30代の人材派遣会社登録の詳細

> 派遣登録希望者 > 30代の人材派遣会社登録

30代の人材派遣会社登録

もしかしたらみなさんも耳にしたことがあるかもしれない派遣社員の「年齢の壁」。派遣では、35歳を超えると紹介してもらえる仕事が減ってしまうという現象のことを言います。

そんな話を聞くと、これから派遣登録しようと思っている30代の方は心配になってしまうかもしれませんが、こういったことは実際にあるのでしょうか。

今回は、そんな30代の派遣登録の現実に迫りたいと思います。

派遣に「年齢の壁」は本当にあるのか?

企業が派遣会社に対して、「○歳までの人を派遣してほしい」といった年齢制限や指定をすることは、派遣法で禁止されています。

ですが、それは表向きの話であって、実際「年齢の壁」は存在します。その理由として、年齢が上がると企業側が派遣スタッフを扱いづらいというものがあります。

例えば、指導する立場の人が20代や30代前半だった場合、派遣スタッフが年上だと仕事を教えづらいですし、年齢が上がるほど柔軟性がなくなる傾向があると言われています。

35歳を超えたから、仕事が来なくなるとは言い切れませんが、スキルの変わらない25歳と35歳がいれば、25歳が選ばれる確率は高い、ということです。

30代の派遣社員の給料や年収はどのくらい

30代の派遣社員の月収や年収は、職種や業種によって大きく差があります。

サービス業や一般事務、受付、工場内の単純作業などは比較的時給が低く設定されているケースが多く、IT系エンジニアや外資系、金融系など、なんらかの専門的な知識やスキルが必要な職種については、高い傾向にあります。

派遣社員全体の平均年収は、女性が約280万円、男性が約360万円となっていますが、前述したような職種によって、給料には差が出ます。

また、男性は60歳ぐらいまで年収はわずかながら上がっていきますが、女性の場合、頭打ちは35歳。

その後はゆるやかに下がっていきます。ただし、男性の場合でも、正社員との平均年収の差は185万円にもなります。

30代の派遣社員の勤務日や時間帯

勤務日や時間帯に関しては、20代でも30代でも特に変わりはありません。

オフィスワークや、工場内の軽作業・生産ラインなどの仕事であれば、平日の9時〜17時前後が一般的ですし、飲食店やショップなどのサービス業、介護職の場合はシフト制の場合もあるでしょう。

また、コールセンターは平日のみの勤務、土日を含む勤務、夜勤などさまざまなケースがありますが、派遣スタッフの場合、事前に勤務日や勤務時間の希望を出すことができます。

希望しない休日出勤やサービス残業はないので、家族との時間を大切にしたい、自分の時間を充実させたいという方には、派遣の就業形態はマッチしていると言えます。

30代の派遣登録のメリット

先ほど、年齢の壁のお話をしましたが、それでも30代で派遣登録をするのには、たくさんのメリットがあります。

正社員よりも採用されやすい

35歳をすぎると、紹介される仕事が減るとは言いますが、それでも正社員よりは格段に採用されやすく、仕事に就ける可能性も高いでしょう。

年齢が上がるにつれ、直接雇用である正社員や契約社員よりも、派遣社員の求人数は多くなっています。

また、正社員で採用されるのが難しい大手企業でも、もぐりこめるチャンスがあるというのも派遣の魅力と言えます。

ライフスタイルに合わせて働ける

ライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができるのも、派遣の大きなメリットです。特に女性は、結婚や出産、育児、夫の転勤などで生活がガラリと変わることが人生の中で何度もあります。

派遣社員であれば、仕事の紹介を一時的に止めてもらうこともできますし、子供が学校から帰る4時まで働きたい、稼ぎたいから時給の高い夜間勤務をしたいなどの希望を叶えることもできます。

また、会社のイベントや飲み会などに参加しなくてもいいという点も、家庭を持つ主婦や自分の時間を大切にしたい方には大きな魅力となるでしょう。

社会保険や雇用保険に入れる

派遣社員の場合、条件をクリアすれば派遣会社の社会保険や雇用保険に加入することができ、有給休暇や失業保険も補償されます。

手取り額が減ってしまうことについ目が向いてしまいますが、これはとても大きなメリットと言えるでしょう。

研修やスキルアップ講座が受けられる

派遣会社のなかには、充実した研修制度を設けているところがたくさんあります。しかも、ほとんどの研修は、派遣登録をしていれば、就業実績の有無に関わらす受けることが可能です。

内容は、ビジネスマナーやOA研修、経理事務講座、ほかに介護や看護、エンジニア系の専門的な知識を学べるものもあります。

積極的に研修を受けることがスキルアップにつながり、それが仕事紹介にもつながります。また、意欲的に学ぼうとする前向きな姿勢は、派遣会社からの評価にもつながります。

30代の派遣登録のデメリット

次に、30代で派遣登録するデメリットについて見ていきましょう。

安定性はない

今の時代、正社員だからといって生涯安泰という保証はありません。しかし、会社が倒産でもしない限り、いきなり首になるということもそうそうないでしょう。

しかし、派遣の場合、派遣先企業との契約期間が満了になれば、次の仕事を紹介してもらうまでは無職になります。

派遣は契約と満了の繰り返しです。1つの企業で最長3年まで働くことができますが、契約延長されなければ、ほんの数ヶ月で終了することもあります。

うまく、間を空けずに仕事が見つかればいいですが、先ほどもお話したように、年齢が上がるほど紹介数は減るため、いつ契約が終了するかという心配は常につきまといます。

スキルがないと仕事に就くのが難しくなる

職歴が長くてもスキルがない場合、年齢が上がるとともに就業が難しくなるという面も出てきます。

今後も派遣の仕事を続けたいのなら、年齢のハンデを払拭できるようにスキルアップ、キャリアアップしていく、専門職に就くなどの必要があります。

重宝がられる派遣スタッフになれるよう、自分を磨き続けましょう。

30代が派遣登録後に活躍できる方法

30代、特に後半になると、仕事が紹介されにくくなるというのは残念ながら事実です。

しかしなかには、20代の頃と変わらず、途切れることなく仕事先を紹介してもらえているケースもあります。では、どうしたら30代でも派遣社員として活躍することができるのでしょうか。

専門的なスキルを身につける

30代となると、パソコンが使えるというだけでは事務職としてやっていくのは難しくなってきます。しかし、あなたに専門的なスキルがあれば、年齢関係なく企業からは必要とされます。

もしも好きな仕事や今後挑戦したい仕事があるのなら、派遣会社の研修を受けたり、提携のスクールを紹介してもらったり、場合によっては資格を取得したりして、積極的にスキルを身につけていきましょう。

希望条件をゆるめる、または希望職種を広げる

派遣登録の際は、仕事の希望条件を設定します。勤務時間、勤務日数、時給、勤務場所、職種、業種、残業の有無などさまざまです。

もちろん、希望条件に合った仕事に就けることが望ましいですが、条件を絞りすぎてしまえば、それだけ紹介先企業の数も絞られてしまいます。

結婚条件などと同じです。そうそう理想にピッタリマッチする相手などいないですよね。

仕事を紹介される数が少ないと思ったら、いま一度条件を見直してみてください。

派遣会社の担当者と良好な関係を築く

え?それが仕事紹介と何の関係があるの?と言われてしまいそうですが、派遣会社の担当者も人間です。応援したくなる人と、そうではない人がいるのは当然です。

そのためには、遅刻をしない、約束を守るなどはもちろん、与えられた仕事をしっかりこなすことも大切です。派遣先企業の評判が良ければ、次の仕事も安心して紹介してもらえます。

また、資格を取る、研修を受けるなど、積極的にスキルアップの努力をしている人には、派遣会社の方でも、良い仕事を見つけてあげたいと思うものです。

担当者に「この人には力を貸してあげたい」と思われるような人材になってください。

30代の派遣登録後におすすめの仕事内容

では、30代の派遣会社にオススメの仕事にはどのようなものがあるでしょうか。

コールセンター/テレフォンオペレーター

コールセンターは年間を通して求人が多く、また他の事務職に比べ幅広い年齢層の人が活躍しています。平日の日中だけでなく、土日・夜間などさまざまな曜日や時間帯の勤務があるので、ご家庭の事情やライフスタイルに合わせて働くことができます。

また、「コールセンターに3年勤めてリーダーをしていた」などの実務経験が、思わぬ分野の仕事につながるケースもあります。

経理

経理もあまり年齢を問われない職種です。実務経験と資格があれば、30代でも十分に派遣社員として活躍できます。

経理事務の経験があればベストですが、一般事務の経験のみでも簿記の資格があれば、仕事に就ける可能性は十分にあります。経理の仕事は非常にニーズがあります、一度実務経験をつければ、その後も就業も楽になるので、ぜひ挑戦してみてください。

金融事務

過去に金融機関でパート・アルバイト、または正社員経験のある方であれば、金融事務がオススメです。金融事務とは、銀行や証券会社、保険会社などの窓口や後方支援事務をする仕事です。

派遣社員の割合が多く、経験が非常に重視されるため、出産や子育てが理由でブランクがある方でも仕事を紹介してもらえる可能性は高いです。

また、経験と努力次第では、将来的に正社員やファイナンシャルプランナー、アナリストなどへのキャリアアップも可能になります。

30代で派遣社員から脱出して正社員へなるには

時間の自由がきき、仕事内容も比較的自由に選択できる派遣は、とても魅力的な雇用形態です。

しかし、30代になったあたりから、有期雇用契約であることの不安定さや周りの友人に比べて収入が少ないこと、時給制であること、責任のある仕事がしたいことなどが理由で、正社員になりたいという思いが出てくる方も多いようです。

では、派遣社員から正社員になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

転職サイトを利用する

正社員としての仕事を見つける方法として一般的なのは、転職サイトに登録することです。
履歴書や職務経歴書を提出し、エージェントの手を借りながら転職を目指すというものです。

紹介予定派遣を利用する

派遣会社に登録している方のメリットとして、「紹介予定派遣」を利用するという方法があります。せっかく派遣で仕事をしているのですから、このシステムを利用しない手はありません。

紹介予定派遣とは、将来的に正社員が欲しいと考えている企業を、派遣会社から紹介してもらい就労するというもの。

一定期間、派遣社員として勤務し、契約満了時に派遣先企業と派遣スタッフ(あなた)の合意が得られれば、派遣先企業に正社員や契約社員として直接雇用契約を結ぶことができます。

採用する側も採用される側も試用期間があるため、ミスマッチを防ぎやすく、いきなり正社員を目指して転職活動するよりも採用されやすいというメリットがあります。

30代の派遣社員におすすめの資格や免許

資格とは、仕事をする上でその人物を客観的に評価する一つの基準になります。いくら本人が「できます!」と言っていても、それだけでは判断しかねるというのが、採用する側の本音。第三者に評価されていることで、そのスキルが初めて強みとなるのです。

仕事の幅を広げたい、給料をアップさせたい、そんな思いがあるなら資格取得を目指すことは非常に有効です。

では、30代の派遣社員におすすめの資格や免許には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

TOEIC

グローバル化に伴い、経理や秘書、一般事務などでも英語を活かせる案件が増加傾向にあります。この場合、600点をひとつの目安として考えるといいでしょう。また、従来通り英語を活かす仕事とされている貿易事務や英文事務は、850点以上のスコアが求められます。

簿記

日商簿記2級以上の資格は、経理事務の仕事において大きく評価されます。実務経験がないと就業しにくいとことは確かですが、資格があることで就業可能な案件も。

長く安定した職業に就きたい方には、お勧めの資格です。

MOS

MOS(モス)とは、マイクロソフト オフィス スペシャリストの略。マイクロソフト社のワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどを扱う能力を証明する国家資格です。受験対策講座などもありますが、参考書を購入し自分自身で勉強される方も多くいます。

一般事務、OA事務、営業事務、経理事務、貿易事務など、事務系の仕事をするのであればぜひ取得しておきたい資格です。

30代男性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

「派遣会社」と一口に言っても、それぞれ特徴があり、得意な業界や職種があります。

派遣会社を選ぶ際、大切なのは自分が挑戦したいと考えている業界、職種に強い会社を見つけること。では、30代の男性におすすめの派遣会社には、どのような所があるのでしょうか。

インテリジェンス

「はたらくを楽しもう」というキャッチコピーを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。インテリジェンスは、正社員登用案件が充実している派遣会社として人気を博しています。紹介予定派遣で仕事をスタートし、正社員へステップアップしたい方にはおすすめです。

インテリジェンスの公式サイトはこちら
インテリジェンスの詳細はこちら

ランスタッド

専門的な職種が多く揃っているのが、ランスタッドの特徴。一人ひとりのスキルや専門性を重視して、仕事を紹介してくれるので、自分の得意なことを活かしたい男性にはおすすめの派遣会社です。

ランスタッドの公式サイトはこちら
ランスタッドの詳細はこちら

リクルートスタッフィング

リクルートグループの派遣会社として、多種多様な求人が揃っているリクルートスタッフィング。リクルートグループという抜群の安定性の元、経験を積んで正社員を目指す紹介予定派遣も充実しているので、これから生活を安定させたい方に人気となっています。

リクルートスタッフィングの公式サイトはこちら
リクルートスタッフィングの詳細はこちら

30代女性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

女性にとって気になるのは、ライフスタイルに合わせた柔軟な勤務形態が可能かどうかという点だと思います。ここでは、30代女性が気になるポイントを押さえたおすすめの派遣会社をご紹介します。

ヒューマンリソシア

ヒューマンリソシアは、元々通信講座などの教育サービスをメインに展開していた派遣会社という、少し変わり種の会社です。

派遣として仕事をスタートすると、福利厚生の一環としてさまざまな資格取得講座を割引料金で受講することができます。

圧倒的な講座数とその内容は、教育サービスを展開していた会社ならでは。「子育てが落ち着いたら、仕事に本腰を入れたい」など、次なるステップを見据えている方に、特におすすめの派遣会社です。

ヒューマンリソシアの公式サイトはこちら

テンプスタッフ

創業者が女性であるテンプスタッフでは、現在も女性向けの案件を多く取り扱っています。

働くママを応援する体制もしっかり整備されているので、長く仕事をしたいと考えている女性の強い味方と言える派遣会社です。

テンプスタッフの公式サイトはこちら
テンプスタッフの詳細はこちら

スタッフサービス

充実の福利厚生や、研修制度が人気のスタッフサービスでは、女性に人気のオフィスワークを多数取り扱っています。時短勤務や、週3日から勤務OKなどの案件も多く、主婦層に人気の派遣会社です。

スタッフサービスの公式サイトはこちら
スタッフサービスの詳細はこちら

まとめ

ライフスタイルに合わせて柔軟に仕事をすることができるのが派遣のメリット。

しかし30代の方の場合、ただなんとなく現状に甘んじて働くのでなく、これから先のライフプランをしっかりと考え、働き方や仕事内容を選ぶ必要があります。

派遣は、その立場を上手に活用すれば、働きながらスキルアップやキャリアアップも目指すことができます。長く必要とされる人材になるために、どんどん自分の価値を高めていきしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド