> 派遣登録するための履歴書の書き方
派遣登録するための履歴書の書き方

派遣登録の手続きをするにあたって、履歴書を持参するように言われることもあるかもしれません。派遣の履歴書だからといって簡易に行うわけではありませんし、いい加減に作成してもいけません。履歴書の書き方の中で押さえておくべきポイントとして、以下のようなものがあります。

まず基本的なことですが、履歴書には日付を書く欄があります。日付は登録会に出席する場合には、その日にちを書き入れます。後日郵送で派遣会社に出す場合には、記入日にしてください。名前は戸籍通りに書くことです。履歴書の中には押印する所が用意されているケースもあります。この場合には、必ず押印をしましょう。

この時もしかすると失敗してかすれてしまうこともあるかもしれません。その場合には、面倒かもしれませんが新しく書き直すことです。

学歴を記載するときには、小中学校の義務教育に関しては卒業年月だけで構いません。しかしそれ以降は入学と卒業年月を書き入れましょう。学校名は正式名称で、県立とか私立から書き込んでください。大学の場合には、学部や学科も書き入れることです。職歴欄については、正式な企業名・会社名、配属先部署名を記入し、入社や退社の年月を記載します。

その際会社都合・自己都合・契約期間満了などの退職理由も記載してください。前職での仕事内容や職務内容については職務経歴書を別途作成すると良いでしょう。

免許や資格を持っているのであれば、書き入れましょう。ちなみにここで記載すべき免許や資格は、仕事に関係するものだけにしてください。趣味で取得した免許であれば書く必要はありません。ただし資格や免許欄に何も書き入れるものがなければ、趣味の資格でも書き入れておいた方が良い場合もあります。もしまだ資格取得に至っていないけれども勉強しているものがあれば、そのことも書き入れておくとアピールにつながります。

履歴書の書き方の中でも注意したいのは、志望動機です。なぜ皆さんが派遣という働き方を希望したのか、その理由をできるだけ具体的に書き入れておきましょう。すでに希望する職種や業界があれば、そのことも志望動機の欄で明記しておいた方が良いです。そしてなぜその業界・職種を希望しているのかも説明しておくと、説得力が出ます。

また業界・職種に関して実務経験を持っているとか特別なスキルを持っているのであれば、その部分は自己PR欄でアピールすると良いでしょう。
よく市販の履歴書の中には、例文がいろいろと記載されています。このようなありきたりなことを書いてもあまり自己アピールにはなりませんから、自分自身の言葉で表現することが大事です。

もし書き間違えた場合には、少し面倒でも新しい履歴書に新しく作成することです。修正液などをくれぐれも使用しないようにしてください。そして、全ての項目に記入漏れがないか確認してください。

★おすすめの派遣会社BEST5
以下、大手5社のうちから2〜3社を選んでの複数登録がおすすめです。中でも事務職系のお仕事を希望するのであればテンプスタッフ、女性向けの福利厚生制度を重視するのであればスタッフサービスがおすすめです。

テンプスタッフ
スタッフサービス
アデコ
リクルートスタッフィング
ランスタッド

 
派遣登録について
派遣登録会の格好
派遣登録会の面接
人気の派遣会社
Copyright © 2015 人材派遣会社の登録方法.com . All rights reserved
プロフィール情報