会社の中には、登録そのものを認めてくれない、すなわち不合格扱いにするケースも見られます。決して数は多くありませんし、ほとんどの人は登録できるでしょう。しかし足切りのように不採用にするケースもインターネットの掲示板などを見ると実際にあるようです。大手の派遣会社の場合、とりあえずどのような人でもスタッフとして採用してくれることが多いようです。

しかし中小の派遣会社の場合、スタッフの情報管理が大変になるため、会社が独自に設定している登録基準や条件を満たしていないのであれば、登録できない事例も出てきます。派遣会社の登録で不合格になってしまうのは、紹介する仕事のない場合です。

たとえば特定の職種の案件を紹介している派遣会社に応募する際に、その職種に関する実務経験が全くない人だと不合格になる恐れがあります。またスキルチェックの結果、著しく成績が悪かった場合には「紹介できる仕事がない」と判断されて不採用になる可能性があります。

特に敬語やあて名書きのようなビジネスマナーについてのテストがスキルチェックの中では出題されます。この問題であまりに間違いが多いと、安心してその人を取引先に紹介できません。

その他には、パソコンスキルのない人も足切りの対象になるでしょう。たとえば文章を打つのに時間がかかる、ワードやエクセルの基本的な使い方がわかっていない人は不合格にされる公算は高いです。

ちなみに派遣会社では、過去にどのような人が申し込みをして採用したかどうかの情報を管理しているといいます。ですから一度派遣会社の登録をして、採用を見送られた場合、再度チャレンジをしても同じ結果になる可能性は高いです。

派遣会社の傾向として、過去の情報は3年経過すると破棄する所が多いようです。もしもかつて不合格になったところに再チャレンジする場合には、3年以上経過したところで申し込みをした方が良いでしょう。遅刻など自身の重大な違反行為があって不合格になった場合には、ずっと情報が登録され続ける恐れもあります。

派遣登録で合格するためのポイント

人材派遣会社が行う登録会で登録できないという事例はまずそれほど多くはありません。そこで必要以上に緊張することはないのですが、一部「この人に仕事の紹介はできないな」と思われると不合格になるケースも見られます。派遣の登録を突破するにあたって、合否に関わる注意点は以下の3つです。

コーディネート担当者と面談をして、どのような職種、仕事を希望しているのかや持っている技術や資格をを伝える工程があります。これは派遣会社のコーディネーターという面接官との一種の面接試験のようなものだと思いましょう。

そこで大事なポイントとして1つ目に、にこやかにはきはきと答えることを意識し、明るい雰囲気を心掛けましょう。コーディネーターと初めて会ったときには、にこやかにはっきりとした口調であいさつすることです。

コーディネーターはその人のことを第一印象で決めてしまう傾向が見られます。もし第一印象が良いと登録できるだけでなく、その後何か困ったことがあっても、いろいろと相談に乗ってもらいやすくなります。

緊張していてにこやかにできない、言葉がうまく出てこないこともあるでしょう。その場合には正直にコーディネーターに対して、「スイマセン、緊張しています」と伝えてしまうのも良いかもしれません。

2つ目の派遣登録を合格するための対策として、相手の目を見て受け応えをすることです。同じことを言っていても、相手の目を見て話すのと視線を外すのとでは聞いている方の印象が全く違います。

後者の相手の目を見ないで話しをすると「自信ないのかな?」と相手は受け取ってしまいます。相手が話しているときと自分が話すときには、相手の目を見るようにしてください。どうしても相手の目を見るのが恥ずかしいというのであれば、耳たぶあたりを見て話をすると緊張は幾分和らぐはずです。

あとやたら手を動かすとか物を触ることは避けるべきです。このような仕草は落ち着きのない印象を見ている人に与えますし、「こっちの話をきちんと聞いていないかも」と思われかねません。

最後のポイントとして、返事を必ずするように心がけましょう。コーディネーターは質疑応答をするだけでなく、派遣の基本的なルールや派遣会社の福利厚生や給与システムなどを説明してくれます。

この時良きところで相槌を打つように意識することです。相槌や返事をすることで、「ちゃんとあなたの話していることを聞いていますし、内容も理解できていますよ」ということを伝えられます。派遣の登録会では、スムーズなコミュニケーションを意識して面談に臨むことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド