> 派遣登録で合格するためのポイント
派遣登録で合格するためのポイント

人材派遣会社が行う登録会で登録できないという事例はまずそれほど多くはありません。そこで必要以上に緊張することはないのですが、一部「この人に仕事の紹介はできないな」と思われると不合格になるケースも見られます。派遣の登録を突破するにあたって、合否に関わる注意点は以下の3つです。

コーディネート担当者と面談をして、どのような職種、仕事を希望しているのかや持っている技術や資格をを伝える工程があります。これは派遣会社のコーディネーターという面接官との一種の面接試験のようなものだと思いましょう。

そこで大事なポイントとして1つ目に、にこやかにはきはきと答えることを意識し、明るい雰囲気を心掛けましょう。コーディネーターと初めて会ったときには、にこやかにはっきりとした口調であいさつすることです。

コーディネーターはその人のことを第一印象で決めてしまう傾向が見られます。もし第一印象が良いと登録できるだけでなく、その後何か困ったことがあっても、いろいろと相談に乗ってもらいやすくなります。

緊張していてにこやかにできない、言葉がうまく出てこないこともあるでしょう。その場合には正直にコーディネーターに対して、「スイマセン、緊張しています」と伝えてしまうのも良いかもしれません。

2つ目の派遣登録を合格するための対策として、相手の目を見て受け応えをすることです。同じことを言っていても、相手の目を見て話すのと視線を外すのとでは聞いている方の印象が全く違います。

後者の相手の目を見ないで話しをすると「自信ないのかな?」と相手は受け取ってしまいます。相手が話しているときと自分が話すときには、相手の目を見るようにしてください。どうしても相手の目を見るのが恥ずかしいというのであれば、耳たぶあたりを見て話をすると緊張は幾分和らぐはずです。

あとやたら手を動かすとか物を触ることは避けるべきです。このような仕草は落ち着きのない印象を見ている人に与えますし、「こっちの話をきちんと聞いていないかも」と思われかねません。

最後のポイントとして、返事を必ずするように心がけましょう。コーディネーターは質疑応答をするだけでなく、派遣の基本的なルールや派遣会社の福利厚生や給与システムなどを説明してくれます。

この時良きところで相槌を打つように意識することです。相槌や返事をすることで、「ちゃんとあなたの話していることを聞いていますし、内容も理解できていますよ」ということを伝えられます。派遣の登録会では、スムーズなコミュニケーションを意識して面談に臨むことです。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

 
派遣登録について
派遣登録会の格好
派遣登録会の面接
人気の派遣会社
Copyright © 2015 人材派遣会社の登録方法.com . All rights reserved
プロフィール情報