派遣登録説明会のスキルチェックは何をするの?の詳細

> 派遣登録の面接 > 派遣登録説明会のスキルチェックは何をするの?

派遣登録説明会のスキルチェックは何をするの?

派遣社員として仕事をするためには、まずは派遣登録説明会への参加が必要です。派遣登録説明会では、スキルチェックも併せて実施されます。このスキルチェックが、実はとても大きな意味を持っていることを、ご存知ですか?

今回は、派遣登録説明会で行うスキルチェックについて解説していきたいと思います。

派遣登録説明会ってどんなことをするの?

あなたが派遣スタッフになろうと思ったとき、ウェブ登録をすればすぐに仕事を紹介してもらえるわけではありません。ほとんどの派遣会社では、はじめに派遣登録会に参加する必要があります。派遣登録会ではいったいどんなことをするのでしょうか。一般的な流れを見てみましょう。

まず、職務経歴や資格、スキルといった個人情報の登録をします。エントリーシートなどに記入する場合と指定の端末に直接入力する場合がありますが、いずれにしても、履歴書や職務経歴書、自己PR文が手元にあると登録がスムーズです。特に指示されていなくても、持参した方が良いでしょう。

また、場合によっては派遣会社のホームページで事前登録できるケースもあります。会場で慌ただしく記入や入力をするよりも、自宅でアピールすべき部分をよく考えながら行ったほうが、より良い自己PRを作成できます。

基本情報登録が済むと、次にタイピング、エクセル、ワード、一般常識問題などのスキルチェックを行い、最後に担当者との面談となります。その時にスキルと条件にあった仕事があれば、そのまま紹介という形になるのが一般的です。スキルチェックの結果を元に、仕事の紹介を受けます。

スキルチェックで行うのはこんなこと

では、スキルチェックとはどのようなことをするのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

パソコン入力の速さと正確さをチェックする『タイピングテスト』

タイピングテストでは、文字をどれくらいの速さと正確性で入力できるかをチェックします。入力内容としては、

  • 日本語の文字入力
  • テンキー(キーボードの右側にある数字)入力

の2種類があります。いずれも画面に表示された文章や数字をそのまま打ち込んでいくというものですが、どれくらいの入力速度を求められるのかは、希望職種によって異なります。

例えば一般事務の場合、1分間に100文字程度、テンキー入力であれば150文字程度がひとつの基準とされています。電話を受けながら入力を行うコールセンター業務や、データ入力など、スピードを重視される仕事の場合、上記にプラス20〜30文字ほど必要な場合もあります。

逆に工場の軽作業などパソコンをほとんど使用しない職種であれば、1分間に80文字程度でも問題ない場合もあります。

ただし、速ければ速いほど良いというものでもありません。タイピングにはスピードだけでなく正確性も求められます。早くてミスだらけの人よりは、特別早くはないけれど、ミスが少ないほうが評価としては高くなります。正確率は最低でも95パーセント以上が必要です。

タイピングに苦手意識のある方は、本番前に自宅で予行練習をしておくと良いかもしれません。ヤフーやグーグルで「タイピング 入力練習」などと検索すると、無料のタイピング練習サイトがたくさん出てきます。なかには、「寿司打」などゲーム感覚でできるものもありますので楽しみながら上達することが可能です。

『ワード』を使った文書作成

ワードとは文書作成ソフトのこと。ワードのテストでは、指定された文字を太字にする、取り消し線を引く、マーカーを引く、印刷設定をするなど、基本的なことが出題されます。少し踏み込んだと内容としては、レイアウトを整えられるかどうかを確認するテストが行われることも。基本的には、送り状や添え状など、簡単な書類作成ができれば十分です。

『エクセル』を使った入力と表計算

エクセルは、派遣で働こうと思った時に必ずと言っていいほど求められるスキルとなります。以下の5項目ぐらいはできると安心です。

  • @セルに簡単な文字や数値の入力ができる
  • Aデータの並べ替えができる
  • B四則演算の数式が使える
  • C罫線を使用して簡単な表作成ができる
  • DSUM・AVERAGE関数が使える

ただし、「エクセルに自信があったのに、スキルチェックにそこまで踏み込んだものが求められなかった」という場合もあると思います。エクセルに強いということは大きなアピールポイントとなりますので、使える関数がある場合は、登録の際「資格・スキル欄」や「備考欄」に記入するようにしましょう。

パワーポイントやアクセスは、そのスキルが求められる就業を希望している場合にのみ実施されます。通常の登録で行われることはあまりありません。

『一般常識テスト』は基本的なものが中心

一般常識の試験内容は、決して難しいものではありません。漢字の読み書き、敬語の使い方、ビジネス文書の作成マナーなど、基本的なことばかりです。

また、知識問題も義務教育をきちんと受けていれば答えられるレベルの問題になりますので、それほど心配はいりません。首都や県庁所在地、GDPやTPPなどの英語の略称について、政治経済問題などが、選択問題として出題されます。

不安に感じる場合は、事前に就職活動向けの一般常識問題を一読しておけば、十分対策になります。

まれに、ハイレベルな問題が出題されることもありますが、そういった問題には回答できなくても大丈夫。派遣会社側も「もしこの問題をクリアできれば、紹介可能な仕事の幅が広がるから」と出題しているので、多くの人が正解できないような問題となっています。分からなくても不安に感じる必要はありません。

スキルチェックをする目的とは?

スキルチェックと聞くと、「合格しないと派遣会社に入れないのでは?」「仕事を紹介してもらえなくなるの?」などと心配になってしまう人もいるかもしれません。

でも、安心して下さい。スキルチェックはあなたの合否を判定するために行うわけではありません。スキルチェックには、以下のような2つの目的があります。

1.ミスマッチを防ぐため

派遣会社に人材紹介を依頼する企業は、即戦力として活躍できる人を求めています。派遣会社は、企業に対して「この人はあなたの会社で求められている仕事ができる人材です」という評価をつけて、紹介する立場にあります。つまりスキルチェックは、企業が求めるスキルに合った人材を紹介するために行っているのです。

自分のスキルを過大に評価されて派遣されてしまうと、職場で辛い思いをするのは自分であり、派遣先の企業にとっても迷惑をかけることになります。そういったミスマッチを予防するために、スキルチェックはとても大切なものと言えるでしょう。

2.自分の現状を知るため

誰もがスキルチェックで良い結果を出し、高い評価を受けたいと思うでしょう。しかし、それほど気負う必要はありません。

スキルチェックの一番の目的は、現在の自分の能力を的確に判断してもらい、その結果に見合う仕事を見つけてもらうことです。また、スキルチェックは自分の能力を客観的に見つめ直し、強みや苦手な部分を知る、とても良い機会となります。

自分に足りないものが分かれば、それを克服することで仕事の幅が広がりますし、現状よりも高い時給の仕事に就くことも可能になります。

スキルチェック後の面談で大切なこと

スキルチェックをするうえで、とても大切なことがあります。それは「できない」ことはきちんと「できない」と伝える勇気を持つこと。

担当者との面談で、自分のスキル以上のものを期待されていると感じたら、正直に伝えましょう。「それはできない」と言ってしまうと、今後もう仕事を紹介してもらえないのではないかと不安になる人もいるようですが、そんなことはありません。

一度、「できる」と言って引き受けた仕事を、後になって「やっぱりできません」という方が、信頼を失います。派遣会社にきちんと自分のことを知ってもらう努力をすることはとても重要です。

また、それはお仕事の紹介を受け、実際の勤務をスタートさせた後も同じこと。担当者を自分の最大の味方にできるように、嘘をつかないことはもちろん、今の状況やスキル、悩みや困っていることをきちんと共有するようにしましょう。

派遣会社では一人のコーディネーターが、何人もの派遣スタッフを抱えています。何も言ってこないスタッフは「現状問題なし」と判断されてしまいます。相談をしなければ、自分がどのような状況にあるかを理解してもらえるはずはないのですから、派遣先で何かあった時には、きちんと相談しましょう。

ビジネスマナーはいつでも見られている

派遣登録説明会では、つねにビジネスマナーについてチェックされていると考えたほうがよいでしょう。

会場での立ち振る舞い

会場に遅刻せず、余裕を持って到着できたかどうか、身だしなみ、受付の際のあいさつや言葉遣いなど、さまざまなことがチェックされています。(派遣登録説明会に参加する際の服装は普段着でOKとしている場合も多いですが、スーツが望ましいです。)

「チェックされている」と言われると、緊張してしまうかもしれませんが「大きく常識を逸していないかを見ている」という理解で大丈夫でしょう。常識から外れたことをした場合はマイナスになるけれど、そうでなければ特別チェックはされないと思って問題ありません。

コミュニケーションスキルも重要

派遣登録説明会で見られているのは、「あなたが派遣先企業に安心して紹介できる人物かどうか」という点になります。そのためには、スキルや知識、マナーはもちろんのこと、コミュニケーション能力も大きなポイントです。

例えば、良い求人が出た際、希望条件もスキルも同じ人が数人いたとします。そうした場合、仕事を紹介してもらえるかどうかは、担当者に「あの人なら自信を持って企業に紹介できる」と思ってもらえるかどうかがポイントになります。

派遣登録説明会、特に担当者との面談の際には、協調性があるか、自分の気持ちや考えをしっかり伝えられるかどうかなどがチェックされていると考えておきましょう。

派遣の仕事に役立つ資格はコレ!

資格取得は、派遣スタッフとして生きていく上でのひとつの強みとなります。客観的に自分のスキルを評価し、それを証明してくれるものが資格です。派遣登録の際にも保有資格を記入しますが、それは大きな評価対象となりますので、きちんと書くようにしましょう。

また、資格は実務経験が浅い場合にも、知識があることの証明として評価されることがあります。社会人経験が浅い場合は、資格取得をするのもひとつの方法です。

パソコンスキルを証明する『MOS』

派遣社員に求められる能力の中で、もっとも一般的なものはパソコンスキルです。ほとんどの派遣会社で行われるスキルチェックに、パソコン操作は必須となっていることからもお分かりでしょう。

パソコンスキルを客観的に評価してくれる資格として、MOS(Microsoft Office Specialist)があります。この資格は、マイクロソフトのエクセルやワード、パワーポイントを使いこなす実務能力を証明するものです。世界中で通用する資格ですので、グローバル化が進むこの時代、今後を見すえて取得しておくのもいいかもしれません。

ビジネスマナーの証となる『秘書検定』

一般常識やビジネスマナーが備わっている証明になるものとして、秘書検定があります。秘書検定という名前がついていますが、秘書としての仕事にしか役立たないものではありません。

秘書の主な業務には、ビジネスの場における社会常識的な範囲での経済用語知識やビジネスマナー、文書作成技能やファイリングスキルなどが挙げられます。

こういったスキルは、オフィスで仕事をする上でも大変役立ちますが、スキルを分かりやすく証明するのは困難なもの。そんな中「秘書検定を保有している」というのは、ある程度のビジネススキルは身についているということの証となります。

英語力を証明する『TOEIC』

次に、専門知識についての資格を見てみましょう。まずは、英語力の証明となるTOEIC(R)についてですが、こちらは英語によるコミュニケーションスキルを評価するテストで、世界150ヶ国において実施されています。

派遣でも英語を使う仕事は多くありますので、受験しておくと大きな武器となります。600点以上のスコアを保有しておくと、貿易関係の仕事や英文事務も紹介されるようになりますし、スコアが高ければ、外資系の大手企業への就業や、英語メインの業務に就ける可能性も出てきます。

また、英会話力があることが証明できると、訪日外国人向けの事業を行っている仕事を紹介してもらえることもあります。英語を活かした仕事をしたい方は、時間を見つけてスコアアップを目指すことをおすすめします。

経理のスペシャリストを目指す『日商簿記検定』

最後は日商簿記検定です。一級から四級に分かれており、派遣の仕事をする上では二級以上を保有していると評価されます。

一級を取得すると、公認会計士や税理士の受験資格が取得でき、企業会計に関わる法規を踏まえた上で経営管理や分析ができるレベルとなります。経理の仕事は、どのような企業でも欠かせないものですから、重宝がられる資格です。

自分のやりたいことを決める

資格取得を検討する際に、大事なのは「自分はどのような仕事に就きたいのか」を見極めること。資格マニアのように、いろんな資格をむやみに取るのではなく、自分が将来的に進みたい分野には、どのような資格があれば有利かを検討することが大切です。

また、求められる資格も、時代の流れのなかで変化し続けています。どんなに難しい資格を持っていても、ニーズがなければ日の目を見ることはありません。ニーズを読み取り、方向を決めることが大切です。

まとめ

派遣登録説明会でのスキルチェックは、現在のあなたの能力を客観的に判断し、あなたに適した仕事と企業が求めるスキルをマッチングするためのもの。自分のスキルを正確に知るチャンスと考え、あまり気負わずに挑んでください。

登録時のスキルチェックの結果があまり良くなかったとしても、登録後に資格を取得したり、仕事をしていく中でスキルアップしたりした場合、再度受験できる派遣会社も多数あります。

そうした場合、次の契約の際にはできる仕事の幅が広がったり、時給が上がったりする可能性もおおいにあります。現在の自分のスキルに自信がないのなら、仕事をしながら徐々にステップアップしていけば良いのです。ぜひ、あせらずに頑張ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド