40〜50代といった中高年者の人材派遣会社登録の詳細

> 派遣登録希望者 > 40〜50代といった中高年者の人材派遣会社登録

40〜50代といった中高年者の人材派遣会社登録

「子育てがひと段落したので仕事を始めたい」「今までの仕事を辞め新しい仕事に取り組みたい」と思っても、40歳を超えると面接を受けても採用に至らない、職種が極端に限られているなど、就職活動や転職活動における年齢の壁を感じる方は多いと思います。

では、派遣という働き方の場合はどうでしょう。やはり正社員同様、年齢による就業のしづらさのようなものはあるのでしょうか。

今回は、40〜50代の派遣登録について解説していきたいと思います。

40〜50代の派遣登録の現状

派遣法では、企業が派遣会社に人材派遣を依頼する際、派遣スタッフの年齢を指定したり制限したりすることは禁止されています。しかし実際のところ、40代、50代になると仕事を紹介してもらえる可能性はかなり減ってしまいます。

その理由は、年齢が上だと派遣会社が企業に紹介しづらいから。では、なぜ紹介しづらいかというと、「企業は年齢が上の人を望んでいないから」です。

このことから、たてまえでは企業は年齢制限をしていないけれども、本音は違うということが分かります。

派遣先企業から見た40〜50代

派遣先企業の立場になってみると、仕事の指揮命令者が30代だった場合、年上の派遣社員には仕事を教えづらいという現実があります。

例えば、何か問題や間違いがあって指摘や注意をした時でも、人生の先輩に対しては言いにくいものです。

企業は複数の派遣会社と取引をしていることも多いため、ほかの派遣会社から20代、30代の紹介があれば、扱いやすく仕事を覚えるのも早い若い人材を選ぶのはごく当然のことです。

派遣会社から見た40〜50代

次に派遣会社の立場から考えてみましょう。派遣会社の営業マンは、他社よりもより良い人材、企業に喜ばれる人材を派遣したいと思っています。

企業に喜ばれる人材とは、以下のような人です。

@スキルがあって即戦力になる
A柔軟性があって職場に早くなじむ
B素直で仕事を教えやすい(扱いやすい)

もちろん人柄や人間性にもよりますが、一般的にはAとBが当てはまるのはやはり若い人材ということになります。

20〜30代の派遣スタッフを大勢抱える派遣会社としては、あえて40〜50代の派遣スタッフを選ぶ理由はあまりありません。そのため、この年代の紹介における優先順位が下がり、「登録したのに全然仕事を紹介してもらえない」ということが起こるのです。

スキルがあればニーズはある

ここまで、40〜50代の方にとっては耳の痛い話をしてきました。実際、40歳を超えると未経験の仕事を紹介してもらうことは非常に難しくなります。しかし、これまで経験を積んできた職種や専門知識がある分野であれば話は別です。

派遣は、基本的に即戦力と実力の世界です。もしあなたが何かスキルをお持ちで、企業の利益になる人材であるならば、何歳であっても仕事を紹介してもらえるチャンスは十分にあるのです。

40〜50代の派遣登録後におすすめの仕事とは?

雇用形態に関わらず(正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトのいずれでも)、専門職以外、年齢が上がるほど求人数は減少傾向にあります。

ただ、派遣に関しては「スペシャリスト」「プロフェッショナル」と言えるほどのキャリアでなくとも、スキルとして認められるケースが多くあります。

例えば、コールセンターでのリーダー経験や、貿易事務、金融事務、経理経験などの専門的な職務経験があれば、具体的な資格名を伴わない場合でも、評価されやすいということです。

また、20〜30代があまり好まない仕事や人が集まりづらい仕事、大量募集がある求人、主婦や子育ての経験が生かせる職業であれば、40代でも50代でも意外と紹介が受けられるものです。

そういったことを踏まえ、40代〜50代におすすめの仕事にはどのようなものがあるのか、男女別に見ていきましょう。

男性におすすめの仕事

ITエンジニア

専門性の高いIT関連のエンジニアは、年齢を問わず需要が多いようです。常に自身のスキルを高める意欲がある方であれば、40代以上であっても重宝されるでしょう。また、エンジニアは派遣の中でも時給が高い仕事の代表です。経験やスキルのある方にはぜひおススメします。

警備員

特に自信が持てるキャリアがないという男性には、警備員や交通誘導員が人気です。イベント会場やショッピングモール、建設現場などで、巡回警備や歩行者・車両の交通誘導を行います。未経験歓迎の求人も多く、実際に働いている人の年齢層も20代〜シニア層までと非常に幅広いです。

介護業界

最近注目を集めているのが、介護業界。人材不足に悩まされている業界なので、体力があり、落ち着いた対応のできる年代の男性はとても重宝されます。

また、介護業界には、介護福祉士、ケアマネージャー、介護ヘルパー、ホームヘルパーなど資格も多くあります。そのため、仕事をしながらステップアップしやすい業界とも言えるでしょう。将来を見すえて、介護業界でしっかりと手に職をつける男性も多くいます。

女性におすすめの仕事

コールセンター/テレフォンオペレーター

携帯電話会社や家電製品などのテクニカルサポートセンターやカスタマーセンター、通販商品の注文受付など、お客様からかかってくる電話に対して受け答えをする仕事です。

マニュアルに沿った電話応対をするので、特別な知識は必要ありません。また、どの派遣会社でも扱っている求人数が多いので、年齢が気になる方でも仕事につけるチャンスは多くあります。

日中勤務だけでなく、希望すれば時給の良い夜勤もできる仕事なので、ライフスタイルやお子様の成長に合わせた働き方ができます。

セレモニースタッフ

40代50代の女性が歓迎される職種として、葬儀会場のセレモニースタッフがあります。落ち着いた雰囲気の求められる職場だからこそ、人生経験を重ねた女性の気配りや礼儀正しい接客が必要とされています。

金融事務

銀行や証券会社、保険会社で働いた経験があるのなら、金融事務がオススメです。一般事務以上に経験やスキルを重要視される職種であるため、年齢はさほど問題になりません。

他に、官公庁では数十人単位の大量募集をしていることがあります。一般的な事務の仕事ではありますが、募集人数が多ければ紹介を受けられるチャンスがあります。

また、男女問わず、工場の製造ラインや梱包・仕分け・検品作業、物流センターなどの倉庫内軽作業などは需要があります。ぜひ、チェックしてみてください。

40〜50代の中高年者の派遣社員の勤務日や時間帯

男性の場合、月曜〜金曜、9時〜17時までのフルタイム勤務はもちろん、夜勤を選ぶ方も多くいます。

夜勤の場合、時給もアップしますから、時間に融通がきく環境にいて、体力に自信がある方は選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

夜勤がある仕事は、工場などの製造業や介護職が多く、仕事の時間帯が不規則な面もありますが、その分収入はしっかりと見込める点で人気となっています。

女性には、やはり月曜から金曜の日中に勤務するオフィスワークが人気です。販売系やコールセンターなどは、土日勤務や夜間シフトを任されることも。勤務時間が不規則な面も良く考慮して、仕事を選ぶようにしましょう。

40〜50代の中高年者の派遣社員の給料や年収はどのくらい

エンジニアや外資系、介護などの専門職の場合は、年収400万円程の方もいますが、専門職以外の場合、おおよそ200万円前後と言われています。

給料アップを目指すには、自分の目指す業界で活躍できる資格を取得すること、そしてコツコツと経験を積み上げスキルを身につける必要がありそうです。

40〜50代の中高年者の派遣登録のメリット

40代〜50代の方が、正社員でもパートでもなく、派遣社員として働くメリットとは何でしょうか。

スキルや経験を評価してもらえる

派遣のメリットは、自分のスキルやキャリアをしっかりと評価してくれる職場で、存分にその力を発揮できる点にあります。

「誇れるような技術も、資格もない」と思っている方でも、実際には「この仕事は長く続けてきた」「こういう分野には明るい」という強みがあるはずです。ですから、派遣登録する際には、自分を過小評価することなく、経験や得意なことをきちんと伝えましょう。

40〜50代の仕事紹介は厳しいとはいえ、スキルさえあればいくつになっても必要とされる、派遣とはそういう働き方です。

社会保険や雇用保険に入れる

派遣社員として勤務した場合、一定条件をクリアすれば派遣会社の社会保険に加入することができ、有給休暇や失業保険も補償されます。

さまざまな場面で生活の基盤として支えてくれる社会保険は、目先の手取り額が減ってしまったとしても加入するメリットの方が大きいと言えます。

40〜50代の中高年者の派遣登録のデメリット

では、40〜50代のミドル世代が派遣登録をするデメリットは何でしょうか。

安定がない

デメリットは、正社員に比べてあらゆる面で安定していないという点が挙げられるでしょう。まず1番は、有期雇用契約(期限付きの契約)であること。

契約がいつ打ち切りになるか分からない、契約が切れたら次の仕事を紹介してもらえる保障はないというのは、派遣社員の大きなデメリットです。

また、ボーナスや退職金がないこともデメリットになるでしょう。

スキルがないと仕事に就けない

派遣は実力と経験の世界です。即戦力になるかどうか、企業の利益になるかどうかで採用が決まります。ですから、未経験だけどやってみたい仕事に就くのは非常に難しいと言えるでしょう。

また、さほどスキルやキャリアが重要視されないオフィスワークは、やはり若手に回りやすい仕事。40代50代が派遣として仕事を続けていきたいなら、スキルを磨き続けていくことが重要です。

40〜50代の中高年者の派遣社員から脱出して正社員へなるには

実際、派遣社員から正社員になるのは、大変難しいというのが現実です。ましてや、40代50代となると、なおさら厳しくなるのは想像がつくと思います。では、派遣社員から正社員になるためには、どうしたら良いのでしょうか。

スキルアップ、自己分析、自己アピール

「いずれは正社員に」という思いがあるのなら、つねに意識を高く持ち、セミナーや研修を活用して自分自身でスキルアップをしていくことが重要です。目指す業界で活用できる資格を取得するのもいいでしょう。

そして、年齢を重ねた分、正社員としての採用が難しいことを十分理解し、その会社のニーズと自分が合っているかをよく考え、応募するようにします。

若く勢いがあるのも魅力ですが、年齢を重ねたからこその落ち着きや、思慮深さも大きな「武器」となります。

自分を適切に評価してくれる会社と出会うために、自分を採用したらどのようなメリットが会社にあるかをよく考え、上手にアピールしましょう。

紹介予定派遣を利用する

紹介予定派遣の案件数は決して多いとは言えませんが、探してみるとエルダーOKの紹介予定派遣も存在します。

紹介予定派遣とは、将来は正社員がほしいという企業で、一定期間派遣社員として働き、契約期間満了時にこのまま社員になるか(なってもらうか)、契約終了にするかを決めるというもの。

企業と派遣スタッフ(あなた)の双方の同意が必要ですが、自分自身で求人情報を探しながら就職活動を行うよりも、採用の確立は高くなります。

特定派遣になる

正社員とは違いますが「特定派遣」という働き方を選ぶのも、ひとつの方法です。特定派遣とは、派遣の仕事がある時は派遣先企業に出向し、派遣の仕事がない時は派遣会社内で仕事をするという新しいスタイル。

派遣の仕事の契約が終了するたびに無職となる一般的な派遣より、安定した働き方と言えるでしょう。年齢の壁にぶつかって、やはりなかなか正社員にはなれない…そんな方には、ひとつの選択肢になるでしょう。

40〜50代の中高年者の派遣社員におすすめの資格や免許

資格は、その人物を評価する判断基準のひとつとなります。40代、50代の場合は、年齢的なこともありますので、希望する業界を決めたら、資格取得を目指しましょう。

資格を取得してすぐに派遣の仕事につなげることが難しい場合は、最初はアルバイトやパートで実務経験を積んでから、派遣社員としての仕事を探すというのも一つの方法です。

実務経験の有無により、評価は大きく変わってきます。遠回りに見えますが、ひとつの選択肢として頭の片隅にそういうルートもあるということを入れておくといいでしょう。

では、40代〜50代におすすめの資格や免許には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

ITパスポート試験

平成21年4月にスタートした、比較的新しい資格試験です。情報処理試験のなかでも狙い目の資格で、IT業界初心者向けの資格です。

技術者向けの試験ではなく、クラウドやスマートフォン、タブレット、SNSなど、IT社会で働く上で必須となる基礎知識を習得していることを証明する国家資格です。

40代、50代でもしっかりとIT社会で活躍できる知識をアピールすることができます。

介護系資格

高齢者の増加に伴い、今後さらなる市場拡大が見込まれる介護業界の資格は、派遣として仕事をする上で大きな強みとなります。

「ホームヘルパー2級」に該当する介護職員初任者研修資格を入口に、ステップアップしていくといいでしょう。

医療事務、介護保険事務、調剤事務

医療、福祉業界における事務関連の資格は、業界自体のさらなる成長が今後見込まれるため、ニーズは拡大が予想されています。取得がそれほど難しくないため、オススメの資格です。

40〜50代の中高年者男性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

派遣会社にも、それぞれ得意な分野があります。登録する際は、40代以上の方に積極的に仕事を紹介している派遣会社を探すようにします。

大手企業の案件が多い、中小向けが充実している、ある業界に特化している、研修制度に力を入れているなど、それぞれの強みと自分の希望を照らし合わせて、登録先を考えましょう。

テンプスタッフ

エルダー派遣実績を多数持つ、テンプスタッフ。業種カバー率が高く、条件を吟味して仕事を選びたい男性におすすめです。

ブランクを経て社会復帰したい人のために、さまざまなスキルアップ支援を実施。安心して復職できる環境が整っています。

スタッフサービス

エルダー向けの求人数が、大手派遣会社の中でもトップクラスとなっており、40代50代からでもより条件の良い案件と出会いやすい会社と言えます。

オー人事やエンジニアガイド、スタッフサービス・メディカルなど、専門のサイトもあり。どのサイトも充実しています。

40〜50代の中高年者女性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

40代、50代の女性にとって、無理なく継続できる仕事であることがとても重要になってきます。

自分の希望する勤務形態の案件を取り扱っている派遣会社かどうかを、事前にしっかりと調べてから登録しましょう。そうすることが、自分のイメージに近い仕事をする近道となります。

マンパワー

日本で初めて設立された派遣会社ということもあり、企業との深いつながりを誇るマンパワー。エルダー向けの求人数は、1500件以上を誇っています。

教育にも力を入れており、独自サービス「powerYOU」ではOAスキルやビジネススキル、ITスキル、語学など400講座を無料で受講可能です。40代からでも、自分の意識次第でしっかりと学べる環境があります。

リクルートスタッフィング

リクルートグループの人材派遣会社。エルダー向けの派遣先として「未経験OK」の軽作業や事務の案件もあり、初めて派遣の仕事をしたい方にはトライしやすいと言えます。派遣先企業も、大手から中小までさまざま。

派遣スタッフの採用基準も年齢より人物重視なのも、40代50代には挑戦しやすい派遣会社と言えるでしょう。

リクルートスタッフィングの公式サイトはこちら
リクルートスタッフィングの詳細はこちら

まとめ

40〜50代の方が派遣社員として活躍することは、簡単なことではありません。ただし、本人の努力や考え方次第では、仕事に就くことは十分可能です。

何度も言っているように、スキルを身につけること。これが最も大切です。あなたに得意な分野があるのなら、資格取得や経験を積むことでスペシャリストになってください。

そして、あなたがもし自信を持ってアピールできるスキルがないのであれば、どんな仕事でも受けるというスタンスを持つことです。

あの仕事はムリ、これはやったことがないからできない、休日出勤はちょっと、時給はもっと高くないと、自宅から近い方がいい…など、条件を挙げれば挙げるほど、仕事を紹介してもらえる確率は低くなります。

不本意でやった仕事が意外に自分に向いていたり、次の仕事につながったりすることはおおいにあり得ます。何よりも「何でもやります」という意欲的な姿は派遣会社の担当者から見ても好印象です。あなたの可能性を広げるためにも、まずは色々な仕事に目を向けてみましょう。

40代50代は、高齢化の進む日本においては働き盛りの年代。ぜひ、あなたのその力を社会に役立ててください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド