派遣社員なら知っておきたいWワークという働き方の詳細

> 職種別の派遣求人 > 派遣社員なら知っておきたいWワークという働き方

派遣社員なら知っておきたいWワークという働き方

収入が少ない、空き時間をもっと有効活用したいなどの思いから、副業をしたいと考える方は多いことでしょう。

また、やりたい仕事を見つけるために色々な仕事を経験したい、夢を実現させるためのステップアップとして副業を生かしたいといった方もいるでしょう。

しかし、そもそも派遣社員がWワークをすることに問題はないのでしょうか。今回は、派遣会社のWワークについて解説していきたいと思います。

派遣社員が副業とのWワークをしても大丈夫?

正社員の場合、副業は禁止されていることがほとんどですが、派遣社員はどうでしょう。

法律上は副業することに問題はない

実は、正社員であっても派遣社員であっても、副業を禁止する法律はありません。ではなぜ正社員が副業できないのかと言えば、それぞれの会社が副業を禁止する規定を作っているからです。

つまり、派遣社員の場合も、派遣会社が副業を禁止していればすることはできないですし、WワークOKというところであれば掛け持ちしても構わないということになります。

多くの派遣会社は副業を認めている

では派遣会社は副業に関してどのような考えを持っているかと言うと、ほとんどの場合、時給が発生している勤務時間以外、派遣社員が何をしてもよいと考えています。ですから、Wワークを禁止としているケースも、ほとんどありません。

副業先が正社員や契約社員の場合は要注意!

派遣会社がWワークを認めているとしても、副業として働いている会社との雇用形態が正社員や契約社員だった場合は注意が必要です。

というのも、派遣社員とは違い、企業と直接雇用を結ぶ正社員や契約社員は、副業を禁止されているケースが多々あるからです。Wワークをしたいと思ったら、派遣会社と副業先の両方の就業規則を必ず確認しましょう。

Wワークとはどのような働き方か?

派遣社員としての勤務先が、「残業なし」「土日祝日休み」といった場合、休日や平日の夜間を利用して仕事をするケースが多いようです。

接客業や販売業、OA事務など継続的な副業をしている方もいれば、イベントスタッフなど日払いOKの単発の仕事をその時々で選んでいる方もいます。

また就業形態としては、パートやアルバイトだけでなく、契約社員や派遣社員、正社員として仕事をするケースもあります。副業が正社員や契約社員と言うと、不思議な感じがするかもしれませんが、例えば夜間勤務が一般的な職業だと、そういった就業スタイルも可能です。

Wワークをする際に気をつけなければならないこと

派遣会社がWワークを認めていたとしても、実際に複数の仕事を掛け持ちする際には、いくつか気をつけなければならない点があります。

スケジュール管理をしっかりする

複数の仕事を持つ場合、スケジュール管理はとても重要です。

例えば、事前に休日出勤を求められていた日にあやまって別の仕事を入れてしまう、スケジュールをタイトに入れすぎて次の仕事に遅刻してしまう、などはあってはならないことです。

勤務日や残業の有無、職場間の移動時間などをしっかりと考え、きちんとスケジュール管理をする必要があります。

体調管理に気をつける

日中勤務をしたあとに夜間のアルバイトをする、本業の休日を利用して仕事をするといった場合、身体を休めることができずに体調を崩してしまうこともあります。

何らかの事情でお金を稼ぎたい、空いている時間を無駄にしたくない、体力には自信があるという方でも、やはり適度な睡眠や休息は絶対に必要です。

無理をして業務に支障が出てしまったり、体調を崩して休んでしまったりしては本末転倒です。自分の健康を過信しすぎず、体調管理に努めましょう。

どの仕事もおろそかにしない

自分が引き受けている仕事は、本業であっても副業であっても、雇われて給料をもらっている以上はしっかり行う必要があります。

正社員の仕事だから、アルバイトだから、または時給が高いから安いからといった理由で仕事に優劣をつけることはあってはなりません。

どちらかに注力した結果、片方は休みがちになってしまう、業務に支障が出てしまうなどの弊害があっては、社会人としてのマナーに反します。どの仕事も誠意をもって行いましょう。

仕事上知り得た情報を漏らしてはいけない

複数の仕事を行っている場合、それぞれの仕事で知り得た情報を決して他の職場で話してはいけません。

顧客情報を扱うコールセンターや携帯ショップ、看護士、介護福祉士などはもちろん、データ入力や商品管理の仕事を行っている方であれば、そのデータ内容な商品情報、メーカーの自社製品の情報、会社の人事に関わることなど、全てにおいて他言は厳禁です。

Wワーク禁止の派遣会社に副業が発覚してしまうケース

派遣会社でWワークを禁止しているにも関わらずこっそり副業を行い、バレてしまうケースがあります。誰にも副業していることを話していないのに発覚してしまうのには、どのような理由があるのでしょうか。

ケース1.人目につきやすい仕事をしている

例えば、アパレル商品の販売スタッフ、イベントスタッフ、飲食店などの接客業、コンビニ店員など人前に出る仕事は、派遣会社や派遣先企業の関係者に会ったり、知らない間に見られている可能性があります。

表に出る仕事をする場合、本業から離れた勤務地を選ぶなどの工夫をすることが大切です。

ケース2.税金関係の手続きで見つかる

副業は、税金関係の手続きで見つかる場合がとても多いようです。特に気をつけたいのは、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と、「住民税」の2つです。

1.給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の場合

これは、年末調整のために会社に提出する書類です。年末が近くなると派遣会社から渡され提出を求められます。

注意したいのは、この用紙は1ヶ所の勤務先にしか提出できない書類であること。副業の方でも提出を求められ、深く考えずに提出してしまうと、副業がバレてしまいます。

こうした事態を避けるためには、源泉徴収税額表で、副業の勤務先には処理してもらう必要があるのです。

年末に本業と副業の両方から提出を求められたら、副業の勤務先には「本業の会社に給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を提出するため「源泉徴収税額表の乙欄」で処理してほしいと依頼しましょう。

2.住民税の場合

もう1つ、副業がバレてしまう原因に「住民税」があります。

住民税の納付方法には、給与から天引きされる「特別徴収」と、自分で支払う「普通徴収」の2種類あります。この納付方法を本業、副業とも特別徴収にしている場合、両方の収入が記載された住民税の特別徴収通知書が本業の会社に届き、そこから、副業が発覚してしまうのです。

Wワークが禁止されている場合、副業の勤務先には住民税の納付方法を普通徴収にしてもらえるよう、依頼する必要があります。

Wワークがバレた場合、法律的な罰則や罰金はあるのか?

派遣会社やWワーク先の会社に副業がバレてしまった場合どうなるのか、というのも気になるところだと思います。

実際のところ、会社の秩序を乱したり、仕事に具体的な悪影響を及ぼすことがなければ、会社の規定で禁止しているとしても、いきなり減給や罰金、出勤停止、解雇などの処分と言うケースは少なく、口頭注意や始末書の提出で済む場合が多いようです。

しかし、会社員として働く以上、会社の就業規則を守る義務があります。万が一バレた場合、直接的な処分がないとしても、あなたへの信頼は揺らいでしまいます。

バイトを掛け持ちするような軽い気持ちでWワークをすることは避けた方が良いでしょう。

Wワークの場合の社会保険はどうなるの?

派遣社員をしつつ、正社員やパート・アルバイトとしても働いている場合、どの会社の社会保険に入ればいいの?といった疑問が出てくると思います。次は、Wワークの際の社会保険の加入について見ていきましょう。

加入条件を満たしている会社の社会保険に入る

Wワークを行っている場合、社会保険は加入条件を満たしている会社で入ることになります。年収が130万円を超える場合、または以下の2つの条件を満たすことが社会保険の加入条件です。

  • 2ヶ月以上の就業見込みがある
  • 1日の勤務時間または1週間の勤務日数が、派遣元の正社員の4分の3以上である

逆に、いくつ仕事を掛け持ちしていたとしても、それぞれの仕事先において上記の条件を満たしていなければ、いずれの社会保険にも加入することはできません。

2つの会社で加入条件を満たしている場合は、両方加入できる

本業と副業、どちらの会社でも社会保険加入要件を満たしている場合は、両方の会社で社会保険に加入することが可能です。

要件を満たした日の10日以内に、どちらの会社で手続きするかを決め、その会社を管轄する厚生年金保険の管轄年金事務所に、必要書類を提出します。そうすることで、保険関連業務を一括して行ってくれるのです。

必要書類は、派遣会社で確認することができます。少々面倒でありますが、この手続きを怠るとのちのち問題が起きてしまう可能性があるので、最初にしっかり行いましょう。

Wワークで掛け持ちするのにおすすめの短期・単発派遣やアルバイト

まず、短期や単発の派遣・アルバイトをするなら、単発に強い派遣会社に登録しておくと良いでしょう。中・長期に強い派遣会社とは違い、給料が日払いや週払いされるような求人が豊富にあるからです。

条件や仕事ができそうな日程を申告しておくと、あなたに合った求人が出た際に連絡をもらうことができるので、求人サイトで一件一件仕事を探すよりも効率が良く仕事に就けるでしょう。

さて、掛け持ちにおすすめの短期の仕事なら、コンサートやライブ会場・展示会などのイベントスタッフや、物産展の販売員、ポスティング、試験監督、引っ越し業者などがあります。

いずれも、スキルなどは求められず、時期によっては大量募集している場合もあるので比較的簡単に行うことができます。

Wワークをするのにおすすめの副業

Wワークで中・長期的に副業をするのであれば、コンビニの店員、スーパーの品出しや商品陳列、夜間勤務のあるコールセンター、工場での検品・梱包などの軽作業、倉庫内の仕分け作業、工事現場や駐車場の警備員などがあります。

メインとなる派遣の仕事が週5日、9時から17時までのフルタイムと考えると、就業後や土日祝日を利用した勤務が基本的なスタイルとなります。

ただし、こういったレギュラーの副業を持つさいは、体調管理やスケジュール管理には十分に気を配る必要があります。

メインの仕事に支障が出ないようしっかりと調整し、どちらの仕事もきちんと取り組めるようにすることが大切です。

まとめ

比較的、就労時間を自分でコントロールできる派遣社員という就労形態を利用して、副業を行う方は少なくありません。

より収入を得たい、ステップアップのために多くの仕事を経験したい、本業に活かせる仕事をしたいなど目的は人それぞれですが、どのような目的であっても、派遣会社や就労先の会社が副業を認めているのであれば、Wワークをすること自体何の問題もありません。

しかし、1つの仕事をするよりも、スケジュールや体調管理が大変であることは言うまでもありません。あまりにも労働条件がきついもの、夜勤が続くものなどは場合によっては避けた方が良いこともあります。

上手に調整をし、余裕のあるスケジュールを組んで、充実した生活が送れるようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド